パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

12804978 story
バイオテック

「ヒトゲノム合成計画」、スタート 30

ストーリー by hylom
何ができるか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

人間や動物のDNAを人工的に合成することを目指すプロジェクトがスタートした(AFPScience誌掲載論文).

1990年には人間の全遺伝子を解析する「Human Genome Project (HGP-read、ヒトゲノム計画)」がスタート、2004年に完了しているが、今回新たに立ち上げられたプロジェクトはこれに続くもので、今度は遺伝子の「書き込み」を行うことを目指すことから「Human Genome Project–Write)HGP-write)」と名付けられている。

いっぽうで遺伝子を人工的に合成することについての批判もある。また、このプロジェクトに関する非公開カンファレンスが5月12日に行われていたそうだが(ギズモード・ジャパン)、これについても「秘密主義だ」などとの批判が出ているようだ。

12796668 story
バイオテック

エンドウ豆から作る牛乳代替品 22

ストーリー by hylom
飲んでみたい 部門より

米シリコンバレーのRipple Foodsという新興メーカーが、エンドウ豆から作った牛乳代替品「Ripple」を開発したそうだ(TechCrunch)。

Rippleは牛乳と同量の蛋白質を含み、脂肪は9分の1以下、カルシウムやビタミンDは牛乳より多く含まれているという。さらに製造に使用する水も少なく、環境に優しいという。

牛乳の代替品としては大豆から作った豆乳があるものの、牛乳とは味がだいぶ異なっていた。Rippleはエンドウ豆由来の蛋白質をベースにひまわり油、砂糖、ビタミン、ミネラルなどを配合しているとのことで、調製豆乳に近い感じだ。味の比較を行っているPOPSUGARの記事によると、豆乳とアーモンドミルクの中間という感じの味という雰囲気で、牛乳に近い味とのコメントもあるようだ。また、チョコレート味やバニラ味のものも提供されている。

12792803 story
バイオテック

独バイエル、米モンサントに買収提案 4

ストーリー by hylom
悪魔合体感 部門より

ドイツの化学工業・製薬会社バイエルが、遺伝子組み換え作物で知られる米モンサントに対し買収提案を行ったとのこと(ブルームバーグ)。

モンサント側は買収提案を拒否すると発表している(日経新聞)。この買収については、モンサント側にメリットがあるとの報道もある。

12776667 story
バイオテック

研究用の遺伝子組み換え植物、研究施設の外となる大学の敷地で見つかる 39

ストーリー by hylom
管理できていなかった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

適切な管理が義務付けられている実験用の遺伝子組み換え植物が屋外に生えているのが見つかったそうだ(NHK)。

発見された場所は奈良先端科学技術大学院大学の敷地で、実験用に遺伝子が組み換えられたアブラナ科の植物「シロイヌナズナ」が見つかったという。このシロイヌナズナは、普段は研究用の温室で管理されているが、先月20日に学生が温室の外の敷地で生えているのを見つけたとのこと。

大学は生えていたおよそ290株を除草剤で取り除き、周りの土も回収したとしている。大学では研究用の温室に入った人に種が付着し、外に運ばれた可能性があるとしている。大学は「すべて取り除き、生態系などへの影響はない」と説明している。

12774543 story
バイオテック

Microsoft、DNAを使ったデータ保存に挑戦 31

ストーリー by hylom
動物の体がストレージになるわけではなさそうですが 部門より

Microsoftはバイオ企業Twist Bioscienceから大量のDNAを購入しているという。目的は、遺伝物質を使ったデータ保存の研究だそうだ(WIRED)。

1gのDNAには10億テラバイト(1ゼタバイト)近くのデータを保存でき、さらに非常に頑丈という特徴があるという。すでにDNA鎖をカスタマイズするための装置は実用化されているそうだが、そのためのコストは現在塩基1つ当たり約10セントと安くはない模様。

