パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

12812347 story
MacOSX

「macOS Sierra」発表、「OS X」から名称変更に 113

ストーリー by hylom
Mac復活 部門より
caret曰く、

Appleが米サンフランシスコで開催中の開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2016」の初日基調講演で、「macOS Sierra」を発表した(macOS PreviewEngadget JapaneseGIGAZINETechCrunch Japanギズモード・ジャパンITmediaPC WatchマイナビニュースCNET Japan)。かねてから噂はあったが、「OS X」という名称はついに表舞台を去ることになった。

2012年リリースのOS X 10.8 Mountain Lionでは名称から「Mac」が外れながらも15年間使われたが(開発版やサーバ向けも含めれば、Mac OS X Public Beta "Kodiak"、Mac OS X Developer Preview、Mac OS X Server 1.0がさらに以前に存在し、16年間となる)、ついに名称が変更された。変更理由としては、「iOS」、「watchOS」、「tvOS」に命名規則を統一するためだという。

macOS Sierraは本日より開発者向けプレビュー版が提供されているが、バージョンは10.12のようだ。

新機能としては、Siriの搭載、Apple PayのWeb対応、Apple WatchでMacのロックを解除できるAuto Unlock、 macOSとiOSの間でクリップボードが共有できるUniversal Clipboard、MacのデスクトップにあるファイルをほかのMacやiOSデバイスと共有できるiCloud Drive、不要なファイルを自動的にクラウドに移動したり削除することでストレージ容量を回復させるOptimized Storageのほか、アプリのタブ表示がOSレベルでサポートされた。そのため開発者による実装を待たずに、さまざまなアプリがタブ切り替えできるようになる。また、iOS 9でサポートされていたピクチャ・イン・ピクチャがmacOSにももたらされた。

パブリック ベータは7月にリリース予定、パブリック リリースは今秋で、もちろん無償アップグレードとなる。対応機種はLate 2009以降のMacBookおよびiMacと、Mid 2010以降のMacBook Pro、Mac mini、Mac ProおよびLate 2010以降のMacBook Airとなる。

12801977 story
統計

5月のデスクトップOSシェア、休日にWindows 10が1位となる国や地域が増加 47

ストーリー by headless
増殖 部門より
StatCounterの5月分データによると、ポルトガルオランダニュージーランドでWindows 10のシェアがWindows 7を上回って1位となったほか、休日にWindows 10のシェアが1位となる国や地域が増加している。

Windows 10のシェアは休日に上昇する傾向があり、5月29日のデータを地図で見るとWindows 10がシェア1位になった国が増加していることがわかる。オセアニアでは4月下旬から土日にWindows 10のシェアが1位となっていたが、北米でも5月29日に初めてWindows 10がWindows 7を上回った。カナダでは5月23日以降、土日にWindows 10のシェアが1位になっており、米国では5月29日にWindows 10のシェアが初めて1位になった。ただし、メモリアルデーの休日だった翌30日にはWindows 7が再び1位となっている。

欧州では月単位でWindows 10が1位になっている国に加え、5月29日には英国、フランス、スウェーデン、ベルギー、ノルウェー、オーストリアなどでWindows 10が1位になっている。アジアではシンガポールが5月15日以降の土日にWindows 10がWindows 7を上回るようになった。5月29日は北朝鮮でもWindows 10が1位となっているが、北朝鮮のOSシェアは順位の変動が大きいため、傾向を見る上であまり意味のある数字ではないだろう。

日本ではMicrosoftが無償アップグレード対象マシンに対して自動でアップグレードスケジュールの設定を開始したとされる5月半ばからWindows 10のシェアが急増しており、5月9日~15日の1週間で18.92%だったWindows 10のシェアは5月23日~29日の1週間では23.66%となっている。

(続く...)
12770638 story
Android

ネイティブの広告ブロック機能を搭載したOpera正式版が公開される 32

ストーリー by hylom
vivaldiが話題なこの頃ですが 部門より
headless 曰く、

Opera Softwareは4日、ネイティブの広告ブロック機能を搭載したPC版(Windows/Mac/Linux)OperaブラウザおよびAndroid版Opera Miniの正式版をリリースした(Opera ブログSoftpediaVentureBeatThe Next Webの記事)。

3月から開発者版に搭載されていたもので、拡張機能による広告ブロック機能と比べて高速な処理が可能とされている。PC版で広告ブロックを有効にするには、設定画面の「プライバシーとセキュリティ」で「広告をブロックしてウェブサイトの表示速度を3倍高速化する」にチェックを入れればいい。アドレスバー右端のシールドアイコンをクリックしてスイッチを切り替えれば、特定のサイトのみ広告ブロックを無効化することもできる。

