パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

12932660 story
テレビ

米国のテレビ受像機省電力テストで不正が指摘される 13

ストーリー by headless
抜穴 部門より
米エネルギー省(DOE)が定めるテレビ受像機の省電力テストの不備を突き、受像機メーカーが現実の視聴時よりも消費電力を低く見せかけていると天然資源保護協会(NRDC)が指摘している(NRDCのプレスリリースリポートブログ記事)。

DOEが定める10分間の消費電力テスト用映像は、非常に短いシーンが繰り返し切り替わる内容だ。SamsungとLGのテレビでは、コマーシャルなど頻繁にシーンが切り替わる場合にバックライトを暗くしたりオフにしたりする機能(MDD)が搭載されており、テスト用映像をループ再生した場合、大幅に消費電力が低下するとのこと。

また、SamsungとLG、Vizioのテレビでは映像設定を変更すると省電力機能が無効になり、消費電力が50~100%増加するのだが、適切な警告が表示されない。今回のテストとは別に店頭で6社計21モデルを確認したところ、映像設定の変更で省電力機能が無効になるのはSamsungとLG、Vizioの製品のみだったという。

3社は米国でのテレビ受像機シェアの半数を占めており、32インチ以上のモデルを購入した消費者の3分の1が映像設定を変更した場合、10年間でロサンゼルスの全家庭の消費電力1年分が余分に消費されることになるとNRDCは試算する。この問題について3社は、ソフトウェア更新で対応すると回答しているとのこと。

このほか、最新の4Kテレビでは4K+HDRコンテンツを再生する際に消費電力が30~50%増加するが、DOEのテストにHDRコンテンツは含まれていない。各社はNRDCに対し、4K+HDRコンテンツ再生時には省電力機能を一時的に無効化すると説明しているそうだ。

NRDCはテスト結果をSamsungとLG、Vizioの3社に伝えているが、結果の正確さについて異論はなく、特定のモデルに限定されるものだとも主張しなかったという。また、DOEとENERGY STARラベルを管理する環境保護庁もこの問題を認識しており、方針の変更を進めているとのことだ。

なお、CM時の輝度調整機能はNRDCが不正だと主張しているだけで、実際にテストを意識したものかどうかは不明だ。映像設定の変更による省電力機能の無効化は単なる不具合のようにも見える。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。
12932680 story
日本

翡翠が日本の石に選定される 33

ストーリー by headless
国石 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本鉱物科学会は24日、総会に出席した会員約120人の審査・投票により、日本の石(国石)として「ひすい(翡翠)」を選定した(日本経済新聞の記事YOMIURI ONLINEの記事朝日新聞デジタルの記事)。

今回の事業は学会が一般社団法人化したことを受けて記念事業として進められたもので、事前にインターネットなどで集まった22種類から1次候補の11種(PDF)を経て、花崗岩、輝安鉱、自然金、水晶、翡翠の5種類(PDF)を選定。総会では2回の投票が行われ、71票の翡翠が52票の水晶を上回って選定された。

選定の理由としては日本で広く産出される石であることや、縄文時代から装飾品として用いられるなど文化的にも重要な存在であることなどが挙げられている。

12932351 story
iPhone

IHS試算、iPhone 7(32GB)の材料費は219ドル80セント 24

ストーリー by headless
試算 部門より
IHSの試算によれば、iPhone 7 (32GBモデル)の直接材料費は219ドル80セント、これに組み立て費用など5ドルを加えた224ドル80セントが製造直接費になるという(プレスリリースMacRumorsの記事9to5Macの記事)。

今回の試算は予備的なものだが、昨年12月にIHSが発表したiPhone 6s (16GBモデル)の最終的な分析結果と比べ、製造直接費は36ドル89セント増えている。マージンはiPhone 6sより圧縮されているものの、SamsungのGalaxy S7と比較すると大きなマージンを確保しているとのこと。

コンポーネント別で最もコストが高いのは43ドルのディスプレイモジュールで、Intelのベースバンドチップなどを含むベースバンド/RFフロントエンド/パワーアンプモジュールが合計33ドル90セントで続く。