12773440 story
バイオテック

ヒトの受精卵、13日間の体外培養に初めて成功 36

ストーリー by hylom
倫理規制についての議論が続く 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米英などの2研究グループが、ヒトの胚(受精卵)を実験室内で2週間近く培養することに成功したそうだ(AFPNatureNHKSlashdot)。

今回の研究では、新たに形成されたヒト胚が母体の子宮外部で数日以上成熟できることが初めて示された。不妊治療や再生医療の研究に役立つ可能性があるという。

なお、ヒトの胚には実験室内で2週間を超えて培養することを禁止する「14日ルール」がある。これは世界12か国で法律化されているほか、米国や中国を含む5か国で慣行化している。今回はこの制限のため意図的に13日で胚を破棄したというが、この研究結果を受けて今後はこの「14日ルール」をどうするかも検討する必要がある。

12762183 story
バイオテック

紫外線に反応して緑色に発行するサル、遺伝子操作によって作られる 46

ストーリー by hylom
サイバーパンク感 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

滋賀医科大と実験動物中央研究所(川崎市)のチームがカニクイザルに緑色蛍光タンパク質(GFP)を組み込むことで、紫外線に反応して緑色に発光するサルを生み出すことに成功したという(共同通信Scientific Reports掲載論文)。

サルの卵子にGFPの遺伝子を組み込んだ後、精子と受精させるという手法で作り出したとのこと。

12757123 story
バイオテック

遺伝子組み換え作物ではない遺伝子「編集」作物は米国では規制対象外 43

ストーリー by hylom
遺伝子操作という点では同じだが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

多くの国で遺伝子組み換え作物(GMO)には一定の制約がかけられている。そのGMOが「遺伝子編集」という技術のおかげで変わるかもしれない(TechCrunch)。

遺伝子組み換えは、生物の遺伝子内に他の生物の遺伝子を組み込む技術だ。それに対し遺伝子編集は、その生物の遺伝子の一部を並べ替えるというもので、他の生物の遺伝子は一切利用しない点が異なる。

最新の例はペンシルヴェニア州立大学の植物病理学者Yinong Yang博士が生み出したCRISPRを利用して遺伝子を編集した白いボタンマシュルーム。‘編集’とは生物のDNAのパーツを切って並べ替えること。シュルームに他の生物のDNAをいっさい加えていない。

それでもYang博士はこのマッシュルームが農務省の認可を必要とするのではないかと危惧していた。そこで農務省の動植物健康検査サービス(Animal and Plant Health Inspection Service、APHIS)に確認したところ、ペンシルヴェニア州立大学宛の4月13日付けの書簡で、マシュルームは確実に規制検討の対象外だ、と確認することができたとしている(ハフィントンポスト)。過去5年間で30件の遺伝子編集技術が関わった作物が登場したがすべて対象外だと判定されたという。

12752523 story
バイオテック

「この子は自分の子じゃない」としてDNA鑑定した結果、実際に父親が異なる例は1~3割程度 80

ストーリー by hylom
猜疑心 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

「父親がこの子は遺伝子的に自分の子ではない」としてトラブルになる話はそれなりにあるが、研究によると、このように自分の子ではないと主張した際、DNA検査した男性の子供が生物学的な父親ではなかった例は10~30%に過ぎなかったという(The New York TimesCITYPAPERROYAL SOCIETYMonticello論文PDFSlashdot)。

また、別の研究では4世紀に到達する大家族の系譜について父親から息子に引き継がれるY染色体配列を調査したところ、不義率は1%未満であったようだ。同様の研究は、スペイン、イタリア、ドイツなどの国でも行われており、同様に不義率は低かったとしている。

12752519 story
医療

厚生労働省、糖尿病患者にブタの膵島などを移植する異種移植を国内でも認める方向へ 19

ストーリー by hylom
ある意味外圧的な 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

近年、ブタの細胞や臓器を人間に移植する治療法の研究が進められている。たとえば3月には、ブタの膵島をカプセルに封入して糖尿病に移植する臨床研究が大塚製薬工場によって行われている(読売新聞)。しかし、日本ではこのようなブタの「異種移植」については、ブタの遺伝子内に組み込まれているレトロウイルスについて人間への感染の危険性があるとして、事実上認められていなかった。これに対し、移植を禁止していた指針を厚生労働省が一部緩和するとのこと(毎日新聞朝日新聞)。

