パスワードを忘れた? アカウント作成
164291 journal

Livingdeadの日記: ビーズ型や濾紙型などの消臭剤には効果があるのか?

日記 by Livingdead

早朝からキーボードをカチャカチャ打つとうるさいと怒られるのでこの時間帯の私の居場所はトイレの中かマクドナルドである。そして今はトイレの中である。いくら家人から普段汚人(と書いて「おっと」と読む)と呼ばれる私でもトイレの悪臭は嫌なものである。そこでビーズ型の消臭剤を置いている。この手の消臭剤には濾紙タイプの物もある。

そしてふと思った。これらは本当に効いているのか?つまり、空気中に拡散している臭い物質を本当に吸着してくれているのか?と。内容物を見ると「アミノ酸系消臭剤、吸水性樹脂」とだけ書いてある。他の類似の商品には「両性界面活性剤」と書いてあるものもある。結局のところ、ビーズ表面で界面活性剤に吸着(反応)するということなのか?

市販されている消臭剤のほとんどには、合成界面活性剤や合成香料が含まれています。そもそも、なぜ消臭剤に界面活性剤が必要なのでしょうか? それは、界面活性剤がにおい物質と化学的な反応を起こして、においを消したり、やわらげたりする性質を持っているからです。生活クラブ

もっと論文とか無いのかなと思ったけど、トイレ時間中には芳香剤の拡散に関するものしか見つけられなかった「室内空気中の総揮発性有機化合物 (TVOC)に対する芳香剤 ・ 消臭剤の影響に関する研究」(PDF)

これ以上座っていると寒いし痔が悪化しそうなので今朝の報告はこれで終わりとする。
それにしても gTLD が coop なサイトを始めて検索で引き当てたよ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...