パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

12827464 story
変なモノ

西暦2200年には「人間狩り」が富裕層の娯楽になっている? 105

ストーリー by hylom
ヒャッハー! 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

将来「人間狩り」が超富裕層向けの娯楽として大きなビジネスになる、という予測が発表された(MirrorMailOnlineFutures誌掲載論文)。

これを発表したのは、University of Central LancashireのDaniel Wright氏。発表された論文では、2200年の旅行・観光業界がどうなっているかの予測が行われている。これによると、自然環境の変化によって富裕層と貧困層の分断が激しくなり、「人口抑制」の名の下で殺人が行われるようになり、これがエンターテインメントとしてテレビで放映されるようになるという。

Wright氏は人間が行った殺人や残虐行為の結果、人類は死を見世物の1つとして扱うことに慣れつつあるとし、これがエンターテインメントとして受け入れられるようになると述べている。

12825915 story
EU

英国、EU脱退によりコンテンツ産業は弱体化する? 13

ストーリー by hylom
国民の選択なのだからさっさと脱退してどうなるかを示して欲しい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

英国の各種コンテンツ業界はヨーロッパへの輸出やヨーロッパからの人材の採用、ヨーロッパの助成金や基金に依存しているという。そのため、英国のEU離脱によって業界が弱体化する恐れがあるという話が出ている(CGPress)。

影響を受けるという各種コンテンツ業界とは、TV・映画業界(Hollywood ReporterScreen Daily)、ゲーム業界(The VergeEurogamerGamesindustry.bizWired)など。

実際に英国外への移転を計画している企業もあるとのことで、人材プールの減少が懸念されている。英国内に残るにしても、R&Dの費用が削減される可能性がある。これらコンテンツ業界は英国のGDPを押し上げており、英国のコンテンツ産業の弱体化は、ひいては英国経済へも影響を与えかねないとされる。

一方、助成金に反対していたVFX Soldierのブログ記事では、VFX業界にとって英国のEU離脱は有利かもしれないと説いている。EUは助成金の対象に文化テストを義務付けているため、米国向け映画のVFXであっても、文化テストによりイギリスのシーンが追加されていた。EUを脱出することにより、これが行なわれなくなることを利点として挙げている。一方、イギリスの労働法がEUに縛られなくなるため、労働法が弱まる可能性もある。英国のコンテンツ産業はどうなるのであろうか。

12822044 story
ビジネス

ソフトバンク、2013年に買収したゲーム開発子会社スーパーセルを中国テンセントへ売却 35

ストーリー by hylom
テンセントに色々集まるのもどうなの 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソフトバンクが2013年に買収したスマートフォン向けゲーム開発子会社「Supercell」を中国のテンセントに売却するとのこと。これまでの配当と売却益を合わせて8800億円の利益を得るという(朝日新聞)。

スーパーセルはフィンランドで創業されたゲームメーカーで、「Clash of Clans」や「Hay Day」などのゲームで知られる。また、ソフトバンクは「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」で知られる「ガンホー・オンライン・エンターテインメント」も売却する方針で、投資分野を絞る方針のようだ。

12822031 story
ゲーム

ゲーム「鉄拳」の開発者曰く「VRで格闘家と対峙すると怖い」 94

ストーリー by hylom
そうなるとバイオレンス物全般ダメでは 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

バンダイナムコエンターテインメントで人気格闘ゲーム「鉄拳」シリーズを手がける原田勝弘氏は最近VRの実験や研究を行っており、「鉄拳」をVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)で動かす実験もしたそうなのだが、その結果「(VR HMDを使って)格闘家と対峙すると怖い」ことが分かったという(ファミ通app)。

氏曰く、「日常生活の中で目の前に空手家が現れて、いきなり戦いが始まるようなデリバリーサービスが始まったら、それは受け入れられるのか? ただ怖いだけ」とのことで、VRコンテンツは「現実にはできないことを体験できる」が、その体験が人間にとって楽しい物なのかを考える必要があるという。

12822023 story
法廷

PS3の他OSインストール機能をめぐる米国での訴訟、ソニーが賠償金支払いに合意 22

ストーリー by hylom
いまさら決着? 部門より
headless 曰く、

PlayStation 3(PS3)の「他OSインストール機能」がファームウェアアップデートにより削除されたことに対し、米国の消費者が2010年にSony Computer Entertainment America(現Sony Interactive Entertainment America)を相手取って提起していた訴訟で、ソニー側が賠償金の支払いに合意したそうだ(合意文書: PDFArs Technica)。

PS3は他のOSをインストール可能なことが機能の1つとして宣伝されていたが、2010年3月28日に提供が開始されたファームウェアバージョン3.21ではセキュリティ上の問題があるとして無効化された。米国ではこのことが消費者を害するものであるとしてクラスアクション訴訟が提起されていた。クラスメンバーは、薄型化される前のPS3を米国で正規代理店から家庭用として2006年11月1日から2010年4月1日までに購入した米国内の人と定義されている。

