パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

12794968 story
変なモノ

パッケージやメニューの写真とのギャップが大きくてガッカリした食べ物は? 116

ストーリー by headless
落胆 部門より
スラドの皆さんはパッケージ入りの食品を購入して、パッケージに印刷されたイメージと中身のギャップにガッカリしたことはないだろうか。こういったガッカリ食品をたびたび紹介しているConsumeristが、その最新版としてキャラメルコートの上にチョコレート菓子の「Milky Way」をトッピングしたブラウニー「Hostess Milky Way Brownies」を取り上げている(Consumeristの記事)。

Milky Way Browniesのパッケージにはつややかなキャラメルがかかり、大きく砕いたMilky Wayをトッピングしたブラウニーの写真が印刷されているが、実際の中身はブラウニー本体と見分けがつかない色のキャラメル(?)に屑のようなMilky Wayが乗っているというものだ。このほか、過去の記事からマッシュルームのほとんど入っていないグリーンピースとマッシュルームのフローズンミックスや、おそらく中身はあっているものの、パッケージと同じものとは思えない外見の電子レンジ用インスタント食品が紹介されている。

多くのパッケージ入り食品では印刷されたイメージと中身が違うのはよくあることなので、ものすごく期待してしまうことはないと思うが、期待度を下げたうえでもガッカリした食品にはどんなものがあるだろうか。また、外食の際にメニューの写真から想像できない料理が出てきたといった経験などもあれば、コメントしてほしい。
12794119 story
iPhone

ティム・クック、17世紀の絵画に描かれたiPhoneを発見 40

ストーリー by hylom
時を超えたiPhone 部門より
headless 曰く、

オランダ・アムステルダムのアムステルダム国立美術館を訪れたティム・クック氏が、17世紀の絵画にiPhoneが描かれているのを発見したそうだ(The Next Web)。

アムステルダムで開催されたStartup Fest Europeに出席したティム・クック氏は、欧州委員会の元デジタルアジェンダ担当委員、ネリー・クルース氏に伴われてアムステルダム国立美術館を訪れている。

クルース氏によれば、駆け寄ってきたクック氏がiPhoneの描かれた絵画を見つけたと言い、クルース氏の腕を取って作品の前に連れて行ったという。そこには確かにiPhoneを持っているように見える人が描かれたレンブラントの作品が展示されていたそうだ。クック氏は記者らに対し、「これまではiPhoneがいつ発明されたのか知っているつもりだったが、もう今はわからなくなってしまった」と語ったとのこと。

クルース氏はiPhoneで撮影した作品の写真を記者らに見せたが、写真はぼやけており、クック氏でさえよく見えないというほどの出来だったという。The Next WebのBoris Veldhuijzen van Zanten氏は美術館のWebサイトでレンブラントの作品2,304点をチェックしたが、該当する作品を見つけることができなかったとのこと。

その後、スクリーンショットを画像検索した結果、レンブラントではなくピーテル・デ・ホーホが1670年に描いた「家のエントランスホールで女に手紙を手渡す男」という作品だということが判明したそうだ。実際に作品を見てみると、確かに「女に手紙を手渡す男」というよりも「女をそっちのけでiPhoneに夢中な男」の方が近い気もする。皆さんのご感想はいかがだろう。

12792913 story
変なモノ

MSIが背負える「バックパック型PC」を発表 37

ストーリー by hylom
これはこれで事故が起きそうな 部門より

MSIが背負って利用できるバックパック型PC「Backpack PC」を発表した(PC Watch)。

近年注目されているVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の多くはPCと接続して利用する形になっており、その際に必要なケーブルが邪魔になっていた。PCを背負うことで、この問題を解決できるというものらしい。

VR HMDとの接続を考慮しているため、CPUはCore i7、GPUはGeForce GTX 980とハイスペック。ただ、重さについてはまだ明らかになっていない。ケーブルよりも重い本体のほうが邪魔になるような気もするが……。

12786155 story
Android

Google、次期Android「N」の名前募集を開始 52

ストーリー by hylom
Noriはどうなった 部門より
headless 曰く、

Googleは太平洋時間18日9時、次期Android 「N」の名前募集を開始した(#NameAndroidN の応募に関するガイドライン)。

募集期間は太平洋時間6月8日23時59分まで。募集は娯楽を目的としたものであり、応募された名前が評価されることはないとのこと。また、応募者に賞金や報酬が授与されることもない。

