パスワードを忘れた? アカウント作成

12830654 story
地球

日本の夏にエアコンは不可欠という話 123

ストーリー by hylom
東京基準 部門より

エアコンを苦手としている人や、エコ的観点からあまら利用しないという人も少なくないが、日本の夏にはエアコンが必須になっているという(日経新聞)。

人間の汗には、その蒸発によって体から熱を奪い、体温を下げる働きがある。ところが東京の夏は高温多湿であり、さらに温暖化で気温は上昇傾向になるとされる。そのため、汗をかいても体は冷えず、適切な対処を行わないと熱中症などになる可能性が増えているという。特に体の温熱感が鈍くなっており、また発汗能力が低下している高齢者に熱中症は多く、実際2014年には住宅内で熱中症を発症した高齢者は男女合わせて2000人以上いたという。

12827516 story
地球

緯度・経度をベースにした地図上の場所表記「what3words」をモンゴルの郵便局が導入へ 71

ストーリー by hylom
さすがに単純な緯度経度じゃ細かすぎるか 部門より
maia 曰く、

モンゴルポスト(モンゴルの郵便局)が宛先表示にwhat3wordsというシステムを導入するらしい(GIGAZINE)。

what3wordsは地球表面を3m×3mのグリッドでカバーし(57兆グリッド)、そのすべてのグリッドに3つの単語で固有表記を割り当てるもの。丸の内中央口は「founding.brain.jeep」、八重洲中央口の改札前は「airbag.staring.torched」という具合である。隣り合うグリッド名に何の関連性もない。グリッドは緯度経度情報を3mピッチで言い換えただけとも言える。簡単な単語を使う事で、緯度経度座標を正直に表記するより覚えやすく、簡単なエラーコレクションも内蔵されている形。

英語だけでなく9言語に対応済みで、今後3言語を追加する。what3wordsのアドレスを知るには、GPSとWebアクセスができる端末があればよいわけだ。

モンゴルでは国民の約4分の1が移動しながら暮らす遊牧民であるため、従来の住所表示方法ではすべてのエリアをカバーできないということでwhat3wordsが導入されるという。なお、旧来の住所表記が廃されるわけではないようだ。

12822164 story
地球

適切に漁が管理されている地域では珊瑚礁も健全に維持される 21

ストーリー by hylom
生態系の不思議 部門より

世界的に珊瑚礁の破壊が問題となっているが、珊瑚礁で適切な漁を行うことで珊瑚礁の保護に役立つという調査結果が明らかになった(ナショナルジオグラフィック)。

珊瑚礁破壊の原因として、「白化」がある。白化は何らかの原因で珊瑚内から褐虫藻が抜けてしまい、珊瑚が白色になってしまう減少。調査では、漁獲量が最も高い海域では魚などの生物が最も少なく、サンゴ礁も大きく減少しているという。いっぽう、地元の漁師だけに漁が制限されている海域では珊瑚礁が最も健全だったという。逆にさまざまな場所から漁師がやってくる海域や、漁業の管理がずさんな海域は珊瑚礁のダメージが比較的大きかったという。

魚が乱獲されると藻類が繁殖しすぎて珊瑚が窒息してしまうため、漁の適切な制限が珊瑚の保護にも繋がるようだ。

12818301 story
地球

新たな地球近傍小惑星「2016 HO3」が発見される 10

ストーリー by hylom
建築物を建ててみたいですね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

4月27日、地球の近傍に存在する惑星「2016 HO3」が新たに発見された。サイズは幅40~100メートルほどで、地球の近くで地球とともにで太陽を周回しているという(sorae.jpspace.com)。

ハワイのPan-STARRS 1望遠鏡によって発見されたとのこと。ほぼ100年近く地球の近くに存在し、今後数世紀はこの状態が続くようだ。地球と2016 HO3との距離は1450万~3860万kmとのことで、地球の重力の影響によってこの距離が保たれているという。

この規模の小惑星ならその内、軌道を修正しつつ半永久的に地球の衛星にしたり、月の(地球から見れば孫)衛星軌道に乗せたりもできよう。次のガンダムでは、出番もあるかも。

