パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

12788109 story
バグ

Apple、文鎮化問題が発生した9.7インチiPad Proに対するiOS 9.3.2の提供を一時中止 61

ストーリー by headless
中止 部門より
Appleは20日、9.7インチiPad Proに対するiOS 9.3.2の提供を一時中止した(iMoreの記事Neowinの記事9to5Macの記事MacRumorsの記事)。

16日にリリースされたiOS 9.3.2では、9.7インチiPad Proの一部でアップデートによる文鎮化が発生していた。影響を受けた9.7インチiPad Proでは復元のためにiTunesへの接続を求めるメッセージが表示されるのだが、iTunesに接続するとエラー「56」が表示されて復元は行われないという。

今年初めにはTouch IDをAppleの正規サービス以外で交換した端末で、iOSをアップデートすると発生するエラー53が話題となったが、エラー56はまた別のハードウェア関係のエラーとされている。3月にリリースされたiOS 9.3では古いデバイスでアップデート後にアクティベーションできなくなる問題も発生している。

iOS 9.3.2は1か月以上にわたってベータテストが行われ、4つのベータ版が提供されていたが、問題はその間発生していなかったようだ。この問題についてAppleでは、なるべく早く修正版を提供すべく作業を進めているとのことだ。
12787893 story
宇宙

NASA、2機の超小型衛星「Nodes」を地球低軌道に投入 7

ストーリー by headless
投入 部門より
NASAは16日、2機の超小型衛星「Nodes」を国際宇宙ステーションから地球低軌道に投入した(NASAの記事The Registerの記事)。

Nodesは市販のAndroidスマートフォンの技術を拡張した小型衛星「PhoneSat」の成果を継ぐものであり、大きさは4×4×6インチ(約10×10×15cm)。2機は地球からおよそ402kmの軌道を周回し、搭載したセンサーで素粒子環境の変化に関するデータを収集する。また、小学生が作った超小型衛星(CubeSat)「STMSat-1」も同時に軌道へ投入されているそうだ。

2機のNodesが通信することで、地上からはどちらか1機とのみ通信すれば全体をコントロールできる。Nodesのミッションは、ネットワーク化された小型で低コストな衛星により、複雑な科学ミッションが可能になることの実証が目的だという。また、昨年Super Strypiの打ち上げ失敗で失われた8機の小型衛星によるEDSNミッションで予定されていた実証実験もNodesミッションの中で行われるとのこと。

2週間のミッションではサンタクララ大学が地上でのオペレーションを担当し、同大のWebサイトでダッシュボードが公開されている。また、2機のNodesはアマチュア無線周波数の437.1MHzを使用してデータパケットのビーコンを30秒または60秒おきに送信する。アマチュア無線のオペレーターはパケットを受信してサンタクララ大学へ送ることで、Nodesコミュニティーに参加できるとのことだ。
12787072 story
政府

政府、サイバー攻撃に対応するための新組織を設置する方針 37

ストーリー by headless
新設 部門より
政府がサイバー攻撃に対応するため、新組織を設置してホワイトハッカーを採用・育成する方針を固めたという読売新聞の報道が海外メディアでも話題となっているようだ(The Japan Newsの記事The Registerの記事Softpediaの記事)。

プレスリリースなどは出ていないようだが、仮称「産業サイバーセキュリティ推進機構」とされる新組織は人材育成・事態対処部門と研究部門の2部門体制で、経済産業省の外郭団体として設置する方向だという。ホワイトハッカーを採用・育成するのは人材育成・事態対処部門で、インフラ事業者などへの対応策の提供なども行う。研究部門では最新のサイバーセキュリティ訓練の実施や、大学や研究機関、海外政府機関などと連携し、最新の脅威に対する防衛策を研究する。

昨年はウクライナでサイバー攻撃による大規模停電が発生するなど、社会インフラを狙ったサイバー攻撃の脅威が高まっている。米国では軍や情報機関が中心となって最新の脅威の研究や人材育成などを担っているが、日本には主体となる組織が存在しないことから、サイバーセキュリティの観点からみて立ち遅れているとの見方もある。政府では、新組織のカバー範囲として社会インフラ事業者のほか、十分なセキュリティ基準を持たない中小企業が多い防衛産業も含める計画だという。

政府では2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、2017年度の予算を確保し、来年の通常国会で関連法案を成立させる方針とのことだ。
12782175 story
宇宙

太陽の「重力レンズ」を用いた超巨大望遠鏡 63

ストーリー by hylom
夢はある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今日の技術では太陽系外惑星の表面を観測することなど夢物語であるが、太陽を「重力レンズ」として用いることで、全長数百天文単位にも上る超巨大な望遠鏡を作り出し観測するという途方もない案が考えられているようである(NEWS PICKSの記事MIT Technology Reviewの元記事)。

