パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

12880839 story
ハードウェアハック

ハードディスクのシーク音を利用してエアギャップ環境からデータを盗む「DiskFiltration」 16

ストーリー by hylom
よく考えるなあ 部門より
headless曰く、

PCの冷却ファンを操作してエアギャップ環境からデータを盗み出す「Fansmitter」を考案したイスラエル・ベングリオン大学のCyber Security Research Centerが、今度はハードディスクのシーク音を利用してエアギャップ環境からデータを盗み出す「DiskFiltration」を発表した(論文要旨Ars TechnicaRegister)。

ネットワークから隔離されたエアギャップ環境のPCからデータを盗み出す方法は、ターゲットのPCでデータ送信用のソフトウェア(マルウェア)を実行し、電磁波や光、熱、音声に乗せてPCから収集したデータをエンコードして送信するといったものだ。あとは受信用のハードウェアでデータをデコードして外部に転送すればいい。

実験では2つのトラック間を移動する際のシーク音を使い、シーク音が出ている部分を「1」、出ていない部分を「0」としてデータを送信する。ディスクキャッシュによる影響を避けるため、送信時にはOSのキャッシュとハードディスクのキャッシュは無効化している。データは4ビット(1010)のプリアンブルに36ビットのペイロードを組み合わせたものを1フレームとし、受信側のスマートフォンではバンドパスフィルターを用いて最もSN比の高かった2,050~2,100Hzを取り出して処理を行ったとのこと。

送信可能なビットレートは周辺ノイズやターゲットのPCと受信用ハードウェアとの距離にも影響されるが、静かな場所では3ビット/秒=180ビット/分程度のビットレートが実現できたとのことだ。

12874856 story
ストレージ

Seagateが容量60TBの3.5インチSSDを発表 16

ストーリー by hylom
詰め込め 部門より

Seagate Technologyが9日、世界最大容量という容量60TBのSAS(Serial Attached SCSI)接続SSDを発表した(PC WatchEngadget Japanese)。2017年中の製品化を目指すという。

将来的には同じフォームファクタで100TB以上の容量まで拡張可能とのこと。大容量のSSDとしては今年3月にSamsungが容量15.36TBの「PM1633a」を出荷開始しているが(過去記事)、今回発表されたSSDはその約4倍の容量を持つことになる。

12865772 story
ストレージ

8TBのハードディスクの信頼性は十分という話 40

ストーリー by hylom
気付いたら実用的に 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

オンラインストレージサービスを提供しているBackblazeが、2016年第2四半期の同社のHDD使用統計レポートを公開した(SlashdotGIGAZINE)。

同社は最近になって容量8TBのハードディスクの利用を増やしているそうなのだが、HDS5C8080ALE600は22858日相当の稼動時間に対しエラーが発生していたのが2回、SeagateのST8000DM002では44,000日相当の稼動時間に対しエラーは4回と、ともに少ない頻度だったという。そのため、今後は2GBのHDDを8GBに置き換えていく方針だという。

12853109 story
ストレージ

原子1個で1ビットを記録する技術 35

ストーリー by hylom
限界リミットへ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

オランダ・デルフト工科大学の研究者が、1ビット当たり原子1個を使って情報を保持するメモリを開発したそうだ。記録密度は現時点でハードディスクの500倍にも達するという(EngadgetTechcrunchNature NanotechnologySlashdot)。

このストレージは、銅でできた記録面に走査型トンネル顕微鏡を使って塩素原子を配置することでデータを保持する。塩素原子は格子状に整然と並ぶため、そのうち幾つかの原子を取り除くことで塩素原子が2つの位置をとれるようになり、0と1の表現ができるという。

ただし、このストレージは絶対温度77度の真空中でしか安定しないとのことで、実用化にはまだ遠そうだ。

12845216 story
ストレージ

VHSデッキ、国内勢最後の船井電機が7月末で生産終了と日経が報じる 67

ストーリー by hylom
Amazonにいくつか他メーカーのものはある模様 部門より

船井電機がVHSビデオレコーダーの生産を7月末で終了すると日経新聞が報じている。市場縮小のほか、部品の調達が困難になったという背景があるようだ。

船井は国内ではDXブロードテックブランドで製品を展開しており、2014年7月にVHSビデオデッキ内蔵のDVDレコーダ「DXR170V」を発売していたが(ITmedia)、この製品は2015年11月をもって販売終了となっていた。また、海外では「FUNAI」ブランドで海外向けにVHSビデオデッキの販売を継続していた。

なお、国内ではドウシシャのWebサイトにビデオカセットプレーヤー製品が掲載されているが、どのメーカーが作っているかは不明。

12841651 story
インターネット

ファイル共有サイト「Megaupload」が復活? 5

ストーリー by hylom
ストレージサービスと何が違うの 部門より

大量の海賊版がサイト上で配布されているとして閉鎖され、創立者のKim Dotcom氏が逮捕されたオンラインストレージサービス「Megaupload」が復活するという(GIGAZINEThe Next Web)。

