パスワードを忘れた? アカウント作成

yasuokaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

12830598 journal
中国

yasuokaの日記: 通用規範漢字表とGB 2312における漢字の配列

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、辻田正雄の『「通用規範漢字表」について』(佛教大学文学部論集, 第100号(2016年3月), pp.27-42)という論文に行き当たった。2013年に「通用規範漢字表」が出来上がるまでのスッタモンダが描かれており、個人的には楽しく読めたのだが、文字コード屋の私(安岡孝一)としては、どうしても納得できかねる部分があった。

「通用規範漢字表」の各級内の配列は 一 丨 ノ ヽ 乙 の形序配列である。これは、《GB13000.1字符集汉字字序(笔画序)规范》に従ったものである。その理由は多音字や定音未決定字等の存在から音序は不都合であり、形序の唯一性を重視したことである(39)

(39) 王敏、陈双新《字表中的字是如何排序的?》《语言文字周报》2015年4月22日。《GB13000.1 字符集汉字字序(笔画序)规范》は《GB 2312-80信息处理交换用汉字编码字符集・基本集》(1981年5月1日実施)の配列と基本的に同じである。「通用規範漢字表」がコンピュータ処理をも考慮したものであることはこの配列からも窺うことができる。

GB 2312-80における漢字の配列は、第一級漢字(16-01~55-89)がピンインのアルファベット順、第二級漢字(56-01~87-94)が簡化字の部首画数順である。「形序配列」ではない。また、GB 13000は、いわゆるCJKの康煕字典順であり、やはり「形序配列」ではない。その一方でGF 3003-1999は、確かに「形序配列」ではあるものの、CJK統合漢字20902字のみを並べ直したものであり、「通用規範漢字表」を議論するには不十分だ。

もちろん、「通用規範漢字表」がコンピュータ処理をも考慮したものであることは、現時点においては間違いない。ただしそれは、問題となっていた6774「⿰土夅」・7146「⿰石达」・7373「⿰钅麦」の3字が、ISO/IEC 10646:2014 Amendment 2 (2016年5月1日制定)において、それぞれU+9FCD・U+9FCE・U+9FCFに収録されたからであり、そのための努力を中国その他が惜しまなかったからである。「通用規範漢字表」が「形序配列」になっているのは確かに事実なのだろうが、残念ながらそれは、現代的なコンピュータ処理とは全く無関係である。

12823619 journal
日本

yasuokaの日記: 戸籍統一文字の「劘」「嬤」「懡」

日記 by yasuoka

6月17日の日記に関して、『汎用電子情報交換環境整備プログラム成果報告書』(平成21年3月、日本規格協会)の別冊をチェックしなおしていたところ、以下の戸籍統一文字で、中の「林」っぽい部分の横画がつながっているのを見つけた。

  • 026500「劘」
  • 077540「嬤」
  • 128210「懡」

ただし、現在の戸籍統一文字128210は、「林」の間にウロコがあって、ちゃんと横画が切れている。一方で、026500077540は、現在も「林」の横画がつながったままだ。うーむ、こういうの、どこに言えばいいのかしら?

12816503 journal
ビジネス

yasuokaの日記: 世界最後のタイプライター工場はどこなのか

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、瓜生聖の『タイプライター風キーボード「Qwerkywriter」でレトロメカニカルの雰囲気にひたる』(ITmedia PC USER_, 2016年6月17日)という記事を見つけた。

2011年4月、世界最後のタイプライター工場が閉鎖された。1867年に米国で生まれて以来、タイプライターは実に足かけ3世紀にわたって人々の文書作成を手助けしてきたことになる。

私(安岡孝一)の2011年4月27日の日記にも書いたが、現在も中島オールはタイプライターの注文生産を続けている。あるいは、香港の志美KOFAもタイプライターの製造を続けていて、「世界最後のタイプライター工場」がどこになるのか、現時点ではわからない。まあ、ブラザー工業がタイプライターから撤退してしまったので、少しずつ「タイプライター工場」が減っているのは事実なのだろう。

ちなみに、タイプライターが「1867年に米国で生まれ」たというのは、よく聞く話ではあるが、実際には微妙に嘘だったりする。試作品レベルでいいなら、Abner PeelerのU.S.Patent No.57182をはじめとして、似たような特許はゴマンとある。一方、実用品ということなら、やはり、1874年発売の「Sholes & Glidden Type-Writer」ということになるだろう。ただ、19世紀のタイプライターは、「Qwerkywriter」とは似ても似つかないデザインなので、さて、正直どうしたものやら。

