パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

12791692 story
宇宙

インドが再使用可能な宇宙船試験機打ち上げに成功、米国では謎の宇宙機「X-37B」の打ち上げが行われる 33

ストーリー by hylom
世界で進む宇宙開発 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

インド、米国、中国で宇宙開発関連の話題がまとめてあった。インドでは23日、インド版のスペースシャトルを初めて試験的に打ち上げることに成功した。打ち上げられたのは早ければ10年後の実用化を目指している機体よりも小さい、全長6メートル余りの無人の試験機。上空6万5000メートルに到達したあとインド洋の沖合に着水したという。機体を再利用することで人工衛星の打ち上げコストを従来の10分の1に抑えられるとしている(NHKTHE TIMES INDIA)。

米国では謎の多い宇宙機として知られる「X-37B」が話題に上った。2015年5月20日に3回目の打ち上げが行われたが、先日、同機の宇宙滞在期間が1年を超えたことが伝えられた。公式に認められている実験は、軌道上で電気推進式の新型スラスターのテスト、そしてMETISとして知られる試料材料の宇宙環境での露出試験だという。そのほかの積み荷については相変わらず非公開となっている(SPACEFLIGHT NOW)。

中国では新型宇宙ステーションの設計に関連する内容が公開された。同国では2011年にすでに打ち上げ済みのコアモジュール「天宮1号」が打ち上げ済み。無人宇宙実験室「天宮2号」の打ち上げが9月に決まった。同国では今年から有人スペースラボの飛行ミッションが本館化するとされ、10月には有人宇宙船「神舟11号」を打ち上げ、天宮2号とドッキング実験を行うという。宇宙ステーションは2018~2022年に完成を予定している。ハッブル宇宙望遠鏡よりも300倍の観測精度を持つ宇宙望遠鏡が打ち上げられる予定(Spaceflight InsiderChina Radio InternationalSlashdot)。

12790684 story
中国

中国のネット工作員は政府に不都合な投稿を見つけると「話を変えようとする投稿」を行う 75

ストーリー by hylom
過激な活動はせずにゆっくりと 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国ではネット上に政府に都合の良い投稿を行うネット工作員が大量に存在すると言われている。そのような行為を行っているという「インターネットプロパガンダ事務局」から流出した文書によると、このような工作員達は政府批判などを見つけると「話の流れを変えるような発言」を投稿するそうだ(ギズモード・ジャパン)。

「話の流れを変えるような発言」というのは、いわゆる「中国政府を応援・信頼するような発言」などだそうだ。また、こういった書き込みを行っているのはほぼ政府職員での課外活動的なものだったそうだ。

12785081 story
中国

中国政府、Appleなどの外国製IT製品を対象に「セキュリティ調査」を開始 19

ストーリー by hylom
ある意味冷戦 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国当局がここ数カ月、AppleやCisco Systems、Microsoftといった外国企業の消費者向け製品に「国家安全保障上の脅威になる機能」が組み込まれていないかを調査しているそうだ(日経ITproNew York TimesThe VergeSlashdot)。

特に暗号化やデータストレージ機能について、対象企業の幹部や従業員を呼び出して尋問しているという。また、なんの説明もなく対象製品が禁止されるか、あるいはマーケットアクセスと引き替えに企業秘密を要求されることを米政府や企業が懸念しているという。たとえばAppleのBruce Sewell法務顧問は先月、米議会の公聴会で、ソースコードを明かすよう中国政府に求められた経験を明かしているそうだ。なお、Appleはこの要求を断っているとのこと。

当局が入手した企業秘密は、中国の競合ベンダーの手に渡るおそれがある。

なお、Appleが中国政府にApple製品のソースコードを開示したという噂もあるが、Appleはこれを拒否しているという

12784709 story
中国

グレートファイアーウォールの設定は手動で行われているという推測 24

ストーリー by hylom
たまに見える世界はどんなものなのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国では「グレートファイアーウォール」の存在により一部のWebサイトやネットサービスにはアクセスできないという話はよく知られているが、3月27日深夜、約105分にわたって本来であればアクセスできないはずのGoogleに中国内からアクセスできない状態になっていたという(Agile Cat — in the cloudTech in Asia)。

