パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

12789159 story
医療

スマートフォンに関するユーザー調査、71.4%がスマホ依存を自覚? 25

ストーリー by hylom
モバイルバッテリーが売れるわけだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

MMD研究所の調査によると「あなたはスマートフォンに依存していると思いますか」という質問に対し「かなり依存している」と答えたのは全体の18.8%で、「やや依存している」と答えたのが52.6%という結果になったそうだ。計71.4%がスマホ依存を自覚していることになる(INTERNET Watch)。

// タブレットとパソコンはスマートフォンじゃないのでセーフっすね。
// 私はインターネット依存症

なお、「かなり依存している」と答えた割合がもっとも多かったのは20台で、続いて30代、10代。40代以上は「依存していない」の割合が多いが、それでも半数以上が「やや依存している」と答えたそうだ。

なお、スマートフォン接触時間については、回答者全体で最も多いのが「1~2時間」、続いて「2~3時間」「30分~1時間」となっている。いっぽう、「かなり依存している」と答えた人のみで見ると「4~5時間」が21.2%、「7時間以上」が21.2%と多くなっている。

12783412 story
医療

米国でペニスの移植手術が行われる 43

ストーリー by hylom
他人のを付けて違和感はないのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米国で他人のペニスを移植する手術が行われたそうだ(Engadget JapaneseCNN.co.jp)。

患者は陰茎がんでペニスを失った64歳男性で、提供者については記事ではあまり記されていないが「ドナーの遺族」という言葉があることから、亡くなった人物のペニスを使用したようだ。手術では性器の自然な形成、排尿機能や性的機能の回復を目指したとのことで、手術後の経過は順調だという。ただし、生殖機能については「倫理的な問題」から回復対象にはなっていないという。

今回の手術では移植対象はペニスだけなので、もし生殖が可能になったとしても精子については本人のものだと思われるが、今後それ以外の性器コンポーネントの移植も可能になれば、亡くなった人物の性器を他人に移植して子供を作る、といった行為も可能になるかもしれない。

12782177 story
医療

リオ五輪における伝染病感染リスク、専門家らが訴える 27

ストーリー by hylom
ご注意を 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今夏にリオ・デ・ジャネイロで開催予定のリオ・オリンピック。いつものオリンピック同様に政治的な問題も抱えているが、それ以上にジカウイルス感染症が問題となっているようだ。

世界保健機関(WHO)は12日、妊娠している女性は今年の夏季五輪が行われるブラジル・リオデジャネイロへの渡航を控えるよう勧告した。WHOがリオデジャネイロ五輪に明確に言及したガイドラインを発表したのは初めて。五輪の参加選手や来場者にはジカウイルス感染の予防策を講じるよう呼び掛けた(AFP)。

また、ハーバード大学の公衆衛生を専門とするAmir Attaran博士は、オリンピックを別の都市で開催するべきだと主張している。オリンピックでは推定50万人規模の外国人観光客がリオに訪れる可能性がある。地元のヤブ蚊や性交渉などにより、ジカウイルスに潜在的に感染する可能性があるという。

リオではオリンピックの開催される7~9月は冬に当たるため、他の蚊媒介疾患と同様に衰退期に入る可能性はある。しかし、過去のデータがないことから簡単には判断できないとしている。また、2016年の第一四半期にデング熱が従来の6倍の割合で発生したことも気がかりだとしている(independentHarvard Public Health ReviewnprSlashdot)。

12782000 story
医療

TENGA、精子をスマートフォンで観察できる「TENGA MEN'S LOUPE」を発売 12

ストーリー by hylom
精子観察がブームとなるか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

TENGAが精子をスマートフォンで観察できる「TENGA MEN'S LOUPE」(テンガ メンズルーペ)を発売する(ケータイWatch)。

精液採取用カップおよびスポイト、ルーペ等のセットで、スマートフォンの動画撮影アプリで精子を観察できる、拡大倍率は550倍で、参考価格は1,500円(税抜き)。

精子の観察ができるのみで、スマートフォンアプリとの連携などは用意されていないようだ。精子観察用途としてはリクルートライフスタイルが採取キットおよびアプリを提供しているが、TENGA MEN'S LOUPEは気軽に入手しやすいお値段なので、今後ほかのメーカーから精子観察用アプリなどが登場すると盛り上がりそうだ。

12775674 story
テクノロジー

VRで斜視を治すシステム、27歳での斜視治療に成功 19

ストーリー by hylom
確かにこれは使えるかも? 部門より

3Dディスプレイや3Dヘッドマウントディスプレイ(HMD)は目に悪いという説もあるが、Vivid VisionというメーカーがVR対応HMDを使って斜視を治療するシステムを開発したそうだ(4Gamer)。

斜視は左右の目が同じ方向を向かないという症状。原因は不明で、確実な治療法も確立していない。Vivid Visionが開発したシステムは、左右の目に異なる画像を送ることで視線の歪みを楽しく矯正できるという。

開発者のJames Blaha氏は生まれついての斜視だったそうで、幼少期に治療を受けたものの解消できなかったそうだ。開発の経緯などは記事を参照して欲しいが、実際に氏はVivid Visionを使って27歳になって初めて斜視を治すことに成功したそうだ。

