パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

12680772 story
ワーム

脳も腸もない謎の深海生物「珍渦虫」、生物の進化の初期に位置する生物だった 70

ストーリー by headless
初期 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

脳も腸もなく、生殖器や肛門もないという「珍渦虫(ちんうずむし)」を系統発生的に分析した結果、旧口動物の系統基部か初期の左右相称動物として位置付けられたそうだ(Natureハイライト論文アブストラクト[1][2][3])。

CNN.co.jpの記事に掲載された写真を見ると、確かに生物というより袋状の何かにしか見えない。過去には筑波大などのチームが卵や幼生の姿を確認しているが、正体についてはさまざまがあったという。

12654298 story
ワーム

ハイアットがマルウェア感染の影響を受けたホテル250軒のリストを公開、国内のホテルは4軒 14

ストーリー by headless
完了 部門より
昨年はスターウッドヒルトンハイアットといった大手ホテルチェーンの支払いシステムでカード情報を窃取するマルウェアの感染が相次いだ。この件についてハイアットは調査を完了し、影響を受けたハイアットホテルの所在地やリスク対象日のリストを公表した(お支払いカードに関するハイアットによる調査の完了についてニュースリリースConsumeristの記事The Registerの記事)。

マルウェア感染の影響を受けたのは世界52の国や地域で、合計250軒のホテル。ハイアットは世界に627の施設を展開しており、影響を受けたホテルは全体の約40%にあたる。主にレストランで使われたカードのデータに不正アクセスの兆候が確認されたとのこと。国別では米国が99軒と最も多く、中国(22軒、香港・マカオを含めると26軒)、インド(20軒)が続く。日本でも4軒のホテルがリストアップされている。

マルウェア感染の影響を受けた国内のホテルは以下の通り。
ホテル名 影響を受けた期間
ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ 2015年8月5日~10月14日
ハイアット リージェンシー 京都 2015年8月13日~10月14日
パーク ハイアット 東京 2015年8月13日~12月8日
アンダーズ 東京 2015年8月13日~12月8日
12146175 story
ワーム

サイバー攻撃を受けたドイツ連邦議会、4週間以上経過しても復旧できず 17

ストーリー by headless
長期 部門より
ドイツ連邦議会のコンピューターネットワークは5月にサイバー攻撃を受けてマルウェアを送り込まれたが、4週間以上経過しても復旧できていないようだ(Deutsche Welleの記事The Localの記事The Registerの記事)。

独誌Der Spiegelなどは、議会のIT専門家がマルウェアの遮断に失敗して現在も外部にデータが送信され続けており、復旧のためにはソフトウェアだけでなくハードウェアもすべて入れ替える必要があるなどと報じているが、議会の報道官などは報道を否定。外部へのデータ送信は2週間以上前から確認されておらず、サーバーの一部はデータの抹消と再インストールが必要となるものの、対応可能な数だとしている。
12088964 story
ワーム

オープンソースのSSHクライアントPuTTY、トロイの木馬が仕込まれたバージョンが配布される 78

ストーリー by headless
偽物 部門より
insiderman 曰く、

やや旧聞になるが、人気のWindows向けSSHクライアント「PuTTY」で、マルウェア入りの非公式バージョンが出回っているそうだ(シマンテック公式ブログの記事)。

PuTTYはオープンソースソフトウェアなので、(知識と開発ツールさえあれば)誰もが改変したバージョンを作成して配布できる。シマンテックのブログによると、このマルウェア入りPuTTYは2013年後半から出回っているらしい。今のところあまり拡散していないが、検索エンジン経由でこのマルウェア入りPuTTYのダウンロードページに誘導されることがあるようだ。

この改変版PuTTYでは、サーバーへの接続時に接続情報が攻撃者のサーバーに送信される。これにより、攻撃者は被害者が接続しようとしたSSHサーバーへの接続が可能になるという。

SourceForgeがアドウェア入りGIMPインストーラを配布したことが話題になっているが、オープンソースソフトウェア自体へのマルウェア混入も増加するかもしれない。

