パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

12878096 story
ビジネス

HPEがSGIを買収 14

ストーリー by hylom
どういうビジネスになるのだろう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Hewlett Packard Enterprise(HPE、HPのエンタープライズ部門)がSGIを買収すると発表した。買収金額は2億7500万ドル(PC Watch日経ITproTechCrunch)。

SGIの前身となるSilicon Graphicsは2006年および2009年に2度の経営破綻を起こしておち、2009年の経営破綻後はRackable Systemsによってその事業が2500万ドルで買収されていた。Rackable SystemsはSilicon Graphicsの買収後、Silicon Graphics International(SGI)に社名変更しており、今回HPEが買収したのはこのSGIとなる。

12869251 story
おもちゃ

絵文字のピストル、本物っぽいデザインとおもちゃっぽいデザインのどっちがいい? 46

ストーリー by headless
玩具 部門より
AppleがiOS 10 ベータ4でピストルの絵文字を現在のリボルバーから水鉄砲に変更する一方で、MicrosoftはWindows 10 Anniversary Updateでおもちゃの銃からリボルバーに変更している。両社の正反対の動きについて、それぞれ賛否両論の意見が出ているようだ(BetaNewsの記事BBC Newsの記事Emojipediaのブログ記事The Vergeの記事Business Insiderの記事)。

Microsoftが絵文字の大幅な刷新を行ったのは4月にリリースされたWindows 10 Insider Preview ビルド14316で、輪郭の太いはっきりしたデザインになっている。Microsoftでは新しい絵文字について、より人間らしく見え、より個人用で、より表現に富むものにする必要があると考えてデザインを行ったという。ピストルのデザイン変更については、すべてのグリフをUnicode標準に合わせ、絵文字の定義から顧客が期待するデザインや工業デザインに一致していなかった従来のデザインを改めるという意図のようだ。

一方、Appleは絵文字の更新について、世界中の人々の多様性を反映するものだと述べている。ピストルの絵文字については、EmojipediaのJeremy Burge氏がAppleに問い合わせたが、回答は得られていないとのこと。

広く使われているプラットフォームでのピストルの絵文字は、これまでMicrosoftを除く各社が実際のピストルを元にしたデザインを採用していた。従来のMicrosoftのデザインはSFに登場するビーム銃のようにも見えるが、Appleの新デザインは一目見ただけでもおもちゃにしか見えない人が多いと思われる。

過去記事のコメントでも指摘されているが、おもちゃのつもりでピストルの絵文字を使ったメッセージを送り、受信側では本物のピストルと誤解される可能性もある。BetaNewsが実施している読者投票では、Microsoftを支持する意見が圧倒的に多いようだ。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。
12861800 story
Windows

Windows Insider Tシャツデザインコンクールのファイナリスト7作品、どう思う? 10

ストーリー by headless
決勝 部門より
Microsoftは6月にWindows Insider Tシャツのデザインコンクールを実施したが、先日行われたデザインの人気投票でファイナリスト7作品が公開された(WinBuzzerの記事BetaNewsの記事)。

募集要項にはMicrosoftの審査委員会がファイナリスト4名と優勝者1名を選び、7月に発表すると記載されているが、選考は難航したようだ。人気投票自体は26日にWindows Insider ProgramのTwitterアカウントでアナウンスされ、28日に終了するという短期決戦だった。すでに投票ページは参照できない状態になっているが、WinBuzzerの記事やBetaNewsの記事には7点のデザインすべての写真が掲載されている。スラドの皆さんが気に入ったデザインはあるだろうか。
12858760 story
Google

Googleマップ、表示の簡素化やカラースキームの刷新などのアップデートを実施 28

ストーリー by hylom
あまり違いが分からなかった 部門より
caret曰く、

Googleは7月25日、デスクトップ、Android、iOSのGoogleマップをアップデートしたと発表した(Google Maps公式ブログyCNET JapanITmedia日経ITproINTERNET Watch)。

道路の輪郭線のような必要不可欠ではない要素を削除し、またカラースキームが刷新され、よりきめ細かく、バランスが取られたものになった。これにより、自然と人工物の区別が簡単になり、病院、学校、高速道路のような特定の場所を素早く特定することに役立つ。

