パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

12853976 story
海賊行為

仏裁判所、アーティスト名と「torrent」の組み合わせを一律に検索結果から削除すべきではないと判断 8

ストーリー by headless
7月23日は海賊の日(嘘) 部門より
GoogleとBingのWeb検索結果からアーティスト名と「torrent」を組み合わせたリンクの削除をフランスの音楽業界団体 SNEPが求めていた2件の裁判で、削除を一律に行うべきではないとの判断をパリの大審裁判所が示している(TorrentFreakの記事Next INpactの記事BetaNewsの記事The Registerの記事)。

2件の裁判はSNEPがフランスのアーティスト3名の代理としてGoogleとMicrosoftをそれぞれ訴えたもので、検索語句に各アーティストの名前と「torrent」を組み合わせた場合、検索上位の多くは海賊版に関連するものであると主張。各アーティスト名を検索した場合の検索結果からドメイン名に「torrent」を含むWebサイトを除外することと、検索語句に「torrent」と各アーティスト名を組み合わせた検索結果を除外することなどを求めていた。

これに対して大審裁判所では、「torrent」という単語は英語・フランス語ともに(「急流」といった意味の)普通名詞であり、必ずしも海賊版とは結び付かない点や、BitTorrentが合法的なファイルダウンロードに使われることもある点を指摘。「torrent」とアーティスト名の組み合わせを一律で検索結果から除外してもユーザーが制限を迂回して検索することが可能な一方、合法的なリンクが除外されてしまう可能性もあるなどとして、SNEPの主張を退けた。
12853110 story
Google

欧州で文化関連事業に力を入れるGoogle 9

ストーリー by hylom
欧州当局はコントロールできるか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Googleが欧州で文化関連事業への資金提供を増やしているが、これは、欧州の規制当局に対する「ご機嫌取り」の意味が強いという(CNET JapanSlashdot)。

Googleの「投資」金額は、2015~2017年の間で約4億5000万ドルにも上るという。投入先はベルギーの美術館における仮想現実関連展示、欧州のニュース配信企業に向けたWeb関連事業支援のための資金提供、アイルランドの教員向けデジタルトレーニングコース、YouTube後援のコンサートなどだそうだ。

Googleは欧州委員会からAndroidの独占的地位を乱用しているとの異議告知書を送付されるなど、欧州において近年厳しい目が向けられている。

12853086 story
ゲーム

韓国で正式リリース前にポケモンGOがプレイできる北朝鮮の国境付近が人気に 34

ストーリー by hylom
日本では始まりましたが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

世界各国で話題のポケモンGOは韓国でもやはり注目されているそうなのだが、韓国ではまだポケモンGOは正式リリースされていない。しかし、Googleマップの不具合で韓国と北朝鮮との国境近くの一部でのみポケモンGOがプレイできる状態となっており、そこにプレイヤーが集まっているという(ウォール・ストリート・ジャーナルMOTHERBOARDハフィントンポスト)。

ポケモンGOではアプリをダウンロードしても正式サービスが開始されている地域外ではゲームをプレイできないのだが、プレイできるエリアは韓国内であるにもかかわらず、ポケモンGOの地図データ的には北朝鮮に含まれると認識されるため、ゲームをプレイできるようだ。

そのため、このポケモンGOをできる地域の一つである束草(ソクチョ)市には韓国中からポケモンファンが集まっているという。

12853038 story
Google

Google、クラウドを使った自然言語処理APIのβ版を公開 5

ストーリー by hylom
ちょっと使ってみたい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Googleがクラウドベースの自然言語処理APIのβ版を公開した(Google Cloud Platform BlogTechCrunch)。

今回公開されたのは、Cloud Natural Language APICloud Speech API。Cloud Natural Language APIは文章の構造を分析したり、単語の抽出などを行えるAPI。現時点では英語、スペイン語、日本語に対応する。また、Cloud Speech APIは音声を認識してテキストに変換するAPIで、80以上の言語に対応するという。

どちらも有料のサービスだが、Cloud Natural Language APIは毎月5000単位までは無料、Cloud Speech APIは毎月60分までは無料で利用できる。

12853015 story
ゲーム

ポケモンGO、ついに日本での配信が開始される 114

ストーリー by hylom
お外へGO 部門より

任天堂およびポケモン、Nianticが開発したARゲームアプリ「ポケモンGO」が、ついに日本でも配信開始された(ASCII.jp)。

また、これにあわせて日本マクドナルドがNianticなどと提携し、2900のマクドナルド店舗がゲーム内での「ジム」や「ポケストップ」となることも発表されている(ロイター)。