このほか15ドルを超えるコンポーネントは、A10プロセッサー(26ドル90セント)、フロント+リアのカメラモジュール(19ドル90セント)、ケースなどの機構部品(18ドル20セント)、Taptic Engineやマイク、スピーカーなどの電子部品(16ドル70セント)、2GBのSDRAM+32GBのフラッシュメモリー(16ドル40セント)となっている。

一方、CNN Moneyでは128GBモデルのiPhone 7について、コンポーネント価格の合計を292ドルと試算している(Softpediaの記事)。
12932282 story
変なモノ

イグノーベル賞2016授賞式、日本人は10年連続受賞 39

ストーリー by headless
授賞 部門より
microwavable 曰く、

一見おかしな印象を与える研究や、社会に大きな影響を与えた人・企業などに皮肉をこめて与えられるイグノーベル賞の授賞式が22日、米国・マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大学で開催された(2016年イグノーベル賞受賞者ロイターの記事立命館大学のニュースリリースNHKニュースの記事Ars Technicaの記事)。

立命館大学文学部の東山篤規教授(心理学)らが、上半身をかがめて股の間から物をみた「股のぞき」時に得られる視覚効果の研究で知覚賞を受賞。日本人の受賞は10年連続ということで、国内マスメディアも注目して報じている。

個人的には、スラドでも大きな話題となったVW社の「自動車検査時の排ガス問題を自動的・電子的に解決する方法」(化学賞)がイグノーベルらしくて好きですが、皆さんの興味をひく賞はありましたか。

各賞の受賞者と授賞理由は以下の通り。

12931568 story
宇宙

中国の宇宙ステーション「天宮1号」、来年地球に落下予定 41

ストーリー by hylom
再利用したい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

中国が2011年に打ち上げた宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、2017年後半に地球に落下するとのこと(AFPPopular MechanicsSlashdot)。

天宮1号は打ち上げ後宇宙飛行士の訓練などに使用されていたが、最近になって廃棄されたとのこと。現在は高度370キロの軌道上にあるが、徐々に高度が下がっているという。中国側はその大部分が落下の過程で燃えるため地上に危害が及ぶ可能性は低いとしている。

なお中国は15日、「天宮2号」の打ち上げに成功している。4~6週間以内に有人宇宙船「神舟11号」をドッキングさせ、さまざまな科学研究を行う計画(WIRED)。

12931475 story
地球

絶滅寸前のカメ、一匹が頑張って子を作り滅亡を回避 39

ストーリー by hylom
遺伝子的に大丈夫なのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ガラパゴス諸島の最南端、エスパニョーラ島にのみ生息する「エスパニョーラ・ゾウガメ」という亀は、1970年には生息数がわずか15匹にまで減少し、絶滅が危惧されていたそうだ。しかし、この種の1匹の亀が800匹もの子を作ったことで、絶滅の危機は去ったという(ギズモード・ジャパンOur World)。

800匹もの子を作った亀は「ディエゴ」と名付けられており、元々は米サンディエゴ動物園で飼育されていたという。しかし、エスパニョーラ・ゾウガメの絶滅の危機を受けてガラパゴス島に送られて子作りに励んだ結果、数十年で800匹もの子供を作ることに成功したそうだ。

現在ガラパゴス島には約2000匹のエスパニョーラ・ゾウガメが住んでいるが、そのうち40%のカメのお父さんはディエゴという結果になっているという。ネットでは「絶倫カメ(Fuck Tortoise)」なんていうあだ名も付けられている模様。

12931455 story
バイオテック

放射線によるダメージを防ぐたんぱく質が発見される 27

ストーリー by hylom
この遺伝子を人間に組み込めば…… 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

東京大学などの研究者グループが、放射線によるダメージを防ぐことができる蛋白質を発見したことを明らかにした(東大のResearch Neews)。

発見された蛋白質はクマムシの一種であるヨコヅナクマムシのゲノム配列から発見されたもので、「Dsup」と名付けられた。ヨコヅナクマムシは強い放射線を浴びても生き残ることができることで知られている。通常放射線は生物にとって有害であり、放射線が照射されると細胞やDNAが破壊されるが、今回発見された蛋白質はDNAを保護する働きがあるという。

人間の細胞に対しDsupを作り出せるよう改変を加えた上で放射線を照射した実験では、DNAの損傷が半分程度になり、さらにこの細胞は増殖能力も維持されたままだったという。

