パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

12827472 story
インターネット

Amazon.co.jpでも電子書籍の定額読み放題サービスが開始されるとの報道 43

ストーリー by hylom
どう出るか 部門より
nemui4 曰く、

Amazon.co.jpが電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を8月に開始すると 文化通信が報じている。

すでに複数の出版社に参加への打診が行われており、料金は月額980円になるという。同様のサービスはすでに米国では開始されている。

現状Primeで月一冊タダで読めるけど、対象の書籍ラインナップは…

12827028 story
アメリカ合衆国

米セキュリティ指針で「パスワードの定期変更」「秘密の質問」が否定される 42

ストーリー by hylom
最初に言い出したのは誰だ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NIST(米国国立標準技術研究所)の傘下部門であるCSD(Computer Security Division)は先週末、米国の政府機関がセキュリティ対策を実施する際の指針となるSpecial Publicationのドラフト版を公開したが、その中で「パスワードの定期変更」「秘密の質問」を明確に否定したことが注目を集めている(Special Publicationドラフト版INTERNET Watch)。

この文書では、パスワードの定期変更を強いるとユーザーは「Password1」といった具体に末尾に数字を追加するなど意味のない対応を取ることが多いことから、システムはパスワードの定期的な変更をユーザーに要求すべきではないとしている。また合わせて秘密の質問も使用するべきではないとしているとのこと。

これらはいずれも以前から指摘されていた点ではあるが、政府機関が指針に記述したということで、現状はまだドラフト版ではあるものの、今後の認証システムの開発に大きな影響を与えることが予想される。

12823446 story
セキュリティ

コレガの無線LANルーターに脆弱性、サポート終了機種のため使用中止や設定変更を呼びかけ 40

ストーリー by hylom
2007年からスルーのほうが興味深い 部門より

コレガの無線LANルーター「CG-WLBARGL」にコマンドインジェクション脆弱性が発見された(INTERNET WatchJVN#76653039)。

この製品は2006年3月に発売された製品で、すでにサポート期間も終了していることから、コレガは使用停止を呼びかけている。なお、この脆弱性の情報が最初に情報処理推進機構(IPA)に寄せられたのは2007年9月だったとのこと。なお、ほかにも同社製の「CG-WLBARAGM」におけるDoSの脆弱性(JVN#24409899)および「CG-WLR300GNVシリーズ」における認証試行回数が制限されていない脆弱性(JVN#75028871)の情報が公開されている。

12823445 story
インターネット

自力でトラブルシューティングできない人や組織は、自前でWordPresでサイトを構築してはいけない? 40

ストーリー by hylom
実は恐ろしいWordPress 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

セキュリティ研究者の徳丸浩氏がTwitterに「自力でトラブルシューティングできない人や組織は、自前でWordPres立ててはいけない」というコメントを投稿したことが一部で話題になっている。

WordPressやそのプラグインではたびたび脆弱性が発見されており、単純に情報を漏洩させるだけで無く、別の攻撃を行う踏み台にされるケースもある。そういう状況を受けての発言だが、これに対し反論もあるようだ(「おおいわのこめんと」ブログGeekなぺーじ)。

12820822 story
インターネット

海外から国内Webサービスを利用可能にするというVPNルータ「どこでも日本VPN」 24

ストーリー by hylom
アメリカに設置すればどこでもアメリカ 部門より

先日プラネックスコミュニケーションズがVPNルーター「どこでも日本 VPN MHC-VM1 」を発表した( ASCII.jp)。

同社は世界中でFacebookやTwitterが利用可能になるルーター「どこでも日本 ホットラインサービス MHC01」を発売していた。MHC01は親機を日本国内に設置しておき、子機を海外などでネットに接続して使用することで親機と子機間がVPNで結ばれるというものだったが、今回発表されたモデルは子機が不要で、タブレットやスマートフォン、PCでVPN設定を行っての利用を想定しているものとなっている。

実売参考価格は3万2,184円で、2年目からは1万800円/年の接続サービス料金が必要。

12820815 story
NTT

タウンページ、使ってる? 38

ストーリー by hylom
そんなものもありましたね 部門より
headless 曰く、

米国では40%の人が少なくとも年に1度はイエローページ(職業別電話帳、日本でいう「タウンページ」)で電話番号を調べているという(Consumerist)。

利用率は地方のほうが高くなるが、ニューヨーク市でも年配者を中心に週1度はイエローページを開く人が13%に上るそうだ。印刷されたイエローページのビジネスは縮小傾向にあり、厚さも薄くなっていっているものの、現在も30億ドル規模の産業だという。広告出稿も減る中、続けられる理由の一つとして、Webでもサービスを提供している点が挙げられている。

タウンページもWeb版のiタウンページを提供しているが、スラドの皆さんが最後に紙のタウンページで調べものをしたのはいつだろう。その時はどのような目的で利用しただろうか。それともまったく使ったことがないだろうか。

