パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのFacebookページのファンになりましょう。

12786179 story
広告

ベルギー警察、Facebookのボタンはユーザーの感情を監視し広告に利用していると警告 24

ストーリー by hylom
広告に「これは酷い」ボタンを実装しよう 部門より
taraiok 曰く、

先日Facebookが「超いいね!」や「悲しいね」といった5種類のリアクションボタンを実装したが、これに対しベルギー警察が「プライバシーを保護したい場合はこれらを押すな」との警告を行ったそうだ(INDEPENDENTSlashdot)。

ベルギー警察は、これらのボタンをFacebookは広告に利用していると主張している。具体的には、ボタンを押したときの人間の感情、気分が良いか悪いかといったデータを集めて、それに合わせて広告などを表示させているという。広告はユーザーが興味を持っていると思われる内容を元にして表示されるが、その表示タイミングは重要だ。そこでFacebookは、リアクションボタンからユーザー精神状態を分析しているのだという。気分のいいときに適切な広告を表示させることにより、広告効果を高めていると言うことらしい。

12786108 story
Windows

Windows 10の大型アップデートでスタートメニューに表示されるアプリ広告、倍増へ 42

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より

Windows 10のスタートメニュー内にはMicrosoftが「おすすめ」するアプリが表示され、それをクリックするとWindows Storeのそのアプリのページが表示される仕組みがあるが、今夏リリース予定の「Windows 10 Anniversary Update」では、表示されるこの「アプリ広告」の数が現在の5個から2倍の10個に増えるという(ZDNet Japan)。

Microsoftは「アプリの提供元から広告料を受け取ってはいない」としており、単純にWindows Storeからのアプリインストールを推進したいだけのようだ。とはいえ、本当に必要なのかも分からないアプリがスタートメニューに表示されることについては否定的な意見も多いようだ。

12742397 story
広告

広告を見てくれたら謝礼金を支払う新Webブラウザ「Brave」スタート 14

ストーリー by hylom
成功するか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Mozillaの共同創設者の一人となるBrendan Eichが立ち上げた新ブラウザプロジェクト「Brave」が本格的に始動する(businessnewslinePCWorldSlashdot)。

BraveはAdblock機能を標準搭載するWebブラウザ。ただし、独自の広告モデルも導入しており、広告を見てくれた人に対して、広告収益の15%を提供するというビジネスモデルを導入している。ユーザーへの支払いはビットコインで行われるとのこと。

広告を一切表示しないことも可能。広告を表示するというオプションを選択した場合には、その広告掲載で得られる収益の15%をBraveの運営会社が、55%が閲覧サイトのパブリッシャーが、15%が広告代理店が、そして残りの15%をユーザーに配布を行う。支払いを受ける場合には、メールアドレスや電話番号を登録するなどの身元を確認する必要がある。しない場合は、パブリッシャーに資金供与されるとしている。

12741362 story
広告

ドイツでAdblock Plusは合法という判決、5度目 16

ストーリー by hylom
違法とする根拠は難しそうだ 部門より

Webブラウザ向けの広告ブロックアドオン「Adblock Plus」に対し、ドイツの大手新聞社が「営業妨害である」として裁判を起こしていた問題で、裁判所側は新聞者側の主張を退ける判決を下したという(BusinessNewsline)。

同様の裁判は過去にも起こされていたが、Adblock Plus側が勝訴していた。

12733048 story
広告

Microsoft Edge向けAdblock Plus、Microsoftが許可すればすぐにでもリリース可能? 9

ストーリー by headless
待機 部門より
Windows 10 Insider Preview ビルド14921ではMicrosoft Edgeで拡張機能が利用可能となっている。現在のところ公式ページで公開されている拡張機能は3種類だけだが、Adblock PlusはMicrosoftの承認待ちの状態らしい(WinBetaの記事BetaNewsの記事Adblock Plusのツイート[1][2][3])。

Edge向けAdblock Plusの登場を待ちわびるツイートへの返信という形で明らかにされたもので、Microsoftの許可が出ればすぐにでもリリースできる状態にあるような表現となっている。ただし、何待ちになっているのかについては特に触れられていない。Microsoftでは今後の予定として複数の人気拡張機能の追加を予告しており、これにAdblock Plusも含まれている。
12723744 story
広告

MSNやNew York Timesなどの大手Webサイトを通じた不正広告攻撃が急増 43

ストーリー by headless
広告 部門より
headless 曰く、

13日から14日にかけて、大手ニュースサイトやポータルサイトを通じた不正広告攻撃が急増していたそうだ(Malwarebytesのブログ記事TrendLabs Security Intelligence Blogの記事SpiderLabs Blogの記事Ars Technicaの記事The Guardianの記事)。