原因は分からないが、Googleが新たに立ち上げたサーバーのIPアドレスがブロック対象外であったためと見られるという。これは、グレートファイアーウォールが手動でIPアドレスを指定してブロック対象にしているということも意味するそうだ。

12777924 story
中国

Microsoft、中国向けのポータルサイト「MSN中文網」を閉鎖 8

ストーリー by hylom
撤退 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Microsoftが中国で運営しているポータルサイト「MSN中文網」を6月で終了するという(日経新聞Reuters日経ITpro)。

昨今では中国政府が言論統制を強めているほか、中国企業との競争も激化していることが理由のようだ。

12772301 story
広告

Microsoft Edge用の広告ブロック拡張機能がMicrosoftストアに登場 6

ストーリー by headless
突然 部門より
Microsoft Edge用の広告ブロック拡張機能「AdBlock」と「Adblock Plus」がMicrosoftストアに登場している。いずれもWindows 10 Insider Preview ビルド14332で動作が確認できた(Neowinの記事WinBetaの記事Windows Centralの記事Softpediaの記事)。

ビルド14332のMicrosoft Edgeでは拡張機能サイドバーに「ストアから拡張機能を取得する」というリンクが用意されているが、リンク先は拡張機能プレビュー版の紹介ページとなっている。そのため、ダウンロードした拡張機能は別途展開して読み込ませる必要がある。一方、AdBlockとAdblock Plusは「ストア」アプリから直接インストール可能だ。

インストールが完了するとMicrosoft Edge側に確認画面が表示されるので、「オンにする」をクリックすればすぐに使えるようになる。ただし、この2本に関しては先にインストールしたものだけがMicrosoft Edgeから認識され、アンインストールするまで後からインストールした方は認識されなかった。

ちなみに、1つ前のビルド14328で試したところ、Adblock Plusは非対応としてインストールできず、AdBlockはインストールできたものの、Microsoft Edgeからは認識されなかった。

なお、Windows 10 Insider Preview ビルド14332は、MicrosoftのWebサイトでISOイメージのダウンロード提供が始まっている。現時点ではビルド14332とビルド14325のほか、Windows 10 Insider Preview Enterprise/Education/Home Single Language/Home China 各エディションのISOイメージも入手可能だ。
12762021 story
中国

Apple、中国政府からの要請で動画や電子書籍のネット配信サービスを停止 20

ストーリー by hylom
中国ビジネスのリスク 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Appleが中国における「iBooks」や「iTunes Movies」サービスを停止した。中国は3月にインターネットの出版物に対する規制を強化していたとのことで、これを受けてのことのようだ(ロイターCNET Japan)。

Appleの台湾や香港を含む中国での売り上げが世界2番目というのもなかなか興味深い。

12750417 story
アメリカ合衆国

米通商代表部、中国のネット検閲は貿易障壁だと主張 25

ストーリー by hylom
おかげで中国のIT企業が生き残れている説 部門より

米通商代表部(USTR)によると、中国のネット検閲は米企業のビジネスにとって悪影響を与える貿易障害になっているという(ロイター)。

USTRによると世界中で最もアクセスされている25のサイトのうち8つが中国では遮断されているとのことで、これはインターネットユーザーにも損害を与えているの述べたそうだ。

12750416 story
交通

2030年の東京圏の都市鉄道、答申案まとまる 60

ストーリー by hylom
未来はどうなってるのだろうか 部門より
space-warrior 曰く、

国交省の交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会が、2030年頃を念頭に置いた東京とその周辺における都市鉄道のあり方についての答申案をまとめた。

前回2000年の運輸政策審議会答申第18号以来となるこの答申(案)、昨年度末までには出るはずだったのだが最新の会合は年度をまたぎ、案に対してのパブリックコメントもこれから14日まで募るそうなので(募集についてのPDF文書)、本決まりまでまだしばらく時間がかかるようだ。

