パスワードを忘れた? アカウント作成

12934587 story
テクノロジー

ホンダ、軽スポーツカー「S660」用エンジンをベースとした自動車で時速約421kmを達成 19

ストーリー by hylom
S660で421kmではない 部門より

ホンダが660ccエンジン搭載車による最高速記録を達成したと発表した(Response)。

9月17日、米ソルトレイク市で開催された「Mike Cook's Bonneville Shootout」で達成したもので、記録された速度は時速約421km。エンジンには同社の軽自動車「S660」用の排気量660cc直列三気筒ガソリンターボエンジンをベースにしたものを採用しているという。

この記録はFIA(国際自動車連盟)のカテゴリーA、グループ1、クラス4(自動車・レシプロ過給エンジン・排気量500~750cc)区分における最高速という認定を受けたとのこと。

12933541 story
テクノロジー

京都市バスの運転手、ブレーキ時に異音が鳴る車両の運転停止を求め京都市を提訴 113

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より

京都市交通局に所属する京都市バスの運転手が、ブレーキをかけた際に異音がするバスは危険だとして同市を提訴した(朝日新聞産経新聞毎日新聞)。

問題のあるバスは15台確認されており、原因は不明。異音が発生してもブレーキの制動力など安全上の問題はないという。

12932690 story
Google

Googleの自律走行車、信号無視のバンに衝突されて過去最大のダメージを受ける 95

ストーリー by headless
場所 部門より
Googleの自律走行車(Lexus)がカリフォルニア州マウンテンビューで走行テストを行っていたところ、赤信号を無視して交差点に進入してきたバンに衝突されて過去最大のダメージを受けたそうだ(9to5Googleの記事)。

LexusはPhyllis Avenueを北向きに進行しており、El Camino Realとの交差点に青信号で進入した。Phyllis Avenue側の信号はLexusが交差点に進入する少なくとも6秒前には青信号になっていたそうだ。しかし、El Camino Realを西向きに進行していたバンが赤信号を無視して交差点に進入し、Lexusに右側から衝突したとのこと。そのため、Lexusの右側のドアは前後とも大きくへこんでいる。写真ではよくわからないが、9to5Googleによると窓ガラスも割れたという。なお、2台ともエアバッグが正常に作動し、けが人は出ていないとのことだ。

Googleの自律走行車(Lexus)は2月にバスと接触する事故を起こしているが、この事故が発生したのも今回の事故と同じ交差点だ。この事故ではLexusがEl Camino Realを東向きに進行しており、右折してPhyllis Avenueに入ろうとしていた時にバスと接触している。
12932684 story
ロボット

シンガポールの自動運転タクシー、配車サービスアプリ「Grab」から呼び出し可能に 12

ストーリー by headless
配車 部門より
東南アジアで配車サービスを提供するGrabは23日、8月からシンガポールで自動運転タクシーサービスを提供しているnuTonomyとの提携を発表した(プレスリリースGrabのFacebook記事The Straits Timesの記事The Vergeの記事)。

提携により、GrabのユーザーはnuTonomyがサービスを行っているone-northエリアに加え、近隣エリアで自動運転タクシーを利用できるようになる。nuTonomyの自動運転タクシーには緊急時に対応するドライバーとコンピューターを監視する研究者が同乗しており、one-northエリア外ではドライバーが運転する。

Grabで自動運転タクシーを利用するには、登録および免責合意書への署名が必要だ。登録が完了すると、Grabアプリの「Robo-Car Trial」アイコンから自動運転タクシーを予約できるようになる。乗車料金は無料だが、1回の予約で乗車できる乗客は1名に限られるとのこと。

Grabによれば、人間のドライバーは乗降場所が市街地から遠く離れている場合に予約を受けない傾向があるといい、将来的に自動運転タクシーが補えると考えているようだ。Grabでの自動運転タクシー利用テストは2か月の予定だが、価値のあるフィードバックやデータが継続して得られる場合は延長される可能性もあるとのことだ。
12929770 story
交通

国交省、スマートフォンを利用した「タクシー運賃事前確定サービス」の導入を検討中 49

ストーリー by hylom
なかなか感覚的には分からないよねぇ 部門より

国土交通省が、乗り降りする場所を入力することで事前にタクシーの運賃を確定できる「運賃事前確定サービス」を2017年にも導入する方針を固めたそうだ(読売新聞)。

スマートフォン向けの配車アプリを使用して乗車前に距離に合わせた運賃を確認できるようにするというもので、乗車後はその運賃とメーターで表示される運賃の安い方を支払うという。タクシー大手などが導入を要望しているとのことだが、タクシー運賃は距離だけでなく乗車時間によっても変わるため、乗車時間の予測をいかに精度良く行うかが課題のようだ。