12816224 journal
日本

yasuokaの日記: 戸籍統一文字の「釄」

日記 by yasuoka

『汎用電子情報交換環境整備プログラム成果報告書』(平成21年3月、日本規格協会)をチェックしていたところ、別冊第5分冊p.2216の「釄」が気になった。「靡」の「林」っぽい部分の横画がつながっていてウロコがないので、つまり1画すくない。戸籍統一文字455130も、住民基本台帳統一文字J+91C4も、登記統一文字00455130も、いずれも同じように1画すくない。

ただ、現在の戸籍統一文字455130は、ちゃんとこの部分にウロコがあって、JIS X 0213の2-90-45「釄」とほぼ同一字体である。だとすると、平成21年から現在までの間に、戸籍統一文字455130の字形は変更されたということだ。そう思って前後を見てみると、454910「醼」の字形も変更されたフシがある。うーむ、さて、どれだけの戸籍統一文字字形が変更されてるんだろう?

12808217 journal
日記

yasuokaの日記: KS X 1027-5の漢字152字

日記 by yasuoka

思うところあって、韓国のKS X 1027-5の漢字152字を、ざっとテキスト化してみた。この日記の読者にも役立つかと思い、ここに公開する。なお、KS X ISO/IEC 10646 (旧KS X 1005-1・KS C 5700・KS X ISO/IEC 10646-2)の漢字に対し、CJK統合漢字が43字、拡張Aが29字、拡張Bが79字、拡張Cが1字、という内訳のようだ。もし、間違い等みつけたら、私(安岡孝一)まで連絡してほしい。

0000 郎
0001 驇
0002 慎
0003 𠿒
1000 㐌
1001 亻
1002 倸
1003 㓁
1004 㖠
1005 啫
1006 𡱁
1007 𡲰
1008 屰
1009 巠
100A 𢄼
100B 𢈴
100C 廰
100D 𢏆
100E 𢏮
100F 𢏳
1010 𢐧
1011 㣺
1012 𢜫
1013 𢠵
1014 𢢜
1015 㬉
1016 桒
1017 𣑿
1018 㮈
1019 㮋
101A 榠
101B 欵
101C 氊
101D 氺
101E 𣶏
101F 𣷯
1020 焴
1021 黙
1022 㺬
1023 𤥭
1024 㼚
1025 𤭁
1026 𤭛
1027 㽋
1028 畱
1029 㾏
102A 痩
102B 𤸯
102C 㿗
102D 皂
102E 皡
102F 睱
1030 硡
1031 硭
1032 䂺
1033 磗
1034 𥔰
1035 祦
1036 𥛚
1037 䄠
1038 𥟅
1039 𥧔
103A 𥪁
103B 䇭
103C 𥬯
103D 䈇
103E 䈜
103F 篘
1040 簶
1041 𥴩
1042 𥸴
1043 𥻓
1044 絕
1045 𫃵
1046 缹
1047 羐
1048 𦍩
1049 䍽
104A 𦐄
104B 翓
104C 𦕠
104D 𦖋
104E 肶
104F 𦚞
1050 𦞦
1051 䑔
1052 苄
1053 蓗
1054 䔿
1055 蕂
1056 𦼫
1057 𧀰
1058 𧃐
1059 蚭
105A 𧉧
105B 䖹
105C 䗐
105D 𧐋
105E 𧐖
105F 𧑅
1060 𧓕
1061 𧘐
1062 𧞤
1063 𧴖
1064 𧵅
1065 𧸘
1066 𧿫
1067 遅
1068 𨠒
1069 鋄
106A 𨧫
106B 𨪏
106C 𨫏
106D 𨬋
106E 䥷
106F 鑹
1070 𨴑
1071 𨺗
1072 𨾚
1073 𩊓
1074 𩌬
1075 𩍘
1076 䪿
1077 𩓐
1078 飲
1079 𩜵
107A 𩜶
107B 𩜼
107C 𩟐
107D 𩢷
107E 𩥮
107F 驝
1080 𩦷
1081 䯪
1082 䰐
1083 鯮
1084 䱶
1085 𩻛
1086 𩻣
1087 𩾚
1088 𩿨
1089 䳓
108A 𪀗
108B 𪁿
108C 𪃿
108D 䳺
108E 𪆁
108F 黋
1090 𪑩
1091 𪓐
1092 𪓟
1093 𪚰

12803993 journal
日記

yasuokaの日記: 「桓」は常用平易か

日記 by yasuoka

『民事月報』2016年4月号(Vol.71, No.4)がやっと京都大学法学部図書室に届いたので、さっそく読みに来た。「桓」を子の名にしたい親が、舞鶴市長を相手に争った家事審判が掲載されている(pp.45-46)。