Kim Dotcom氏によるTwitterへの投稿によると、新サービスは無料で100GBの容量が利用でき、暗号化や同期機能も備えるクラウドストレージになるという。サービス開始は2017年1月を予定しているようだ。

Dotcom氏は2013年に「Mega」という新サービスを開始しており、こちらはまだサービスが続いている。

12839208 story
インターネット

Eye-Fi旧モデル、サポート終了で無線通信機能が利用不可に。遅くて電池を食うただのSDカードに成り下がる 40

ストーリー by hylom
一応サービス終了前に設定だけしておけば直接転送はできるかもしれない 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

撮影した写真を即座に無線LAN経由でクラウドサービスやPCに転送する機能を備えた無線LAN通信機能内蔵SDカード「Eye-Fi」のクラウド機能が2016年9月16日にサービス終了になり、それ以降は無線経由でのPCへの転送すら行えなくなるそうだ(「記憶は人なり」ブログ)。

Eye-Fiは現在クラウドサービスの転送機能を切り捨て、PCやスマートフォンへの直接転送に特化した新モデル「mobi」シリーズを展開しており、こちらは今後もサポートが継続される。

なお、ほかの無線LAN内蔵SDカードとしては東芝のFlashAirシリーズや、Linux採用でハック可能ということで話題になったPQI Air Card、そしてトランセンドのWi-Fi SDカードezShareなどさまざまなものがあるが、Eye-Fiのように撮影した写真を無差別に転送するという機能はどれも無いように見える。

12836057 story
ストレージ

磁気研究所、太陽誘電からスタンパーや品質管理などを引き継いで製造したCD-R/DVD-Rを発売へ 21

ストーリー by hylom
国内生産なのだろうか? 部門より

昨年、CD-RやDVD-R等の光メディア製造メーカー太陽誘電が記録製品事業からの撤退を発表したが(過去記事)、この太陽誘電のスタンパーや材料、製造工程、品質管理などを引き継いで製造された記録メディアを磁気研究所が発売すると発表している(AV Watch)。

容量700MBのCD-R(48倍速対応)と、片面1層/4.7GBのDVD-R(16倍速記録対応)を発売するようだ。

12813483 story
ストレージ

Apple、新ファイルシステム「Apple File System」を発表 100

ストーリー by hylom
他OSからのアクセスはサポートされるのだろうか 部門より

Appleが新たなファイルシステム「Apple File System(APFS)」を発表した(Engadget JapaneseAppleの開発者向けドキュメント)。

ドキュメントによると、APFSはOS X(macOS)10.12のDeveploper Preview版に含まれる模様で、正式リリースは2017年になるようだ。Apple製品向けの次世代ファイルシステムという位置付けで、現行のHFS+が持つすべての機能をサポートしつつ64ビットiノード、ナノ秒単位でのタイムスタンプ、拡張可能なブロックアロケータ、sparseファイルのサポート、クラッシュ保護機構などの改良を加えたファイルシステムになるという。

また、FlashストレージやSSDへの最適化、copy-on-writeメタデータ、ファイルやディレクトリのクローン、スナップショットなどの新機能も提供する。暗号化機能も強化されるようだ。

12812347 story
MacOSX

「macOS Sierra」発表、「OS X」から名称変更に 113

ストーリー by hylom
Mac復活 部門より
caret曰く、

Appleが米サンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2016」の初日基調講演で、「macOS Sierra」を発表した(macOS PreviewEngadget JapaneseGIGAZINETechCrunch Japanギズモード・ジャパンITmediaPC WatchマイナビニュースCNET Japan)。かねてから噂はあったが、「OS X」という名称はついに表舞台を去ることになった。

2012年リリースのOS X 10.8 Mountain Lionでは名称から「Mac」が外れながらも15年間使われたが(開発版やサーバ向けも含めれば、Mac OS X Public Beta "Kodiak"、Mac OS X Developer Preview、Mac OS X Server 1.0がさらに以前に存在し、16年間となる)、ついに名称が変更された。変更理由としては、「iOS」、「watchOS」、「tvOS」に命名規則を統一するためだという。

macOS Sierraは本日より開発者向けプレビュー版が提供されているが、バージョンは10.12のようだ。

新機能としては、Siriの搭載、Apple PayのWeb対応、Apple WatchでMacのロックを解除できるAuto Unlock、 macOSとiOSの間でクリップボードが共有できるUniversal Clipboard、MacのデスクトップにあるファイルをほかのMacやiOSデバイスと共有できるiCloud Drive、不要なファイルを自動的にクラウドに移動したり削除することでストレージ容量を回復させるOptimized Storageのほか、アプリのタブ表示がOSレベルでサポートされた。そのため開発者による実装を待たずに、さまざまなアプリがタブ切り替えできるようになる。また、iOS 9でサポートされていたピクチャ・イン・ピクチャがmacOSにももたらされた。

パブリック ベータは7月にリリース予定、パブリック リリースは今秋で、もちろん無償アップグレードとなる。対応機種はLate 2009以降のMacBookおよびiMacと、Mid 2010以降のMacBook Pro、Mac mini、Mac ProおよびLate 2010以降のMacBook Airとなる。