光が天体の重力により曲げられて生じる「重力レンズ」はブラックホールや銀河といった超巨大な天体でよく知られる現象であるが、太陽においてもわずかながら発生している。そこで、太陽の重力レンズの焦点となる太陽から550天文単位の位置に望遠鏡を設置することで、かつてない規模の超巨大な望遠鏡を作り上げることができるということである。この望遠鏡の性能は素晴らしく、すべてが順調に進めば光の強度は10万倍にもなり、地球から35光年離れた太陽系外惑星の表面を1kmの解像度で観測することが可能になるという。

もちろん実現のための課題は山積みであり、そもそもこの550天文単位と言う距離は人類がこれまで送り込んだ探査機で最遠のボイジャーの5倍近い値であり、レンズの角度を1度変更するためには望遠鏡を10天文単位も移動させなければならない。また観測対象の惑星自体も高速に運動しているため、その追従や発見も困難なものとなる。しかし、太陽系内にいながら他の恒星の惑星が観測できるというのは、それを補って余りあるメリットかもしれない。

12782020 story
ソフトウェア

Apple Musicでのローカルファイル削除問題、AppleはiTunesのアップデートで対策予定 29

ストーリー by hylom
バグなのか仕様なのか 部門より
headless 曰く、

Apple Musicでローカルファイルが削除される問題について、Appleは今週リリース予定のiTunesのアップデートで対策を行うそうだ(iMoreMacRumorsThe Next WebThe Verge)。

ただし、Appleでは問題を再現できていないとのことで、原因も明らかになっていない。iTunesのアップデートには追加の安全策が含まれるとのことだが、実際にAppleが原因を把握しているのかどうかは不明なため、実際にアップデートで問題が解消するのかどうかも不明だ。Appleはユーザーに対し、同様の問題に遭遇したらAppleCareに連絡するよう求めている。

12781058 story
交通

韓国政府、日産自動車に対し排ガス不正を行っていたと指摘 62

ストーリー by hylom
飛び火 部門より

日産自動車が韓国で販売するディーゼルSUV社「キャシュカイ」(日本名は「デュアリス」)に対し、韓国政府が排ガス不正を行っていたと指摘。日産に対し3億3000万ウォン(約3000万円)の罰金支払いや同車のリコールなどを命じるとともに、日産韓国部門代表を告訴する方針だという(ロイター日経新聞朝日新聞)。

韓国政府がディーゼル車20車種について検査を実施したところ、通常走行の状態で排ガス抑制装置を作動させないための装置が発覚したという。エンジンが高温時に排ガス抑制装置が停止されるという設定は一般的なものだが、同車は低温時でも停止するとのことで、これが問題視されているという。

いっぽう日産側はこのような不正はないとしてこれを否定している。

12779596 story
スター・トレック

スター・トレックのファンムービーによる著作権侵害の裁判、被告側の棄却申立を連邦地裁が却下 7

ストーリー by headless
連邦 部門より
スター・トレックのファンムービーが著作権侵害にあたるとしてCBS StudiosとParamount Picturesが制作者のAxanar Productionを訴えている米国における裁判で、カリフォルニア州中部地区連邦地裁は9日、被告側の棄却申立を却下した。審理は2017年1月31日に開始されるとのこと(裁判所文書: PDFAxanar Productionのブログ記事TorrentFreakの記事Consumeristの記事Ars Technicaの記事)。

被告のAxanar Productionは、具体的に著作権の侵害されたスター・トレック作品を示していない点や事実の裏付けなく二次的な情報に基づいて著作権侵害を申し立てている点、原告側が著作権保護の対象とならない作品中の個別の要素を挙げて著作権侵害を主張している点のほか、作品が制作されていない時点での提訴は時期尚早などとして棄却を申し立てていた。

連邦地裁では具体的なスター・トレック作品を示していない点について、原告は個別のエピソードや映画作品ではなく、スター・トレックのフランチャイズ全体に対する著作権侵害を主張していると指摘する。派生作品となる映画の著作権を持つParamount Picturesは原告適格でないとする被告側の主張に対しては、訴えがスター・トレックの著作権で保護された作品全体に対するものであり、原告として適格であるとの考えを示している。

