パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

12773384 story
入力デバイス

会社支給品減少により高価格筆記具が人気に 81

ストーリー by hylom
いっぽうで文房具店は減っている気もする 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

昨今では書き味だけでなく、性能、見た目(デザイン)や素材、塗装等を向上させた高価格筆記具(シャープペンシル、ボールペン)が売れているそうだ(朝日新聞)。

きっかけは2008年秋のリーマン・ショック。これによって会社の支給品が減少して自前で筆記具を用意する場合が増え、個人の好みが重視されるようになったからだという。

皆様は高価格筆記具をお使いだろうか。お気に入りやおすすめの筆記具は何だろうか。

12767815 story
ゲーム

タッチスクリーンによる操作がアクションゲームには向いていない理由 53

ストーリー by hylom
押し込む強さの変化で操作、というのは理に適っている? 部門より

フィンランド・Aalto Universityの研究グループが、タッチスクリーン入力でリアルタイム性が要求される操作を行うことの難しさを実証する論文を公開した(TechCrunchAAAS EurekAlert!)。

この論文では、「制限時間内にターゲットを定められた領域内に収める」というタスクを使い、タッチスクリーンによる操作は物理キーによる操作よりも難しいということを実証している。詳細は論文や記事を参照してほしいが、タッチスクリーンによる操作が難しい理由として、待機状態において指とスクリーンとの距離が不定になるほか、どのタイミングで入力が検知されるのかが分かりにくいなどが挙げられている。

12757850 story
Windows

中国のPCメーカー、折りたたみキーボード型PCを発表 37

ストーリー by hylom
メカニカルな 部門より
headless 曰く、

中国・深センのPCメーカーPiPO Technologyが、持ち運び時に2つ折り可能なミニキーボード型PC「KB2」を発表したそうだ(Notebook ItaliaNeowinWindows Central)。

KB2はCherry Trail世代のIntel Atom x5-Z8300プロセッサを搭載し、OSはWindows 10 Home。RAMは2GBまたは4GB、ストレージは32GBまたは64GBとなっている。2,500mAhのバッテリーを内蔵しており、ディスプレイに接続するだけで使用できる。ディスプレイの接続にはHDMIを使用するほか、WiDiを使用して無線で対応ディスプレイに接続することも可能だという。このほか、USB 3.0ポートとUSB 2.0ポートをそれぞれ1基搭載し、Wi-FiやBluetooth、microSDカードスロットなども搭載する。

大きさについては記載されていないが、Notebook Italiaの動画を見る限り2つ折り状態で10×15×1.5cmぐらいの感じだ。動画に登場する説明者によるとKB2は5月に完成予定で、クラウドファンディングプラットフォームでの販売を計画しているという。なお、Windows Centralの記事では日本での発売がスケジュールされているとの記載もみられるが、記事のソースとなっているNotebook Italiaの記事にそのような記述はなく、根拠は不明だ。

PiPOでは2つ折りに対応しないキーボード型PC「KB1」を中国で発売しているようだ。こちらはVGAポートやLANポートも搭載しており、タッチパッドも内蔵している。

12737927 story
Google

Google、フリック入力向け物理キーボードを発表 31

ストーリー by hylom
欲しい人も多そうだ 部門より
insiderman 曰く、

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに搭載されたことで広く普及した、テンキー上をフリックして入力するいわゆる「フリック入力」を愛用している人は少なくないが、このフリック入力をサポートした物理キーボードをGoogle日本語入力チームが発表した(Google Japan Blog)。

本デバイスはPCやスマートフォンとBluetoothで接続して利用できるキーボード。特殊なメカニカルスイッチを採用することで、フリック入力を可能にするという。『「若者のキーボード離れ」でフリック入力の普及が進む?』という話があったが、こういった問題への解決策となるだろうか。

12701166 story
入力デバイス

2.4GHz帯ワイヤレスマウス/キーボードのUSBドングルに存在する脆弱性「Mousejack」 46

ストーリー by headless
ouija 部門より
多くのワイヤレスマウス/キーボードに存在し、キーストロークなどを攻撃者が送信可能な脆弱性「Mousejack」の詳細が公表された(プレスリリース: PDFCERT - VU#981271MIT Technology Reviewの記事Consumeristの記事)。