Opera Miniの場合、初回起動時に表示される画面から有効にできるほか、設定画面の「データ圧縮量」の「広告のブロック」で有効化/無効化が可能だ。サイトごとに有効/無効を切り替えるオプションは用意されていないようだ。

12766911 story
Firefox

FirefoxでのOS X 10.6~10.8サポートは8月で終了、Windows XPはいつまでサポートされる? 52

ストーリー by headless
終了 部門より
Mozillaは4月29日、FirefoxでのOS X 10.6、10.7、10.8のサポートを8月で終了すると発表した(Mozillaブログ ⁻ Future ReleasesVentureBeatの記事)。

これらのプラットフォームで8月以降もFirefoxを使い続けることはできるが、新機能やセキュリティ更新などは提供されなくなる。Firefox ESR 45はOS X 10.6~10.8をサポートする最後のESRリリースとなり、サポートは2017年半ばで終了する。Mozillaでは、これら3つのバージョンに対するAppleのサポートも終了していると指摘し、サポートされるバージョンに更新することを推奨している。

Google Chromeでは4月にリリースされたChrome 50でOS X 10.6~10.8およびWindows XP/Vistaのサポートを終了している。MozillaがFirefoxのOS X 10.6~10.8サポート終了を発表する一方、Windows XP/Vistaのサポート終了計画について何も発表しない理由として、VentureBeatの記事ではユーザー数の違いを指摘する。

MicrosoftによるWindows XPのサポートは終了してから2年以上経過しているが、Net ApplicationsによるとWindows XPのシェアは3月時点で10.9%。Windows Vistaのシェアは1.41%だが、Microsoftのサポートはまだ終了していない。これに対しOS X 10.6~10.8は合計しても0.83%に過ぎない。

Windows XP/Vistaでは最新のIEが使用できず、Chromeのサポートも打ち切られた現在、最新ブラウザーを使用したいユーザーにとってFirefoxは有力な選択肢になっていることもあり、当面はサポートを継続するとVentureBeatはみているようだ。
12752654 story
アップル

Windows版QuickTimeに2件の脆弱性、Appleは修正予定無しとしてアンインストールを推奨 66

ストーリー by hylom
さようならQT 部門より

Windows版QuickTimeに2件のゼロデイ脆弱性が確認された。開発元のAppleはこの脆弱性について修正する予定はないとし、アンインストールを推奨している(気になる、記になる…INTERNET Watch)。

問題の脆弱性は、ヒープバッファオーバーフローによって任意のコードが実行される可能性があるとうもの(JVNTA#92371676)。Windows版にのみ存在し、Mac OS X版にはこの脆弱性は存在しない。QuickTime for Windowsのサポートは終了しているというステータスであるため、対処方法はQuickTime for Windowsのアンインストールしかないようだ。

12740208 story
統計

Windows 10 64 bit、Steamで最も多く使われているOSバージョンに 44

ストーリー by headless
増加 部門より
Steamの3月分データによると、Windows 10 64 bitがWindows 7 64 bitを上回り、Steamで最も多く使われているOSバージョンとなっている(Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査)。

Windows 10 64 bitは2.96ポイント増の36.97%、Windows 7 64 bitは1.22ポイント減の32.99%となった。4位のWindows 7(6.97%、0.83ポイント減)、7位のWindows 10(1.31%、0.01ポイント増)を合わせるとWindows 10全体では38.28%、Windows 7全体では39.96%となる。全体ではまだWindows 7が上回っているが、2月の6.7ポイント差から1.68ポイント差まで一気に差が縮まっている。3位以下は軒並み1ポイント以内の増減で、3位のWindows 8.1 64 bitは0.31ポイント減の12.93%、5位のWindows XP 32 bitは0.39ポイント減の2%など。OS Xは全体で0.06ポイント減の3.32%となっているが、シェアの最も多いMacOS 10.11.3 64 bitは0.21ポイント増加して1.31%となり、Windows 10と並んでいる。Linuxは0.06ポイント減の0.85%。