(続く...)
12774483 story
プライバシ

顔認識を防ぐ眼鏡、国内販売へ 29

ストーリー by hylom
サングラスじゃだめなのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

以前スラドでも紹介されたカメラなどによる顔認識を防ぐメガネ「プライバシーバイザー」が、5月末に一般販売される(毎日新聞)。価格は約3万円とのこと。

プライバシーバイザーはクラウドファンディングサイト「FAAVO」で資金募集が行われ、無事目標額を超える265万3,000円を集めていた。製品化は福井県鯖江市のニッセイによって行われる。

12771438 story
スラッシュバック

SpaceXのFalcon 9ロケット、ドローン船上への着陸・回収に2回連続で成功 24

ストーリー by headless
連続 部門より
SpaceXは6日、スカパーJSATの通信衛星「JCSAT-14」を搭載したFalcon 9ロケットの打ち上げを米国・フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で実施した。JCSAT-14の静止トランスファー軌道への投入は成功し、Falcon 9ロケット第1段のドローン船上への着陸・回収にも2回連続で成功している(SpaceXのニュース記事スカパーJSATのニュースリリース: PDFThe Vergeの記事Ars Technicaの記事[1][2])。

Falcon 9ロケットは4月にドローン船上への着陸・回収に初めて成功したが、国際宇宙ステーション(ISS)への補給ミッションだった前回と比較し、重い通信衛星を静止トランスファー軌道に投入する今回の打ち上げでは着陸・回収の難易度が高いとみられていた。大気圏再突入時の速度は前回が秒速1kmだったのに対し、今回は秒速2kmだったという。

イーロン・マスク氏は成功の確率が半々だとツイートしていたが、Falcon 9は大西洋上に浮かべられたドローン船「Of Course I Still Love You」上に無事着陸した。回収成功を受けてマスク氏は、ロケットの格納スペースを広げる必要があるとツイートしている。

今回の打ち上げは当初予定の4日から5日に変更(PDF)されたが、5日は天候不良のため6日に延期されていた。
12766887 story
宇宙

SpaceX、Falcon 9ロケットがドローン船上に着陸した際の360度動画を公開 13

ストーリー by headless
着陸 部門より
SpaceXは4月29日、ドローン船上でのFalcon 9ロケット着陸・回収に初めて成功した際の映像を360度動画としてYouTubeおよびFacebookで公開した(VentureBeatの記事)。

動画はドローン船上から撮影したものとみられ、至近距離に着陸する様子は迫力がある。360度動画なので、画面をドラッグすることで方向を変えて見ることも可能だ。

なお、SpaceXは日本時間5月4日14時22分、Falcon 9ロケットでスカパーJSATの通信衛星「JCSAT-14」をケープカナベラル空軍基地から打ち上げる予定だ。今回はJCSAT-14を静止トランスファー軌道に投入するため、降下時に減速するための燃料に余裕がなく、3月のSES-9打ち上げ時と同様に回収の難易度は高いとみられる(Ars Technicaの記事FLORIDA TODAYの記事SpaceX Stats: JCSAT-14スカパーJSATのプレスリリース: PDF)。
12765812 story
変なモノ

16歳の米国の高校生、仮免許に1900年生まれと記載される 30

ストーリー by headless
誤記 部門より
今年は2000年生まれの人が16歳になり、米国では多くの州で自動車運転免許を取得できるようになるのだが、仮免許を取得したニューヨーク州の高校生が116歳扱いにされてしまったそうだ(CBS New Yorkの記事Consumeristの記事)。

この高校生は2000年1月10日生まれ。しかし、最初に交付された仮免許では1月1日となっていたため、訂正のため自動車局(DMV)の事務所に3回行くことになったのだという。3回目で日付は10日に訂正されたものの、生年は1900年になっていたとのこと。

家族は116歳なら年金がもらえるなどと笑いにしたそうだが、高校生が1900年1月10日生まれでは偽造したようにしか見えない。DMVでは事態を深刻に受け止めており、日付を訂正して再交付すると述べている。

なお、このような問題が発生したのは初めてだとDMVは説明しているが、同じ高校には7か月早い生年月日が記載された仮免許を交付された生徒もいるとのことで、日付の間違い自体はそれほど珍しいことではないようだ。
12763264 story
交通

ソーラー・インパルス2、太平洋横断に成功 27

ストーリー by hylom
順風満帆とは行かなかったものの素晴らしい 部門より

太陽光発電パネルを搭載し、太陽光エネルギーだけで飛行する「ソーラー・インパルス2」が太平洋横断飛行を成功させた(CNN日経テクノロジーonline)。

ソーラー・インパルス2は昨年3月にアブダビの空港を出発、その後6月1日に中国・南京を出発していたが、天候の問題から6月1日夜に日本の名古屋飛行場に緊急着陸。その際に一部損傷した機体の修理を経て6月29日に名古屋を出発、7月3日にハワイに到着した。しかし、今度はバッテリーに発熱問題が発生し、その修理のため長期に渡ってハワイで足止めされていた。