12818734 story
インターネット

「IPモバイル」なるものを本人確認なしに提供した携帯電話レンタル会社に有罪判決 46

ストーリー by hylom
謎の言葉 部門より

「IPモバイル」と呼ばれる電話を本人確認なしに提供したとして、携帯電話レンタル会社社長に対し携帯電話不正利用防止法違反で懲役1年6か月(執行猶予3年)の有罪判決が下された(NHK)。

NHKの記事によると「IPモバイル」は「インターネット回線を利用する電話」とのことで、「詐欺グループが規制の対象となるかどうか不明確とされている点を悪用して、最近、身分証明書を提出せずに借りるケースが増えている」という。「IPモバイル」を携帯電話と認定する判決は初めてだそうだ。

また、読売新聞の「本人確認せずIP」有罪 レンタル会社代表」という記事では、「有線でもあるインターネット回線を経由するモバイルIPも、通話端末へ無線で音声を送信すると判断」という記述もある。朝日新聞の記事では「モバイルIP電話」と書かれているので、おそらく現時点では証明書類による本人確認が不要とされているデータ通信用SIMを使ってIP電話による通話を行うような端末だと思われるが、一般的なIP電話サービスについても本人確認が必要になるのだろうか?

12818478 story
インターネット

若者はテレビよりもソーシャルメディアからニュースを得ているという調査結果 56

ストーリー by hylom
メディア側としては大変でしょうが 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ロイター・ジャーナリズム研究所(RISJ)が世界26カ国の約50,000人を対象に行った調査によると、ネットユーザーの51%以上がニュースソースとしてFacebookなどのソーシャルメディアを利用しているという(Digital News Report 2016ReutersBBCSlashdot)。

調査対象者のうち、ニュースにアクセスするためにスマートフォンを使用している人は半数を上回り、割合が最も高かったのはスウェーデン(69%)、韓国(66%)、スイス(61%)の順。また、18~24歳の世代では、ニュースの入手手段としてソーシャルメディアを挙げた人が28%で、テレビの24%を初めて上回ったという。ちなみにFacebookをニュースの入手手段にしている人の割合は44%、YouTubeは19%、Twitterは10%だったそうだ。信頼できるニュースが限られている途上国ではニュースをソーシャルメディアに頼る人がさらに多くなっているという。

特にFacebookは「ニュースの発見の場」であることを越えて「ニュースの発見の場」であることを越えて人々がニュースを消費する場所になっている。これは、広告ブロックの増加と合わせてジャーナリズムが記事を元にして資金調達を行うことをさらに難しくしている。一方で、30%の人々はニュース選別者の政治的バイアスを疑うことから、ニュースの議題を他人に選別されるのを望まない傾向にあるという。

なお、ニュースを得るために料金を支払っている国は、ノルウェー27%、ポーランド・スウェーデン20%、イタリア16%、デンマーク・フィンランド15%、日本・オランダ・ベルギー12%となっている。

12815617 story
ネットワーク

ハンバーガーショップでの公衆無線LANサービスが拡大 19

ストーリー by hylom
要登録なあたりが面倒くさそう 部門より
maia 曰く、

日本マクドナルドは6月20日から「マクドナルド FREE Wi-Fi」をスタートする(ニュースリリース大人んサーの記事)。当初150店舗で、7月末にかけて全国約1500店舗に拡大する。ログインにはEメールアドレスやSNSのアカウント(Facebook、Twitter、Yahoo! Japan、Google+)で対応する。当初は日本語、英語に対応で、今後、中国語、韓国語など計5ヶ国語対応予定。

よく知らなかったが、モスバーガーも5月27日から「Free Wi-Fi」をスタートさせており、当初は約800店舗、年内には全店舗の約9割にあたる約1200店舗に拡大するそうだ(ニュースリリースPDF)。モスは日本語、英語、中国語、韓国語に対応。またフレッシュネスバーガーは2015年6月から無料Wi-Fiスポットサービスを開始しており、(2016)年内に全160店舗へ拡大するようだ(Fashionsnapの記事)。

12814494 story
Windows

「Windows 7のセキュリティは不十分」? 122

ストーリー by hylom
紐付き調査 部門より

FFRIが、日本マイクロソフトの依頼を受けて調査を行い制作したという「Windows 10セキュリティリスク抑制効果調査報告」(PDF)を公開した(INTERNET Watch)。これによると、「Windows 7はセキュリティ面では不十分」だという。

Windows 7は未だ多くのユーザーが利用しているが、Windows 7に搭載されているセキュリティ機能は調査・分析が進んでおり、回避・対抗する手法が発見されているという。Windows 10ではコード実行時に実行使用とするコートが正規のコードなのかをチェックする「CFG」という仕組みや、スパムや不審なメールを防ぐ「SmartScreen」といった機能、仮想化技術を利用した環境分離機能、生体認証のOS標準でのサポートなどが導入されており、「Windows 7リリース以降に積み上げられた攻撃技術の進歩に対して確かな防御機能を搭載、提供している」という。

