パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

12932660 story
テレビ

米国のテレビ受像機省電力テストで不正が指摘される 48

ストーリー by headless
抜穴 部門より
米エネルギー省(DOE)が定めるテレビ受像機の省電力テストの不備を突き、受像機メーカーが現実の視聴時よりも消費電力を低く見せかけていると天然資源保護協会(NRDC)が指摘している(NRDCのプレスリリースリポートブログ記事)。

DOEが定める10分間の消費電力テスト用映像は、非常に短いシーンが繰り返し切り替わる内容だ。SamsungとLGのテレビでは、コマーシャルなど頻繁にシーンが切り替わる場合にバックライトを暗くしたりオフにしたりする機能(MDD)が搭載されており、テスト用映像をループ再生した場合、大幅に消費電力が低下するとのこと。

また、SamsungとLG、Vizioのテレビでは映像設定を変更すると省電力機能が無効になり、消費電力が50~100%増加するのだが、適切な警告が表示されない。今回のテストとは別に店頭で6社計21モデルを確認したところ、映像設定の変更で省電力機能が無効になるのはSamsungとLG、Vizioの製品のみだったという。

3社は米国でのテレビ受像機シェアの半数を占めており、32インチ以上のモデルを購入した消費者の3分の1が映像設定を変更した場合、10年間でロサンゼルスの全家庭の消費電力1年分が余分に消費されることになるとNRDCは試算する。この問題について3社は、ソフトウェア更新で対応すると回答しているとのこと。

このほか、最新の4Kテレビでは4K+HDRコンテンツを再生する際に消費電力が30~50%増加するが、DOEのテストにHDRコンテンツは含まれていない。各社はNRDCに対し、4K+HDRコンテンツ再生時には省電力機能を一時的に無効化すると説明しているそうだ。

NRDCはテスト結果をSamsungとLG、Vizioの3社に伝えているが、結果の正確さについて異論はなく、特定のモデルに限定されるものだとも主張しなかったという。また、DOEとENERGY STARラベルを管理する環境保護庁もこの問題を認識しており、方針の変更を進めているとのことだ。

なお、CM時の輝度調整機能はNRDCが不正だと主張しているだけで、実際にテストを意識したものかどうかは不明だ。映像設定の変更による省電力機能の無効化は単なる不具合のようにも見える。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。
12928859 story
日本

取り調べの可視化、原則全て実施へ 46

ストーリー by hylom
効果はあるか 部門より
nemui4曰く、

警察による逮捕後の取り調べについて、警察庁が裁判員裁判の対象事件では原則として録音/録画による可視化を行うという指針を定めた。これにより、10月1日から全国の都道府県で取り調べの可視化が行われる予定のようだ(朝日新聞)。

2019年6月までに裁判員裁判になる事件は原則として全課程の過程が義務付けられることに合わせたもの。機器の故障や容疑者が拒んだ場合などの4つの例外事由を除き、原則として録音・録画が実施されるという。

容疑者が拒否したと言えば通っちゃったりして。 そして、可視化した情報を閲覧できるのは弁護士裁判官くらいなのかな。

12927269 story
iOS

iOS 10のGIF検索機能でポルノ画像が表示される問題、複数の単語がブロック対象に 23

ストーリー by headless
注意 部門より
iOS 10ではアニメーションGIFのサポートが追加されているが、iMessageのGIF検索機能で「butt(端、尻)」を検索すると、アニメ「マイリトルポニー」のキャラクター「フラッターシャイ」がパンツを下すGIFがトップに表示されていたそうだ(The Guardianの記事Mashableの記事The Vergeの記事The Concourseの記事9to5Macの記事)。

Mashableによると、GIFライブラリーはGIPHYのリポジトリから取り込まれているため、全面的にAppleの責任というわけではないとのこと。一方、「boobs(おっぱい)」や「ass(尻)」はブロックされているとのことなので、単語だけチェック(buttは「尻」以外の意味で使われることも多く、assほど下品ではないとみなされている)して画像まではチェックしなかった可能性もありそうだ。

また、「huge(巨大)」といった普通の単語でもポルノ画像が表示されることが判明しているが、buttも含めてブロック対象になったとみられ、現在では結果を返さないようになっているとのことだ。
12925672 story
テレビ

NHK、放送受信設備を設置していない世帯からも受信料を徴収する方針を改めて表明 117

ストーリー by hylom
データセンターからもお金を取るんですかね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NHKの石原進経営委員長が、現在は受信料の徴収対象外となっている放送受信設備を設置していない世帯についても、ネットによるテレビ放送視聴が可能であれば今後受信料を徴収したいという発言を行っている(朝日新聞)。