12924549 story
テクノロジー

テスラのオートパイロット機能がアップデート、レーダーの強化などが行われる 33

ストーリー by hylom
画像処理だけに頼るのは危険 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米テスラモーターズが9月11日、同社の自動運転技術「オートパイロット」の「バージョン8.0」をを発表した。イーロン・マスクCEOによれば、OTA経由で1~2週間以内に利用できるようになるという(CarWatchBloombergFORTUNEReutersSlashdot)。

本アップデートではレーダーの改善が行われているそうだ。従来はカメラと画像処理システムをメインに使用して周囲の状況を取得していたが、バージョン8ではレーダーを使った認識能力をより向上させているとのこと。また、ドライバーがハンドルから手を離した際に警告を出し、さらにこの警告が一定時間続いた場合に駐車するまで機能が無効化される、といった変更も加えられている。

マスクCEOは11日の記者との電話会見で、「モデルS」がトレーラーに衝突する死亡事故が5月に発生したが、この強化されたレーダーが搭載されていれば運転手の死亡は避けられていたかもしれないと語っている。

12923271 story
交通

自動車の空力特性が変化するというアルミテープ、トヨタの新86にも採用 130

ストーリー by hylom
帯電しない塗装とかないんですかね 部門より
maia 曰く、

旧聞なのかもしれないが、自動車のボディやバンパーに貼った「アルミテープによる空力コントロール」技術がある。トヨタが特許(国際公開番号WO/2015/064195)を取ったもので、ノア・ヴォクシーや86に純正採用されているようだ(Response)。

アルミテープで静電気を放電し、空気の流れを整え、タイヤ接地性の向上、ロール制御、ヨースタビリティ、操舵応答などに効果をもたらすという。50km/h程度ではっきり効果が分かるらしいが、敏感なら20~30km/h程度でも違いがわかるという。テープの正式名称は「モールテープナンバー1」といい、スリットが入った形状となっている。

また、あるAnonymous Coward曰く

テープを貼るだけで「タイヤ接地性の向上やロール制御、ヨースタビリティ、操舵応答などに効果をもたらす」というのはにわかには信じられないのだが、新型86では実際に両サイドウィンドウ下部とステアリング下コラムカバー内にアルミテープが貼られており、「有り・無しで誰時でも実感できるほどの効果が得られる」という。

走行中に車体が帯電すると、帯電した空気との間で反発力が働き空気の流れが乱れて空力が低下するとのことで、アルミテープで放電することでこの空力低下を防げるという仕組みらしい。テープを貼るだけなので試しやすいというメリットもあるが、実際に試した方の感想を知りたいものである。

12918360 story
交通

東北・北陸新幹線、旅行商品限定で直通運転 61

ストーリー by headless
直通 部門より
yasuchiyo 曰く、

JR東日本とJR西日本は、東北・北陸新幹線の仙台~金沢間直通列車を運行すると発表した(JR西日本のプレスリリース)

といっても旅行商品専用の臨時列車で、運行は11月7日(往路)、8日(復路) の1往復、東北側から北陸への観光旅行を想定しているようだ。

「通常、東北新幹線から北陸新幹線へは、大宮駅で乗り換えが必要なところ、今回は大宮駅での乗り換えもなく、スムーズにご移動いただけます。ぜひこの機会にお楽しみください。」とのことだが、こういう運行形態が今後も登場するのか、興味深い。

12917098 story
交通

JR東日本、運行終了した寝台特急「北斗星」の内装を使った宿泊施設を開業へ 23

ストーリー by hylom
日本人からの人気も出そうだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

JR東日本が総武快速線・馬喰町駅で簡易宿泊施設「Train Hostel 北斗星」を開業するそうだ。昨年運行を終了した寝台特急「北斗星」の内装を使っているのが特徴(朝日新聞JR東日本の発表)。

2段ベッドタイプと個室タイプの2種類が利用でき、料金は1泊2500~4000円とのこと。北斗星の「B寝台」で使われていた2段ベッドや照明器具、はしごを再利用しているようだ。

外国人旅行者向けとされているが、日本人も利用可能。12月中旬の開業を予定しているとのこと。

12913749 story
インターネット

TLS 1.2の後継規格であるTLS 1.3、大きな仕様変更のためTLS 2.0に名称変更を検討中 32

ストーリー by hylom
互換性問題は大変そうではある 部門より

TLS 1.2の後継として検討が進められているTLS 1.3だが、大きな仕様変更が加えられることからその名称を「TLS 2.0」にすることが検討されているようだ(名称変更に関するプルリクエスト)。