12816513 story
お金

ニワトリ10万羽で貧困国を救うビル・ゲイツ氏の計画にボリビアが反発 81

ストーリー by headless
反発 部門より
ビル・ゲイツ氏が人々を貧困から救うため、10万羽のニワトリを貧困国の人々に提供する計画を発表したのだが、この計画にボリビアが強く反発している(The Vergeの記事eju.tvの記事HispanTVの記事Correo del Surの記事ロイターの記事)。

ゲイツ氏の計画は、持続可能な家禽市場システムを現地に構築することで、貧困に苦しむ人々が育てたニワトリを売って収入を得られるようにするというもの。ニワトリを選んだ理由としてゲイツ氏は、世話がしやすく費用も少ない点や短期間で繁殖させられる点、卵の生産で子供たちを栄養失調から救える点、大型の家畜と比べて女性でも扱いやすく、女性の権利向上につながる点を挙げている。ゲイツ氏のブログ記事では提供先をサハラ以南としているが、Thomson Reuters Foundationの記事には西アフリカのブルキナファソから南米のボリビアまでと記載されている。

これについてボリビアの地方開発大臣セザール・コカリコ氏は、ゲイツ氏がボリビアの現実を知らないことを残念だとし、養鶏の盛んなボリビアにニワトリを贈ってもらう必要はないとの考えを示した。ボリビアは年に1億9,700万羽のニワトリを生産し、3,600万羽分の輸出能力もあるが、輸出するにはニューカッスル病清浄地域として認められる必要があるとのこと。コカリコ氏はボリビアを物乞いのように扱うのは無礼だと述べ、ゲイツ氏がボリビアのことをよく学んだら謝罪すべきだとも述べている。
12815654 story
サイエンス

ストライプは動きが遅く見える? 36

ストーリー by hylom
早く見せるのでは無く 部門より
shadowfire 曰く、

一部のトカゲは体に縞模様を持っているが、この模様にはトカゲ自身の動きを遅く見せる効果があるという(Sciencemother nature network)。

インド科学教育研究大学のGopal Murali氏が、捕食者が縞模様のトカゲの動きの速さをどのように認識するか、テストを行った。捕食者の役割の生徒達にコンピュータでレンダリングしたトカゲの前方部分をクリックするゲームをプレイさせたところ、縞模様がある場合はクリックできる率が25%落ちたという。

また、ゲーム内でトカゲの動きの速さを比較するゲームをプレイさせたところ、縞模様のトカゲは実際よりも遅く動いているように見えているという結果が出たそうだ。鳥などがトカゲを狙う際、縞模様のトカゲは実際よりも動きが遅く見えてしまい、本体を捕まえるのに失敗するという効果があるという。

この結果はスポーツやゲーム等にも応用出来るのではないかと考えると興味深い。

12790691 story
地震

南海トラフの地殻のひずみ分布推定値が公表される 34

ストーリー by hylom
数cmレベルでひずむのか 部門より
maia 曰く、

海上保安庁などのチームが南海トラフ沿いの地殻の歪み観測結果を公表した(産経新聞)。

海底15カ所に観測点を設置し、その位置の変動を調査したデータ過去10年分を分析して地殻のひずみを測定した。公表された論文では、地殻のひずみが蓄積されている海域が分布図に示されている。ただ、おおむね想定内の結果で、被害想定の拡大などにはつながらない見通しだという。

12789111 story
地球

地球全体の二酸化炭素月平均濃度、初めて400ppmを超える 59

ストーリー by hylom
最近暑いのはこのせいではないと思うが 部門より
northern 曰く、

地球全体の二酸化炭素の月平均濃度が初めて400ppmを超えたという。日本の観測衛星「いぶき」による観測で分かったそうだ(NHK日経新聞マイナビニュース)。

2015年12月に初めて400ppmを超える400.2ppmを記録、1月も401.1ppmという数値になっているという。地上観測点での二酸化炭素月平均濃度はすでに400ppmを超えていたそうだが、高度70kmの上空での観測で月平均濃度が400ppmを超えたのは今回が初だという。