NHKは今後ネットでの番組配信を進めていく方針で、それに合わせてネットユーザーからの受信料徴収のための法改正について政府とともに検討していくようだ。

ネットでの同時配信ではなく、過去の番組アーカイブをすべてオンデマンドで視聴可能、くらいのことをやってくれないとネットユーザーからの支持は受けられないかと思うが……。

12924548 story
著作権

TorrentFreak、著作権者の許諾を得ているにもかかわらずYouTubeの著作権侵害申し立てを受ける 3

ストーリー by hylom
もう日常茶飯事のような感じ 部門より
headless曰く、

YouTubeでの著作権やコンテンツIDの問題などをたびたび取り上げているTorrentFreakが、この問題を自ら体験することになったそうだ(TorrentFreak)。

TorrentFreakでは2008年~2010年にかけて動画コンテンツ「TorrentFreak TV」を制作・公開しているが、これらの動画をアーカイブとして今月YouTubeで公開したところ、数時間後に著作権侵害を申し立てる通知を受けることになる。驚くべきことに著作権侵害を申し立てたのは、厳しすぎる著作権保護に反対する英国のラッパーでソングライターのDan Bullだった。

TorrentFreakとDan Bullは旧知の仲で、記事やインタビューでたびたび取り上げている。実際、申し立ての対象となったエピソードは、Dan Bullが英国のデジタル経済法に反対する公開書簡の形をとったミュージックビデオ「Dear Mandy」を取り上げたものであり、本人からも許諾を得ていたものだという。

TorrentFreakがDan Bull本人に連絡を取ったところ、申し立ては彼が参加しているYouTubeネットワークのBrave Bisonがボットを使って行ったものであることが判明する。彼は日ごろから自分の作品を自由に使って新たな創作をするよう人々に勧めているが、Brave Bisonではこういった作品を放置するオプションを与えず、作品の使用を認めるホワイトリストを用意し、動画ごとに追加するしかないとのこと。

Dan Bullによれば、今回の件はYouTubeのコンテンツIDシステムによる問題の一つだという。この作品を初めて有名にしたのはTorrentFreakであり、そのTorrentFreakが初めて受ける著作権侵害の申し立ての原因となったことについて非常に恥ずかしいとも述べている。

記事では動画が削除されない代わりに、Brave Bisonが広告を表示するようになったと述べているが、実際に再生してみたところ広告は表示されなかった。数日前にTorrentFreakは異議申し立てを行っているとのことで、何か動きがあったのかもしれない。

12924547 story
テレビ

BSデータ放送910ch「ウェザーニュース」放送終了、今後はネット経由での情報提供へ 28

ストーリー by hylom
時代の流れ 部門より

気象情報会社ウェザーニューズによるBSデータ放送「ウェザーニュース」が、今年9月30日24時を持って終了する(ウェザーニューズの発表)。

ウェザーニュースはBSデータ放送の910チャンネルにて放送されていた、気象情報を提供する放送。2000年12月のBSデジタル放送開始より放送が行われていたが、通信環境の劇的な変化を受けての放送中止という。今後はウェザーニュースのPCサイトやYouTube、ニコニコ生放送などのストリーミングサイト、スマートフォンアプリなどで同様のコンテンツを提供していくとのこと。

12914096 story
テレビ

ワンセグ携帯の受信料問題、総務省がNHKに対しヒアリングへ。見直しを求めるとの報道も 139

ストーリー by hylom
もっと簡潔にしましょうよ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今年8月26日、さいたま地裁がワンセグ受信機能付き携帯電話の所持は放送法上の受信機の設置には当たらないとの判断を示したが、これを受けて総務省がNHKに対し聞き取り調査を行うと報じられている(産経新聞)。

ワンセグ端末における受信料問題については、高市総務大臣がワンセグ付き携帯電話は受信料支払いの対象であるとの見解を示していたが、総務省はNHKに対しワンセグ機能付き携帯電話における受信料請求について見直すよう求める方針であるとの報道もある(朝日新聞日経新聞)。

12899078 story
ハードウェア

注目される「VRデバイスで実現したバーチャル空間内でのPCのデスクトップ表示」 56

ストーリー by hylom
別世界へ 部門より

見た目をさまざまにカスタマイズして自分好みの「バーチャルメイド」を作れるアダルトゲーム「カスタムメイド3D2」ではVR対応が積極的に行われており、Oculus RiftやHTV Viveを使った仮想空間内でバーチャルメイドとの交流ができるようになっているそうなのだが、さらにこのゲームの最新パッチを適用すると、PCのデスクトップ画面をVR空間内のディスプレイにミラーリング表示できるようになるそうだ(PANORAASCII.jp)。これにより、バーチャルメイドがあたかもそばに居るようなVR空間内でWebブラウジングやメール、仕事などができてしまうという。