Net Applicationsの3月分デスクトップOSシェアデータでもWindows 10は1.33ポイント増の14.15%となり、3位のWindows XP(10.9%)、4位のWindows 8.1(9.56%)との差を広げている。1位のWindows 7も0.45ポイント減の51.89%となっており、トップ5で前月から増加したのはWindows 10および Mac OS X 10.11(0.33ポイント増、4.05%)のみ。このほか、Mac OS全体では0.01ポイント増の7.77%、Linuxは前月と変わらず1.78%となっている。

(続く...)
12712486 story
MacOSX

Mac用BitTorrentクライアント「Transmission」のインストーラにマルウェアが混入 17

ストーリー by hylom
これはやばい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

人気BitTorrentクライアント「Transmission」のMac版インストーラにマルウェアが混入していたことが分かった。

問題が発覚したのはMac OS X向けのバージョン2.90で、「マルウェアを含むファイルをダウンロードする」可能性がある。現在、このマルウェアを削除する機能が含まれたバージョン2.92がリリースされているので、こちらの利用が推奨されている。

このマルウェアは「OSX.KeRanger」と命名されており、インストールされてから数日後に制御サーバーからの命令を受けてファイルの暗号化を行うという。暗号化されたファイルの復号と引き替えに金銭を要求する、いわゆるランサムウェアとなっている。さらに、Mac OS Xが備えるバックアップ機構「Time Machine」で使われるバックアップストレージに対しても暗号化を行う機能の痕跡がこのマルウェアからは確認されているという。

12711887 story
MacOSX

2016年2月14日以前に作成されたOS Xのインストールディスク、証明書の期限切れで利用不可に 22

ストーリー by hylom
盲点 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今年2月14日、Appleは同社が使用している中間証明書の期限切れに伴って証明書の更新を行ったのだが、これが原因で2月14日以前に作成されたOS Xのインストーラが利用できなくなっているという(AppleちゃんねるTidBITS)。

OS X 10.11だけでなく、10.8以降(Mountain Lion、YosemiteやMavericks)のインストールメディアに含まれるインストーラも影響を受けるとのこと。

12708849 story
プログラミング

絵文字でコードが書けるプログラミング言語「Emojicode」 73

ストーリー by headless
🍎👍 部門より
絵文字でコードが書ける「Emojicode」というプログラミング言語があるそうだ(EmojicodeGitHub — emojicodeTNW Newsの記事)。

Emojicodeはオープンソースでハイレベルかつマルチパラダイム、オブジェクト指向のプログラミング言語だという。プログラムは変数名と値を除き、すべて絵文字で記述する。Mac OS XとLinux上で実行可能で、バイナリおよびソースコードはGitHubで入手できる。

定義済みの絵文字には、以下のようなものがある。

👴 コメント
😀 標準出力に出力
🍮 変数宣言と値のセット
🍫 インクリメント
🍳 デクリメント
🚂 整数型
👌 ブール型
👍 true
👎 false
🐇 クラス
🔁 ループ
🍊 条件実行

詳しくはガイドドキュメントを参照してほしい。絵文字を覚えたり、入力したりが大変そうだが、スラドの皆さんは試してみたいだろうか。
12707299 story
OS

2月のデスクトップOSシェア、Windows 10がWindows 8/8.1の合計を上回る 19

ストーリー by hylom
Windows-8系なら10に上げても良いんじゃないかと 部門より
headless 曰く、

Net Applicationsの2月分データによると、Windows 10のシェアが0.97ポイント増の12.82%となり、初めてWindows 8/8.1のシェア合計を上回っている(Desktop Operationg System Market ShareDesktop Top Operating System Versions Share TrendDesktop Top Operating System Share Trend)。

Windows 8.1のシェアは0.57ポイント減の9.83%、Windows 8のシェアは0.25ポイント減の2.43%。Windows 8/8.1合計では0.82ポイント減の12.26%となっている。1位のWindows 7と3位のWindows XPの動きは小さく、Windows 7が0.13ポイント減の52.34%、Windows XPが0.18ポイント減の11.24%となった。Mac OS X 10.11は0.28ポイント増の3.72%で、Mac OS全体では0.08ポイント増の7.76%。Linuxは0.07ポイント増の1.78%となっている。

StatCounterのデータでもWindows 10のシェアは1.21ポイント増の14.86%となり、0.38ポイント減で14.44%となったWindows 8/8.1の合計を上回っている。このほかのOSはOS Xが0.3ポイント増で9.33%となった以外は軒並み減少しており、Windows 7が0.58ポイント減の46.08%、Windows XPは0.37ポイント減の7.61%となっている。