12773243 story
医療

米国の死因第3位は医療ミス? 38

ストーリー by hylom
リスク 部門より
maia 曰く、

米国の死因第3位は「医療ミス」である可能性があるそうだ(CNN)。

医療ミスには、手術における切除部位の間違い、患者の取り違え、器具の置き忘れといったものが含まれるらしい。研究チームの推計では少なくとも年に25万1,454人で医療ミスが起きているという。1999年のある調査では4万4,000~9万8,000人、別の調査では19万5,000人、メディケア加入者の2008年の推計では18万人という数字もある(CNNの元記事)。

推計には自宅や老人ホーム等での死亡症例は含まれず、実際の死者数はこれを大幅に上回ると推測されている。日本においても、医療技術が同等だとすれば、米国の数字の3分の1くらいあって不思議ではないわけだ。

12770936 story
医療

韓国で多数の死傷者が出ていた「謎の肺疾患」の原因となった加湿器殺菌剤 63

ストーリー by hylom
負の連鎖 部門より

韓国で加湿器殺菌剤による肺疾患問題が話題になっている。経緯についてはハフィントンポストの記事が詳しいが、原因となったのはPHMG(ポリヘキサメチレングアニジン)やPGH(塩化エトキシエチルグアニジン)という物質だ。この物質は殺菌剤や洗剤などとして使われており、人体の皮膚への毒性は比較的少ないとされていた。問題となった殺菌剤は加湿器内に入れて殺菌を行うものだが、これによって殺菌剤が室内に散布され、これを吸入することで肺疾患が発生するという。

2000年代初頭よりこの殺菌剤は広く使われるようになったようだが、その後2011年の大規模調査で肺疾患を引き起こす危険性が明らかになり、その後製品は販売中止となった。被害者団体によると、これによる死傷者は1500人を超えるという(産経新聞)。

2011年に危険性が判明したものの、これに対する公的な調査は進んでおらず、昨年秋にやっと検察による捜査が本格化したという(NHK)。また、殺菌剤メーカーの1つであるレキットベンキーザーの依頼でソウル大学の研究チームが一般マウスと妊娠したマウスを使ってPHMGの影響を調査したところ、「妊娠したマウスの胎児は、15匹中13匹が死亡した」などの結果が得られたそうだが、レキットベンキーザーはこの報告を受け取らず、一般のマウスを使った「加湿器殺菌剤と肺疾患の因果関係は明確ではない」との研究結果のみを受け取り、これを検察に提出していたという。同社はソウル大学や湖西大学に数百~数千万円の資金提供を行っていたほか、教授ら個人へも数百万円の資金を提供していたそうだ(ハフィントンポストの別記事)。

12770670 story
医療

オーストラリアの煙草税がさらに上昇、2020年には25本で約3200円相当に 88

ストーリー by hylom
それでも吸いますか 部門より
maia 曰く、

煙草の税率が高いことで知られるオーストラリアで、煙草税のさらなる値上げが予定されているとのこと。2017年から4年間、毎年12.5%ずつ上げるという(時事通信)。

銘柄によるだろうが、現在1箱(25本入り)で25豪ドル(約2,000円)だったものが、2020年には40豪ドル(約3,200円)になると言う。なお現在のオーストラリアの喫煙率は13%前後との事。

12769228 story
医療

アキバ献血ルームが8日に閉所 45

ストーリー by headless
献血 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

以前メイド献血でも話題となったアキバ献血ルームが今週末5月8日をもって閉所となる。

場所は電気街口北側、本当に閉店した毎日閉店セールをしてた店のお隣のあそこだ(わかる人にしかわからない説明だな・・・編注: 同意。識者のコメント求む)。秋葉原にはよりアキバらしい(?)akiba:F献血ルームもあり、アキバ献血ルームが無くなったとしてもアキバらしすぎて恥ずかしいという人を除けば献血が出来なくて困ることはない。とはいえ駅から近くかつ1Fという利便性もあり個人的にはこちらのほうが好きだったのでホントに閉所となると残念ではある。

連休中に秋葉原に行く予定のある人は最後にもう一度足を運んでみたらいかがだろうか。なお数年前よりアキバ献血ルームは全血献血のみとなっていて成分献血は出来ないのでご注意あれ。

12767501 story
医療

「保険適用可能な高額な抗がん剤」の是非 84

ストーリー by hylom
高コストなのは分かるが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

昨年末、厚生労働省が「オプジーボ(一般名 ニボルマブ)」という新しい抗がん剤を肺がんに対して承認したそうだ。これにより、医療保険による金銭的補助を受けながらこの薬を利用することができるようになる。しかし、この薬の価格が「1ヶ月分で約300万円」と非常に高額である点が指摘されている

日本の医療保険制度では、通常は70歳未満が3割負担、70歳以上は2割負担となっている。つまり、1か月分300万円のうち、210万~240万円が公費負担となる。また、そのほか高額療養費制度など患者の負担をより少なくする仕組みもある。オプジーボだけでなく、ほかにも高価な抗がん剤が多数登場しているという。