通りの名前やPoint of interest(POI)、公共交通機関の駅や停留所などの多くのフォントや文字色も変更され、ほかの項目と見分けやすくなっている。

また、「Areas of interest(興味深いエリア)」という新機能が導入された。商業施設が密集するなど、「ユーザーが興味を持ちそうなエリア」がオレンジ色で強調表示されるという。

12857766 story
AMD

AMD、1TBのSSDを内蔵するグラフィックカードを発表 38

ストーリー by hylom
そういう方向か 部門より

AMDが容量1TBのSSDを内蔵するグラフィックカード「Radeon Pro Solid State Graphics(SSG)」を発表した(4GamerPC Watch)。

Radeon Pro SSGはゲーム向けではなく、動画編集と言った制作環境向けのグラフィックカードで、レンダリングするデータをSSD上に置くことで描画速度の大幅な向上が期待できるという。価格は9,999ドルで、年内の発売を予定しているようだ。

そのほか、コンテンツ制作向けの「Radeon Pro WX」シリーズ3モデルも発表されている。

12854581 story
バグ

AppleのOSにStagefrightのような脆弱性 47

ストーリー by headless
類似 部門より
画像処理関連APIのバグにより、リモートからの任意コード実行が可能となるOS XやiOSなどの脆弱性が発見され、Appleが各OSの最新版で修正している(Talosのブログ記事The Guardianの記事9to5Macの記事BetaNewsの記事)。

TALOS-2016-0171(CVE-2016-4631)はImage I/O APIにおけるTIFFファイルの処理に関する脆弱性で、細工したTIFFファイルを読み込ませることでヒープベースのバッファーオーバーフローを引き起こし、リモートからのコード実行が可能となる。iMessageやMMSで攻撃用のファイルを送り付ければ、ターゲットが操作を行わなくても攻撃が実行される可能性も指摘されている。脆弱性の内容は異なるものの、攻撃のベクターが似通っていることから、昨年話題になったAndroidのStagefright脆弱性を引き合いに出す記事が多いようだ。

このほかTalosが今回公表した中で、幅広いApple製OSに影響を及ぼす脆弱性としては、Core Graphics APIの脆弱性(CVE-2016-4637)が挙げられる。こちらは細工したBMPファイルにより領域外メモリーへの書き込みが発生し、リモートからのコード実行が可能というもの。CVE-2016-4631とCVE-2016-4637はOS X El Capitan v10.11.6およびiOS 9.3.3tvOS 9.2.2watchOS 2.2.2で修正されている。CVE-2016-4629 / CVE-2016-4630はOS X 10.11.6で修正されており、CVE-2016-1850はOSX 10.11.5で修正されているとのことだ。
12848132 story
グラフィック

Unicode Consortium、人物を示す絵文字の大半で男女の切り替えを可能にする計画 62

ストーリー by headless
♀♂ 部門より
Unicode Consortiumは14日、絵文字で女性版と男性版の両方をサポートする方法についてのワーキングドラフト(PDF)を発表した(Ars Technicaの記事BetaNewsの記事The Vergeの記事The Next Webの記事)。

Unicodeでは男女それぞれの絵文字が用意されているものを除き、人物を表す絵文字の多くで男女の区別をしていない。しかし、ベンダーは男女両方の絵文字を実装することができないため、どちらか一方を選ぶ必要がある。そのため、SLEUTH OR SPY (探偵またはスパイ)は男性、PERSON FROWNING (顔をしかめる人)は女性として実装されているものが多い。男女それぞれの絵文字に文字コードを割り当てればよいのだが、新たな文字コード割り当てには時間がかかる。

この問題を解決する方法として選ばれたのが、ZWJ (Zero-Width Joiner)と呼ばれる特殊文字で人物を表す絵文字と性別を表す記号(♀♂)を組み合わせる方法だ。たとえば「RUNNER」+「ZWJ」+「♀」というシーケンスで走る女性を示し、「RUNNER」+「ZWJ」+「♂」というシーケンスで走る男性を示す。男性・女性を示す絵文字はそれぞれ2種類あるが、個別の絵文字にフォールバックした際のわかりやすさを考慮して抽象的な記号を選んだとのこと。これらの記号については「Emoji」プロパティを「Yes」に変更する必要がある。