合意内容はまだ裁判所の承認を受けていないが、クラスメンバーのうち他のOSを実際にインストールして使っていた人は55ドル、他のOSを使ってはいなかったものの、機能の削除が消費者に被害を与えたと考える人は9ドルを受け取ることができる。さらに、原告側の弁護士費用225万ドルもソニーが負担するとのこと。なお、PS3の購入額に対して賠償額が少ないのは、他OSインストール機能削除後も他の機能は引き続き使用できるためで、製品に価値が残っている以上は全額返金を認めないとするカリフォルニア州の法律によるものだという。

12818282 story
ゲーム

「バーチャルな女の子と交流できる」VRゲーム「Summer Lesson」、海外では発売しないことに 157

ストーリー by hylom
自主規制が半分 部門より
masakun 曰く、

商品予約購入が始まった6月18日中に販売予定数に達したVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」の数ある対応ソフトの中で、「部屋で女の子といちゃつける」と当初から評判の高かったゲーム「サマーレッスン(仮)」だが、どうやら海外では発売されないようだ(ユルクヤル外国人から見た世界)。

Siliconera の取材に応じたバンダイナムコゲームスの原田勝弘ディレクターによると、理由は大きく分けて2つ。まず没入感を得るには声と口の動きがあっている(リップシンク)必要があり、あらゆる言語にローカライズするのは大変。もうひとつは海外発売するには人種や国籍を網羅する必要があり、「社会で実際起きている問題とゲームとを切り離して考えられない人がいるので、私は本作発売で事をややこしくしたくない」。

12814651 story
ゲーム

パズドラのチートツール作成者、著作権法違反で逮捕される 40

ストーリー by hylom
技術的保護手段の話なのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

人気スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」用のチートツールを作成したとして、神奈川県警が著作権法違反の疑いで広島市在住の大学生を逮捕した(朝日新聞)。

「インターネット上で、不特定多数の人がパズドラのチートツールをダウンロードできるようにした疑いがある」とのこと。著作権法違反というのが分かりにくいが、2012年の著作権法改正で盛り込まれた、「技術的保護手段の回避」に対する規制に該当するとされたようだ(産経新聞)。

12814406 story
Quake

Quakeの新作「Quake Champions」が発表される 21

ストーリー by hylom
あれから20年 部門より
caret 曰く、

ベセスダ・ソフトワークスがE3 2016に先だって開催された自社カンファレンスでアリーナ系ファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲームの新作、「Quake Champions」を発表した(E3 2016 Reveal Trailerファミ通.com4Gamer.netGame*Spark電撃オンラインGameSpotIGN)。

Quake シリーズはid Softwareによって開発され、1996年に第一作が発売されたFPSで、始めてフル3Dを採用し、またインターネットによるマルチプレイを前提とした革新的なゲームデザインを採用。先日最新作が発売されたばかりのDOOMシリーズと並んで、FPSというゲームジャンルを作り出した伝説的タイトルとして知られる。

Quake Championsは、e-Sportsを強く意識した競技性の高いゲームデザインとなり、120Hz表示や、VRに対応する。メインラインのQuakeシリーズの新作は、2005年発売のQuake IV以来11年ぶり。

プラットフォームはPCで、発売日や価格などは未発表。さらなる詳細は8月に開催されるQuakeConにて発表され、オフィシャルサイトでも情報を発信していくとのことだ。

12812329 story
ゲーム

小型化された「Xbox One S」とハイスペック版Xbox One「Project Scorpio」発表 54

ストーリー by hylom
アーキテクチャを変えずにスペックだけを挙げていくのだろうなぁ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Microsoftは13日、ゲーム展示会E3 2016に併せて開催されたXbox E3 2016 Briefingにて、小型化された新型Xbox「Xbox One S」と、4KやVRに対応したハイスペック版Xbox One「Poject Scorpio」を発表した(ITmedia4GamerのXbox One S記事4GamerのProject Scorpio記事Game WatchのXbox One S記事Game WatchのProject Scorpio記事)。

まず「Xbox One S」の方だが、これはXbox Oneのマイナーチェンジ版といった感じで筐体が40%小型化されACアダプタが本体内蔵となった。また、ゲーム中のHDRや4KビデオおよびBlu-ray Discの再生に対応し、ワイヤレスコントローラも改善されているという。発売は2016年8月予定で、価格は299ドルから(HDD容量によって異なる)。

「Project Scorpio」はスペックアップがなされたハイエンド版Xbox Oneとされており、4K解像度および60fps表示に対応するほか、VRデバイスにも対応する。以前話題となった「PS4 NEO」と同じような位置づけのハードのようである。性能も向上しており、GPUコアの性能は現行Xbox Oneの4.5倍以上となる6TFLOPSにもなるそうだ。いっぽうで現行のXbox Oneとは100%の互換性を持つという。発売は2017年の年末商戦を予定しているとのこと。

一方、ライバルとなるSIEは、E3の直前にCEOが既報の「PS4 NEO」(またはPS4.5やPS4K)とされるゲーム機の存在を認める発言を行っており(Engadget Japanese)、奇しくも両陣営が同時期に同じようなハードを出すことが明らかになった。