答申案をざっと眺めると、駅の質の向上・バリアフリーやエコデザインの深化・遅延や災害情報の見える化など、ソフトウェア寄りの分野での提言はともかく、答申で一番期待されているはずの具体的な新線や線増プロジェクトについては「鉄道事業の需給調整規定が廃止され、国がプロジェクトの進行管理をする法的根拠がなくなった」との理由で提案された構想をほぼそのまま並べてカタログにしたのみ、取捨選択も優先順位付けもしないとのこと。まだ関係者に意欲があるのか疑わしい京葉線延伸や京王線線増、エイトライナー・メトロセブンなども先の18号答申から引き続いて載ったきりで、目新しいものというとつくばエクスプレス東京延伸と都心から有明方面への地下鉄構想とをくっつけて一体で整備したらという提案くらいか。

特に空港アクセス鉄道において、押上-泉岳寺間の都心直結線を異様に推してる鉄道局自身、それに対抗しつつあわよくば五輪にかこつけられればと思って羽田新線をブチ上げたJR東日本、都心直結線は費用便益比で割に合わないという独自の試算を先に出して牽制した雰囲気の東京都、18号答申に載ってからも進展がないどころかむしろ構想が悪化してる感ある蒲蒲線が悲願の諦めの悪い大田区など、今まで以上に外野がうるさくて纏められなかったのではという気もするのだが。

しかしこの小委員会と答申の他に大所高所から首都圏の都市鉄道をグランドデザインする役目の存在はこの国にないので、そこはもう少し踏み込んでよかったのではないかな……。

12743563 story
Yahoo!

自治体特選ストア、参加自治体がとうとう7つに 20

ストーリー by hylom
ふるさと納税に力を入れたほうが良かったですね 部門より
yasuoka 曰く、

佐賀県武雄市が主導した自治体特選ストアの苦戦は過去にも話題になったが、3月31日時点で7自治体が脱退、7自治体6ストアしか残っていない状況になっている。

大刀洗町は2015年6月30日に、東彼杵町は2015年7月31日に、多可町宇多津町吉野町錦町松阪市宇陀市日南市は2016年3月31日に、それぞれ脱退したとのことだ。

なお、自治体特選ストアそのものは継続の予定で、残る7自治体6ストア(武雄市燕市・三条市南砺市坂戸市上板町郡山市)は平成28年度も、自治体特選ストアでの販売を続ける模様。

12737530 story
インターネット

Xiaomi、ハイエンド炊飯器市場に挑戦 40

ストーリー by hylom
高級炊飯器としては安い 部門より
headless 曰く、

中国・Xiaomi(小米)がスマートホーム製品向けのサブブランドMIJIA(米家)を発表した。製品第一弾はスマート圧力IH炊飯器となる(XiaomiのブログSouth China Morning PostTech in AsiaMashableNext Web)。

これまでハイエンド炊飯器に中国メーカーの製品はなく、中国でも日本メーカー製のハイエンド炊飯器が使われているという。Xiaomiではスマートホーム製品を開発するスタートアップ企業55社に出資しており、この圧力IH炊飯器はChunmi(純米科技)製。開発にあたり、元三洋電機の内藤毅氏を招へいしたそうだ。

Xiaomiの圧力IH炊飯器はWi-Fi接続に対応し、スマートフォンアプリ「Mi Home」から操作する。アプリでは炊き上がりの硬さを調整できるほか、米のパッケージに印刷されたバーコードをスキャンすることで米の品種や産地を識別し、2,450種類の加熱方法から適切な設定を選択できる。炊飯以外のレシピも用意されるらしい。

Xiaomiではスマートホーム製品としてZhimi(智米科技)製の空気清浄機やYunmi(云米科技)製の浄水器を発売しているが、これらの製品もMIJIAブランドに編入されるとのこと。圧力IH炊飯器の価格は999人民元(約17,000円)。中国国内で4月6日に発売される。