なお、AppStoreやGoogle Playではこれに便乗した偽アプリも登場しているのでインストール時には注意したい。リリース元である「Niantic」でキーワード検索するのが確実だ。

12851765 story
Windows

Microsoft、Windows 10で「Chromeはバッテリ消費が激しいからEdgeに切り替えよう」とのポップアップ広告を出す 55

ストーリー by hylom
これはうざいのでは 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Windows 10でGoogle ChromeやFirefoxを使っているユーザーに対し、「Chromeはバッテリを早く消耗させます、Edgeに切り替えてバッテリを長持ちさせよう」といった旨のポップアップ通知が出るようだ(VentureBeat)。

VentureBeatの記事では、タスクバーのバッテリアイコン近くに「Chrome is draining your battery faster」「Switch to Microsoft Edge for up to 36% more browsing time.」という通知が表示されているスクリーンショットも掲載されている。

なお、これは「Windows Tips」というWindows 10の機能で実装されているそうだ。

12850641 story
インターネット

ダイヤルQ2的なサービスを悪用してネットサービス運営から金をせしめる方法 17

ストーリー by hylom
詐欺で摘発される気もする 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

海外で「プレミアムナンバー」という、日本でいうダイヤルQ2のようなサービスを悪用し、InstagramやGoogle、Microsoftから小金をせしめる方法が発見された(GIGAZINEHELP NET SECURITYSlashdot)。

ネットサービスの一部ではアカウントと電話番号を紐付けるため、運営元からユーザーに電話をかけて自動音声による認証を行うものがある。ここで登録する電話番号をプレミアムナンバーに設定することで、この通話から金銭を得ることができるそうだ。

実際にこれを試したユーザーが作業を自動化して30秒ごとに計61回のリクエストを送ったところ、1.04ポンド(約145円)を得られたという。これだけではわずかな金額だが、これを繰り返すことで1日で48ポンド(約6730円)、1カ月では1440ポンド(約20万円)を稼ぐことができるという。さらにアカウントを増やすことで、より多額の収入を得ることもできるという。

12849454 story
Google

Pokemon GOはバックエンドにGoogle Cloud Platformを使っている 21

ストーリー by hylom
Google資本が入ってるから当然のような気はする 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

世界中で流行している位置情報ゲーム「Pokemon GO」だが、そのバックエンドはGoogle Cloud Platform上で運営されているという話が出てる (DatacenterDynamics)。

Pokemon GOは各国でサービス開始後たびたびサーバーダウンを起こしているが、GCP上で動いているのであれば理論上スケールはしやすいはずであるし、GCP側でトラブルが発生しているという話もない。そのため発生しているトラブルはインフラストラクチャ側ではなく、ソフトウェア側に問題があるのではないかとの推測も出ている

Pokemon GOは日本ではまだサービスが開始されていないが、ロイターの記事によると近いうちにサービス提供地域を拡大する予定で、現在サーバーの増強が行われているという。

12848555 story
変なモノ

自分が使っていることを他人にあまり知られたくないアプリ、何かある? 85

ストーリー by headless
秘密 部門より
自分のイメージに合わないアプリでも、みんなが使っていれば恥ずかしくないが、「こんなアプリ使ってるんだ」と思われたら嫌だと思うアプリもあるだろう。The Next WebのNatt Garun氏は、各自がスマートフォンにインストールしているアプリの中で、一番恥ずかしいアプリについて同僚の編集者などに尋ねた結果をまとめている(The Next Webの記事)。

The Next Web CEOのBoris Veldhuijzen van Zanten氏(男性)は、主に女性がターゲットのアプリだと気付かず使っていたフィットネスアプリ「Zova」を挙げている。本人は非常に気に入っていたのだが、友人に指摘されて初めて女性向けであることに気付いたという。

Garun氏自身は写真を加工して体形を補正する画像編集アプリ「Spring」を挙げている。タイ出身のGarun氏は身長約157㎝。タイの女性としては普通の身長だが、The Next Webの同僚と比べると自分が小さいと感じることも多いようだ。

このほか、午前3時まで焼きたてのクッキーを配達してくれる「Insomnia Cookies」のアプリや、顔写真またはカメラからの映像にメイクアップを合成するアプリ「YouCam Makeup」が挙げられている。YouCam Makeupを使うMatt Navarra氏は、6歳の娘が気に入っていると説明するが、そんなことを信じる人は誰もいないと思っているそうだ。