抗がん剤に限らず、薬の価格はその製造原価ではなく、開発にかかる費用なども含めたものになっている。近年では新薬の開発コストが上昇しており、そのため薬の価格も上がる傾向にあるようだ。

今後科学の発展により、人間の寿命を延ばすことのできる医薬品は次々と登場するだろう。しかし、それらは必ずしも安価であるとは限らず、高価な医薬品は社会の負担となる。いつかは一定以上の医薬品は個人負担となり、「金持ちだけが長生きできる」時代がやってくるのだろうか。

12758699 story
スポーツ

選手にも提供されている日本自転車競技連盟の公式サプリメントからWADAの禁止物質が検出される 18

ストーリー by hylom
梅由来なのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本自転車競技連盟(JCF)の公式スポンサーとなっている梅丹本舗のサプリメント「古式梅肉エキス」および「トップコンディション」から、世界反ドーピング機関(WADA)が禁止している成分が検出された(スポーツ報知梅丹本舗の発表)。

検出されたのは、蛋白同化ステロイド(アナボリックステロイド)の一種である4,4-andorostadiene-3,17-dione(ボルジオン)。アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使われることから、使用禁止物質とされている。

含有量は梅肉エキス1g辺り0.00005mgと非常に少なく、副作用や健康被害は存在しないと考えられるとのことだが、ドーピング検査で検出される可能性があるとしてスポーツ選手に対し服用を控えるよう告知している。

12756946 story
人工知能

MRIの計測データから自閉症を判別する技術が開発される 38

ストーリー by hylom
医療でのAIの活用に期待 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

発達障害の一種「自閉症スペクトラム障害」を、人工知能を使って判別する技術が開発されたそうだ(読売新聞大学ジャーナルオンライン毎日新聞)。

この技術は国際電気通信基礎技術研究所(ATR)や東京大学などの研究チームが開発したもので、磁気共鳴画像化装置(MRI)で計測した脳活動のデータを分析することで自閉スペクトラム症を見分けるというもの。MRIで取得した、140か所に分割した脳内の領域がどのように関連しながら活動しているのかを調べたという。その結果、特定の16の領域の挙動を確認することで自閉症スペクトラム障害を判別することができたという。

12756127 story
医療

地震避難者のエコノミークラス症候群が相次ぐ 60

ストーリー by hylom
まずは問題の周知を 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日の地震以後、余震への不安から多くの人が車での寝泊りを続けている熊本では、エコノミークラス症候群とみられる患者が相次ぎ、18日には地震後初となる死者が発生した(NHK西日本新聞)。

今回の熊本地震では最初の地震後に激しい本震が発生したことから余震への不安が強く、車中泊を続けている人が益城町だけで数千人にも上っている。断水による水分の不足と狭い空間での避難生活によりエコノミークラス症候群とみられる患者が相次いでおり、19日時点で熊本県内で23人が発症(熊本日日新聞の速報)、そのうち2人が意識不明の重体、1人が死亡という深刻な事態となっている。

エコノミークラス症候群の予防には水分補給と適度な運動が欠かせないが、中には周囲を歩くなど予防を務めていたにも関わらず水分が確保できず発症してしまった事例もあるとのことで、注意が呼びかけられている。

12754857 story
医療

回復頭部にチップを埋め込んで脊髄損傷で麻痺した手を動かすことに成功 14

ストーリー by hylom
実用化に期待 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

脊髄損傷で体の一部が麻痺した人に対し、頭部にチップを埋め込んで脳信号を計測し、そこから神経信号を計算して神経に伝達させることで麻痺の回復を試みるという研究が行われているそうだ。胸部から下が麻痺した男性がこのシステムを使用し、右手を動かせたという報告が発表されたとのこと(時事通信朝日新聞)。

右手側では前腕部に巻いた電極スリーブを使って信号を腕に与えるという。これによってクレジットカードを機械に通したり、スプーンを持ち上げたり、受話器を耳にあてたり、テレビゲームのギターコントローラーを操作できたという。現状では頭部のチップからコンピュータ、そして腕の電極の間は有線で接続されているが、将来的には無線化することも可能だという。

12752519 story
医療

厚生労働省、糖尿病患者にブタの膵島などを移植する異種移植を国内でも認める方向へ 19

ストーリー by hylom
ある意味外圧的な 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

近年、ブタの細胞や臓器を人間に移植する治療法の研究が進められている。たとえば3月には、ブタの膵島をカプセルに封入して糖尿病に移植する臨床研究が大塚製薬工場によって行われている(読売新聞)。しかし、日本ではこのようなブタの「異種移植」については、ブタの遺伝子内に組み込まれているレトロウイルスについて人間への感染の危険性があるとして、事実上認められていなかった。これに対し、移植を禁止していた指針を厚生労働省が一部緩和するとのこと(毎日新聞朝日新聞)。

国際学会等でレトロウイルスの人への感染例がないことが確認されているとし、危険性の評価を見直して指針からブタのレトロウイルスに関する感染リスクの記述を削除する方針だという。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...