また、Googleが5月に提案していた女性のプロフェッショナルを表現する13種の絵文字(PDF)については、最終的に11種まで絞り込まれている。こちらは男女それぞれの絵文字とZWJ、仕事を示す絵文字のシーケンスで示すことになるようだ。男女別の絵文字を既存の絵文字の組み合わせで表現することにより、ベンダーは2017年6月のUnicode 10.0を待つことなく実装作業などを進められるようになるとのことだ。
12840338 story
ゲーム

Microsoft、Xboxのアバターに車椅子のオプションを追加する予定 48

ストーリー by headless
選択 部門より
MicrosoftではXboxのアバターで車椅子のオプションを選択できるようにする準備を進めているそうだ(The Vergeの記事Windows Centralの記事WinBetaの記事Neowinの記事)。

この計画はMicrosoftのPhil Spencer氏がTwitterで明らかにした。Xboxのアバターに車椅子を含めるべきだという話に対し、請願を開始しようという話が出たのだが、Spencer氏は車椅子のオプションを既に考えており、それほど先のことではないと答えている。さらにMicrosoftのMike Ybarra氏がこのツイートに対し、スニークピークとして車椅子に乗ったアバターの画像を添えた返信を投稿した。

具体的な時期については示されていないが、Xbox Oneにも8月2日からWindows 10 Anniversary Updateの提供が始まるため、このタイミングで追加される可能性がある。また、Ybarra氏の投稿した画像では現在のアバターよりも細部にこだわったデザインになっていることから、Neowinの記事ではアバター全体のデザインも更新される可能性を指摘している。
12839964 story
変なモノ

もしも〇〇が△△だったらどうなるか、写真を合成してくれるMicrosoftの新チャットボット「Murphy」 19

ストーリー by headless
what-if-miniskirt-was-an-octopus 部門より
Microsoftが新たなチャットボット「Murphy」を公開している(Project MurphyThe Next Webの記事)。

Murphyは「もしも〇〇が△△だったらどうなるか」という疑問に答えて写真を合成してくれるチャットボットだ。質問は英語で「what if 〇〇 <動詞> △△」のような形式で記述する。これにより、「△△」の写真に「〇〇」の顔を合成した写真が生成される。ただし、顔以外の部分に顔が合成されてしまうこともあるようだ。基本的にMurphyが理解するのはこの形式の文だけで、あとは気に入ったかどうか、不適切な結果として報告する、ヘルプを表示させるといった程度のやり取りしかできない。

動詞はbe動詞以外に「have」や「go」なども使用でき、結果は変わらないように見える。格や時制も結果には影響しなかった。ただし、Murphyの知らない動詞や、知っている動詞でも組み合わせにより理解できない場合には、まだ学習中だといった答えが返ってくる。中には「kill」のように無視される動詞もあるようだ。「nude」「naked」「porn」などもNGワードらしい。また、「Adolf」や「Hitler」も無視されるが、「dictator of Germany」で制限を迂回できた。ただし「the dictator of Germany」のように「the」を付けると、なぜかスターリンの顔になる。

MurphyはもともとSkype専用のSkypeBotとして開発されたようだが、現在はMessenger(Facebook)やTelegramにも対応しており、今後KikやSlackにも対応予定とのことだ。なお、Skypeでもデスクトップ版(Windows)やモバイル版(Android)では使用できたが、Web版やUWP版ではMurphyが連絡先として表示されなかった。Web版ではデスクトップ版などで実行中の会話が表示されるため、ここからMurphyを連絡先に追加することはできるものの、保持はされなかった。
12817287 story
グラフィック