「桓」の文字は社会通念上明らかに常用平易な文字と見ることはできないとして,戸籍事務管掌者に対して,出生届の追完届の受理を命ずることを求める申立てを却下した事例(大阪高裁平成27年(ラ)第928号,平成27年9月11日決定)

[事案の概要]出生した長男の名を「桓」とする出生届の追完届(以下「本件追完届」という。)を戸籍事務管掌者であるY(舞鶴市長,抗告人)に対し提出したX(申立人・相手方)が,「桓」の字は戸籍法50条に規定する常用平易な文字に該当しないとして,不受理処分を受けたことから,本件追完届の受理を命ずる審判を申し立てた。
原審判(京都家庭裁判所舞鶴支部平成27年(家)第2013号 平成27年6月30日審判)は,要旨以下のとおり判示して,Xの請求を認容した。
「桓」の字は,木を偏とし,亘を旁として構成されているが,木偏自体はありふれた偏であるし,亘を旁に持つ常用漢字は他にもあり,総画数は10画と多いとはいえないのであって,文字の構成自体複雑なものとはいえない。また,「桓」の文字は,平安京を開いた桓武天皇の一字であり,桓武天皇は,義務教育である小学校,中学校の各課程において必ず教えられる歴史上の人物であるため,「桓」の字が難読であるとは言い難い。さらに,法制審議会人名漢字部会等による審議の過程において,JIS第一水準の漢字については,文化庁が作成した「漢字出現頻度数調査(2)」に現れた出版物上の出現頻度の順位が3012位以上の漢字について常用平易と認めるのが相当という判断が基準の一つとして示されており,かかる判断基準は合理的であり尊重されるべきところ,その後の調査において,「桓」の出現順位が上記基準を上回っていることなどを総合的に考慮すると,「桓」の字は常用平易なものと見るのが相当である。

[決定要旨]原審判を取消し,申立てを却下。当該文字が常用平易な文字と認められるか否かを判断するに当たって,その文字を偏と旁とに分解してそれぞれがありふれているか否かを検討することは,文字自体の常用平易性の判断に必ずしも結びつくものではなく,総画数が10画程度で文字の構成自体複雑とはいえなくても平易とはいえない文字が多数存在することに照らすと,総画数や文字の構成の点は常用平易性を肯定することにはならない。また,「桓」の字を使用する歴史上の人物は,義務教育課程では桓武天皇以外に見当たらず,「桓」の字を使う氏や地名が多いと認めるに足りる資料もなく,「桓」の字義についても広く理解されているとは認められないのであって,「桓」の字が日常生活や社会活動等において国民に広く使用されている文字とは認められない。そして,出版物に出現した「桓」の字がどのように用いられているかは不明であり,出現頻度が3012位を上回ったといって,直ちに常用平易な文字とみることはできない。以上のところによれば,「桓」の字は社会通念上明らかに常用平易な文字であると認めることはできない。(確定)

桓帝とか藤島桓夫とか盤桓園とか、やっぱりマイナーなんだろうか。でも、桓武天皇おひとりで十分「常用平易」だと、私(安岡孝一)個人は思うのだけど。

12796051 journal
日記

yasuokaの日記: 1950年代チェコスロバキアのタイプライター会社

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、大原雄介の「業界に痕跡を残して消えたメーカー マイコンがブレイクしゲーム市場を掌握したコモドール」(ASCII.jp、2016年5月23日)という記事を見つけた。

Commodore Internationalは1954年にカナダのトロント市で創業した。創業者はポーランド人のJack Tramiel氏で、当初の名前はCommodore Portable Typewriter Companyとなる。
名前からわかるとおり、小型のタイプライターの製造を行う会社だ。元々Tramiel氏はアウシュビッツの生き残りで、ニューヨークでタクシー運転手やタイプライターの修理を行なっていたのが、たまたまチェコのある会社の設計するタイプライターを製造販売する契約を得て、トロントに移住。そこで創業した形だ(ちなみにこのチェコの会社は色々調べたのだが不明だった)。

1950年代チェコスロバキアのタイプライターと言えば、何をおいても「ZETA」と「CONSUL」がひっかかるはずなのだが、「色々調べた」のに見つからなかったのだろうか。いずれも、プラハのZbrojovka Brnoが作っていたタイプライターだ。Commodoreは、このZbrojovka Brnoからライセンス生産を受けていたようで、たとえば「Commodore 1511」は「CONSUL 1511」の完全コピーモデルだし、「Commodore Portable」は「CONSUL 232」をベースにしている。

そう思って、再度ネットサーフィンしてみたところ、Jack Tramielの訃報を、HEISEの2012年4月10日の記事で見つけた。

1955 übersiedelte Tramiel nach Kanada und kam über einen Kontakt mit dem KZ-Überlebenden Erik Markus auf die Idee, Werkstücke von der tschechoslowakischen Schreibmaschinenfirma Zbrojovka Brno zu importieren und in Kanada zusammenzubauen.