5月なのに暑く温暖化が実感できていて、とっとと炭素税を導入してもらいたいものだ。

12788132 story
ビール

米国のクラフトビールメーカー、生分解性の缶ビール6本パック用ホルダーを開発 54

ストーリー by headless
分解 部門より
米国・フロリダ州デルレイビーチのクラフトビールメーカー、Saltwater Breweryが完全生分解性素材の缶ビール6本パック用ホルダーを開発したそうだ(The Vergeの記事Consumeristの記事Foodbeastの記事NextSharkの記事)。

6本パック用ホルダーは6つのプラスチック製リングがつながった形のもので、缶ビール以外の缶飲料でも使われる。米国で消費されるビールは主に缶入りであり、多くのリングが海に流されて海洋生物などに影響を与えているという。この6本パック用ホルダーは醸造の過程で残った大麦と小麦を含む素材から作られており、完全に生分解するだけでなく生物が食べても安全とのことだ。
12787893 story
宇宙

NASA、2機の超小型衛星「Nodes」を地球低軌道に投入 7

ストーリー by headless
投入 部門より
NASAは16日、2機の超小型衛星「Nodes」を国際宇宙ステーションから地球低軌道に投入した(NASAの記事The Registerの記事)。

Nodesは市販のAndroidスマートフォンの技術を拡張した小型衛星「PhoneSat」の成果を継ぐものであり、大きさは4×4×6インチ(約10×10×15cm)。2機は地球からおよそ402kmの軌道を周回し、搭載したセンサーで素粒子環境の変化に関するデータを収集する。また、小学生が作った超小型衛星(CubeSat)「STMSat-1」も同時に軌道へ投入されているそうだ。

2機のNodesが通信することで、地上からはどちらか1機とのみ通信すれば全体をコントロールできる。Nodesのミッションは、ネットワーク化された小型で低コストな衛星により、複雑な科学ミッションが可能になることの実証が目的だという。また、昨年Super Strypiの打ち上げ失敗で失われた8機の小型衛星によるEDSNミッションで予定されていた実証実験もNodesミッションの中で行われるとのこと。

2週間のミッションではサンタクララ大学が地上でのオペレーションを担当し、同大のWebサイトでダッシュボードが公開されている。また、2機のNodesはアマチュア無線周波数の437.1MHzを使用してデータパケットのビーコンを30秒または60秒おきに送信する。アマチュア無線のオペレーターはパケットを受信してサンタクララ大学へ送ることで、Nodesコミュニティーに参加できるとのことだ。
12778119 story
地震

熊本市消防局、地震で全端末が落下や電源断し5分間にわたり機能不全に 44

ストーリー by hylom
意外な脆弱性 部門より

先月発生した熊本地震の際、熊本市消防局の端末が揺れで転倒・落下し、少なくとも5分間にわたって出動要請などに対応できない状態が続いていたことが明らかになった(NHK)。

非常電源によって停電は免れたものの、揺れで電源プラグが外れるといったケースもあったとのこと。

12775597 story
アナウンス

日本地質学会、47都道府県「県の石」を発表 45

ストーリー by hylom
学習のきっかけにはよいかも 部門より
masakun 曰く、

平成30年に創立125周年を迎える日本地質学会が、記念事業のひとつとして47都道府県それぞれの「県の石」を制定した(日本地質学会「県の石」発表)。

タレこみ人が住む静岡県には県の花として「ツツジ」、県の鳥として「サンコウチョウ」が公募で決められている。しかし制定にあたってアンケートを実施した結果によると、県の石を制定している自治体はなかったという。

日本は複雑な地質構造をもち世界でも特異な場所であるが、観光で奇岩や特別な景観を愛でることはあっても、好事家を除いては一般に地元の岩石が意識されることはない。そのため各都道府県特有の岩石を制定することで、一般の方々の地学への関心を高めるのが狙いのようだ。