Unicode 9.0.0でライフルの絵文字が追加されなかったのはAppleとMicrosoftが反対したため? 72

ストーリー by headless
細かすぎてよく見えない絵文字 部門より
Unicode 9.0.0ではオリンピックなどを想定したスポーツ競技の絵文字が追加されているが、提案(PDF)された中でライフル近代五種競技の絵文字だけが除外されている。これはAppleとMicrosoftが反対したためだとBuzzFeed Newsが報じている(BuzzFeed Newsの記事The Next Webの記事Ars Technicaの記事9to5Macの記事)。

AppleとMicrosoftはUnicode Consortiumでの議決権を持つだけでなく、影響力も強い。5月に開催された四半期会合の出席者の1人によると、Appleはライフルを自社のプラットフォームでサポートするつもりはないとして、絵文字をUnicode 9.0.0から削除するよう強く求めたという。Microsoftも同様にライフルの絵文字を追加することに強く反対したそうだ。

他の出席者もライフルの絵文字をあまり気にする様子はなく、全会一致で削除することになったという。同様に、銃を構える人が描かれているという理由で近代五種競技も削除されることになる。ただし、これら2つの文字にはUnicode 9.0.0で記号として文字コードが割り当てられる。なお、ピストルの絵文字はUnicode 6.0で追加された最初の絵文字の1つだ。
12810036 story
グラフィック

Microsoft、Windows Insider Tシャツのデザインコンクールを実施中 25

ストーリー by headless
募集 部門より
MicrosoftがWindows Insider Tシャツのデザインコンクールを実施している(キャンペーンページNeowinの記事Windows Centralの記事WinBetaの記事)。

応募にはWindows Insider ProgramMicrosoft TechRewardsへの登録が必要。そのため、Microsoftアカウントは必須となる。また、応募できるのは18歳以上で、未成年の場合は保護者の許可も必要だ。

Microsoftが求めるデザインは、
  • 次のバージョンの素晴らしいWindowsの開発を助ける
  • エンジニアリングチームに直接フィードバックを送る
  • Windowsの新機能をいち早く試す人々の一人となる
  • Windowsのファンやテクノロジーの信奉者のコミュニティに参加

といったWindows Insider Program(WIP)の精神と楽しみを表すものとなる。

(続く...)

12809308 story
グラフィック

Unicodeの絵文字にスコットランド国旗が追加されない理由とは 41

ストーリー by headless
国旗 部門より
Unicodeにはさまざまな絵文字が追加され続けているが、Unicode Consotiumはスコットランド国旗の追加に関する要望を無視しているそうだ(The Courierの記事The Registerの記事)。

前スコットランド首相のアレックス・サモンド氏は昨年、スコットランド国旗の絵文字を次回のアップデートに含めるよう求める書状をAppleとUnicode Consotiumに送っていたそうだ。しかし、Unicode 9.0.0に追加される72種の絵文字にスコットランド国旗は含まれていない。サモンド氏は、Unicodeの絵文字にスコットランドのシンボルであるユニコーンが含まれているものの、スコットランド国旗の追加が望ましいとして、再びUnicode Consotiumに要望を送るつもりだという。

スコットランドは英国の一部であり、スコットランド人が自国を示す場合には英国旗を使用すればいいと考えられているようだ。イングランドウェールズも同様の扱いだ。国旗の絵文字はISO 3166で規定されている2文字の国コード(Alpha 2)リストが元になっており、イングランドとスコットランド、ウェールズには国コードが割り当てられていないということもあるようだ。

しかし、絵文字情報サイトEmojipediaの創設者 ジェレミー・バージ氏は、フランスの一部であるマルチニークの国旗がUnicodeの絵文字に割り当てられているなど、1つの国で複数の旗が絵文字に割り当てられてもおかしくないと指摘する。バージ氏はすぐに絵文字の追加が実現するかどうかはわからないとしつつ、自身もイングランドとスコットランド、ウェールズの旗を追加するようUnicode Consotiumに提案しているとのことだ。
12802724 story
グラフィック

Unicode 9.0.0で追加される72種の絵文字 64

ストーリー by headless
追加 部門より
caret 曰く、

Unicode ConsortiumがUnicode標準に72種類の絵文字を追加した。これらの絵文字が追加されるのは6月21日リリース予定の Unicode 9.0.0となる( Emojipediaの記事TechCrunch Japanの記事The Registerの記事The Unicode Blogの記事)。