Mousejackは非Bluetooth接続の2.4GHz帯ワイヤレスマウス/キーボードで使用するUSBドングルに存在する脆弱性。攻撃者は15ドル程度のUSB無線ドングルと数行のコードで最大100mの距離からキーストロークの送信などが可能となり、PCを乗っ取ることができるという。キーボードレベルの脆弱性であることから、Windows、OS X、LinuxなどOSにかかわらず影響を受ける。

発見者のBastilleはLogitechやDell、Lenovo、Microsoft、HPなどの製品で脆弱性を確認しているが、非Bluetooth接続のドングルの多くに存在するという。Logitechは修正版のファームウェアを提供しているが、多くのドングルにはユーザーがファームウェアを更新する仕組みが備わっていないとのこと。LenovoでもLenovo 500シリーズのワイヤレスマウス/キーボードについて修正版のファームウェアをリリースしているが、ファームウェアの書き込みは製造時のみ可能とのことで、ユーザーの申し出があれば交換すると説明している。

このほか、現在確認済みのデバイスについてはBastilleのWebページを参照してほしい。
12700354 story
書籍

サンワサプライ 極薄エッジのフラットベッドスキャナーを発売 20

ストーリー by headless
squeeeeze-more 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

サンワサプライは22日、本のスキャンに特化したフラットベッドスキャナ 400-SCN033 を発売した。Web直販サイト「サンワダイレクト」限定販売となる(製品情報INTERNET Watchの記事)。

本体の端からガラス面までのエッジ部が6mmと狭く、綴じしろの際まで影が入らずにスキャンできるという。

解像度は75dpi~1,200dpiで、300dpiでのスキャン速度は約8秒となっている。A4/レターサイズまで対応しており、原稿カバーが持ち上がる構造になっているので分厚い本でもしっかり押さえられるという。価格は36,800円(税込・送料無料)。

12687291 story
ノートPC

富士通ノートPC、パナソニック製バッテリパックの追加リコール 3

ストーリー by headless
追加 部門より
maia 曰く、

富士通ではノートパソコン用バッテリパック(パナソニック製)の一部に発火のおそれがあるとして2015年8月27日から約7万台を交換・回収しているが、2月10日に交換・回収対象2万台が追加された(富士通 - ノートパソコン用バッテリパックの交換・回収についてPC Watchの記事共同通信の記事)。

今回対象に追加されたのは、2013年モデルから2014年モデルのノートパソコンの一部の機種と記載されているが、対象機種一覧を見ると個人向けが2013年モデル、法人向けと海外向けが2012年モデルとなっているようだ。対象機種は確認ページで確認するほか、チェックツールで確認することもできる。2月10日までに確認を実行し、対象外だった場合でも再度確認が必要だ。昨年回収を始めて以降も未回収品から発火事故が発生しているという。該当のノートパソコンは、交換・回収が済むまでバッテリパックを取り外して使うことが要請されている。

12672309 story
ノートPC

パナソニックと東芝、発火のおそれがあるノートパソコン用バッテリーパックの交換・回収プログラムを開始 27

ストーリー by headless
交換 部門より
maia 曰く、

パナソニックと東芝は28日、両社のノートパソコンで使用しているパナソニック製バッテリーパックに発火のおそれがあるとして、それぞれ交換・回収プログラムを開始した(パナソニックのお知らせ東芝のお知らせPC Watchの記事[1][2])。

パナソニックの回収対象は2011年7月から2012年5月に製造されたバッテリーパック17,613個、東芝の回収対象は2011年6月から2015年3月に製造されたバッテリーパック95,811個。両社では使用しているパソコンに搭載されているバッテリーパックが交換対象の場合、交換が完了するまではバッテリーパックを取り外した状態で使用するよう求めている。