国際学会等でレトロウイルスの人への感染例がないことが確認されているとし、危険性の評価を見直して指針からブタのレトロウイルスに関する感染リスクの記述を削除する方針だという。

12749146 story
バイオテック

中国、人の受精卵の遺伝子を改変。中国で2例目 50

ストーリー by hylom
積極的に人間を作り替えそうな国ではある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ヒトの受精卵の遺伝子を改変したとする論文を中国の研究グループが発表したそうだ。世界では2例目で、1例目も中国の別のグループが行っている(NHK)。

ヒトの受精卵の遺伝子改変は倫理上の問題が議論されているため、世界的には注目はされているものの実際の実験にまで踏み込むケースは少ない。

12743482 story
バイオテック

MITら、DNAプログラミング言語を開発 21

ストーリー by hylom
コンパイルエラーで危ないものが生成されることはないのでしょうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

MITらの研究チームが、DNAをテキストでコードとして記述し、そのコードをDNAとしてバクテリアに流し込める「プログラミング言語」を開発したそうだ(Scientific AmericanEngadget Japanese)。

このシステムは「Cello」と呼ばれており、細胞で実現したい処理をコードとして記述し、それを「コンパイル」してDNAシーケンスに変換できるという。研究者らはCelloを使って60種類の「遺伝子回路」を作成、それを大腸菌内で実行させることに成功しているという。

12742732 story
バイオテック

理研、iPS細胞から毛包や皮脂腺などを持つ「皮膚基幹系」の再生技術を開発 32

ストーリー by hylom
頭髪の再生技術が着々と開発される 部門より

理化学研究所(理研)と株式会社オーガンテクノロジーズ、北里大学、東北大学らの共同研究グループが、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、毛包や皮脂腺といった皮膚付属器官(皮膚器官系)を再生する技術を開発したと発表した(理研の発表Science Advances掲載論文)。

開発されたのは、マウスiPS細胞から胚葉体(EB)[2]と呼ばれる凝集塊を形成し、この凝集塊を複数合わせてコラーゲンに埋め込んでマウス生体に移植するという手法。さらに、このiPS細胞由来皮膚器官系から毛包を10~20本含む「再生皮膚器官系ユニット」を分離して別のマウス皮下へ移植することで、機能的な毛包を再生することにも成功したという。

12735032 story
バイオテック

最小限のゲノム473個しか待たない細菌を人工的に作成することに成功 50

ストーリー by hylom
その先にあるものは 部門より

J・クレイグ・ヴェンター研究所などの研究者らが、人工的に細菌を作り出すことに成功したそうだ(AFPBBScience誌掲載論文)。

今回作り出された細菌は473個の遺伝子を持ち、生命維持活動や自己複製能力を備えるという。ただ、遺伝子のうち機能を特定しているのは149個で、残りの遺伝子の機能については解明されていないという。

この研究では、ゲノムが非常に小さいという細菌の一種マイコプラズマをもとに、その遺伝子の一部を取り除いてくという作業を行ったという。そのプロセスでは、不必要だと思われた遺伝子が実際には必要なものだったと判明することが繰り返されたようだ。

12722124 story
医療

iPS細胞から肝臓と同様の働きを持つ臓器を作ることに成功 5

ストーリー by hylom
iPSから作った人工臓器の実用化は近い? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

横浜市立大学・谷口英樹教授らの研究グループが、さまざまな細胞に分化できるiPS細胞から肝臓と同じ働きをする数ミリサイズの細胞を作り出すことに成功した(NHK)。

この「ミニ肝臓」を肝臓病患者に移植する臨床研究の計画も進められているという。

ハフィントンポストによると、研究グループでは2019年度にiPS細胞から作った臓器を人間に移植することを目指しているそうだ。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...