パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

12820811 story
検閲

FC2動画での違法アップロードによる著作権侵害に対する訴訟、和解 29

ストーリー by hylom
結局YouTube方式に 部門より
Dobon 曰く、

成人向け映像作品などを手がけている7社が、FC2動画に対し原告各社が著作権を持つ映像作品の公衆送信停止などを求めていた裁判で(当時の告知文書)、和解が成立していたことが明らかになった(AV Watch)。

FC2から利用者に送信されたメールによると、損害賠償請求が認められないことを前提に関係者にテイクダウンツールのアカウントを付与することで和解が成立したという。またFC2は「FC2のビジネスが米国著作権法の下で適法に行われていることについて裁判所が理解を示したものと考えております」と述べている。

タレコミ人はFC2の掲示板しか利用していないのだが、何故かメールの送信先になった。不本意である……

12818456 story
中国

中国版ストリートビュー「Baidu Total View」では景色が多数編集されているという話 10

ストーリー by hylom
中国式 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

百度の「Baidu Total View」はGoogleストリートビューのようにWebブラウザ上で各地の風景を見ることができるサービスだが、ここで閲覧できる画像内で「建造物が丸ごと消去される」といった修正が多数見つかっているそうだ(WIRED.co.uk)。

Baidu Total ViewはGoogleストリートビューと同じ手法で製作されており、ストリートビュー同様人物の顔やナンバープレートといった個人が特定できる情報は削除されるが、これ以外にも一部の建築物や看板などが削除されていることが確認できるという。

しかし削除方法はお粗末で、たとえばとある発電所の冷却塔が周辺の景色から丸ごと消去されたケースでは、500~1000メートル離れた場所からの写真では削除されているにも関わらず、角を曲がった場所からの景色では消去されずにそのままという状況となっている。

WIREDの記事には修正されているTotal Viewの景色と実際に撮影した写真の比較が掲載されているが、ほかにも政府関連施設や刑務所が丸ごと消去されたり、建物に掲げられている消防署の看板の文字が消されたりしているという。しかし煙突は消去されているのにそこから出る煙はそのままだったり、発電所の看板の文字は消されているのに地図上には発電所名が明記されていたりと、どれも詰めの甘い作業となっている。

Baidu Total Viewではプライバシーを侵害したり公安に関わるものは非公開となるが、それにしても政府主導なのか企業機密を守るためなのか、誰のどんな目的で修正がなされているかは不明とのこと。なお、百度は消去された建造物に関する質問に回答していないとのことだ。

12804869 story
検閲

北朝鮮ではLINEを使うと反逆者として逮捕される 25

ストーリー by hylom
指先一つで逮捕 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

北朝鮮ではLINEやカカオとオークなどのチャットアプリを使用すると、「反逆者」として逮捕されるそうだ(Yahoo!個人ニュース)。

北朝鮮では「政府公認」の携帯電話以外に、中国のキャリアの回線を使用する、政府非公認で持ち込まれた携帯電話があるそうで、これを使って海外とやり取りを行っている人達がいるという。なお、北朝鮮内でも外国人であれば海外とやりとりすることは合法だそうだ。

12801387 story
人工知能

FacebookのAIを使った投稿監視システムが進化 6

ストーリー by hylom
闇を見るAI 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookの人工知能を使用した投稿監視システムが進化しているという(TechCrunchAdvertisingAgeSlashdot)。

Facebookの現在のAIシステムでは、人間の手作業よりも正確に攻撃的なコンテンツやわいせつなコンテンツを検出することが可能になっているという。またアップロードされた段階で内容がチェックされるため、誰の目にも触れないままそういった投稿をブロックできるという。以前は人間の手でヘイトスピーチや脅迫、ポルノといったコンテンツをチェックしていたが、その作業員がPTSDになるなどの問題もあったという。