なおパナソニックでは2014年バッテリーパック約20万個のリコールを発表しているが、前回のリコールで対象外と確認された場合にも再確認が必要だという。

対象バッテリーパックは各社のWebサイトでそれぞれ確認できる(パナソニック東芝)。

12665337 story
EU

フランス政府、フランス語が入力しにくいフランス語配列キーボードの配列変更へ 61

ストーリー by hylom
どうしてそうなった 部門より
headless 曰く、

フランスで使われているAZERTY配列のキーボードでは、フランス語の表記に必要な文字や記号の一部が入力できない場合や、入力方法がわかりにくいこともある。また、配列が統一されておらず、機種によってキーの位置が異なることもあるという。そのため、フランス文化通信省は配列の見直しと標準化の検討を進めているそうだ(文化通信省の発表TNW NewsBBC News)。

フランス語ではアクセント記号の付いたアルファベットを使用するが、アクセント記号付きの大文字の中には入力できないものがある。たとえば、アクサン テギュの付いた「é」とアクサン グラーヴの付いた「è」「à」は、それぞれ「2」「7」「0」のキーで入力できるが、SHIFTキーとの組み合わせでは大文字の「É」「È」「À」ではなく、数字が入力される。アクサン グラーヴ付きの「ù」も同様で、SHIFTキーとの組み合わせでは「Ù」ではなく「%」が入力されてしまう。

Windowsの場合、右Alt (AltGr)+7を押してから大文字を入力することでアクサン グラーヴ付きの大文字になるが、アクサン テギュの付いた大文字を入力する手段はない。Mac OSの場合、CapsLock(Verr. Maj.)をオンにすることで、いずれのアクセント記号が付いた大文字も入力可能だ。ワープロソフトの自動訂正機能により入力できることもあるが、入力できない/入力方法がわからないため、大文字ではアクセント記号を省略してもいいと考える人もいるようだ。しかし、アクセント記号を省略した表記はフランス語として正しいかどうかだけでなく、たとえば「INTERNE (内部)」と「INTERNÉ (インターン)」を区別できなくなるといった問題もあるとのこと。

また、トレマの付いた「ä」「ë」「ï」「ö」「ü」「ÿ」と大文字の「Ä」「Ë」「Ï」「Ö」「Ü」は入力可能だが、大文字の「Ÿ」は入力できない。セディーユ付きの「ç」も同様で、大文字の「Ç」は入力できない。さらに合字の「æ」「œ」「Æ」「Œ」や、フランス語の文章で引用記号として使われる「≪」「≫」もキーボードでは入力できない。そのため、「œuf (卵)」のように日常的な単語でもキーボードからの入力は困難だという。

文化通信省では標準化団体 AFNORと協力し、フランス領各地の言語や欧州各国の言語で使われる特殊な文字の入力も可能にするほか、フランスでよく使われる記号も追加する方向で標準化の検討を進めていくとのことだ。

12665332 story
入力デバイス

ゆっくりとキーボードをタイプした方が良い文書が書ける、という研究結果 46

ストーリー by hylom
ゆっくりタイプできる時間が欲しい 部門より

「良い文章を書きたかったらキーボードはゆっくりタイピングする方が良い」という研究結果が発表されたという(ITmedia)。

実験では文章を片手だけで入力した場合と両手で入力した場合とで比較したところ、片手だけで入力した場合のほうが良い作品ができる傾向があったという。

12621114 story
入力デバイス

エレコム、トラックボール新製品を5種類も発売していた 62

ストーリー by hylom
長く販売されれば良いのだが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

PC周辺機器メーカーとして知られるエレコムが、トラックボールの新モデル「EX-G」3機種を10月中旬に、「DEFT」2機種を11月下旬に発売していたとのこと。ASCII.jpがこれら5モデルの試用レポートを掲載している。

ポインティングデバイスとしてはマウス、もしくはトラックパッドが圧倒的に使われている現在、トラックボールの選択肢は少なくなっているが、このような時勢に5機種も、さらにうち「EX-G」の1モデルは左手操作用モデルというのは興味深い。価格は8,230円から1万2,082円と安くはないが、トラックボール愛用者にとってはありがたい。ただボタン数も多く、ちょっと多機能すぎるという点は賛否が分かれるかも知れない。