12045350 story
ワーム

JR高徳線、大量に発生した毛虫が原因で坂を登れなくなる 85

ストーリー by headless
空転 部門より
香川県の高松駅と徳島県の徳島駅を結ぶJR高徳線で3日、大量に発生した毛虫が原因で普通列車1本が部分運休したそうだ(毎日新聞の記事YOMIURI ONLINEの記事産経WESTの記事)。

毛虫が大量発生したのは讃岐相生駅-阿波大宮駅間。高松発徳島行きの普通列車がレール上の毛虫を潰したため車輪が空転し、坂を登れなくなった。列車は讃岐相生駅に引き返し、乗客は後続の列車に乗り換えたという。その後毛虫は取り除かれ、他の列車への影響はなかったとのこと。毛虫は近くの山林から発生したとみられるが、所有者を確認して許可を得るまでは対策できないため、JR四国では対応に苦慮しているそうだ。読売新聞によれば2日にも現場付近で同様のトラブルが発生しているといい、4日はより重い列車を使うなどして運行するとのことだ。
11901680 story
月

「月面に刺さるロンギヌスの槍」を再現するプロジェクト 65

ストーリー by hylom
つきにつきさす 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

アニメ「エヴァンゲリオン」の作中では、「ロンギヌスの槍」と呼ばれる巨大な槍が月面に突き刺さるというシーンがある。これを再現しようとするプロジェクトがスタートした。現在、資金募集サイトREADYFOR?で資金募集が行われている。目標額は1億円(マイナビニュース)。

このプロジェクトは民間宇宙開発企業ispaceとの協力で実行を目指すもの。月面探査用ローバーに搭載された射出機構より全長24cm、重さ30gのチタン合金製の槍を射出し、月面に突き刺すという。

なお、打ち上げ全体の費用10~30億円についてはハクトが別途スポンサーを募集している。今回クラウドファンディングで獲得した資金はロンギヌスの槍およびその放出機構を月面に運ぶための費用として使われるらしい。

個人的には一私企業の営利目的で月に資材を送り込むことに違和感を覚えるが、諸氏の意見はどうだろうか。

ispaceはGoogleがスポンサーとして開催されている月面無人探査コンテスト「Google Lunar X Prize」へのチャレンジを事業として行っている企業(スタート・ビズ・ジャパンのインタビュー記事)。いっぽう、私的な目的のために月にオブジェを置いてくることや、その名称が宗教的であることからの反対意見も出ている。

11882720 story
ワーム

板橋区ホタル生態環境館の職員、買ってきたホタルを「施設内で育てた」と偽る? 38

ストーリー by hylom
これは結構なアウトです 部門より
pongchang 曰く、

板橋区ホタル生態環境館にて、「ホタル生息調査の幼虫の生息数と元飼育担当職員が従来報告していたホタル生息数との間に大きな乖離があった」ことから調査を行った結果、職員が外部から購入したホタルを同環境館で育てたホタルと偽っていた可能性が高いことが明らかになったという(調査結果資料PDF産経新聞)。

STAPとか旧石器とか、自分の功名心からインチキをする人は絶えない。この場合は板橋でホタルを環境教育と称して担当していた区の職員が実は西日本系統のホタルをとある神社から買って放していたというオチ。それを立証するのにDNA鑑定や宅配便の荷札の検証もしている。

なお、この担当職員は以前「福島でホタルを放つ」ということで話題になった人のようだ。

10711927 story
ワーム

無線LANアクセスポイントを狙い「空気感染」するウイルスが実証される 40

ストーリー by hylom
狙われるハードウェア 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

リバプール大学の研究者らが、無線LANアクセスポイントを経由して感染する「Chameleon」と呼ばれるウイルスの実証実験に成功した(ScienceBlogslashdot DCEURASIP Journalslashdot)。

このウイルスは、アクセスポイント(AP)を攻撃してそのファームウェアを書き換える機能を持っており、ファームウェアの書き換え後には攻撃されたことを認識されないよう、通常通りAPとして動作するという。しかし、この「感染した」APは接続してくるクライアントの認証情報を収集するという。さらに、周囲にある別のAPに対し攻撃を行い、同様にファームウェアの書き換えを試みるそうだ。