12929869 story
サイエンス

カナダと中国の研究チーム、6km以上離れた量子テレポーテーションに成功したと発表 30

ストーリー by hylom
実用化されたらどうなっちゃうのか 部門より

カナダおよび中国の研究グループが、量子テレポーテーションを使った情報転送に成功したと発表した(共同通信natureasia.com)。それぞれのチームによる論文がNature Photonics誌に同時掲載されている(「Quantum teleportation with independent sources and prior entanglement distribution over a network」、「Quantum teleportation across a metropolitan fibre network」)。

両者はそれぞれ異なる環境で異なる波長を使って実験を行っており、カナダの研究グループのほうが転送速度が速い一方、「忠実度」は中国のグループのほうが高かったという。とはいえどちらも興味深い研究結果とのことで、少なくとも都市内レベルの距離であれば量子テレポーテーションが技術的に実現可能であることが示されたという。

12929736 story
お金

米政府による最低給与保証金額引き上げ、日本から米国に派遣されている研究者に影響 63

ストーリー by hylom
日本国内じゃダメなんですか、とか言われそう 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米政府が2016年12月1日から最低賃金法の適用基準を変更し最低給与保証額を引き上げることを決定したそうだ。研究員の年間給与額の最低額も年間4万7,476ドルに引き上げられることになったそうなのだが、日本から米国に派遣されている研究者に支払われている給与がこの最低給与保証額を下回る可能性があると危惧されている(大学研究力強化ネットワークからのお知らせ)。

米国では、外国人の不法労働を抑制するために最低収入保証という制度があり、送り出す機関がそれ以上の収入があることを証明する証明書を添付しなければならない。しかし、現在日本学術振興会の海外特別研究員の最高額は年額520万円であり、為替レートによってはこれが最低額の4万7,476ドルを下回るケースがあることから、米国の研究組織からの受け入れが拒否される可能性があるという。

現場では医療補助や超過勤務手当を払うなどしてやりくりしているとのことであるが、このままでは多くの大学・研究所の研究員が米国で働けなくなる可能性があるということで、学術振興会などへの支援金額の増額などが呼びかけられている。

12928857 story
サイエンス

脳信号で動物にキーボードを打たせる実験に成功 40

ストーリー by hylom
電極を埋め込むのはちょっと…… 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

スタンフォード大学の研究者らが、「考えるだけ」でテキスト入力を行える技術を開発しているそうだ。動物実験ではすでに高速な入力に成功しているという(GIGAZINE)。

今回実験が行われたのは脳に電極を埋め込み、手や腕を動かすときの信号を読み取るというシステム。実験では画面に表示された文字をタイピングするように訓練したサルを使い、ハムレットの一節「To be or not to be. That is the question.」をこのシステムを使ってタイピングさせることに成功したという。また、タイピング速度は「1分間に12ワード」ほどだったそうだ。

12928342 story
サイエンス

カムフラージュ模様を備えた恐竜の存在が化石から明らかになる 19

ストーリー by hylom
新発見 部門より
masakun 曰く、

「プシッタコサウルス(Psittacosaurus)」という恐竜の化石から、この恐竜が濃淡のカムフラージュ模様を持っていたことが発見されたという(ナショナルジオグラフィック)。

プシッタコサウルスは今の中国にあたる地域で1億2000年前に生存していた恐竜で、ゴールデンリトリバーくらいの大きさで頬に大きな突起、オウムのようなくちばしを持っていたという。今回、この恐竜のきわめて保存状態の良い化石を分析したところ、体色が背中側が濃い茶色で、腹側が薄い茶色という「カウンターシェーディング」と呼ばれる模様であることがその鱗から分かったという。

また、研究者がプシッタコサウルスの等身大の模型を作って野外の植物の中で撮影会を行ったところ、直射日光下ではなく散乱光の中に適した模様であることも分かったという。このことから、プシッタコサウルスは草原ではなく森の中に住んでいたと推測している。

なおこの化石は尻から糞便を垂れ流しているのも確認できたそうだ。ただし排便中に死んだわけではなく、死後に腸内の排泄物が何らかの要因で押し出されたものと思われるという。