応募はwww.android.com/nにアクセスし、お菓子やスイーツに由来したアルファベットの「N」から始まる次期Androidの名称を送信すればいい。複数応募も可能だが、以前に送信したものと違うものでなければならない。

なお、ガイドラインには「所定の手順に沿ってオンラインフォームに必要事項をご入力のうえ」という記述がみられるものの、次期Androidの名称以外に入力する項目はなかった。試しに「Nutty McNutface」を送信してみたが、そんな食べ物は存在しないことを忘れていた。フォームでは必ず先頭に「N」が入力されるようになっているだけで、それ以外の内容はチェックされないようだ。スラドの皆さんはどんな名前を応募するだろうか。

12779898 story
Google

Google、高精度の英語パーサー「Parsey McParseface」をオープンソース化 36

ストーリー by headless
RRS 部門より
Sraddy McSradface 曰く、

Googleは12日、オープンソースの構文解析用フレームワーク「SyntaxNet」をリリースした。ソースコードはGitHubで入手可能だ(Google Research Blogの記事The Next Webの記事The Registerの記事The Vergeの記事)。

SyntaxNetは自然言語理解(NLU)システムの基盤を提供するTensorFlow上に実装されたもの。今回のリリースには新しいSyntaxNetモデルを作成して独自データで学習させるために必要なコードのほか、学習済みの英語パーサー「Parsey McParseface」も含まれる。

Parsey McParsefaceは同種のモデルの中で最も精度の高いものだといい、英文ニュース記事のセンテンスを構文解析させたところ、94%以上の正確さで単語間の依存関係を抽出できたという。Webページに記載された文章の構文解析はより難しいと考えられるが、こちらも90%以上の正確さに達しているとのことだ。

12772812 story
変なモノ

米大統領選の共和党指名争い、テッド・クルーズ氏は不気味な男というイメージを作り出したソーシャルメディアにつぶされた? 70

ストーリー by headless
撤退 部門より
米大統領選に向けた共和党での指名争いから撤退を表明したテッド・クルーズ上院議員だが、The Guardianの記事では不気味な男というイメージがソーシャルメディアで作り出されたことで、キャンペーンが崩壊した可能性を指摘している。

ドナルド・トランプ氏も言動がソーシャルメディアで揶揄されることは多いが、クルーズ氏の場合は昨年末ごろからゾディアック・キラーと結び付けるミーム多数拡散し、マスメディアにも取り上げられていた。「ゾディアック」は1960年代から1970年代にカリフォルニア州北部で発生した連続殺人事件の犯人が名乗っていた名前だ。犯人は現在も捕まっていないが、1970年生まれのクルーズ氏がゾディアックであるはずもない(The Guardianの記事The Vergeの記事The Daily Dotの記事)。

クルーズ氏とゾディアックを結び付ける発言として知られる最も古いものは、2013年のツイートだ。このツイートを投稿したRed Pill America氏は、トランプ氏が道化なのに対し、クルーズ氏はクロゼットの中やベッドの下を確認し、ちゃんとドアに鍵をかけておきたくなるような気分にさせる人物だと述べているとのこと。

ただし、クルーズ氏とゾディアックを結び付ける人々はさまざまなこじつけを考えて楽しんでいるだけで、クルーズ氏が本当にゾディアックだと思っているわけではない。中には2008年に共和党が「オバマ大統領の出生証明書が偽造されたもので、実はケニア生まれ」だと繰り返し主張したことに言及し、同じことをしているだけだと言う人もいるそうだ。

このことがクルーズ氏の選挙戦にどれぐらい影響したのかは不明だが、今回の選挙では他の候補者についても支援や攻撃のミームが数多くみられる(Facebook: Ted Cruz Meme Page/NeverTrumpBernie Sanders' Dank Meme StashKnow Your Meme — Bernie or Hillary?RawStoryの記事)。

こういったミームは以前から画像掲示板のようなインターネットコミュニティー内で出回っていたが、古典的な風刺画のような役割を果たすようになったのは米国の選挙では初めてとのことだ。
12772648 story
医療

米警察、覚醒剤密売の容疑者から押収した携帯電話に注文の電話をかけてこないよう求める 19

ストーリー by headless
注文 部門より
米国・オハイオ州アライアンスの警察が、覚醒剤密売容疑で逮捕した容疑者の携帯電話に電話をかけてこないようFacebookで呼びかけている(Ars Technicaの記事NBC4i.comの記事警察のFacebook投稿: 要ログイン)。