AIシステムは別の用途にも使用されている。ユーザーは広告動画を見るとき音が出るのを嫌っており、ミュートにしている割合が41%に達しているという。そこで、AIで動画広告の内容を自動的に読み取り、キャプションを入れて広告効果を高める計画もあるようだ。同様に聴覚障害者のために画像内容を読み取って音声読み上げを行うことも検討しているという。

12799022 story
検閲

書籍「高須帝国の逆襲」、「不適切な表現」を巡って発売後5日で絶版に 103

ストーリー by hylom
なにがあった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

25日に出版された「高須帝国の逆襲」という書籍の著者と発行元の小学館との間で、「不適切な表現」を巡ってトラブルが起きている模様(スポーツ報知)。

この書籍は美容整形を手がける「高須クリニック」院長の高須克弥氏と漫画家の西原理恵子氏の共著だが、出版後に発行元の小学館の「偉い人」が高須氏に「不適切な表現があるので回収する」と通告、書き直しを要求したという。これに対し高須氏は書き直しを拒否、絶版にすることにしたという(高須氏のブログでの告知)。

そもそも出版されたということは編集部でのチェック時には問題がないと判断されたわけだが、これに対し出版すぐにこうした「回収」が行われるのは珍しいのではないだろうか。

「不適切な表現」がどのようなものなのかは明らかにされていないが、高須氏の曾祖父のエピソードに出てきた「士・農・工・商・穢多(えた)・非人」という言葉や、穢多の子供に「差別してはいかん、といって餅を投げた」という文章が問題だったのではないかと指摘されている(Togetterまとめ)。

12790684 story
中国

中国のネット工作員は政府に不都合な投稿を見つけると「話を変えようとする投稿」を行う 77

ストーリー by hylom
過激な活動はせずにゆっくりと 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国ではネット上に政府に都合の良い投稿を行うネット工作員が大量に存在すると言われている。そのような行為を行っているという「インターネットプロパガンダ事務局」から流出した文書によると、このような工作員達は政府批判などを見つけると「話の流れを変えるような発言」を投稿するそうだ(ギズモード・ジャパン)。

「話の流れを変えるような発言」というのは、いわゆる「中国政府を応援・信頼するような発言」などだそうだ。また、こういった書き込みを行っているのはほぼ政府職員での課外活動的なものだったそうだ。

12789061 story
プライバシ

ドコモ位置情報アプリのアップデートで、ユーザへの通知無しに捜査機関へGPS情報を提供する機能が追加 48

ストーリー by hylom
ひっそりと 部門より
Printable is bad. 曰く、

ドコモの夏モデル以降のAndroidスマートフォンでは、捜査機関がGPS位置情報を本人通知無しに取得できるようになることが先日話題になっていたが、これに加えて、5月19日のドコモ位置情報アプリのアップデート(Ver0C.00.00004)を適用すると、春モデル以前の既存端末であってもユーザーへの通知無しに捜査機関へGPS位置情報が通知可能な状態になることが、ドコモインフォメーションセンターへの問い合わせ結果判明したという(すまほん!)。また、「連絡先の読み取り」の権限も追加されているようだ。

私が所有している docomo F-02H(2015年冬モデル)で試してみたところ、ドコモアプリ管理(設定→ドコモのサービス/クラウド→ドコモアプリ管理→アップデート)において、Ver0C.00.00004 が公開されていることが確認できた。なお、Google Play では当該バージョンは現時点では配信されていない ようだ。

12788212 story
教育

イラクのインターネット接続が3日連続で3時間にわたって切断、学生のカンニング防止のため? 50

ストーリー by headless
遮断 部門より
5月14日~16日の3日間、午前5時~午前8時の3時間にわたってイラクのインターネット接続が全面的に切断されたそうだ(The Registerの記事The Guardianの記事The Atlanticの記事Softpediaの記事)。

イラクでは過去に情報統制のためインターネット接続を切断したこともあるが、今回は試験での学生による不正行為防止のためとみられている。インターネット接続の切断は昨年も行われており、学生の試験と重なる時期だったことから不正行為防止のためではないかとの見方が出ていた。

