パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

12685814 story
ニュース

国際研究チーム、重力波を初観測

ストーリー by hylom
100年の時を超えて実証 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

米カリフォルニア工科大や米マサチューセッツ工科大などの研究チームが、重力波を世界で初めて観測したと発表した(NHK読売新聞朝日新聞)。

地球上の施設サイズでの分解能で、ブラックホールの合体時の波が観測できたというのは驚きである。

重力波の存在はアインシュタインが一般相対性理論で存在を予言していたもの。昨年9月14日に米国の観測装置LIGOが検出したもので、13億年前に発生した「質量が太陽の29倍と36倍のブラックホールがに合体した際のエネルギー」によって生まれた重力波が地球に届いたものとみられるという。

まだ観測データの一部しか解析は終わっておらず、残りのデータ解析も現在進められているとのこと。

12685809 story
iOS

iPhone 6/6 Plus の「エラー53」問題、集団訴訟の可能性も 2

ストーリー by hylom
騒動は続く 部門より
headless 曰く、

iPhone 6/6 Plus が文鎮化する「エラー53」について、Appleの説明にユーザーの反発が強まっており、米国ではクラスアクション訴訟を検討する法律事務所も出てきている。英国では器物損壊罪になる可能性もあるという(GuardianMacRumors9to5MacSoftpedia)。

エラー53はiOSアップデート時に発生するハードウェア関連のエラーで、Touch IDボタンをサードパーティーの修理業者で交換した端末や、タッチスクリーンやTouch IDボタンの調子が悪い端末での発生が報告されていた。しかし、iOSアップデートやバックアップからの復元を実行する際、サードパーティーの修理業者により交換されたTouch IDセンサーを検出した場合などに端末を無効化するとAppleが説明したため、ユーザーからの強い反発を買うことになる。

米国では、シアトルの法律事務所 PCVAがクラスアクション訴訟の可能性を検討している。PCVAでは、画面を交換する際に近所の修理業者に頼めば50~80ドルで済むのに対し、Appleは129ドル以上を請求するとし、Appleにはユーザーをサードパーティーの修理業者から遠ざけ、自社の修理サービスを使わせる同機があると主張。エラー53を利用して自社の修理サービスだけを使わせようとすることは、消費者保護関連のさまざまな法令に違反すると述べている。

一方、英国の法廷弁護士によると、Appleの無謀な方針はCriminal Damage Act 1971に抵触する可能性があるという。同法では他人の所有物を故意に損壊することを禁じている。

なお、Appleではこのような流れを見越してか、エラー53の原因となるサードパーティーのコンポーネントを正規品と保証対象外の修理として交換するよう、特定のApple Storeに指示を出しているという話も出ているようだ。

12685621 story
日本

縄文時代から日本人はゴキブリと関わっていた 27

ストーリー by hylom
長い付き合い 部門より

宮崎県宮崎市田野町字黒草甲にある本野原遺跡(もとのばるいせき)で発見された縄文土器片から、ゴキブリ卵鞘の圧痕が見つかったという(熊本大学のプレスリリース毎日新聞日本の研究.com)。

土器表面にある穴にシリコボムを流し込んで型どりするという方法で、縄文時代後期初頭(4300年前)と前葉(4000年前)の土器から1点ずつのゴキブリの卵鞘の圧痕が検出されたとのこと。縄文時代の遺跡からゴキブリの存在が確認されたのは「おそらくこれが初例」だという。この卵鞘は大きさや形状からクロゴキブリの卵鞘だと思われるという。

12685545 story
携帯電話

国内4キャリアでのiPhone出荷台数、初の前年割れ 24

ストーリー by hylom
相対的な魅力低下 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

MM総研がNTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの4キャリアを対象とした2015年の携帯電話端末出荷台数調査結果を発表した(ケータイWatch)。

総出荷台数は3577万台で前年比6.6%減。メーカー別出荷台数はAppleが1473万台(シェア41.2%)でトップだが、前年比では10.6%減という。Androidスマートフォン全体の出荷台数は1285万台で前年比15%増。2014年までAndroidスマートフォンは出荷台数シェアを減らしていたが、2015年はシェアを増やす結果となった。

また、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)の出荷台数は前年比22.6%減の819万台とのこと。

