パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

12857661 story
ビジネス

金のためではなくアイデンティティのために副業をする米国の20〜30代 9

ストーリー by hylom
副業をする余裕があっていいですね 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国の「ミレニアル世代」と呼ばれる1980~2005年生まれの世代で、自らのアイデンティティのために副業を行うことが流行しているという話がSlashdotで取り上げられている(記事で参照されているQUARTZの記事)。

副業の内容としては「フィットネス教室での講師」「Webサイト制作」「ヴィンテージビデオゲームの販売」「スターウォーズフィギュアのデザインと制作」「Web用の記事制作」などが例として挙げられており、これらだけでは大きな収入を得ることは難しい。しかし、彼らは副業(side job)を「side hustle」(hustleは頑張る、やる気、といった意味)と呼び、金だけでなく「金よりも価値のある何か」、たとえば閉塞感や怠さの打破、人生の改善といったことのために勤しむという。

12857659 story
ニュース

「CAコンテナ」で日本産桃を船便で東南アジアに送ることが可能に 9

ストーリー by hylom
売れるといいねぇ 部門より
masakun曰く、

7月20日にJA福島が船便でタイに福島県伊達市産モモ「暁星」1.4トンを初出荷した(福島民友ネットJAふくしま未来の記事)。

原発事故後、福島県の桃の輸出は2012年9月より始まっていたが、空輸のため年間1~2トンにとどまっていた(産経新聞)。しかし荷室内を低温・低酸素状態に保てる「CAコンテナ」により船便を使って輸送費を抑え東南アジアで安く販売できる方法が確立したことと県知事によるトップセールスが実を結び、今夏20トン程度輸出する計画だという。なお7月20日に出荷された桃は8月6日にバンコクの高級百貨店で販売される。

ちょっとググってみたところ、昨年東南アジアへの輸出を想定したCAコンテナ貯蔵試験が行われており、「温度だけでなく酸素と二酸化炭素濃度を調整」するコンテナだという(農林水産省による技術集)。

またこのほかにも低温輸送に工夫をこらした岡山大学らの研究「日本産高級モモの輸出流通システムを構築」「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」に係る技術提案会 提案資料14頁)もあるようだ。日本の農産物の販路を海外に求める技術の成功を願ってやまない。

12857658 story
Facebook

Facebook、太陽電池で90日飛行できるネットワーク中継ドローンの初飛行に成功 7

ストーリー by hylom
近未来感 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Facebookが開発中のインターネット接続用超巨大ドローンが初飛行に成功した(NHKWIREDTechCrunch)。

このドローンはジェット旅客機であるボーイング737並の主翼(幅約42m)を備えるいっぽう、ボディは炭素繊維製で重量は約400kgと軽い。太陽電池を電源として使用し、高度1万8000~2万2000mの上空を最大90日間滞空できるという。地上とドローンの間の通信にはレーザー通信を利用するとのこと。

このドローンを利用することで、通信インフラが整備されていない地域にインターネット接続を提供できるという。

12857766 story
AMD

AMD、1TBのSSDを内蔵するグラフィックカードを発表 15

ストーリー by hylom
そういう方向か 部門より

AMDが容量1TBのSSDを内蔵するグラフィックカード「Radeon Pro Solid State Graphics(SSG)」を発表した(4GamerPC Watch)。

Radeon Pro SSGはゲーム向けではなく、動画編集と言った制作環境向けのグラフィックカードで、レンダリングするデータをSSD上に置くことで描画速度の大幅な向上が期待できるという。価格は9,999ドルで、年内の発売を予定しているようだ。

そのほか、コンテンツ制作向けの「Radeon Pro WX」シリーズ3モデルも発表されている。

12857759 story
ビジネス

Appleの2016年4~6月期決算、iPhoneの販売台数減少で売り上げ高・純利益とも減少 32

ストーリー by hylom
ソフトウェアにおける画期的なブレークスルーを出せてないからねぇ 部門より

Appleが26日、2016年4~6月期決算を発表した。売上高は15%減の423億5800万ドル(約4兆4千億円)、純利益は27%減の77億9600万ドルで、ともに減少しているという(NHK共同通信)。

売り上げ減の原因はiPhoneの販売台数の減少(前年比15%減)が影響しているとのこと。iPhoneの売り上げは米国で前年比11%、中国では前年比33%減少しているという。いっぽうクックCEOは「将来は楽観的」と強気な姿勢を見せているという。