大きな問題点として、このようなウイルスはAP上にしかその痕跡を残さないので、PCのセキュリティソフトでは検出が難しいということがあるという。

9642806 story
サイエンス

線虫は死ぬときに青い光を放つ 38

ストーリー by hylom
メガンテ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

University College Londonの研究者David Gems氏が、線虫が死ぬときに青色の光を発することを発見したそうだ(WIREDArs TechnicaPLOS Biology掲載論文)。

氏らは、死にかけている線虫の一種である「Caenorhabditis elegans」が死んでいく状況をマイクロスコープで観察したという。その結果、その際に内部から青色の蛍光が発せられることを発見したという。

魂が抜けるときに光が……とも思ったが、細胞膜が壊死する際に細胞内からアントラニル酸という物質が放出され、それによって蛍光が発せられるという話らしい。細胞膜の壊死についての考察もされており、「細胞の死」がどういうことかという話にもつながるようだ。

ちなみにこの線虫が観察対象に選ばれたのは、サイズが小さく透明で比較的寿命が短く、またその遺伝子についてもよく研究が進んでいるからだそうだ。

8030143 story
サイエンス

頭に鳴り続けるメロディーを消す方法 53

ストーリー by reo
運命を分けたザイル 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

テレビなどでたまたま耳にした流行の歌がその後も脳内でループし続ける現象は誰しもが経験したことがあるだろう。イヤーワームとも呼ばれるこの現象を消し去る方法があるそうだ (Telegraph.co.uk の記事本家 /. 記事より) 。

ウエスタン・ワシントン大学の心理学者 Ira Hyman 博士によると、最も有効なのはアナグラムを解くことだそうだ。歩行や運転など意識せずに行えるものは認知機能をさほど活用しないため作業記憶に音楽が入り込む余地が大いにあるが、アナグラムを解くことで認知機能が使われ作業記憶から音楽を追い出すことができるとのこと。ここで重要なのが丁度良い難易度の問題を解くことであり、簡単すぎても難しすぎても音楽がまた鳴り始める隙が生まれてしまうとのこと。数独パズルも効果がみられたが難しすぎると効果が薄く、アナグラムの効果には及ばなかったという。

ちなみに耳に残るのは鼻歌で歌いやすかったり口ずさんだりしやすい曲であり、ゴールドスミス・カレッジの調査ではレディ・ガガの曲が最も頭に残りやすいアーティストであり、中でも Bad Romance、Just Dance、Paparazzi や Alejandro といった人気曲などが特にイヤーワームになりやすかったとのこと。他の調査では ABBA の Waterloo や David Bowie の Changes、また The Beatles の Hey Jude などもイヤーワームとして挙げられているそうだ。

7901159 story
ワーム

環境省のWebサイトがマルウェアによって改ざんされる。閲覧者への感染の可能性も 66

ストーリー by hylom
今年はこういう話が多いような気が 部門より

あるAnonymous Cowardのタレコミより。最近Webサイトの改ざんニュースが多く聞かれるが、環境省のWebサイトでも改ざんが確認されたという(INTERNET Watch環境省の発表PDF)。

問題となっているのは、家庭でのCO2排出量を表示するWebサイト「CO2みえ~るツール」。現在このサイトにアクセスすると、サイト改ざんに関するお知らせが表示される。 原因は「Darkleech Apache Module」というマルウェアだそうで、3月3日に設定ファイルが改ざんされていたことが確認できたという。また、改ざんされたサイトを閲覧すると、マルウェアを配布するサイトに誘導され、マルウェアに感染する可能性があったという。このサイトにアクセスしたことのあるユーザーに対しては、セキュリティソフトでのスキャンといった確認を行うよう「お願い」している。

6452203 story
spam

厚生労働省、豚レバーを生食しないように注意喚起 159

ストーリー by headless
i-don't-like-them-raw 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