12685541 story
犯罪

「山形マット死事件」の犯人ら、賠償金を支払わず。勤務先が分からないなどで強制執行も不可能 29

ストーリー by hylom
掘り返す 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

1993年に山形県新庄市立明倫中学校1年生の男子生徒が体育用マット内で窒息死していた事件では、当時14歳の生徒3人と13歳の生徒4人に対し刑事裁判の有罪に相当する保護処分が行われた。うち3人に対しては先に不処分決定が出ていたものの、その後行われた民事訴訟では2005年には元生徒7人全員が事件に関与したと判断、約5760万円の支払いを命じる判決が確定した。しかし、7人らからの支払いはない状態が続いているという。そのため、損害賠償の請求権が時効(10年)によって消滅するのを防ぐため、遺族が損害賠償の支払いを求めて改めて山形地裁に提訴したという(朝日新聞)。

遺族は昨年に差押え手続きを行って7人のうち4人については時効を中断させたが、3人については勤務先が分からないなどの理由で差し押さえができなかったという(河北新報)。いっぽうの元生徒側は「そもそも無実である」と主張しているという(日経新聞)。

12685147 story
ゲーム

ゲームキャラのファッションは服飾評論家から見るとどうなのか 36

ストーリー by hylom
リアルだけどリアルじゃないところ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

年々リアルになっていくゲームキャラだが、彼・彼女らのファッションを服飾や美容、ファッションの専門家が評価するという企画がKotaku Australiaで行われたそうだ(Automaton)。

記事では「ファイナルファンタジー13」の主人公であるライトニングや「Watch Dogs」の主人公エイデン・ピアース、「スプラトゥーン」のイカ娘、「ゼルダの伝説」のチンクル、「メトロイド」のサムス・アランといったキャラクターのファッションが批評されている。全体的に辛口な評価だが、部分的には良い点もあるようだ。

また、最も高評価だったのは「The Witcher」シリーズの「Cirilla Fiona Elen Riannon」というキャラクターのようだ。いっぽうで上半身は小さいビキニだけという「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」の「クワイエット」に対しては非常に辛口な評価がされている。

12685144 story
ビジネス

明治イソジン「カバくん」似のキャラクターをシオノギが使おうとしているため仮処分申立て 24

ストーリー by hylom
なかなか判断が難しいところ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

明治のうがい薬「イソジン」のブランド契約が終了し、「明治うがい薬」の名前で同様の薬の販売を続けるという話が以前話題になったが、新たに「イソジン」ブランドでのうがい薬を発売したムンディファーマおよびシオノギヘルスケアに対し、明治が不正競争行為差止等仮処分命令申立を行った(明治のプレスリリースNHK)。

両社が販売するイソジンのパッケージに使用されているカバのキャラが、明治が商標登録しているカバのキャラに酷似しているためという。

12685137 story
教育

小中高校における組み体操の是非、全国で議論に 79

ストーリー by hylom
柔道の事故のように減らせるか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

昨年、小中高校での組み体操時の事故が話題になった(過去記事)。これをきっかけに組み体操の是非を問う声や、事故が発生した「ピラミッド」という組み体操の中止を求める声などが出ていたが、これを受けて全国で組み体操を見直す動きが出ているようだ(読売新聞)。

朝日新聞によると、大阪市教育委員会は市立小中高校で実施する「ピラミッド」や「タワー」を新年度から禁止する方針を決めたという。また、愛知県では「ピラミッド」は5段以下、「タワー」は3段以下に制限するという(中日新聞)。

ただ、根拠成しに高さを規制しているという声も専門家からは出ている。実際、5段のピラミッドや3段のタワーでも大きな事故が発生しているそうだ(東京新聞)。こういった状況を受け、文部科学省も指針をまとめる考えを示している(読売新聞の別記事)。

12685134 story
Google

「著作権侵害を理由とした検索インデックスからの削除申請」を悪用して逆SEOを行う例 5

ストーリー by hylom
ブログサイトとかだと気付かないかも 部門より
insiderman 曰く、

Googleは著作権侵害を理由とした申し立て(DMCA申請)により、指定したサイトやページをGoogle検索結果から排除する仕組みを提供している。これを悪用することで、特定の人や組織に対し都合が悪い情報を検索結果から消すという、いわゆる「逆SEO(検索エンジン最適化)」を行っている例が確認されたそうだ(フリー素材に権利を主張するDMCA申請が悪評隠しに悪用されたと思われる事例)。

紹介されているのは、フリー素材サイトにアップされている画像をブログで使ったところ、申し立てによる検索結果からの排除が行われたという例。詳しくは先の記事を見て欲しいが、問題とされる画像はほかのサイトでも使われており、このサイトだけをピンポイントで排除しているのは不自然だという。いっぽうで記事の内容(とあるプロバイダの悪評)について検索すると、同様に不自然に検索結果から排除されている記事が複数確認されていたという。