今回の不正広告攻撃は米国のユーザーを対象としたもののようだ。Malwarebytesによれば、不正広告を表示していたWebサイトにはMSNやThe New York Times、BBC、AOLなどが含まれる。不正広告にはAngler exploit kitをホストするWebサイトにリダイレクトするコードが含まれ、GoogleやAppNexus、AOL、Rubiconなどの広告ネットワークを通じて配信されていたという。リダイレクト先のAngler exploit kitは、FlashやSilverlightなどの脆弱性を利用してランサムウエアやトロイの木馬をインストールするとのことだ。

12716461 story
Opera

PC向けのOpera開発者版、ネイティブの広告ブロック機能を搭載 26

ストーリー by headless
高速 部門より
Opera Softwareは10日、開発者版のPC向けOperaブラウザーにネイティブの広告ブロック機能を搭載したことを発表した(Operaブログの記事BetaNewsの記事The Registerの記事Neowinの記事)。

「ネイティブ」はWebエンジンに広告ブロック機能が搭載されていることを意味し、拡張機能を使用した広告ブロックとは比較にならない速度でのページ読み込みが実現できるという。ブロックリストにはEasyListを使用しており、トラッキング防止にはEasyPrivacyを使用している。

広告ブロックソフトウェアではURLやページ内のエレメントがブロックリストに一致するかどうかをチェックするのに時間をとられている。Operaではブロックリストのチェックをネイティブコードで実行するため、広告ブロックによる速度低下は無視できるレベルだとしている。コンテンツリッチな66サイトでテストを実行した結果、Google Chrome+広告ブロック拡張機能と比較して、平均45%高速だったとのこと。

広告ブロック機能はデフォルトで無効になっており、ブロック可能な広告を含むWebページを訪れた際に有効化するかどうかのポップアップメッセージが表示される。ここで「Block ads」をクリックすれば、広告ブロック機能が有効になり、アドレスバー右端に盾のアイコンが追加される。このアイコンをクリックすることでWebサイト単位での広告ブロック有効化/無効化を設定できるほか、スピードテストも実行可能だ。

ただし、ブロックリストの関係か、一部のWebサイトではポップアップメッセージが表示されないこともあるようだ。また、ポップアップメッセージが表示された時に広告ブロック機能を有効化しなかった場合、Operaを再起動するまでは再度ポップアップメッセージが表示されることはなかった。
12714103 story
広告

New York Times、広告ブロックツールブロックをテスト導入へ 36

ストーリー by hylom
Adblockブロッカーブロッカーはいつ登場するのだろう 部門より
nemui4 曰く、

New York Timesが、広告ブロックツールが導入されたWebブラウザからのアクセスをブロックするテストを行っているという(GIGAZINEITmedia)。

μBlock使いながらNYTにアクセスしてみたけど普通に記事見られた。まだテスト導入中だそうなので、マイナーなブロックツールは未対応なのかな。

12687978 story
広告

WIRED.com、広告ブロッカーに対してアクセス制限を行うと発表 50

ストーリー by hylom
大多数のユーザーは見なくなって終わりでは 部門より
taraiok 曰く、

WIREDは数週間以内に広告ブロッカーを使用しているユーザーに対し、WIRED.com記事へのアクセスを制限を行うと発表した。これを回避するためには、広告ブロッカーのホワイトリストにWIRED.comを入れるか、週1ドルの有料版の契約を行う必要があるとしている(WIREDSlashdot)。

WIREDによると、WIRED.comにアクセスする20%以上が広告ブロッカーのユーザーだという。また、広告ブロッカーを利用しているユーザーにも多くの理由があることを知っているが、WIREDを維持するために広告収入は必要だとのこと。

12658269 story
広告

AppleのiOS向け広告ネットワーク「iAd App Network」、終了へ 5

ストーリー by hylom
iOSの広告離れ? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

AppleがiOSアプリ向けの広告ネットワーク「iAd App Network」を6月30日で終了することを発表したマイナビニュース)。

すでにこの機能を使用したアプリについては審査を受け付けられないようになっているとのことで、広告の表示が6月30日までになるという。また、6月30日まではiAd App Network経由での広告出稿も可能となっているようだ。

なお、今後の展開については不明。

12632512 story
広告

ASUS、2016年から同社のスマホ・タブレットにAdblock Plusを標準インストールへ 36

ストーリー by hylom
広告の未来はどうなる 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

台湾の大手PCメーカーASUSTeK Computer(ASUS)が、2016年より同社製のスマートフォンやタブレットに広告ブロックソフトウェア「Adblock Plus」をプリインストールするという(betanewsSlashdot)。

Adblock PlusのCEOであるTill Faida氏が明らかにしたもので、デフォルトでONの状態で出荷されるとのこと。ASUSのユーザーベースは約1500万と少ないものの、潜在的な影響力は十分にあるとしている。なお、モバイルユーザーはデスクトップユーザーとは異なり、標準の広告ブロックソフトウェアを使用する傾向が非常に強いという。

12624231 story
広告

Adblock Plus、より具体的な内容に「許容可能な広告」の認定条件を更新 27

ストーリー by headless
条件 部門より
Adblock Plusが「許容可能な広告」の認定条件を更新し、公開している(Adblock Plusのブログ記事TNW Newsの記事)。