12763158 story
国際宇宙ステーション

宇宙でフルマラソン完走 24

ストーリー by hylom
新しいエクストリームスポーツが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の英国人宇宙飛行士ティム・ピークさん(44)が、ISS内に設置されたルームランナーを使って人類初となる宇宙空間での「フルマラソン」を完走したそうだ(日経新聞sorae.jp)。

このルームランナーでは、ランナーの肩と腰にベルトを装着して固定することで無重力空間内でも利用できるようになっているとのこと。記録は約3時間35分だった。

12758932 story
UNIX

Ubuntu 16.04 LTSリリース、ZFSとLinuxカーネルとのライセンス問題はどうなる 48

ストーリー by hylom
さすがUbuntu 部門より
insiderman 曰く、

4月22日、Ubuntu 16.04 LTS "Xenial Xerus"がリリースされた。新機能や強化点などについてはUbuntu insightsによる公式記事などを参照して欲しいのだが、そのうち「ZFS on Linux」が新たに標準で利用できるようになった点が物議を醸している。

ZFS on Linuxは、Oracle(旧Sun Microsystems)のSolarisに由来するZFSをLinux向けに移植したものだ。ZFSはオープンソース化されているものの、ライセンスはSun独自のCOMMON DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION LICENSE(CDDL)である。CDDLはGPLと両立しないフリーソフトウェアライセンスとして知られている。そもそも(真偽のほどは別として)CDDLはGPLの制約に反発する形で作られたという話もあり、「GPLの及ぶモジュールとCDDLの及ぶモジュールは合法的に一緒にリンクすることができない」とされている。

ZFS on Linuxプロジェクト自身もFAQページでライセンス問題があるという旨を掲載しているのだが、いっぽうでUbuntu側はライセンスの問題はないという主張を行っている。これによると、ZFS on Linuxのカーネルモジュール(zfs.ko)はLinuxカーネルとは独立したものであり、またLinuxカーネルの派生物でもない。また、これを利用した際にLinuxカーネルがZFSの派生物になるわけでもない。これは非GPLのカーネルモジュールと同じである、とのことだ。

いっぽう、Free Software Foundation(FSF)のRichard M. Stallman氏は4月11日、これに対しZFS on LinuxをLinuxディストリビューションに組み込んで配布することはライセンス上の問題があると発表しているマイナビニュース)。

解決策としては、ZFSの権利を持つOracleがZFSをGPLにする、もしくはGPLとCDDLのデュアルライセンスにするのが最も平和的ではある。実際、JavaもGPLでのオープンソース化が行われているし(OSDN Magazine記事)、それ以外にもGPLとCDDLのデュアルライセンスを採用しているソフトウェアは存在する。ただ、「GPLに対抗する」というCDDLの存在意義やOracleの立場を見るに、そう簡単にライセンス変更が行われるとは思えない。今回のライセンス非互換問題は裁判沙汰にも発展する可能性があるが、CDDLとGPLの非互換性は長年のトラブルになっていただけに、白黒はっきり付けて欲しい気もする。

12758715 story
インターネット

米ユタ州知事、ポルノは「公衆衛生上の危機」と全米で初めて宣言 41

ストーリー by hylom
ユタ州だからなぁ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米ユタ州で19日、ポルノを「公衆衛生上の危機」と正式に宣言する決議が行われ、全米で初めて成立した。決議は「ユタ州と米国の市民に害を与えているポルノのまん延に取り組むため、地域・社会レベルでの教育や防止、研究、政策転換が必要」などと定め、ポルノ鑑賞の抑制に協力するよう人々に呼び掛ける内容。BBCの記事によると、2009年の研究では米国でオンライン・ポルノ利用者数が最も多いのはユタ州だという指摘があるという。

ユタ州のゲイリー・R.ハーバート知事はこれに関連する2本の法案に対し署名を行った。一つの法案は性的人身売買、売春、児童の性的虐待画像、児童ポルノの需要を増大させる暴力といったポルノの定義に関するもの。もう一つは児童ポルノを見つけたコンピュータ技術者は、法執行当局に報告すべきといった通報関連のものであるようだ。また、報告を行ってもISPには法的な責任を負わせないとしている(CNNCNETAFPSlashdot)。

なお、Slashdotでは公衆衛生上の危機の定義はいかに的な話題が続いている。例えば、喫煙、甘い飲み物、銃、滑りやすい坂道などが例として挙げられている。

typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...