なお、DMCA申請に対してはGoogleに対し異議申し立てが可能になっているので、このような「DMCAの悪用」を受けたら何らかの対応を行うことをおすすめする。

12685129 story
グラフィック

Apple、Mac Pro (Late 2013)のリペアエクステンションプログラムをひそかに開始 4

ストーリー by hylom
ハイエンドモデルでこれだとちょっと 部門より
headless 曰く、

Appleは5日、ひそかにMac Pro(Late 2013)のリペアエクステンションプログラムを開始したそうだ(9to5MacMacRumors)。

対象となるのは2015年2月8日~4月11日に製造されたMac Proで、ディスプレイに何も表示されない/出力が歪む/出力にスクランブルがかかる、コンピューターが起動しない/フリーズする/突然再起動する、といった症状が現れるもの。影響を受けるのはハイエンドモデルに搭載されているAMD FirePro D500とBTOで選択可能なAMD FirePro D700。影響を受けるマシンでは、グラフィックスカードを2枚とも交換する必要があるとのこと。

無料修理期間は2018年5月30日までで、修理には3~5日かかるという。ユーザーはApple直営店(要Genius Bar予約)か、Appleの正規サービスプロバイダで対象になるかどうかを確認できるとのこと。ただし、日本での対応がどうなるのかは不明だ。今回のリペアエクステンションプログラムについては、先日の電源プラグ無償交換プログラムなどとは異なり、Appleが広くアナウンスする可能性は低いとみられている。

12684465 story
ストレージ

一部のOffice 365ユーザーにOneDriveの1TB容量制限が誤って早期適用される 19

ストーリー by headless
謝罪 部門より
OneDriveの料金体系変更に伴い、Office 365ユーザーに提供されるOneDriveの容量はこれまでの無制限から1TBに変更されるが、Microsoftでは変更後12か月間は現在の容量を維持できると約束していた。しかし、一部のユーザーに対し、誤って1TB制限を早期に適用してしまっていたそうだ(Neowinの記事Softpediaの記事ZDNetの記事)。

影響を受けたユーザーは先週末、OneDriveを開くと1TBを超える部分のファイルが読み取り専用になっていることに気付いたという。ユーザーからの問い合わせが増加するなか、MicrosoftはZDNetに対して容量制限が誤って適用された結果であることを認めている。誤って1TB制限が適用された場合でも、超過分のデータは読み取り専用になっているだけで削除はされていない。Microsoftでは影響を受けたユーザーのOneDriveを元に戻す作業を進め、9日に復元を完了したとのことだ。
12684423 story
iPhone

Appleが破損したiPhoneも下取りする方針に、スクリーンプロテクター貼り付けサービスも開始 34

ストーリー by headless
破損 部門より
AppleがiPhoneの下取りに関する方針を変更し、ディスプレイやカメラ、ボタンの破損したものであっても下取りすることにしたそうだ(9to5Macの記事NBC Newsの記事Macworldの記事CBC Newsの記事)。

破損したiPhoneはこれまで下取りの対象にならなかったが、今後は破損していてもiPhone 5sを50ドル、iPhone 6を150ドル、iPhone 6 Plusを200ドルで下取りするようになるという。この件は当初、9to5Macが情報源を示さずに報じたが、その後Appleの担当者が事実であることを認めている。ただし、AppleのWebサイトにはまだ記載されていないようだ。

カナダ・CBC Newsではカナダでの破損したiPhoneの下取り金額として、iPhone 5sが50カナダドル、iPhone 6が200カナダドル、iPhone 6sが250カナダドルになると述べている。日本でも破損したiPhoneの下取りが可能になるのかどうかは不明だ。また、9to5Macでは破損の状態について常識的な範囲内としており、どの程度の破損まで受け入れられるのかについても不明だ。エラー53が発生するなど外見に問題はなくても起動しない端末はどうなるだろう。

また9to5Macの同じ記事では、Apple StoreでiPhoneへのスクリーンプロテクター貼り付けサービスを開始するとも報じている。Belkinとの提携により、専用器具「ScreenCare+ Application System」を使用して貼り付けを行うというもので、スクリーンプロテクターの実費だけで貼り付けサービス自体は無料だ。ほとんど失敗することはないが、失敗した場合には新しいスクリーンプロテクターに無料で交換してもらえるという。その後、米国のApple Storeでは9日からサービスが開始されたとのこと。