イラクのISPが出した通知によれば、ISPや携帯電話会社、VSATオペレーターに対し、すべての回線とインターネットサービスをシャットダウンするように通信省から指導が出ていたという。そのため、クルド人自治区のクルディスタン地域を除き、イラク全土で実施されたようだ。理由は明かされていないが、今年も昨年と同時期だったことから試験での不正行為防止を目的としたものとの見方が強まっている。

イラクの義務教育は6年間であり、以降は成績が悪ければ退学になる。学歴は一生に影響することなので、不正をしてでも良い成績を取ろうとする学生が多いという。試験での不正防止のためにすべてのインターネット接続を全国的に切断するのは珍しいが、試験期間中のモバイルデータ通信の切断はウズベキスタンやインドでも行われたことがあるそうだ。
12784709 story
中国

グレートファイアーウォールの設定は手動で行われているという推測 24

ストーリー by hylom
たまに見える世界はどんなものなのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国では「グレートファイアーウォール」の存在により一部のWebサイトやネットサービスにはアクセスできないという話はよく知られているが、3月27日深夜、約105分にわたって本来であればアクセスできないはずのGoogleに中国内からアクセスできない状態になっていたという(Agile Cat — in the cloudTech in Asia)。

原因は分からないが、Googleが新たに立ち上げたサーバーのIPアドレスがブロック対象外であったためと見られるという。これは、グレートファイアーウォールが手動でIPアドレスを指定してブロック対象にしているということも意味するそうだ。

12780846 story
Facebook

Facebookの「Trending Topic」に偏向疑惑 37

ストーリー by hylom
ITゴシップサイトとして定評のあるGIZMODO発 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookに対し、同社が「Trending Topic」(トレンド)としてユーザーに表示するコンテンツを意図的に操作して政治的見解に影響を及ぼそうとしていたとの指摘が出ているそうだ。これを受けて米上院議員がFacebookに対し疑惑への回答を要求しているという(CNET JapanITmedia)。

発端は米GIZMODOの記事(ギズモード・ジャパンの日本語訳記事)。この記事はFacebook社内で「トレンド」の編集に関わっていた元スタッフがその実情を語るというもので、その中で「保守系の記事を排除していた」という話が出ている。いっぽう、Facebook側はこのような非中立的な行為は許していないとのコメントを出している(ITmediaハフィントンポストGIGAZINE)。

12773442 story
プライバシ

ブラジル裁判所、WhatsAppを24時間サービス停止に 5

ストーリー by hylom
プライバシへの圧力 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ブラジルの裁判所がメッセージングアプリ「WhatsApp」にサービス停止を要求したと報じられている(ギズモード・ジャパン)。

ブラジル現地時間5月2日の午後2時から約24時間ほど、WhatsAppによるメッセージの送受信ができなくなったという。ブラジルの裁判所がサービス停止を要求したためで、本来は72時間のサービス停止が予定されていたようだが、WhatsApp側が差し止め要求を行ったためにサービスが再開されたとのこと。

サービス停止に至った詳しい情報は不明だが、組織的犯罪や麻薬取引に関係するものだという。また、司法当局はWhatsAppに対しユーザーデータの要求を行ったとのことだが、WhatsAppはこれを拒否したという。WhatsAppではすべてのメッセージを暗号化してやり取りしているとのことで、そもそもデータを渡すことは不可能だという。

12757996 story
検閲

ネットで広まった悪評を隠蔽する7つの手法 67

ストーリー by hylom
プロの犯行 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今年3月、DYMという企業がタイへの社員旅行中、社員十数人が全裸になって騒ぎ問題になるという事件があった(ITmedia日刊ゲンダイ)。