StatCounterのデータを地域別にみると、Windows 10は日本でも初めてWindows 8.1を上回る14.15%のシェアを獲得し、Windows 7(43.91%)、OS X(15.82%)に次ぐ3位となっている。英国でのWindows 10のシェアは24.28%まで増加しており、34.99%までシェアを減らした1位のWindows 7に10.71ポイント差となっている。

Steamでは2位のWindows 10 64 bitが1.24ポイント増加して34.01%となり、1位のWindows 7 64 bit (34.21%)とほぼ並んだ。ただし、Windows 10全体では35.31%のシェアにとどまり、42.01%のシェアを占めるWindows 7全体との差はま だ大きい。

12699837 story
ビジネス

Microsoft、Xamarinを買収 23

ストーリー by hylom
ついに合流 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Mono projectの開発元であるXamarinがMicrosoftに買収されることが発表されました(OSDN MagazineXamarinの発表)。

Monoという.Net Framework互換環境を作成していることに加え、最近では、Visual Studio 2015で、Windows上でiPhoneアプリを作成する際に、Xamarin の技術が使われたりするなど、Microsoft製品との関連が多くなってきたので、やっぱりねと思った人も多いのではないでしょうか。

たれこみ人としては、この買収によりVisual Studio製品がLinux等でも使えるようになったら良いなと思っています。

なお、MicrosoftはすでにLinuxやMac OS Xでも動作する開発ツール「Visual Studio Code」をリリースしている(OSDN Magazine)。

12697695 story
IBM

Swiftがサーバーサイドプログラミングでも利用可能に、IBMとAppleが共同で開発 43

ストーリー by hylom
.NETのような展開に? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

IBMがAppleと共同で、Swift言語でサーバーサイドアプリケーションの開発を行うための環境を開発していると発表した(@ITPublickeyASCII.jp)。

SwiftでWebアプリケーションを開発するためのREST API対応フレームワーク「Kitura」と、イベントドリブンでSwiftコードを実行可能なバックエンドサービス「IBM Bluemix OpenWhisk」も提供されるという。

Swiftは当初はMac OS XやiOS向けアプリ開発向けの言語として提供されていたが、その後オープンソース化されており(過去記事)、Linuxのサポートも進められている。IBMは同社の提供するPaaS型クラウドサービス「Bluemix」でSwiftの欄ライム環境を提供し、Swiftで実装されたプログラムの実行を可能にするという。

12677178 story
OS

1月のデスクトップOSシェア、Windows 10が10%を超える 38

ストーリー by hylom
アップグレードで問題さえ起こらなければ良いOSなのですが 部門より
headless 曰く、

Net Applicationsの1月分データによると、Windows 10のシェアが1.89ポイント増の11.85%となり、Windows 7に続く2位に上昇した(Desktop Operating System Market ShareDesktop Top Operating System Versions Share TrendDesktop Top Operating System Share Trend)。

1月12日でサポートが終了したWindows 8のシェアは0.08ポイント減の2.68%となり、Windows 8/8.1の合計では0.02ポイント増の13.08%となった。Mac OS X 10.11は0.45ポイント増の3.44%で、Mac OS全体では0.66ポイント増の7.68%となっている。Linuxは0.05ポイント増の1.71%。

一方、StatCounterのデータでは、Windows 10が1.78ポイント増の13.65%となり、こちらでも2位に上昇している。Windows 8.1のシェアが0.47ポイント減の11.67%となったのに対してWindows 8は微増しており、0.16ポイント増の3.15%。Windows 8/8.1合計では0.31ポイント減の14.82%となっている。この他のOSは軒並み減少しており、Windows 7が0.79ポイント減の46.66%、OS Xが0.77ポイント減の9.03%、Windows XPが0.47ポイント減の7.98%、Windows Vistaが0.01ポイント減の1.77%となっている。

なお、「Other」が2015年2月の3%から1年間で6.09%まで増加しており、前月との比較でも0.57ポイント増となっている。過去半年分のデータに切り替えてみると、「Unknown」がWindows Vistaに代わってトップ7に入っている。Unknownは1月にWindows 8を上回る3.8%のシェアを獲得しており、8月からの6か月間で1.86ポイント増加している。

Windows 10のシェアをStatCounterの地域別データでみると、12月に20%を超えた英国では2.03ポイント増の22.42%、欧州でも1.87ポイント増の17.86%となっている。日本では1.79ポイント増の13.05%となり、0.3ポイント減で13.2%のWindows 8.1とほぼ並んだ。12月にWindows 8.1を上回り、Windows 7とOS Xに続く3位となっていた米国では、2.7ポイント増で15.67%。4.5ポイント減で15.17%のOS Xを上回って2位に上昇している。ただし、米国では月単位での増減が大きくなることも多いため、2月に再び順位が入れ替わる可能性もある。