今回追加される絵文字には、食物アレルゲンを示す絵文字として提案されていたものを含む食品や動植物、くしゃみをする顔や王子、ダンスする男、セルフィーなど人に関連するもの、スポーツ競技に関連するもの(PDF)などが含まれる。

このほか、Unicode 9.0.0では絵文字以外にも西夏文字、バイクシュキー文字、マルチェン文字、オセージ文字、ソヨンボ文字など、さまざまな文字種が追加される。

これらの絵文字はGoogleがAndroid N Developer Previewでサポートしており、MicrosoftもWindows 10 Insider Preview ビルド14316以降でサポートしている。そのため、Android NとWindows 10 Anniversary Updateでの正式サポートが見込まれている。また、AppleはiOS 10 でサポートするのではないかとうわさされている。

追加された72の絵文字はすべてUnicode Technical Committeeが昨年承認していたもので、餃子やフォーチュンクッキー、箸などを含む今年の承認分は2017年6月リリースのUnicode 10.0で追加される予定だ。

12794119 story
iPhone

ティム・クック、17世紀の絵画に描かれたiPhoneを発見 40

ストーリー by hylom
時を超えたiPhone 部門より
headless 曰く、

オランダ・アムステルダムのアムステルダム国立美術館を訪れたティム・クック氏が、17世紀の絵画にiPhoneが描かれているのを発見したそうだ(The Next Web)。

アムステルダムで開催されたStartup Fest Europeに出席したティム・クック氏は、欧州委員会の元デジタルアジェンダ担当委員、ネリー・クルース氏に伴われてアムステルダム国立美術館を訪れている。

クルース氏によれば、駆け寄ってきたクック氏がiPhoneの描かれた絵画を見つけたと言い、クルース氏の腕を取って作品の前に連れて行ったという。そこには確かにiPhoneを持っているように見える人が描かれたレンブラントの作品が展示されていたそうだ。クック氏は記者らに対し、「これまではiPhoneがいつ発明されたのか知っているつもりだったが、もう今はわからなくなってしまった」と語ったとのこと。

クルース氏はiPhoneで撮影した作品の写真を記者らに見せたが、写真はぼやけており、クック氏でさえよく見えないというほどの出来だったという。The Next WebのBoris Veldhuijzen van Zanten氏は美術館のWebサイトでレンブラントの作品2,304点をチェックしたが、該当する作品を見つけることができなかったとのこと。

その後、スクリーンショットを画像検索した結果、レンブラントではなくピーテル・デ・ホーホが1670年に描いた「家のエントランスホールで女に手紙を手渡す男」という作品だということが判明したそうだ。実際に作品を見てみると、確かに「女に手紙を手渡す男」というよりも「女をそっちのけでiPhoneに夢中な男」の方が近い気もする。皆さんのご感想はいかがだろう。

12763104 story
原子力

チェルノブイリ原発事故から30年 42

ストーリー by hylom
一つのテストケースに 部門より
insiderman 曰く、

1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故が発生してから、今日で30年が経過した。チェルノブイリ周辺エリアは現在も立ち入りが制限されているものの、放射線の脅威は徐々に減りつつあり、復興も進んでいるようだ。

日経新聞の「悲劇から30年 チェルノブイリの実相」という記事では、現在のチェルノブイリの状況が写真付きで報じられている。記事によると、チェルノブイリ原発から30km圏内では、申請をしておけば入ることができ、観光客も受け入れているようだ。また、約160人の住民が「立ち入り禁止」を無視して戻ってきて定住しているという。

いっぽう、周囲の放射線量は落ち着いたとは言え、まだ原発事故が発生した4号機には近づけないそうで、事故で亡くなった職員らの遺体も放置されているという。

また、放射性物質が動物に与える影響については、議論が分かれているという(ナショナルジオグラフィック)。立ち入り禁止区域内には人間が少ないことから、動物が数を増やしているという。この話は以前にも取り上げられていたが、そこに住む動物の健康状態については放射線の影響の大小はまだ分からず、どれほど深刻な問題になっているかはまだ分かっていない。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...