12925686 story
電力

原発が停止しても日本の炭素排出量は増加していない 89

ストーリー by hylom
節電能力すごい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

原発が停止しても日本の炭素排出量は増加していない、という調査結果が発表された。原発の停止後に節電によって電力の総使用量が減ったため、二酸化炭素は増加していないということらしい。これで原発が無意味という話になるわけではなく、原発を再稼働させればさらに二酸化炭素排出量は減るだろうということも記されている(WIRED)。

日本の原発は炭素排出量の問題というより、燃料コストと安全保障の面の問題だと思うのだがいかがだろうか。ただ、2011~14年の間に液化天然ガスの価格は37パーセント、石炭の価格は19パーセント下がったにもかかわらず、日本の電気料金は2パーセントしか下がっていないという指摘もあるそうだ。

12925072 story
バイオテック

マウスで卵子を使わずに赤ちゃんを作る実験に成功 24

ストーリー by hylom
この方法で雌は作れるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

マウスによる実験で、卵子を使わず精子だけで赤ちゃんを作ることに成功したという(BBCNature Communications掲載論文)。

この実験では、精子に対し遺伝子操作を行うことで卵子のような働きを行わせ、それを使って子供を作ることに成功したという。健常な子供が生まれた割合は24%だったという。

過去には、卵子二つから精子を使わずにマウスを作るという実験もあった(Natureasia.com過去記事)。

精子が卵子に侵入(受精)すると両者が融合(接合)して1つの細胞となり、その細胞が細胞分裂を重ねて胚ができ、それが成長して胎児になるというのはよく知られているが、哺乳類には精子由来の染色体からしか発現しない遺伝子と、卵子由来の染色体からしか発現しない遺伝子が存在する。そのため、精子のみ、もしくは卵子のみからだけでは遺伝子が不足して子孫を残すことができないとされていた。

今回の実験では精子に対し遺伝子操作を行うことで、本来は卵子由来の染色体からしか発現しない遺伝子を発現させ、そこから胚を成長させて子供を作り出したようだ。

12925057 story
JAXA

NHK、9年前に「かぐや」で撮影された月面の高精細映像をネット公開へ 20

ストーリー by hylom
ネットユーザーから受信料を取りたいならこれくらい余裕でやってくれないと 部門より

2007年に月探査衛星「かぐや」が撮影した高精細動画が、ネットで無償公開されることになったそうだ(NHK)。

この動画はかぐやに搭載されたNHKのハイビジョンカメラで撮影されたもの。撮影された動画は当初地上デジタル放送でのみ放送されており、ネットでの公開を求める声が多く上がっていた(過去記事)。その後、動画の一部のみはネットでも公開されたが、多くは未公開のままだった。

今月21日から順次公開され、来月末までにはすべての映像が視聴できるようになるという。

12924550 story
宇宙

ブルーオリジン、超大型ロケット「ニュー・グレン」を発表 18

ストーリー by hylom
でかい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米Amazon.com創立者のジェフ・ベゾス氏が設立した民間宇宙開発企業米ブルーオリジン社は12日、今後10年以内の初飛行を目指し計画中の超大型ロケット「ニュー・グレン」を発表した(WIREDsorae.jpSlashdot)。

ニュー・グレンは米国初の地球周回飛行を成し遂げたジョン・グレン宇宙飛行士に因んで命名されたロケットで、直径が7m、全長が約82mから95mという、サターンVにも匹敵する超大型ロケットである。1段目にはULAの新型ロケットバルカンに搭載予定のBE-4エンジンを7基搭載し、さらにこの巨大な1段目は地上に着陸させ再利用する計画だという。

ロケットの3段目はオプションとなっており、3段目を用いる場合は低軌道を超えるミッションが可能で、商業衛星打ち上げには性能が過大であることから、宇宙ステーションや月・惑星探査などを視野に入れたロケットと推測される(sorae.jpの解説記事)。

ブルーオリジンは現在ニューシェパードと呼ばれる再利用型のサブオービタル機の実験を続けており、また前述のバルカンのエンジン開発も行っている。しかし現状のニューシェパードからはあまりにも飛躍があり過ぎる構想のため、話半分と捉える向きもあるようだ。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...