12857657 story
ニュース

大麻が合法化された米コロラド州で水道水に大麻の有効成分が混入? 47

ストーリー by hylom
何かの罠ですか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米コロラド州では2014年1月より大麻の流通・販売が合法化されているが、7月21日、米コロラド州ヒューゴという街の水道水から大麻の有効成分である「THC」(テトラヒドロカンナビノール)が検出されたそうだ(WIRED)。

原因は不明だが、THCは水に溶けにくいため、検出されるレベルでTHCを水に溶かすためには今回の例では「大麻煙草5,000本以上」が必要になるという。誤検出の可能性もあるとのことだが、この水を飲んでも摂取量が少なければ「幸福感と食欲を感じる以外に副作用はほとんどない」という。

12857590 story
インターネット

著名人のSNSアカウントを次々に乗っ取るOurMine、今度はTechCrunchを攻撃

ストーリー by hylom
押し売り 部門より
headless 曰く、

マーク・ザッカーバーグ氏のTwitterアカウントサンダー・ピチャイ氏のQuoraアカウントなど、著名人のソーシャルメディアアカウントを次々に乗っ取っている「OurMine」が、今度はTechCrunchのWebサイトをハックしたそうだ(RegisterBetaNews)。

ただし、OurMineのロゴとともに「セキュリティをテストしている」といった内容の記事が1本掲載されただけで、TechCrunchのWebサイト全体が乗っ取られたわけではないようだ。記事の自動投稿機能により、TechCrunchのTwitterアカウントにも同様のメッセージが掲載されたとのこと。記事はいずれもすでに削除されている。

TechCrunchのWebサイトはWordPress.comでホストされており、デフォルトのログインページはWordPress CMSの弱点としてしばしば攻撃対象になっているという。今回の攻撃がどのように実行されたのかは不明だが、記事を掲載する権限のあるスタッフのアカウントが乗っ取られたものとみられる。

OurMineのWebサイトではソーシャルメディアアカウントやWebサイトなどのセキュリティチェックサービスを宣伝しており、宣伝の一環として攻撃を実行しているようだ。

12857584 story
プライバシ

米政府は民間の電子メールアカウントに対し、そのユーザーに知られることなくメールを読むことができる 16

ストーリー by hylom
メールは第三者に見られていると思って使うほうがよい 部門より
taraiok 曰く、

Microsoftは米国政府が顧客の電子メール情報へのアクセスを求めた場合、顧客には読まれていることを知る権利があり、そのことを伝えるべきであると裁判で主張してきた。しかし、米国政府側は個人または調査を危険にさらすリスクがある場合、連邦法では特定令状なしに電子メールを読むことができると説明しているという(BloombergSlashdot)。

Bloombergによると、政府が民間の電子メールアカウントにアクセスする命令を出した場合、長期間もしくは無制限の伝達禁止が課せられるという。連邦裁判所はMicrosoftに対し約2600件のアクセス命令を出しており、そのうちの3分の2は伝達禁止解除の期日が設定されていない無期限状態だった。このため、政府の調査が終了した後も顧客に説明できなかったとしている。

12857554 story
電力

太陽光発電のみで飛行する「ソーラー・インパルス2」、世界一周に成功 13

ストーリー by hylom
おかえりなさい 部門より

太陽光発電による動力だけで飛ぶプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が7月26日(UTC)、アラブ首長国連邦のアブダビに到着し世界一周を達成した(NHK時事通信AFP)。

ソーラー・インパルス2は2015年3月9日にアラブ首長国連邦のアブダビを出発、その後中国や日本、米国、ヨーロッパを経てアブダビに帰還した。世界一周にかかった期間は1年4か月強で、飛行距離は約4万2000kmだという。

12857541 story
Android

AndroidスマホをノートPC化する99ドルのデバイス 22

ストーリー by hylom
99ドルならアリ? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Andromiumという企業が、AndroidスマートフォンをノートPC化できる「Superbook」というデバイスの製品化資金を求めてクラウドファンディングを行っているCNET Japan)。

このデバイスはMacBook Airのような外見で、ディスプレイとキーボード、トラックパッド、バッテリーを備えている。内部にCPUなどは搭載されておらず、スマートフォンと接続することで、スマートフォン用の外部液晶ディスプレイおよびキーボードとして利用できるというものだ。このデバイスを利用するメリットとして、PCとスマホを併用する際に必要となる同期が不要な点などを挙げている。専用のアプリケーションが提供され、これによってPCのようなデスクトップやマルチウィンドウを提供するようだ。