SteamでもWindows 10は引き続きシェアを伸ばしている。Windows 10 64 bitは1.52ポイント増の32.77%となり、0.5ポイント減で34.31%となった1位のWindows 7 64 bitに1.54ポイント差まで迫っている。ただし、Windows 7全体では42.08%を占めており、全体で34.05%のWindows 10との差はまだ大きい。ここでもWindows XPはシェアを若干増加させている。なお、SteamでのLinuxゲームタイトルが1,900本を超えたと報じられているが(これには今後のリリース予定も含まれるため、2月2日時点でのリリース済タイトルは1,830本)、Linuxのシェアは0.01ポイント減の0.95%となっている。

12654226 story
MacOSX

Gatekeeperの脆弱性に対するAppleの修正、根本的な修正はされていなかったことが判明 17

ストーリー by headless
手軽 部門より
昨年9月、OS Xで信頼されないアプリケーションをブロックするGatekeeperに脆弱性CVE-2015-7024が発見され、Appleが修正プログラムを配布しているのだが、脆弱性の根本的な修正はされていないことが判明したそうだ(InfoWorldの記事Ars Technicaの記事9to5Macの記事)。

Gatekeeperでは実行を許可するダウンロード元として、Mac App Storeのみ、Mac App Storeと確認済みの開発元、すべてのアプリケーションという3段階の設定があり、設定に応じて署名の確認が行われる。ただし、署名の確認はユーザーの操作で最初に実行されるファイルにのみ行われるため、最初のファイルがAppleにより署名されている場合、2番目以降に実行されるファイルを置き換えることで、Gatekeeperの設定にかかわらず任意のファイルを実行できる。Appleのディスクイメージファイル(.dmgファイル)にパッケージングしてマルウェアの配布に使用することも可能だという。

脆弱性を報告したSynackのPatrick Wardle氏が修正プログラムを調べたところ、リパッケージングが可能と報告したいくつかのファイルをブラックリストに追加するだけのものだったという。そのため、ブロックされない別の実行ファイルを使用することで再現できたとのこと。Appleはこのファイルをブロックする修正プログラムを14日にリリースしているが、また別の実行ファイルを探すのは難しくないようだ。
12644410 story
バグ

2015年に脆弱性の報告件数が多かった製品は? 46

ストーリー by hylom
参考になるようなならないような 部門より
headless 曰く、

CVE Detailsが製品別にまとめた2015年の脆弱性報告件数トップ50のリスト「Top 50 Products By Total Number Of "Distinct" Vulnerabilities in 2015」を公開した。1位は384件のMac OS X、2位が375件のiOS、3位が314件のFlash Playerだったそうだ(VentureBeatBetaNewsThe Register)。

4位~6位は246件でAdobeのAIR SDK、AIR、AIR SDK & Compilerが並び、7位以下はInternet Explorer(231件)、Chrome(187件)、Firefox(178件)、Windows Server 2012(155件)、Ubuntu Linux(152件)が続く。12位~17位は151件~138件でWindows OSの各バージョンが占め、18位にはWindows VistaとSafariが135件で並んでいる。トップ50の製品をベンダーごとに集計すると、Microsoftが1561件で1位、Adobeが1504件で2位、Appleが1147件で3位となり、4位以下はOracle(370件)、Google(317件)、Mozilla(301件)が続く。

ただし、脆弱性は複数の製品で重複しているものもあり、51位以下の製品の脆弱性はカウントされない。トップ50に入っているベンダーについて、ベンダーごとにまとめられた脆弱性報告件数の総数をみると、1位のApple(654件)にMicrosoft(571件)が続き、3位にCisco(488件)が入ってくる。4位以下はOracle(479件)、Adobe(460件)、Google(323件)、Mozilla(188件)が続いている。

また、脆弱性の区分別でトップ3をまとめると、「DoS」はApple(338件)、Microsoft(230件)、Cisco(187件)であり、「Code Execution 」はAdobe(334件)、Microsoft(325件)、Apple(306件)。「Overflow 」ではApple(279件)、Microsoft(172件)、Adobe(129件)、「Memory Corruption」ではApple(277件)、Microsoft(245件)、Adobe(105件)などとなっている。

typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...