ちゃんと「チェコスロバキアのタイプライター会社Zbrojovka Brno」って書いてあるじゃん。うーん。

12794339 journal
テレビ

yasuokaの日記: 「とと姉ちゃん」鳥巣商事のタイプライター

日記 by yasuoka

今日の「とと姉ちゃん」にも、たくさんタイプライターが出てきた。残念ながら放映の時間帯にはテレビを見ることが出来なかったので、今しがた録画をチェックしてみた。鳥巣商事のタイプ室では7台のタイプライターが打たれていて、左前から順に「Ideal C」「Remington Rand Model Seventeen」「Remington Model No.10」「L. C. Smith No.8」「Remington Rand Deluxe No.5」「Royal Quiet Deluxe」「大谷和文タイプライター」だと、私(安岡孝一)には思える。1938年以降のタイプライターが紛れ込んでいて、うーん、設定と合わないなぁ…。

12792617 journal
日記

yasuokaの日記: ストーカー規制法 SNSは対象外?

日記 by yasuoka

ストーカー規制法がSNSを対象外としている、という誤解が広まっている。一例として、昨日(5月25日)の東京新聞夕刊から「ストーカー規制法 SNSは対象外」という記事を見てみよう。

「あなたに見下されたこと一生忘れないから」「ふざけんなマジで あんたにスゲー怒ってる」。岩埼容疑者は一月十八日に冨田さんのツイッターに書き込みを始め、四月二十八日までの約三カ月間で約四百回に及んだ。最初は好意的な内容だったが、プレゼントを送り返されたことに腹を立てるなど、次第に攻撃的になっていった。

(中略)

ストーカー規制法は当初、執拗な電話やファクス送信などを取り締まり対象と規定。神奈川県逗子市で二〇一二年、女性が元交際相手の男に刺殺された事件では、事前に男から女性に大量のメールが届いたが、規制法にメールの規定が無く、取り締まれなかった。事件後の法改正でメールが規制対象に加わったが、SNSは依然、法の網の外だ。

ストーカー規制法第二条第五号のことを言っているのだと思うが、だとすると、この記者(土門哲雄、北川成史、唐沢裕亮)は条文を読み間違えている。第二条を見てみよう。

第二条 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。
二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。
六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
八 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。

読めばわかるとおり、第二条第五号の元々の立法意図は「無言電話」であり、それに「連続電話」が追加されたものだ。ここにSNSを入れたところで、本件に適用できるかどうかは、「約三カ月間で約四百回」すなわち1日平均4回では必ずしも判然としない。というか、第五号それ以前に、第二条には第二号や第三号や第四号があって、これらは手段を限定していないので、SNSなども対象となるのは明らかだ。「次第に攻撃的になっていった」のが本当に事実なら、そもそも第四号が適用されうる。第五号だけを読んで「SNSは依然、法の網の外」などと言い出すのは、法律の条文をちゃんと読んでいない馬鹿のやることだ。

もちろん、第二条第五号にSNSを加えるというのも、それはそれでアリだろう。ただ、それは、いわゆる「連投」をストーカー規制法の対象にするかどうか、という議論であり、本件をその射程とするには、多少、難があるように私(安岡孝一)には思える。

12790395 journal
テレビ

yasuokaの日記: とと姉ちゃんの「Remington Rand Deluxe No.5」

日記 by yasuoka

今日放映の「とと姉ちゃん」に、英文タイプライターと和文タイプライターが出てきた、との御連絡をいただいた。実は、昼休みにNHKを視ていたので、和文の方が「大谷和文タイプライター」なのは見て取れたのだが、英文の方は一瞬で機種がわからなかった。で、画面のキャプチャを見せていただいたところ、印字機構がRemington Portableの系統で、2色のインクリボン、しかもキートップがプラスチックもしくはセルロイド、どうやら「Remington Rand Deluxe No.5」のようだ。

でも、「Remington Rand Deluxe No.5」は1940年の発売だし、日本国内に入ってきたのは進駐軍以後のはずなので、どうも話が合わない。うーん、別の英文タイプライターを見まちがえてるのかしら?

typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...