また、ほかのユーザーと同じVR空間に入れるVRアプリなどでも同様の機能が実装されたものが登場しており、仮想空間内で打ち合わせをするといったことも可能になっているという。さらにHTC Vivdeでは、スマートフォンアプリと組み合わせることで着信やメール、カレンダーに設定されたイベントなどの情報をVR空間内に通知することも可能になっているという。

12897802 story
携帯電話

iOSデバイスにおけるトラブル・故障発生率が急増 28

ストーリー by hylom
なにがあった 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Blancco Technologyグループによるモバイル端末の性能・故障率調査(2016年第2四半期版)によると、iOS端末におけるトラブル・故障の発生率は58%で、前四半期と比べて2倍に増加しているという(SoftpediaSlashdot)。

トラブルが発生した機種のうちiPhone 6は29%、iPhone 6Sは23%、iPhone 6S Plusが14%だという。発生したトラブルのうちもっとも多かったのがアプリのクラッシュ(65%)で、そのほか無線LAN関連が11%、ヘッドセット関連が4%だそうだ。よくクラッシュするアプリとしてはSnapchatやInstagram、Facebookなどが挙げられている。

なお、Softpediaによると、Androidスマートフォン全体のトラブル発生率は2016年第1四半期の44%だったが、第2四半期には35%に低下しているという。トラブル発生率が高かったのはSamsung、LenovoおよびLeTVのデバイスだったそうだ。

また、地域によってトラブル発生率が異なることも指摘されており、北米やアジアではiOSデバイスのほうがAndroidよりもトラブルが多い傾向があるという。

12893061 story
お金

さいたま地裁、ワンセグ受信機能付き携帯電話だけの所持ではNHK受信契約の義務は生じないと判断 178

ストーリー by hylom
どうでるか 部門より
headless 曰く、

さいたま地裁は26日、ワンセグ受信機能付き携帯電話の所持は放送法上の受信機の設置には当たらないとの判断を示した(読売新聞毎日新聞ロイター)。

この裁判はワンセグ機能付き携帯電話を所有しているだけでNHKとの受信契約義務が生じるかどうかが争われていたもの。原告の朝霞市議は単身赴任生活で現在の自宅にはテレビがなく、ワンセグ機能付きの携帯電話を所有しているが、視聴していないという。これについて市議がNHKに問い合わせたところ、受信契約義務があると説明されたため、受信契約義務がないことの確認を求める訴訟を起こしていた。

NHKではワンセグ受信機も受信契約の対象になるが、家庭で受信契約をしている場合は別途受信契約をする必要はないとしている。ただし、実際にワンセグ受信機のみで受信料を払っている人がいるかどうかは不明とのこと。

すでにサービスが終了しているNOTTVなどのマルチメディア放送について定義を定めた放送法2条14号では、下記のように定められている。

「移動受信用地上基幹放送」とは、自動車その他の陸上を移動するものに設置して使用し、又は携帯して使用するための受信設備により受信されることを目的とする基幹放送であつて、衛星基幹放送以外のものをいう。

ここでは「設置」と「携帯」が明確に分けられていることから、ワンセグも「設置」とするNHKの主張を「文理解釈上、相当の無理がある」としたという(弁護士ドットコム)。

12889119 story
テレビ

NHK BS放送では録画再生時、「速報情報」の字幕を消せるようになっている 50

ストーリー by hylom
地上放送でも対応してほしいという人は多いのでは 部門より

NHKのBSデジタル放送では今年2月1日より、画面上に表示される速報情報について受信機側で文字を生成して表示する「文字スーパー」方式を採用しているとのこと。これにより、録画した番組の再生時に速報字幕の表示オン・オフが選択できるようになっているそうだ(NHK NHKの「視聴者対応報告」PDF)。

なお、緊急地震速報や津波情報など文字以外の図形情報を含む場合などは映像に直接重ねられて送信されているため非表示にはできないとのこと。また、地上デジタル放送については対応していない受信機があるため非表示にはできないようだ。

12885862 story
交通

超音波を使ったシカ用踏切、近鉄が開発 43

ストーリー by hylom
鳥獣被害も大変だ 部門より

近畿日本鉄道(近鉄)が電車とシカの接触事故を防ぐため、超音波を使った踏切のようなシステムを開発した(時事通信Jタウンネット)。

このシステムは、線路脇に設置した防護ネットの一部に隙間を空け、そこに超音波発生器を設置したもの。電車が通過する際はシカが嫌う超音波を発生させることでシカが近づくことを防ぎ、それ以外はシカがその隙間部分を横断できるようにする仕組み。近畿日本鉄道では年間300件のシカとの接触事故があったそうだが、設置後は今のところ事故は起きていないという。