なお、「EX-G」は親指でボールを操作するモデルで、「DEFT」は人差し指でボールを操作するモデルとなっている。

12619826 story
入力デバイス

キーボードにPCを内蔵した「キーボードPC」、国内で発売へ 115

ストーリー by hylom
こっそり持ち込んでもバレなさそう 部門より
hetareDAIO 曰く、

テックウインドがタッチパッド搭載キーボードにPCを内蔵した「キーボードPC」を2016年1月に発売する。価格は2万円台とのこと(PC Watch)。

半年ほど前、「レトロデザインのThinkpad、復活したら欲しい?」というストーリーで書いたようなものが、かなり洗練された形で出るようです。 ちょっと、スペースキーの隣のタッチパッドがかなり不安ではありますが、スペック的にはまさにザ・セカンドPCの様相を呈しております。せっかく作っていただいたのだから買ってみようかな。

スペックとしてはCPUがAtom Z3735F(1.33GHz)、メモリは2GB(DDR3L)、ストレージは32GB、OSはWIndows 10 Home。ディスプレイ出力はHDMIで、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、音声入出力と言った一般的なインターフェイスが備えられている。本体サイズは287×125×26.5mmとのことで、外観はほぼ一般的なテンキーレスキーボードのようだ。

12606860 story
入力デバイス

磁気が手のひらと指にじんわり作用するという、磁石を搭載したマウスが販売中 34

ストーリー by hylom
磁気でFDのデータが消える問題は考慮しなくて良い時代ですね 部門より

磁気を放出して「手と指にじんわり作用する」というマウス「エレキマウス」が発売された(AKIBA PC Hotline!)。

表面と左右の側面に3個ずつ、計9個の磁石を搭載するという。ただし具体的な効能は挙げられていない。ちなみに磁気を使用した医療器具としては「ピップエレキバン」が有名だが、こちらについては医療用具として販売されてはいるものの、その効果については賛否両論である。

12581742 story
テクノロジー

腕を仮想キーボード化するNECの「ARmKeypad」 38

ストーリー by headless
半袖 部門より
作業者の腕を仮想キーボード化するという拡張現実デバイス「ARmKeypad」をNECが発表している(プレスリリースITmediaニュースの記事Mashableの記事)。

ARmKeypadはメガネ型デバイスと腕時計型デバイスを組み合わせ、作業者の腕に仮想キーボードを表示する。キーボードへのタッチタイミングを腕時計型デバイスの加速度センサーで検出することにより、高速かつ正確な入力を可能にするという。作業者が手元を見ることですぐに仮想キーボードが出現するため、入力デバイスを取り出すために作業を中断することもない。また、広い入力エリアが確保でき、利用シーンに応じてキーレイアウトを自由に変更できるといった利点があるとのこと。

NECでは13日までC&Cユーザーフォーラム&iEXPO2015にARmKeypadを参考出展していた。ITmediaニュースの記事には写真も掲載されているが、皆さんのご感想はいかがだろう。
12576496 story
入力デバイス

左右分離型メカニカルキーボード、クラウドファンディングで資金募集中 25

ストーリー by hylom
いかがでしょうか 部門より

以前、自分だけのオリジナルキーボードを自作するという話題があったが、そこで紹介されていた左右分離型メカニカルキーボード「Ultimate Hacking Keyboard」の販売に向けた資金募集がクラウドファンディングで行われている(CrowdSupply)。

目標金額は20万ドルで、現在12万ドルを超える資金が集まっている。販売価格は250ドルの予定だが、220ドルの出資で1台のキーボードが入手可能。10台、50台セットでの購入も可能。発送は2016年1月予定だそうだ。キー配列はANSIとISOから選択可能で、キートップの刻印をWindows/Mac/Linux向けにカスタマイズしたり、キースイッチを6種類から選択することも可能だ。なお、米国以外への発送の場合、送料は24ドルとのこと。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...