警察では容疑者から携帯電話を押収し、容疑者の同意を得て連絡先やテキストメッセージによる注文の内容を調べているのだという。しかし、顧客が繰り返し電話をかけてきたり、テキストメッセージを送ってきたりするため、作業がなかなか進まないようだ。警察は容疑者の売る薬は品切れだと述べ、わざわざ電話をしてこなくてもこちらからすぐに行くと述べている。容疑者が設定した着信音も気に入らないらしい。

なお、掲載されている写真によれば、容疑者が使っていたのはLGのAndroid端末のようだ。機内モードの存在やSIMカードなしで使用できることに気付いていないのか、単なるネタなのかは不明だ。
12768973 story
変なモノ

奇妙な3Dプリント用オブジェクトを生成するボット「Shiv Integer」 11

ストーリー by headless
物体 部門より
MakerBotが運営する3DプリントのコミュニティーThingiverseに、3Dプリント用オブジェクトを生成するボット「Shiv Integer」が数か月前から出現し、奇妙なオブジェクトを次々に投稿しているそうだ(作品リストArs Technicaの記事)。

Shiv Integerは他のユーザーが投稿したオブジェクトをリミックスして新たなオブジェクトを生成する。そのため、ベースになるのは翻案可能なCCライセンスで公開されているオブジェクトに限られるとのこと。また、タイトルも他のオブジェクトからランダムに取得して組み合わせたものになっているそうだ。形状としては出力が難しそうに見えるが、プロ向けのプリントサービスを利用すれば出力可能なように作られているとのこと。

Shiv Integerを開発したMatthew Plummer-Fernandez氏とJulien Deswaef氏は、ボットが生成するオブジェクトをアート作品と位置付けており、4月にはワークショップ「The Art of Bots」を英国・ロンドンのサマセットハウスで開催している。しかし、同じようなオブジェクトが連続して投稿されることもあり、Thingiverseユーザーの中にはスパムとして嫌う人もいるようだ。
12767799 story
変なモノ

実寸サイズの「ドール」にPCを組み込める「ドール型PCケース」 27

ストーリー by hylom
すでに似たような物を自作している人も存在しそうではある 部門より

ソニー・ミュージックが、同社のスマホ向けゲーム「真空管ドールズ」の配信開始に合わせてドール型PCケース「DTX-1」を公開した(ASCII.jpCharacter JAPAN)。

4月29・30日に開催されていた「ニコニコ超会議2016」で、身長約150cmの「等身大」ドールの背中部分にPCを組み込んだものが展示されたとのこと。PCのスペックはCPUがCore i7-4790K、マザーボードはMini-ITXのASRock「H97M-ITX」、メモリは16GBとのこと。マザーボードが露出した状態で展示されていたが、もちろんドール内に納めることも可能だそうだ。

ドール部分はプラスチック成形玩具や文房具を手がけるオビツ製作所の「オビツボディ 150」をベースとしているとのこと(同社のブログ)。実際にこのPCケースが商品化されるかどうかは不明。

12766581 story
変なモノ

Appleの製品名はすべて単複同形? 112

ストーリー by headless
言語 部門より
Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長 Philip Schiller氏によれば、Apple製品の名前はすべて単複同形なのだそうだ(The Next Webの記事MacRumorsの記事Business Insiderの記事)。

TwitterでiPad Proの複数形が「iPads Pro」なのか「iPad Pros」なのか議論しているところに登場したSchiller氏は、Appleの製品名を複数形にすべきではないと述べ、「iPad Pro devices」が正しいと主張。「two iPhones」ではなく「two iPhone phones」と表現するのはおかしいという返信に対しては、単複同形の単語の存在を指摘し、「I have 3 Macintosh」または「I have 3 Macintosh computers」と表現するのが適切だと説明している。

しかし、Appleの発表資料にも「iPhones」「iPads」などという表現がみられ、Schiller氏自身も「iPads」という表現を使っているため、この説明に納得した人は少ないようだ。日本語では特に気にする必要のないことだが、皆さんはどう思われるだろう。Apple以外の製品名についても気になるものがあればコメントしていただきたい。
12764960 story
変なモノ

米テレビ局、気象情報の生放送中に「Get Windows 10」画面が表示されるアクシデント 53

ストーリー by headless
余裕 部門より
Windows 10にアップグレードしたくないWindows 7/8.1ユーザーを悩ませる「Windows 10 を入手(Get Windows 10)」アプリだが、米国でテレビ番組の生放送中にアプリの画面が表示されるアクシデントが発生したそうだ(動画: KCCI NewsThe Guardianの記事Neowinの記事The Vergeの記事)。