12884037 story
メディア

破産したGawker Mediaの資産売却先は米Univisionに、Gawker.comは来週の閉鎖が決まる 6

ストーリー by headless
閉鎖 部門より
ハルク・ホーガンのセックステープをめぐる報道が発端となり、6月に破産を申請したGawker Mediaの資産売却先が米スペイン語TVネットワークのUnivisionに決まったそうだ(Recodeの記事The New York Timesの記事Los Angeles Timesの記事)。

Gawker Mediaはプロレスラーのハルク・ホーガンことテリー・ボレア氏から訴えられ、一審で合計1億4千万ドルの賠償金支払いを命じられている。そのため、Gawker Mediaでは資産売却により控訴資金を調達すべく、Ziff Davisと交渉を行っていた。しかし、Ziff Davisが事前に提示していた9千万ドルに対し、競売で1億3千5百万ドルをつけたUnivisionが競り勝ったとのこと。

買収に伴い、GizmodoやKotaku、LifehackerなどGawker Mediaの7サイトのうち6サイトはUnivision傘下で継続されるが、旗艦サイトのGawker.comは来週で閉鎖になる。Gawker.comのスタッフは継続する6サイトまたはUnivisionの他の部署に配属されることになるという(Gawkerの記事Consumeristの記事、 、 VentureBeatの記事)。

17日に掲載されたGawkerの記事によれば、Univisionの買収案にはGawker.comのほか、GizmodoやKotaku、LifehackerなどGawker Mediaの7つのWebサイトがすべて含まれていたが、9月の買収完了前にGawker.comをGawker Media LLCへ返すオプションもあったという。一方、Gawker.comを買収したうえで、Webサイトを運営しないという選択も可能だ。どれを選択した結果 Gawker.comが閉鎖されることになったのかは不明だが、Univisionの重役陣が明言していた通り、Gawker.comのスタッフが解雇されることにはならないようだ。
12883240 story
著作権

「録画代行業」を行っていた男性が摘発される 46

ストーリー by hylom
これは代行なのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

TV番組を著作権者に無許可で録画して販売するという「録画代行業」を行っていた東京都在住の64歳男性が逮捕された。男性は1996年ごろからこの代行業を行っており、約2700万円の利益を得ていたという(産経新聞)。

20年間で2700万円ということは一年あたり135万円ということで、これだけで食べていくのは難しいが収入としては少なくはないという感じで微妙なところだ。著作権侵害で損害賠償の請求が行われるのか、もし行われるならどのくらいの額になるのかが気になるところではある。

12879393 story
宇宙

SpaceX、6機目のFalcon 9ロケット回収に成功 1

ストーリー by hylom
安定した感じに 部門より
headless 曰く、

SpaceXは14日、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16を搭載したFalcon 9ロケットの打ち上げを米国・フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で実施した。JCSAT-16は静止トランスファー軌道に投入されて打ち上げは成功、Falcon 9ロケット第1段のドローン船上での回収にも成功している(スカパーJSATのニュースリリースSpaceXのツイートSpaceNews.comThe Verge)。

Falcon 9ロケットは日本時間14時26分に打ち上げられ、およそ9分後に大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」上に着陸した。毎回着陸直前に映像の乱れるドローン船上からの中継だが、今回は映像がブラックアウトし、復旧したときにはすでに着陸済みの状態となっていた(Webcast動画: ドローン船上からの映像は25分28秒ごろから)。

SpaceXがドローン船上でのロケット回収に成功するのは今回で4回目。重い衛星を高軌道に打ち上げるミッションでのロケット回収は難しいとされるが、今年に入って4回行われた高軌道への打ち上げのうち、3機の回収に成功している。今回の回収成功で回収されたFalcon 9ロケットは合計6機になったが、SpaceXが目標とするロケットの再利用はまだ行われていない。

SpaceXでは5月のJCSAT-14打ち上げミッションで使用したロケットの燃焼テストを7月28日に実施しているが、このロケットは高温による劣化が激しいためエンジニアリングにのみ使用し、再利用はしない計画だという。最初の再利用には4月のISS補給ミッションで使用したロケットが選ばれており、9月か10月に行われる計画だ。SpaceXでは再利用ロケットによる打ち上げの顧客を発表していないが、年内に2回の衛星打ち上げを予定しているルクセンブルグのSESになる可能性が高いとみられている。

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...