12735031 story
インターネット

中国国営紙、米軍事機密を狙って不正アクセスを行った中国人を称賛 67

ストーリー by hylom
愛国無罪 部門より

中国国営英字紙の環球時報(Global Times)が、米国の軍事機密に対して不正アクセスを行って追訴された中国籍男性に対し「わが国のために尽くした彼に対し、感謝と敬意を喜んで表しよう」という社説を掲載したそうだ(AFPBB)。

また、中国は「米国から機密情報を収集する特殊工作員」を必要としているとも述べられていたという。

12733066 story
マイクロソフト

Microsoft、中国政府専用版のWindows 10を完成させる 73

ストーリー by headless
専用 部門より
Microsoftが中国政府専用版のWindows 10を完成させたそうだ(WinBetaの記事Tech in Asiaの記事財新網の記事)。

Microsoftは昨年12月、中国電子科技集団(CETC)と合弁会社を設立し、中国の政府機関や国営企業の使用に最適化したWindows 10の開発やライセンス、サポートなどを行うことで合意に達していた。

中国Microsoft CEOのRalph Haupter氏によると、中国政府専用版のWindows 10は「Windows 10専供版」と呼ばれるようだ。Windows 10専供版はコンシューマー向けのアプリやサービスを減らし、中国政府が必要とする管理機能やセキュリティ機能を強化したものになっているという。Haupter氏は具体的な変更点や通常のWindows 10との外見上の相違点などには触れなかったが、任意のWindowsプログラムが動作すると述べたとのこと。

中国政府はLinuxをフォークしたOS「NeoKylin」の開発を支援している。近年、NeoKylinは政府機関などで使われ始めており、スーパーコンピューター「天河二号」でも採用されているという。一方、Windows 10専供版は幅広いWindows版ソフトウェアを使用できる点がLinuxベースのNeoKylinに対する大きなアドバンテージとなる。
12720798 story
中国

中国政府、Uberなどの乗車共有サービスに対する規制を検討中 20

ストーリー by hylom
中国でも問題になるUber 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

中国の交通運輸部部長(日本の国土交通大臣に相当)であるYang Chuantang氏が、UberやDidi Kuaidiといった乗車共有サービスに対し反競争的だと苦言を呈したという(THE STACKSouth China Morning PostSlashdot)。

特定の企業が短期間で多くのシェアを占めるのは不公正であり、またタクシー業界に取ってよろしくないというもの。Didi Kuaidiは中国のアリババおよびテンセントが資本となっている乗車共有サービス企業。

中国でUberとDidi Kuaidiは熾烈な価格競争を繰り広げており、Uberも年間10億ドル以上の損失を出している。また、乗車共有サービスによりいわゆる白タクが急増した結果、タクシー運転手からも抗議を受けるレベルになっているそうだ。

中国政府はタクシーや自家用車のレンタルサービスの両方をカバーする法案を検討中であるほか、外資系のサービスに対する国内での規制強化を進めている。Uberがこれ以上投資しても中国市場での生き残りは困難なのではないかとみられている模様(THE STACKSlashdot)。

12703674 story
インターネット

「CE」マークそっくりの「China Export」マークが存在するというデマ 20

ストーリー by hylom
なぜ今になって 部門より

世界で販売される家電製品などには、EU加盟国の基準を満たしていることを示す「CEマーク」が付けられていることがあるが、これに似た「China Export」なるマークが存在するというデマが最近話題になっているようだ。

「ネットロアをめぐる冒険」ブログによると、「China Export」マークという話は以前からあり、2008年にはEU議会でも話が出たようだ。しかし、そのようなマークの存在は確認されていないという。

CEマークはそれを認定する専門の機関があるわけではなく、所定の基準を満たし、その証拠となる文書があれば独自に掲示できるため、基準を満たしていない製品に不適切にCEマークが付けられるケースや、CEマークの形状が正式なものと異なっているケースはあるようだが、「China Export」マークは存在しないというのが公式見解のようだ。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...