12796581 story
ストレージ

ファイルの「解凍」は死語? 164

ストーリー by hylom
「展開(解凍)」と書く派 部門より

窓の杜にて、ファイルの「圧縮」および「解凍」、「展開」に関する話題が取り上げられている。

記事では新入社員がファイルの「解凍」や「圧縮」について分からないという話や、最近では「解凍」という言葉は「おっさんしか使わない」という話が紹介されている。ちなみに窓の杜では「圧縮・解凍・ランタイム」というジャンル分けで「解凍」というキーワードが使われているが、これを「展開」に置き換えるかどうかも検討しているようだ。

12784830 story
ストレージ

多くの企業は冗長・陳腐・無駄なデータを多く保管している 59

ストーリー by hylom
自戒を込めて 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ベリタステクノロジーズのデータバーグレポートによると、日本企業が保有するデータのうち33%は冗長、陳腐、無駄な「価値のない」データで、52%が価値があるかどうか分からないデータだという(ZDNet Japan)。

世界的に見ると、企業持つデータのうち同じく価値のないデータが33%を占めており、これらデータを保管するコストを概算すると、「企業全体で1PBのデータを保管している平均的な中規模企業」の場合で年間7840万円になるという。

そのほか、私的なデータやSNSコンテンツなどを企業のストレージに保存している社員も少なくないという。

12784821 story
ストレージ

磁気テープの需要が拡大中 47

ストーリー by hylom
個人でもちょっとほしい 部門より

データバックアップ用のメディアとして古くからあり、かつ現在でも現役の磁気テープがまた見直されているという。2013年には「テープストレージ市場は縮小傾向」としてTDK子会社のメディアテックがデータテープの製造販売から撤退するというニュースもあったが、磁気テープメーカーの富士フイルムによると、容量ベースの出荷数は5年前の約4倍に増えているという(SankeiBiz)。

磁気テープの製造は富士フイルムとソニー、日立マクセルの3社でほぼ市場を独占しているとのことで、たとえば昨年には富士フイルムとIBMが共同で容量220TBのテープカートリッジを実現できるという磁気テープ技術を開発するなど(過去記事)、各メーカーの技術開発によってさらなる大容量化も進んでいる。

12759922 story
クラウド

Dropbox、デスクトップアプリでのWindows XPサポートを今夏に終了 25

ストーリー by headless
終了 部門より
Dropboxでは、デスクトップアプリでのWindows XPサポートを今夏に終了するそうだ(Dropboxヘルプセンターの記事Softpediaの記事Windows Centralの記事Neowinの記事)。

6月26日以降、Windows XP上のDropboxアプリではファイルのダウンロードができなくなり、既存のアカウントへのサインインや新規アカウントの作成もできなくなる。8月29日にはDropboxアプリでのWindows XPサポートが終了する。この日になると、Windows XPコンピューターとリンクしているすべてのDropboxアカウントは自動的にサインアウト状態になるとのこと。

なお、自動的にサインアウト状態になっても、Dropboxアカウントや保存したファイルに影響することはない。再度サインインするにはWindows Vista以降へのアップグレードが必要になるが、サポートされる他のデバイスからDropboxを使い続けることも可能だ。引き続きWindows XPを使用する場合でもWebブラウザーでdropbox.comにアクセスすれば、6月26日以降も既存アカウントへのサインインやファイルへのアクセスが可能であり、新規アカウント作成も可能とのことだ。
12758691 story
ストレージ

LaCieが最大容量96TB、デイジーチェーンで576TBまで拡張可能なRAIDストレージを発表 12

ストーリー by hylom
プロ向け 部門より
headless 曰く、

LaCieは18日、最大容量96TBのデスクトップRAIDストレージユニット「12big Thunderbolt 3」(日本から接続するとlacie.jpにリダイレクトされるため、Googleキャッシュを使用 )を発表した(プレスリリースデータシートPDFBetaNewsRegister)。

12big Thunderbolt 3は8TBのHDDをサポートするドライブベイを12基搭載することで、最大96TBの大容量を実現。RAID 5では88TBとなり、100時間の4K動画を保存可能だ。接続インターフェイスはThunderbolt 3×2とUSB 3.1×1で、付属のアダプターケーブルによりUSB 2.0/3.0接続にも対応する。Thunderbolt 3で6台までデイジーチェーン可能となっており、最大576TBまで拡張できるとのこと。

Thunderbolt 3とハードウェアRAIDコントローラー、Seagateのエンタープライズクラス7,200RPMドライブ、256MBキャッシュの組み合わせにより、転送速度はRAID 0で最大2,600MB/s|1,700MB/s(リード|ライト)、RAID 5では2,500MB/s|1,200MB/sを実現するという。

本体サイズは161×447×237mm。容量は96TBのほか、72TBと48TBが選択可能で、本体重量は48TBモデルが16.4kg、72TBモデルと96TBモデルが17.6kgとなる。5年間の限定保証はHDDもカバーするとのこと。今夏発売予定となっているが、日本で発売されるかどうかは不明だ。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...