クラウドファンディングでは 現時点で目標額の5万ドルを大幅に超える86万ドルを超える出資がすでに集まっている。なお、99ドルの出資で1台のSuperbookを入手できるとのこと。

12857156 story
iPhone

ヘッドホーン端子のないスマートフォンは最悪? 92

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

次期iPhoneからヘッドホン端子がなくなるという噂が以前よりあったが、Phone 7の最新のリーク写真では噂通りヘッドフォン端子は消えてしまっている。ヘッドホンを利用する場合、Lightning端子に対応ヘッドホンを接続するか、もしくは変換ドングルを利用することになる。

Android陣営でも、すでにLenovoのMoto Zなどヘッドフォン端子を廃止している機種がある。このMoto Zの使い勝手をmashableがレポートしているが、ヘッドホン端子の廃止は「最悪」のようだ(Slashdot)。

これら機種で従来のヘッドホンを利用する場合、USBタイプC端子に変換ケーブルドングルを接続して利用することになるが、邪魔かつ格好悪い。また、Bluetoothヘッドフォンという選択肢もあるが、大半はひどい音で信頼性も低い。またワイヤレス機器は充電の必要がある。このヘッドフォン端子の廃止という相互運用性の破壊は今後、数年の間、災いを引き起こすことになるだろう。

12857154 story
ビジネス

米セブンイレブン、ドローンを使った商品配送に成功 13

ストーリー by hylom
10年後には普通に配送ドローンを見かけるようになるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米セブンイレブンが、ネバダ州リノでドローンを使った商品配送テストを行ったそうだ。米連邦航空委員会の認可を受けた、最初のドローンを使った商品配送になるという(Robotics Trendssorae.jp)。

今回行われたのは、コーヒーや菓子類などの近隣家庭への配送。配送は注文から数分で完了したという。いつこのサービスを一般消費者が利用できるようになるかはまだ未定だが、セブンイレブンは商用化に前向きな姿勢のようだ。

12856504 story
書籍

Microsoft Press、終了へ 28

ストーリー by hylom
お世話になりました 部門より

Microsoftの出版部門である「Microsoft Press」のスタッフ全員解雇され、同部門は閉鎖されることになったそうだ(ITmedia)。

Microsoft PressはMicrosoft関連の技術書を出版しており、国内でも国内出版社によって訳書が出版されていた。2014年にはMicrosoftは大手出版社Pearsonと出版契約を結んでいるとのことで、今後はPearsonから「Microsoft Press」ブランドで関連書籍が出るのではないかと推測されている。

12856503 story
情報漏洩

利根川の堤防でキツネの巣穴が見つかる、決壊の原因になる危険性があるため埋め戻しへ 41

ストーリー by hylom
キツネの穴から 部門より

利根川の堤防で狐の巣穴が次々と見つかっているそうだ。大雨の際に堤防が決壊する原因になる危険性もあるという(朝日新聞茨城新聞)。

茨城県古河市の利根川河川敷堤防では巣穴3か所が発見され、うち2か所は少なくとも3メートル以上の奥行きがあったという。そのため、河川事務所は埋め戻しを進めるそうだ。

12856502 story
インターネット

ネット活用を進める売春業界 33

ストーリー by hylom
顧客がレビューされる時代が来るのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

インターネットの登場によって「売春」も大きく変化しているという(GIGAZINE)。

それまで売春産業の形態は路上に立って直接勧誘するいわゆる「立ちんぼ」や斡旋業者の仲介によるものだった。しかし、前者は身の危険があり、後者は売上げを斡旋業者と分け合う必要があった。だが、1995年にコミュニティサイトのCraigslistが設立されて以降はインターネットによる取引が増えているという。

また、「売春婦たちのリスクを下げる」という分野のビジネスも注目を浴びているという。たとえば、顧客との接触には電話やメールを直接使うのではなくGoogleのVoIPアプリを使用したり、また多額の現金を持ち歩くリスクを下げるため電子商取引による決済も使われているという。ただ、SquareやPayPal、Google Walletといったサービスは性産業の利用を禁じているため仕様リスクは高い。このため、こうした産業への政権が少ないPaxumやPayoneerなどのサービスが使われているとしている。

さらに、piplのような人物検索ツールやFacebookなどを使って顧客を事前に「審査」する業者も登場しているという。

typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...