今後も許容可能な広告の認定条件を徐々に進化させていくため、Adblock Plusではいくつかの目標を設定している。認定条件の作成にあたって目標とするのは、具体的であること、理解しやすいこと、拡大可能であること、今後ホワイトリストの管理にあたる独立した審査委員会の基礎になるようなものであること、となっている。

更新された認定条件は従来のものを継承しつつ、上述の目標を踏まえた具体的な内容になっている。たとえば、広告の位置ごとに高さまたは幅がピクセル指定されており、一般的な画面サイズに対するページと広告の比率もパーセンテージで指定されている。

また、Adblockでは許容可能な広告のホワイトリストを維持するための費用として、大企業から手数料を徴収している。手数料を支払っても許容可能な広告の認定条件を満たさなければホワイトリストには指定されないが、企業から手数料を取ってホワイトリストに追加しているとの批判もあった。

そのため、手数料の徴収条件(許容可能な広告プログラムへの参加で月1,000万インプレッション以上増加)や算出方法(ホワイトリストへの指定で増加する収入の30%)などがAdblock PlusのAboutページに追加されている。
12624033 story
アメリカ合衆国

米FDA、卵を含まないマヨネーズ風製品の名称に「Mayo」という単語の使用を認める 36

ストーリー by headless
無卵 部門より
卵を含まないマヨネーズ風スプレッド「Just Mayo」について、米食品医薬局(FDA)が名称に「Mayo」という単語を使うことを認めたそうだ(Quartzの記事Consumeristの記事Ars Technicaの記事Hampton Creek)。

この件は2014年、卵を使用しないマヨネーズ風製品に「mayo」という名前を付けて宣伝するのは不当だとして、UnileverがJust Mayoを製造するHampton Creekを訴えたことに始まる。その後Unileverは訴えを取り下げたが、今年8月には名称についてFDAがHampton Creekに警告。10月にはJust Mayoを店頭から排除しようとしたAmerican Egg BoardのCEOが辞任するなど、卵を使用しない「mayo」の是非が注目を集めることになる。

FDAの定義による「mayonnaise」は植物油と酢/レモンジュース/ライムジュース、卵黄を乳化した半固形の食品となっている。そのため、名称に「mayo」を含み、ラベルに卵型のイラストを使用するJust Mayoは、規格化されたマヨネーズ製品であると消費者に誤解させるものであるとFDAは述べていた。さらに「just」が「mayo」とともに使われることで本物のマヨネーズであるとの印象を与えている点や、マヨネーズでの使用が認められていない原材料が含まれる点なども指摘されていたという。

これに対しHampton Creekでは、Just Mayoがマヨネーズではなく「mayo」であると主張。「mayo」という単語は1976年にFDAが食品ラベルの規制を開始した際に、除外された単語なのだという。また、「just」は「only」の意味ではなく「fair」であると述べ、逆にマヨネーズの定義を広げるようFDAに求めていた。

最終的にFDAではラベルの記載を一部変更することを条件に、「Just Mayo」の名称を使い続けることを認めたとのこと。変更点は卵を含まないことを強調し、「just」の定義を記載するというもの。現在、「just」の定義はHampton CreekのWebサイトトップにも記載されている。
12618047 story
広告

窓ガラスに張る遮熱フィルムには「室温」の上昇を抑える合理的な根拠はない 65

ストーリー by hylom
空気の層を作るタイプはどうなのでしょう 部門より

「窓ガラスにフィルムを貼るだけで室温の上昇を抑えられる」という「遮熱フィルム」について、「合理的な根拠がなく景品表示法違反に当たる」として消費者庁がダスキンに対し再発防止を求める措置命令を出した(スポニチ日経新聞)。

ダスキン側はフィルム製造会社が行った測定実験を根拠にしたものと主張していたが、実験では窓際15cmの場所での測定を行っており、消費者庁は室温を適切に測定したものではないと判断、措置命令につながったようだ。

12615170 story
iPhone

Apple、iPhone旧モデルでiPhone 6sの全画面広告を表示 51

ストーリー by headless
有料 部門より
数日前から旧モデルのiPhoneでApp Storeを開くと、iPhone 6sの広告が全画面表示されるようになっているそうだ(9to5Macの記事Apple Insiderの記事SlashGearの記事International Business Timesの記事)。

この機能は先日リリースされたiOS 9.2で追加されたものとみられ、広告はiPhone 5s以前のモデルでApp Storeを開くたびに表示されるという。アプリの更新などを続行するには「Skip」をタップして広告を閉じる必要があり、ユーザーから不満の声が上がっているようだ。

Appleでは過去にもiPhone新モデルのバナー広告などをアプリ内で表示しているが、全画面広告は初めてとのこと。iPhone 6sについては先日、需要の弱まりを受けてAppleが11月分のコンポーネント発注数を減らしたと報じられている。iPhoneは昨年第4四半期に7,450万台の出荷台数を記録しており、昨年を上回ることへのプレッシャーが一因との見方もある。
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...