スラドの皆さんが使用しているアプリの中に、あまり人に知られたくないものはあるだろうか。
12848132 story
グラフィック

Unicode Consortium、人物を示す絵文字の大半で男女の切り替えを可能にする計画 62

ストーリー by headless
♀♂ 部門より
Unicode Consortiumは14日、絵文字で女性版と男性版の両方をサポートする方法についてのワーキングドラフト(PDF)を発表した(Ars Technicaの記事BetaNewsの記事The Vergeの記事The Next Webの記事)。

Unicodeでは男女それぞれの絵文字が用意されているものを除き、人物を表す絵文字の多くで男女の区別をしていない。しかし、ベンダーは男女両方の絵文字を実装することができないため、どちらか一方を選ぶ必要がある。そのため、SLEUTH OR SPY (探偵またはスパイ)は男性、PERSON FROWNING (顔をしかめる人)は女性として実装されているものが多い。男女それぞれの絵文字に文字コードを割り当てればよいのだが、新たな文字コード割り当てには時間がかかる。

この問題を解決する方法として選ばれたのが、ZWJ (Zero-Width Joiner)と呼ばれる特殊文字で人物を表す絵文字と性別を表す記号(♀♂)を組み合わせる方法だ。たとえば「RUNNER」+「ZWJ」+「♀」というシーケンスで走る女性を示し、「RUNNER」+「ZWJ」+「♂」というシーケンスで走る男性を示す。男性・女性を示す絵文字はそれぞれ2種類あるが、個別の絵文字にフォールバックした際のわかりやすさを考慮して抽象的な記号を選んだとのこと。これらの記号については「Emoji」プロパティを「Yes」に変更する必要がある。

また、Googleが5月に提案していた女性のプロフェッショナルを表現する13種の絵文字(PDF)については、最終的に11種まで絞り込まれている。こちらは男女それぞれの絵文字とZWJ、仕事を示す絵文字のシーケンスで示すことになるようだ。男女別の絵文字を既存の絵文字の組み合わせで表現することにより、ベンダーは2017年6月のUnicode 10.0を待つことなく実装作業などを進められるようになるとのことだ。
12848129 story
統計

Android 6.0 Marshmallowのシェア、13.3%まで増加 29

ストーリー by headless
増加 部門より
GoogleがAndroid Developersサイトで公開しているAndroidプラットフォームバージョンごとのデータによれば、Android 6.0 Marshmallowのシェアが13.3%まで増加している(Neowinの記事9to5Googleの記事Softpediaの記事)。

今回のデータはPlayストアアプリが7月11日までの7日間に収集したもので、0.1%未満のバージョンは除外されている。Marshmallowの増加分は3.2ポイントで、これまでで最も大きな増加となる。Android 5.1 Lollipopも0.8ポイント増加して20.8%になったが、Android 5.0 Lollipopが1.1ポイント減少しているため、Android 5.0/5.1合計では0.3ポイント減の35.1%となる。

このほかのバージョンでは、半年前から0.1%のシェアを維持しているAndroid 2.2 Froyoを除き、軒並み減少している。Android 4.4 KitKatは1.5ポイント減の30.1%となり、Android 4.1.x~4.3 Jelly Beanも合計1.1ポイント減の17.8%となった。KitKatは2014年11月以降、30%以上のシェアを維持してきたが、8月には30%を割る可能性が高い。Android 2.3.x Gingerbreadは0.1ポイント減の1.9%、Android 4.0.x Ice Cream Sandwichは0.2ポイント減の1.7%となった。

リリースから9か月目のMarshmallowは前月比30%以上の増加が続いているが、KitKatのリリース9か月目(17.9%)と比較すると相変わらず遅いペースとなる。2015年7月分はデータが公表されなかったため、Lollipopのリリース9か月目とは比較できないが、Lollipopの8か月目(12.4%)および10か月目(18.1%)からみると下回っている可能性が高い。なお、MarshmallowのシェアはAndroid 5.0と1ポイント差になっており、8月にはMarshmallowが上回るかもしれない。
12847115 story
暗号

Google、Chrome Canaryでポスト量子暗号を実験 30

ストーリー by headless
実験 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Googleは7日、デベロッパー版のChrome Canaryに「ポスト量子暗号」の暗号技術を搭載したことを発表した(日経コンピュータDigitalの記事TechCrunch Japanの記事)。