いっぽう、Windows 10の新しいセキュリティ機能については「懸念材料」もあるという(キヤノンITソリューションズのマルウェア情報局)。こちらはセキュリティ企業ESETの研究員による記事で、Windows 10の新セキュリティ機能について「かなり有望である」としつつも、「これらの新たなセキュリティ機能はいずれも、ハードウェアの次元での有効性しか、今のところ実証されていない」といい、「マルウェアによって金を稼いでいる犯罪者にとっては、たとえMicrosoft社からセキュリティの強固なWindowsの新しいバージョンが出たとしても、ただ、これまでと同じことをするだけなのです」と指摘している。

12812237 story
インターネット

大阪地裁、成りすまされない権利「アイデンティティー権」を認める 43

ストーリー by hylom
今後に注目 部門より
maia 曰く、

SNSで自分に成り済ました書き込みが行われたとして発信者情報開示を求めた裁判で、大阪地裁が「他人との関係で人格の同一性を持ち続ける権利」と定義される「アイデンティティー権」の存在を認めた(産経新聞)。

成り済ましの言動で、精神的苦痛を受けた場合には「名誉やプライバシー権とは別に、アイデンティティー権の侵害が問題になりうる」としたのだが、その認定には慎重であるべきとして、今回は書き込みの内容を名誉毀損と認めなかった。判決文を読んではいないが(報道では)短期間、軽微ならアイデンティティー権の侵害を咎め立てするには当たらないという判断のようだ。

12811531 story
プライバシ

EU、ネットサービスのアカウントと政府発行IDとの紐付けを検討へ 8

ストーリー by hylom
実名でも酷い投稿は減らないだろうが摘発しやすくなるというメリットはある? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

欧州委員会がEU域内の国民すべてに向け、政府発行のIDカードを使用してオンラインアカウントにログインする仕組みを作ろうとしていることをSoftpediaが報じている(Slashdot)。

計画の詳細については、欧州委員会が5月25日に公開した提案書に記載されている。それによると、このシステムは各種アカウントおよび国民IDカード、銀行カードなどの国家公的機関の発行カードの統合だけでなく、ショッピングサイトのレビュー投稿などにも関与する内容になっている。レビューを投稿する際、この政府IDを必須にして制約をかけたい、という考えのようだ。この提案の背景には、偽のレビューを投稿する非EU諸国の人々を除外する目的があるという。

SOFTPEDIAによると、現状の内容では文書には欧州議会を通過する可能性は低い。この文章は明らかに単独の企業のために書かれており、EU市民のオンライン・プライバシーを保護する意図はほとんど含まれていないという。

12810039 story
Ximian

一匹の猿がケニア全土を停電させる 41

ストーリー by headless
停電 部門より
7日、水力発電所に入り込んだ一匹の猿により、ケニア全土で3時間以上にわたる停電が発生したそうだ(KenGenのFacebook記事The Next Webの記事The New York Timesの記事)。

この猿はベルベットモンキー(サバンナモンキー)とみられ、Gitaru Power Stationの屋根によじ登り、変圧器の上に落ちたのだという。これにより変圧器が動作を停止したことで、他の機器も過負荷で停止してしまい、発電所からの180MWを超える送電が停止することになる。その結果、ケニア全土で停電が引き起こされたとのこと。

発電所を運用するKenGenによれば、発電所は動物に荒らされないよう電気柵で囲んであったそうだ。また、今回の事故は単発的なものだとしつつ、セキュリティの強化策を検討しているとも述べている。

なお、猿は無事に保護され、ケニア野生生物公社(KWS)に引き渡されたとのことだ。
12808474 story
インターネット

シンガポール政府、公務用端末のインターネット接続を遮断へ 11

ストーリー by hylom
効果はありそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

シンガポールが公務用端末でインターネット接続をブロックすることを決めた(BBCAFP)。

政府はマルウェアによる情報漏洩やサイバー攻撃を防止することで「より安全な職場環境」を実現できるとしている。公務関連のメールを私用メールに転送することも禁じられる。すで公務に携わる特定グループの作業端末でインターネット接続の切断を始めており、今後1年かけて残りの端末でも順次実施していくとのこと。対象となる端末は10万に上るとのことで、2017年5月には完了予定という。

電子メールは今後も利用でき、インターネット接続に関しては専用の端末が設置されるとのこと。また個人の端末でのインターネット接続は制限されない。

シンガポールはインターネットが非常に普及しており、医療や行政などインターネットを通じて利用できるサービスも多い。今回の決定は同国で驚きや懐疑的な反応を呼んでいるとのことだ。

12808460 story
インターネット

「.sex」ドメイン、非アダルト事業者からの一般登録受け付け開始 50

ストーリー by hylom
使えないドメインを大枚払って買うの…… 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

GMOインターネットのドメイン名登録サービス「お名前.com」が、社名保護を目的とした「.sex」ドメインの一般登録受け付けを開始した(プレスリリースINTERNET Watch)。

.sexドメインはアダルト事業者向けドメインだが、企業名やブランド名を使ってこのドメインを取得された場合、イメージ毀損などの可能性がある。そのため、まずは非アダルト事業者に向けてこれらのドメインの一般登録受け付けを開始するとのこと。そのため、登録したドメイン名にIPアドレスを紐付けることはできない。価格は9,800円/年だが、1年目に限り2,480円/年になる模様。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...