一方、Macお宝鑑定団によると、日本のApple Storeでは先週から既にサービスが開始されていたようだ。対応するのはiPhone 6/6sおよびiPhone 6 Plus/6s Plusで、貼りつけサービス対応スクリーンプロテクターの価格は2,180円~4,280円(いずれも税別)とのことだ(9to5Macの記事Macお宝鑑定団Blogの記事)。
12684426 story
Android

開発者契約に違反するとしてGoogle Playから削除されていたAdblock Fastが復活 17

ストーリー by headless
復活 部門より
Google Playの開発者契約に違反するとして削除されていた「Adblock Fast」が9日に再び公開された(Rocketship Logの記事VentureBeatの記事TNW Newsの記事)。

Adblock FastはSamsungのAndroid向けWebブラウザ「Samsung Internet for Android」専用の広告ブロックソフトウェア。Samsung Internetがバージョン4.0でコンテンツブロックに対応した (現在Google Playで公開されているのはバージョン3)のに伴って1月29日に公開され、直後から人気アプリとなっていた。しかし、Googleは2月1日にアプリの更新版を却下し、2日にはGoogle Playから削除している。

Googleは削除の理由として「Google Playデベロッパー販売/配布契約書」の4.4項(第三者の端末、サーバー、ネットワーク、またはその他の財産またはサービスへの妨害、中断、損害、または許可されていない態様でのアクセスとなる行為の禁止)に違反することを挙げていたという。

これに対しAdblock Fastを開発したRocketship Appsでは、アプリはSamsung Internetブラウザとの組み合わせでのみ動作し、SamsungのAPIのみを使用していると異議を申し立てた。異議はあっさり受け入れられ、Googleは5日にアプリを再アップロードするよう連絡してきたとのこと。

開発者契約の4.4項は、2013年に複数の広告ブロックソフトウェアがGoogle Playから削除された際にも理由として挙げられていた。しかし、現在では広告ブロックソフトウェアや広告ブロック機能を搭載したWebブラウザがいくつもGoogle Playで公開されている。Samsung Internet専用の広告ブロックソフトウェアもAdblock Fastに続いて「Crystal Adblock for Samsung」と「Adblock Plus (Samsung Browser)」が公開されているが、これらは削除されていない。そのため、Adblock Fastだけがいったん削除されることになった原因は不明だ。
12684431 story
Opera

Opera、中国企業のコンソーシアムによる買収提案を受け入れ 39

ストーリー by headless
京劇 部門より
ノルウェー・Opera Software ASAは10日、中国の投資ファンドやテクノロジー企業で構成するコンソーシアムからの買収提案を受け入れたことを発表した(ニュースリリースSoftpediaの記事VentureBeatの記事Ars Technicaの記事)。

提案内容は株式の100%買収で、買収額は2月4日の終値に約53%のプレミアムを追加した1株当たり71ノルウェークローネ。総額で105億ノルウェークローネ(約1,400億円)が現金で支払われる。Operaの取締役会は株主に買収提案を受け入れるよう勧めることを全会一致で可決しており、取締役と経営陣に加え、33%に相当する株式を所有する大株主らも買収提案に合意しているという。買収による経営体制や経営方針などへの影響はないとのこと。

コンソーシアムにはBeijing Kunlun TechやQihoo 360 Softwareといったテクノロジー企業が参加しており、Operaは資金を得るだけでなく2社の中国での幅広いユーザーベースにアクセス可能になる。一方、KunlunとQihooはOperaのユーザーベースやモバイル広告プラットフォームを活用できるようになるとのことだ。
12684457 story
Google

セキュリティ診断でGoogleドライブのボーナス容量2GBがもらえるキャンペーン、11日まで実施中 29

ストーリー by headless
今日 部門より
Printable is bad. 曰く、

Googleが2月9日の「Safer Internet Day (インターネット安心デー)」にちなんで、Googleアカウントのセキュリティ診断を完了したユーザーに対し、Googleドライブに2GBのボーナス容量を追加するキャンペーンを今年も実施している(窓の杜の記事)。

ボーナス容量を獲得するには2分間程度で終わるセキュリティ診断を行うだけでよい。無料ストレージ容量は、Googleドライブ、Gmail、Google フォトなどで利用可能だ。

この機会に、Googleアカウントのセキュリティ設定を見直してみてはいかがだろうか。

とのことだが、キャンペーンは11日いっぱいで終了する。ボーナス容量は永久に保持されるとのことなので、Googleドライブの容量を増やしたい方は今日中にセキュリティ診断を実行しよう。なお、Google Apps for WorkやGoogle Apps for Educationのアカウントは対象外となっている(Google Drive Blogの記事Google Official Blogの記事)。

typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...