12811105 story
ゲーム

スペインのプロサッカークラブ・バレンシアCF、e-Sports部門を設立 4

ストーリー by hylom
ビジネスになるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

スペインのプロサッカークラブ・Valencia(バレンシア) CFが、e-Sports部門を設立したそうだ(AUTOMATONValencia CFの発表)。

「e-Sports」は競技性のあるゲームのことで、ValenciaはまずBlizzardのカードゲーム「Herthstone」と、ラジコンを操作してサッカーのようなゲームをプレイする「Rocket League」の2つに参入するという。また、MOBAゲーム「League of Legends」への参入も予定しているという。

欧州ではサッカークラブがe-Sportsに参入するケースが続いており、「トルコのベシクタシュやドイツのVfLヴォルフスブルク、シャルケ04に続いて4例目」だそうだ。

12808490 story
ゲーム

パワーグローブでドローンを操作する 21

ストーリー by hylom
良いアイデア 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ファミコン用のグローブ型コントローラ「パワーグローブ」を改造し、ドローンのコントローラにした人が現れた(Engadget Japanese)。

パワーグローブを分解し、無線LAN通信機能やモーションセンサーなどを組み込んだというもので、「拳を握れば空中で停止し、手のひらを開けばホバー移動を開始。拳を握ったまま回せばローリングやピッチング(それぞれ前後と左右を軸とした回転)が可能。そして指を立てて上や下を指すことで、機体は上昇あるいは下降」というような操作が行えるという。

やっていることは難しくはないので、最新のセンサを組み込めば、割と実用的なコントローラになるような気はする。

12806125 story
Intel

Intel、最大24コア搭載の「Xeon E7 v4」を発表 43

ストーリー by hylom
順当進化 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Intelがサーバー向けCPU「Xeon E7 v4」シリーズ(開発コードネーム「Broadwell-EX」11製品を発表した。1CPU当たりの最大コア数は24コアとなり、また1CPUソケットあたり最大3TBのメモリを利用できる(マイナビニュース4Gamer)。

新しい特徴としては、1つのCPU(1ソケットに挿入されているCPU)内のコアを分割し、複数のCPUのように見せる「Cluster on The Die(CoD)」機能が導入された。これにより、1CPUのシステムでもOSからはあたかも複数のCPUが搭載されているかのように認識させることができる。

最上位モデルの「E7-8890」(24コア/48スレッド、2.2GHz、L3キャッシュ60MB)で価格は7174ドル。コア数が少ない代わりに動作クロックが高い「E7-8893」(4コア/8スレッド、3.2GHz、L3キャッシュ60MB、6841ドル)も用意される。最も安いのは「E7-4809」(8コア/16スレッド、2.1GHz、L3キャッシュ20MB)で1223ドルだそうだ。

12800173 story
ニュース

ゲーム情報サイトインサイド、「ライターが行方不明」という宣伝記事を宣伝記事ではないように掲載し騒動に 29

ストーリー by hylom
モキュメンタリーをニュースサイトでやるという暴挙 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ゲーム情報サイトインサイドが6月1日0時に「フリーライター内川たまき氏と連絡可能な方を探しています」という記事を公開した。内容は同サイトのライターが、とあるゲームの原稿を送付した後に連絡が取れなくなっているというもの。しかし、実際はこの記事は宣伝目的の記事であり、その後同サイトは記事内にその旨を追記するなどの対応や謝罪を行い、最終的には記事の取り下げ経緯の説明を行う事態になっている(Togetterまとめ)。

タレコミ子は記事に「企画記事です」的な追記がされた時点で問題の記事を見ていたのでワケが分からなかったのだが、どうやら「レビュー記事を書いた人間が行方不明になるような衝撃的なゲーム」というアピールをしたかった模様。

なお、経緯の説明記事によると、「内川たまき」というのはゲーム内のキャラクターで、その後『ゲームプレイをしながら「内川たまき」を探していく』という流れを予定していたようだ。

12796689 story
Sony

PlayStation 4の世界販売台数、歴代PlayStation最速で4000万台を突破 74

ストーリー by hylom
日本の据え置き機離れ 部門より

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、PlayStation 4の世界累計販売台数が4000万を超えたことを発表した(Engadget Japanese毎日新聞)。歴代PlayStationハードウェア最速ペースでの4000万台達成だという。

なおVGChartzのデータによると日本でのPS4の販売台数は271万台で、北米やヨーロッパにおける販売台数の数分の1という規模となっている。

12792716 story
ゲーム

ビデオゲームを利用したカジノマシン、普及なるか 37

ストーリー by hylom
日本メーカーが得意そうな分野ではある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米国でビデオゲームを使ったカジノマシンが開発されているそうだ。さまざまなジャンルのゲームをカジノに対応させるべく開発が進んでおり、プレイヤーの腕前によって払戻金額も変わるという。米国では、こういったスキルによって勝率が変わるギャンブルに対する法整備も進んでいるという(AUTOMATON)。

日本でもパチンコやスロットでゲームのような演出が入るものがあるが、あれはあくまで演出のみで、結果は従来のパチンコ・スロット機と同様に完全ランダムである。日本でこういったカジノマシンが展開されることはまずないだろうが、こういったカジノマシンで稼ぐプロゲーマーが登場するのかは気になるところである。

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...