なお、TLS 1.3では暗号化方式の変更にとどまらず、ハンドシェイクの改善や性能向上など多数の変更が加えられるようだ。多くの変更が加わっているにも関わらず「TLS 2.0」ではなく「TLS 1.3」として検討が進められていたのは、既存のクライアント/サーバーとの互換性を保つためだったとのこと(IIJ・大津氏による技術解説スライド)。

12901629 story
テクノロジー

自動車メーカー向けにパッケージングされた自動運転システムの販売を目指す企業 23

ストーリー by hylom
需要はありそう 部門より

自動車メーカー各社が自動運転自動車の開発を進めている中、自動運転のためのコンポーネントをパッケージ化して販売するメーカーが登場した(WIRED)。

このメーカーは、米General Motorsから分社されたDelphi社およびカメラ技術を持つMobileye。この2社が共同で自動運転システムを開発し、自動車メーカーに販売することを目指しているという。

Mobileyeのシステムはすでに多くのメーカーに採用されているとのことで、自社で自動運転自動車を開発したくはない、もしくはできないが自動運転自動車を販売したいと考えているメーカーへの提供を考えているという。

12899652 story
交通

飛行船と航空機を組み合わせた「Airlander 10」、テスト飛行中に電柱に引っかかって落下 15

ストーリー by hylom
飛行船とはいえショックは大きそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

飛行船と航空機を組み合わせた「Airlander 10」、初飛行』で話題になったハイブリッド飛行船「Airlander 10」の2回目のテスト飛行で、ロープが電柱に引っかかり地面と衝突するというトラブルが発生していたそうだ(sorae.jp)。

動画では浮いている飛行船が前傾姿勢となり、ゆっくりと地面にぶつかる様子が確認できる。なお、乗務員に怪我は無かったそうだ。

12897965 story
交通

東京メトロと大手物流3社、地下鉄での貨物列車運行を検討 82

ストーリー by hylom
地下貨物駅ができるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

東京メトロおよびヤマト運輸、日本郵便、佐川急便が東京近郊の地下鉄路線を使って貨物列車を走らせる計画を検討している(朝日新聞)。

計画では郊外の車両基地で積み込んだ荷物を都心の駅で降ろし、各業者が配送するというもの。今秋有楽町線で走行実験を行うとのこと。

定時運行する鉄道の長所を生かし、渋滞の影響を受ける事無く安定輸送が行えるのが利点で、東京オリンピック開催時には都心へのトラック乗り入れが制限される可能性への対策も兼ねているらしい。最近問題となっているトラックの運転手不足対策もあるようだ。

12896194 story
ロボット

世界初の自動運転タクシーサービス、シンガポールで開始 19

ストーリー by headless
ドアは手で開けるのか 部門より
米スタートアップ企業 nuTonomyは25日、自動運転自動車によるタクシーサービスをシンガポールで開始した(プレスリリース: ZIPファイルThe Straits Timesの記事TODAYの記事The Vergeの記事The Guardianの記事)。

サービスを行うnuTonomyはMITのスピンオフ企業で、ルノー・ZOEと三菱・i-MiEVを改造した自動運転自動車を使用する。公道での自動運転自動車のテストは既にGoogleなどが行っているが、公衆向けのタクシーサービスは世界初となる。

ただし、サービス開始時点で投入されるタクシーは6台のみで、運転席には緊急時にハンドルを操作するドライバーが乗車し、助手席にコンピューターを監視する研究者が乗車する。料金は無料だが、招待者だけがスマートフォンで呼び出して乗車できる。また、運行範囲はシンガポール国立大学に近いビジネスパークone-northエリアのおよそ6.5平方キロメートルで、乗降場所も限定されている。

(続く...)
12891426 story
交通

コンビニに置き換わりつつある駅構内の売店 78

ストーリー by hylom
某駅は駅の上が病院になっていて驚きました 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

かつては駅の売店と言えば、その鉄道会社に関連する企業が運営するのが一般的だった。しかし、近年ではそれが大手コンビニに置き換わりつつあるという(朝日新聞)。

大手コンビニが持つ運営能力と商品を利用することで鉄道事業者は「駅ナカ」の収益力を高められるという利点がある。コンビニ側にとっても、競合他社が存在しない場所で営業できるという利点があるという。

立地上の制約から駅売店時の特徴を残す店も多く、また広さが小さいのも特徴。たとえば大阪市の「ファミリーマート近鉄鶴橋駅1番ホーム東店」は、国内最小(広さ4m2)のファミリーマート店舗だそうだ。また、店員が駅員を兼ね、運賃精算等の駅業務を行う店舗もある模様。いっぽう店舗によっては、一般のコンビニと同様チケット購入やATMが利用できる場合もあるそうだ。

個人的には、地域性の違いも含めた駅売店の多様性や雰囲気が失われるためあまり好感は持っていないが、皆様はどう思うだろうか。駅売店をどのように利用しているだろうか。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...