厚生労働省は、豚レバーを生食用に提供する飲食店に対して加熱提供を指導するよう、各自治体に要請した。消費者への注意喚起も行われている(報道発表資料消費者向けの「お知らせ」朝日新聞デジタルの記事)。

牛肉にしろ、豚肉にしろ、部位に関係なく生で食べる危険性を理解していない人がこれほど多いのも意外だ。

一方、KAMUI 曰く、

豚肉はしっかりと火を通して食べるのが常識と思っていたのだが、朝日新聞デジタルの記事によると生食はかなり前から広まっていたらしい。しかし豚肉や豚レバーを生食するとE型肝炎ウィルスに感染するリスクや、サルモネラ菌やカンピロバクターによる食中毒のリスクがある。また、海外では有鉤条虫や旋毛虫といった寄生虫の感染も報告されているそうだ。

6427101 story
アメリカ合衆国

牛の飼料にグミやチョコレート? 米国で飼料用穀物の高値続く 31

ストーリー by reo
ねるねるねるね 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

飼料用トウモロコシの高騰を受け、牧畜業界ではトウモロコシに代わる飼料が高値で取引されているという。中には驚くような中身の代替飼料が出回り始めているそうだ (Reuters の記事本家 /. 記事より) 。

米国はここ 50 年最悪の干ばつに見舞われており、トウモロコシの価格がうなぎ上りとなっているとのこと。飼料用トウモロコシも例外ではなく、牧畜業者らは飼料確保の難題に直面しているという。牧畜業者にとって飼料が最も経費がかかる要素となっており、現在のトウモロコシおよび大豆価格高騰は大きな打撃となっている。トウモロコシに代わる飼料としてはエタノール製造時の副産物である醸造用穀類、綿実殻、米や芋製品、ピーナッツペレット、また小麦製粉時の副産物である「ふすま」などがあるが、中にはグミやマシュマロ、シリアル、乾燥クランベリーなどが含まれている飼料も出回っているそうだ。

鶏や豚と比べ牛のような反すう動物は接種できる飼料の幅が広いこともあり、様々な代替飼料が模索されている模様。「要は糖分、脂肪分、カロリーだ」として家畜用チョコレートを取り扱う飼料業者もいるそうだ。ただし動物栄養士らは必要な栄養が満たされるよう注意を払うことが第一だと警告しているとのことである。

5474311 story
情報漏洩

財務省、職員のパソコン123台がマルウェア感染 58

ストーリー by headless
本番 部門より
財務省は20日、一般職員のパソコン123台がマルウェアに感染し、何らかの情報が外部に送信された可能性があることを発表した(プレスリリースITproの記事NHKニュースの記事ロイターの記事)。

感染していたのはトロイの木馬型のマルウェア。ウィルス対策ソフトに検出されない未知のもので、2010年1月から2011年11月にかけて情報が外部に送信された形跡が見つかったという。流出した可能性があるのは職員が作成した会議資料など。具体的な内容は明らかにされてないが、専用システムを使用する国税関係の個人情報や機密情報は含まれないとのこと。財務省では感染したパソコンの回収や通信の遮断などの措置を行ったとしている。
3911748 story
ボットネット

FlamerのC&Cサーバーがアンインストールコマンドを送信していた 29

ストーリー by headless
自動的に消滅する 部門より
マルウェア「Flamer (Flame)」のC&Cサーバーが、感染したコンピューターにFlamerをアンインストールするコマンドを送信していたそうだ(Symantec Connect Communityのブログ記事BBC Newsの記事本家/.)。

この動きはシマンテックのハニーポットが検出したもので、C&Cサーバーは「browse32.ocx」という名前のファイルを感染したコンピューターに送信。このモジュールが感染したコンピューターからFlamerをアンインストールし、関連するファイルをすべて削除する。最後にディスクの空き領域をランダムデータで上書きしてFlamerの痕跡をすべて消去するという。これまでの分析でFlamerにはbrowse32.ocxと同様の機能を持つ「SUICIDE」というモジュールが含まれることが明らかになっているが、新たなモジュールを使用した理由は不明とのことだ。
typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...