当然ながらこの事件はネットで話題になり、さまざまなサイトで取り上げられたのだが、DYMは「風評被害対策」も行っているとのことで(J-CASTニュース)、自らこの「悪評」対策に乗り出した模様。SEO関連を取り上げる「web>SEO」ブログで、この手法が分析されている(タイ全裸の株式会社DYMが評判の隠蔽に使った7つの手法 by @tsuj)。

紹介されているのは、DMCA申請を使った記事のGoogleインデックスからの削除、複数サイトの立ち上げ、言及されている投稿サイトなどへの圧力、スパム投稿、投稿者個人への直接的な圧力など。なお、この記事の著者は『「検索結果からの情報抹消」を悪質な形で行う会社、特に脅迫やカチこみ等恐怖で情報を消させるモラルに欠ける対応やDMCAという特殊な事情のシステムなど、検索エンジン側は対処できない手法を使う会社』に対しスルーせずに自浄作用を効かせていくべきとしている。

12756820 story
検閲

Facebookはユーザーによる投稿を非中立的にコントロールして世論を操作できる? 26

ストーリー by hylom
Facebookは今でもそんなに影響力があるのだろうか 部門より
insiderman 曰く、

Facebookはユーザーに対して表示される投稿一覧画面を意図的に操作できることは知られているが(過去記事: Facebookが行っていたニュースフィードの意図的な改変実験、Facebook側が謝罪へ)、今米国で話題の大統領候補ドナルド・トランプ氏に関する投稿をFacebookが意図的に非表示にしたり、偏った内容の記事のみを表示させることは合法であるという話がギズモード・ジャパンで取り上げられている

新聞社などが表現の自由に基づいて自社の発するニュース内容を自由に決められるのと同様、Facebookもサイト上に表示させる内容を自由に決められる、ということらしい。日本でもSNSなどがこのように恣意的なフィルタリングを行うことは合法なのだろうか?

12748120 story
テレビ

TBS、番組スポンサーへの圧力に対し声明を出す 249

ストーリー by hylom
騒動 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

放送法遵守を求める視聴者の会」(以下、「視聴者の会」)なる市民団体が、TBSに対しTBS社による重大かつ明白な放送法4条違反と思料される件に関する声明を出したそうだ。これに対しTBS側は「表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦で、看過できない」という声明を出す事態になっている(共同通信)。

視聴者の会は2015年9月13日から20日までのTBSの報道番組およびバラエティ番組について全番組を調査したところ、安保関連法案について「どちらでもない」が53%、「賛成」が7%、「反対」が40%であったという。この結果を受けて視聴者の会はTBSが政治的に不公平であると主張、TBSや放送倫理・番組向上機構(BPO)、TBSの報道番組のスポンサー企業、国会に対し要望を送ったという。

これに対しTBS側は「放送法に違反しているとはまったく考えておりません」と否定、「スポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦」と述べている。

12742391 story
検閲

「有害図書」をコンビニで陳列する際に表紙を隠すよう求める堺市の協定、市側は問題なしと主張 118

ストーリー by hylom
このご時世に意味があるのか 部門より
insiderman 曰く、

大阪府堺市が一部コンビニエンスストアとの間で、いわゆる「有害図書」を陳列する際にフィルム包装で表紙を隠すよう求める協定を締結したという(産経新聞)。

これに対し、日本雑誌協会や日本書籍出版協会が表現の自由に抵触するのではないかと懸念を示している(堺市「有害図書類を青少年に見せない環境づくりに関する協定」に対する声明PDF)。また、同協会らは堺市に対し公開質問状を送ったが、堺市側はこれに対する回答(PDF)として、「協定を締結するか否かは各コンビニエンスストアの自主的判断にゆだねられている」とし、また全ての店舗で規制を行うものではないことから「図書の選択の自由」を奪うことにはならないとしている。

なお、包装用のカバーは堺市側が提供し、95万円の公費が計上されているという。また、この事業はUN Womanが進める「セーフシティ・グローバル・イニシアティブ」に参加する「堺セーフシティ・プログラム」として進める事業の1つのようだ。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...