アクシデントが発生したのはアイオワ州デモインのローカル局でCBS系列のKCCI。気象情報の生放送中、デモイン周辺の降雨量マップに切り替えたところ「Get Windows 10」アプリの画面が地図を覆っていた。数秒後に気付いた気象予報士のMetinka Slater氏は余裕で受け流し、前日に一晩中続いた強風をWindows 10と結びつけてスタジオ内の笑いを誘っている。
12764334 story
お金

Lumia 950 XLを買うとLumia 950がもらえるキャンペーン、米国とカナダで実施中 14

ストーリー by hylom
2台も要らない気が 部門より
headless 曰く、

Microsoftがプエルトリコを含む米国とカナダで、Lumia 950 XLを買うと無料でLumia 950がもらえるキャンペーンを実施している(NeowinWindows Central)。

Lumia 950 XLはSIMロックフリー版でブラックとホワイトの2色。オンラインストアでの価格は649米ドル/849カナダドルとなっている。Lumia 950 XLの購入者に無料で提供されるLumia 950もSIMロックフリーで、色はブラックのみとなる。ちなみに、Lumia 950のオンラインストアでの価格は549米ドル/749カナダドルだ。

Lumia 950/950 XLは昨年発売されたLumiaシリーズのフラッグシップモデルだ。5.2インチ画面のLumia 950はヘキサコアのSnapdragon 808、5.7インチ画面のLumia 950 XLはオクタコアのSnapdragon 810を搭載し、両モデルともContinuumに対応する。Microsoft Storeで購入した場合は両モデルともOffice 365 Personalの無料サブスクリプションが1年分付いてくるが、Lumia 950 XLのおまけでもらえるLumia 950にも別途付いてくるのかどうかは不明だ。

キャンペーンは5月1日までだが、在庫が無くなり次第終了とのこと。オンラインストアだけでなくMicrosoft Storeの実店舗でも実施されているようだ。ちなみに、Microsoftの四半期報告書(Form 10-Q)によれば、2016年第1四半期(2016会計年度第3四半期)に売れたLumiaデバイスは230万台となっている。

12763124 story
変なモノ

タイマーで一定期間ロックできるタバコケース 42

ストーリー by hylom
このお値段ならスマホ連携とかやってほしかった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

サンコーが一度フタを閉めると、あらかじめ決められた時間が過ぎるまで中身を取り出せなくなるタバコ用ケース「タバコ金庫」を発売した(PC Watch)。価格は税込み5980円。

記事では

言うまでもないが、タイマーがゼロになる前にタバコを買うことで、誰でも本製品のセキュリティを破れる。

と突っ込まれているが、果たして使い物になるのだろうか。

12759285 story
変なモノ

米マクドナルド、より大きなビッグマックとより小さなビッグマックを一部の店舗でテスト販売 60

ストーリー by headless
大小 部門より
日本マクドナルドはビッグマックを大型化した「グランド ビッグマック」と「ギガ ビッグマック」を期間限定で販売しているが、米マクドナルドでは、より大きなビッグマック「Grand Mac」と、より小さなビッグマック「Mac Jr.」のテスト販売を一部の店舗で開始したそうだ(Columbus Business Firstの記事[1][2]Consumeristの記事Foodbeastの記事)。

Grand Macは、通常のビッグマックで5分の1ポンド(約91グラム)のビーフパティを3分の1ポンド(約151グラム)に増量。スライスチーズは2枚になり、バンズも大型化されているという。日本のグランド ビッグマックと似ているが、ビーフパティの増量分はGrand Macの方が多いようだ。Mac Jrはビッグマックで2層になっているビーフパティを1層にして小型化したものとのこと。テスト販売はオハイオ州中心部とテキサス州ダラス/フォートワース地区の127店舗で実施されており、6月6日まで続けられる。

スラドの皆さんはビッグマックがお好きだろうか。もしもビッグマックに3つのサイズがあったら、どれを選ぶだろう。
12756941 story
変なモノ

量子水の次は「グラビトン野菜」が話題に 61

ストーリー by hylom
重そう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日「量子水」なるものが話題になったが、今度は「グラビトン野菜」なるものが一部で話題になっている。「グラビトンシステム農法」で育てた野菜で、高波動(重力波)を導入したポリエチレン袋や重力波が入った段ボール箱を使って送られるという(Togetterまとめ)。

なお、グラビトン野菜を販売するミドルウェイGSHは「グラビトンエネルギーシステム」により完成した「より純粋な地球の水」も販売している。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...