ポスト量子化暗号が使われるのは、Chrome CanaryとGoogleドメインとの通信の一部だ。TLSなどで使われる公開鍵暗号を復号するには、鍵を取り出すために大きな数を因数分解する必要がある。現在のコンピューターでは非常に長い時間がかかるため公開鍵暗号は安全とされているが、量子ゲート方式の量子コンピューターが実現すると、妥当な時間内で鍵を取得できてしまう可能性がある。そのため、量子コンピューターでも破れない暗号として開発が進められているのがポスト量子暗号だ。Chrome Canaryでは実験にあたり、「New Hope」アルゴリズムを選択している。

Googleによれば、実験は現在の暗号化された通信を記録し、大規模な量子コンピューターが実現した際に復号するといった問題を想定したものだという。現在の量子コンピューターは小規模で実験的なものだが、情報の中には数十年にわたって機密扱いとなるものもあるため、将来を見据えた準備が必要とのこと。Chrome CanaryとGoogleのサーバーとの通信で既存の楕円曲線暗号に加えてポスト量子暗号を用いることで、現在のコンピューターでポスト量子暗号が破られることがあっても、通信のセキュリティを犠牲にすることなく実験が行えるとのことだ。なお、GoogleではNew Hopeをデファクトスタンダードにするつもりはなく、よりよいアルゴリズムに置き換える形で2年以内に実験を終える計画だという。

12846278 story
YouTube

YouTubeが著作権者に支払った分配金は2014年以降分だけでも10億ドル、音楽業界に理解を求める 29

ストーリー by hylom
10億ドルでも不満なんでしょう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

YouTubeではアップロードされたコンテンツの著作権者を自動的に判断し、その動画に広告を出して著作権者にその収益を分配するシステムを導入している。これによって著作権者に分配された金額は2014年以降だけでも10億ドル、2007年からの総計で20億ドルにも上るという(recode)。

音楽業界はYouTubeに対しコンテンツのただ乗りだ、YouTubeを運営するGoogleの著作権侵害対策は不十分だと主張しているが、Google側はこの金額を根拠に十分に著作権侵害対策になっていると主張している模様。

12842807 story
Android

話題のPokemon GO、さっそく偽アプリが登場 17

ストーリー by hylom
色々な方向で話題に 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

リリース後、米国内の全Android端末の5%強にインストールされたとも報じられている話題のアプリPokemon GOだが、早速これに便乗した偽アプリが登場しているそうだ(ITmedia)。

この偽アプリはサードパーティが運営するAndroidアプリ配布サイトで公開されているという。アイコンやタイトルは「Pokemon GO」のものをそのまま使っているようだが、このアプリには遠隔操作ツールが埋め込まれているそうで、インストールすると端末内の情報が盗まれたり、遠隔操作される可能性があるという。

なお、Pokemon GOが本来不要なはずのGoogleアカウントへのフルアクセス権限を要求していることも判明、こちらは開発元のNianticが問題を認め、修正を行うことを明らかにしている(Engadget Japanese)。

そのほか米国では、Pokemon GOユーザーを狙った強盗事件も起きているという。アイテムやポケモンを入手できる場所として指定されている駐車場や教会に待ち伏せし、集まってきたユーザーを拳銃で脅して強盗するという手口だそうだ(ギズモード・ジャパン)。

12839022 story
Ubuntu

Ubuntu、32ビットサポートを廃止する方針 76

ストーリー by hylom
32ビット向けにはDebianをどうぞ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Ubuntuで32ビットプロセッサのサポートが廃止されるという話が出ている。ニュースの発端は、ubuntu-develメーリングリストへの「Installation Media and supportability of i386 in 18.04 LTS Re: Ubuntu Desktop on i386」という投稿だ。

ここでは、Google ChromeやZFS、Dockerといった主要なサードパーティソフトウェアデベロッパが今後2年間で32ビット版ソフトウェアのサポートを取りやめるかもしれないことと、Ubuntuでは今後デスクトップ/サーバーソフトウェアのテストやデプロイを64ビット版のみを対象にする、ということが記されている。

理由として、32ビット(i386)向けビルドにコストがかかること、32ビット版の廃止に向けて2年間というのは十分な期限であることなどを挙げている。これを踏まえ、2018年リリースのUbuntu 18.04 LTSまではi386アーキテクチャをサポートするものの、それ以降はi386版のリリースを停止し、また32ビットでしか動かないアプリケーションについてはコンテナや仮想化などを使っての動作のみをサポートする方針だという。

また、openSUSEでも32ビット版のサポート廃止という話が出ているようだ

なお、すでにRed Hat Enterprise Linuxは64ビット版のみの提供となっている(Red HatのKnowledgebase)。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...