2014年8月に学会のHPやプレスリリースを介して一般にも広く推薦を呼びかけた結果をもとに学会内の選定委員が選定した「県の石」はそれぞれ岩石・鉱物・化石があるのだが、東京都の場合、小笠原諸島の無人岩や単斜エンスタタイト(隕石に含まれるが、地球上では数か所でしか産出しないレアな輝石の仲間)が選ばれていて、一般の関心を高めるのにちょっとどうなのと不安を感じる内容である。

皆さんのお住まいの地元の石は何だったろうか。

12763104 story
原子力

チェルノブイリ原発事故から30年 42

ストーリー by hylom
一つのテストケースに 部門より
insiderman 曰く、

1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故が発生してから、今日で30年が経過した。チェルノブイリ周辺エリアは現在も立ち入りが制限されているものの、放射線の脅威は徐々に減りつつあり、復興も進んでいるようだ。

日経新聞の「悲劇から30年 チェルノブイリの実相」という記事では、現在のチェルノブイリの状況が写真付きで報じられている。記事によると、チェルノブイリ原発から30km圏内では、申請をしておけば入ることができ、観光客も受け入れているようだ。また、約160人の住民が「立ち入り禁止」を無視して戻ってきて定住しているという。

いっぽう、周囲の放射線量は落ち着いたとは言え、まだ原発事故が発生した4号機には近づけないそうで、事故で亡くなった職員らの遺体も放置されているという。

また、放射性物質が動物に与える影響については、議論が分かれているという(ナショナルジオグラフィック)。立ち入り禁止区域内には人間が少ないことから、動物が数を増やしているという。この話は以前にも取り上げられていたが、そこに住む動物の健康状態については放射線の影響の大小はまだ分からず、どれほど深刻な問題になっているかはまだ分かっていない。

12762019 story
メディア

熊本地震、情報源はテレビと新聞、情報交換はケータイやスマホ 37

ストーリー by hylom
ほかの場所の状況も気になる 部門より

インプレスの電子書籍関連媒体・OnDeckの井芹昌信編集長が、被災地でのメディア利用状況をレポートしている([編集長コラム]緊急報告:熊本地震に遭遇、現地でのメディア利用の状況は?)。

井芹氏は震災で大きな被害を受けた熊本県益城町出身で、最初の地震後に帰省したあと、深夜の「本震」を受け一時的に避難所で過ごしたそうだ。

避難所では地元紙である熊本日日新聞と読売新聞が毎朝無料配布されていたほか、テレビも設置されていたとのこと。また、キャリアの通信回線は一度も切れずに利用できていたという。さらに避難所には電源車があり、電源にも困らなかったという。そのため、被災者は携帯電話を使った情報交換を十分に行えていたようだ。いっぽうでPCについては自治体市職員も含めてほとんど使われていなかったという。

12761926 story
アメリカ合衆国

アメリカ人の多くは快適な環境に居住しているため地球温暖化を実感できない 43

ストーリー by hylom
「俺には分からないから存在しない」は最悪 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

アメリカ人が地球温暖化という単語を知ったのは1970年代。しかし、アメリカ国民の多くは温暖化の影響をあまり体感していない。natureに掲載新しい研究によるとその理由は、人口の多くが快適な環境に居住しているためだという。研究を行ったのはニューヨーク大学の政治学者Patrick EganおよびMegan Mullin氏。二人は過去に行われた人の移動地域の研究を元にして天気選好指数を作成した。このデータは雇用状況などの要因は省かれている(Los Angeles TimesUSNewsSlashdot)。

それによると、人口の80%が40年前と比較するとより天候の良い場所に住居を変更していた。アメリカ国民は当然のように暖かい冬を好み、高温多湿の夏を嫌う。現在の人口のほとんどがマイアミ、サンディエゴ、フェニックスといった気温の安定した地域に居住しているという。不人気なのはピッツバーグ、クリーブランド、デトロイトなどだ。気候に関連する学者の多くは極端な気候変動のデータを元にして行うが、多くの国民は具体的に体感できないことから地球温暖化問題に真剣に取り組めない可能性があるとしている。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...