パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

12803709 story
HP

HPE、OracleのItaniumのサポート中止に対し損害賠償を求めて提訴 42

ストーリー by hylom
泥沼 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Hewlett-Packard Enterprise(HPE、旧HP)がOracleに対し、「Itaniumをサポートしなかった」として30億ドルの支払いを求め提訴したそうだ(CNET Japan)。

OracleはItaniumベースのサーバの製造が終了されるまでItaniumに対応するソフトウェア製品を販売するとの契約をHPと結んでいたにも関わらず、すぐにサポートを廃止したとHPEは主張。損害賠償を求めているという。

Itaniumに関しては2011年にOracleがサポートの廃止を発表したが、その後HPはサポート廃止の撤回を求めてOracleを提訴。2012年にOracleの契約違反との判決が出たため、OracleはItaniumのサポート継続を発表している(クラウドWatch)。

Oracle側はこの2012年の判決の後にItaniumのサポートを続けると発表した時点でHPへの義務は果たされたと主張しているとのこと。

12801531 story
Oracle

米Oracleの元従業員、Oracleが不正会計をしていると内部告発 20

ストーリー by hylom
どこの国も一緒なのか 部門より

Oracleの経理部門の元従業員が、Oracleの業績を不正に良く見せるよう圧力を受けたとしてOracleを訴えたそうだ(ABCMarket Hack)。

訴えたのはOracleでシニアファイナンスマネージャーの役職に付いていた人物で、問題とされているのはOracleのクラウドサービス部門の会計だそうだ。実際に不適切な会計処理があったのかどうかは現段階では不明だが、これによってOracleの株価は急落したという。

12793835 story
Java

OracleとGoogleがJava APIの著作権を巡って争っていた裁判、陪審員団は「フェアユース」と判断 37

ストーリー by hylom
まだまだ裁判は続く 部門より

Androidで使われているJava APIがJavaの特許および著作権を侵害しているとしてOracleがGoogleを訴えていた裁判で、GoogleによるJava APIの使用はフェアユースに当たるとの判断を陪審員団が下した(ITmediaTechCrunch)。

この裁判では、一審はAPIが著作権保護の対象外という判断を下したが、二審では著作権保護対象となるという判断が下されており、米最高裁はこれを支持していた。今回の陪審員団の評決に従うと、APIは著作権保護対象だが今回のケースはフェアユースに当たるためGoogleは責任を免れる、ということになる。Oracleは控訴する方針。

12792680 story
ビジネス

全米企業が持つ現金の23%はApple、Microsoft、Googleで占める 43

ストーリー by hylom
金を生むIT 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ムーディーズが投資家向けに公開したレポートによると、金融機関を除く全アメリカ企業のなかでもっとも現金を多く保有しているトップ3はAppleとMicrosoft、Googleだそうだ。(iPhone ManiaSlashdot)。

Appleは2,157億ドル(約23兆7,370億円)、Microsoftは1,026億ドル(約11兆2,860億円)、Googleは731億ドル(約8,040億円)の現金を所有しており、3社を合わせると3,910億ドル(約43兆円)。これは全米すべての非金融一般企業が持つ資金1兆6,800億ドル(約184兆4,800億円)の23%に相当するとのこと。

また、4位のCiscoと5位のOracleを含めるとこの割合は46%にまで増大するとのこと。なおAmazonとFacebookは意外にも198億ドル(約2兆1,700億円)と184億ドル(約2兆200億円)で、それぞれ17位と18位だそうだ。

12774615 story
Oracle

MicrosoftがAzureにおけるライセンス込みOracle VMサポートの終了を通達 36

ストーリー by hylom
突然の 部門より
black-hole 曰く、

Microsoftのクラウドサービス「Azure」で、「ライセンスが含まれているOracle VM」のサポートが今月末に終了されるという(Reddit件のメール)。

休み明けにメールを確認すると、2016年05月02日にAzure Teamから以下のタイトルのメールが来ていた。

ご対応のお願い: 2016年5月31日に、Azure はライセンスが含まれているOracle VMのサポートを終了します

メールによると2016年5月30日までにVMの使用を中止するか、適切なライセンスを取得する必要があるという。なお、適切にライセンスを取得した旨を連絡しない場合、通知なしにVMを停止する場合もあるという。この件はMicrosoft及びOracleのサイトにはまだ掲載されていないようだ。

対応までに一ヶ月も無いというのは、あんまりではなかろうか…

12758932 story
UNIX

Ubuntu 16.04 LTSリリース、ZFSとLinuxカーネルとのライセンス問題はどうなる 48

ストーリー by hylom
さすがUbuntu 部門より
insiderman 曰く、

4月22日、Ubuntu 16.04 LTS "Xenial Xerus"がリリースされた。新機能や強化点などについてはUbuntu insightsによる公式記事などを参照して欲しいのだが、そのうち「ZFS on Linux」が新たに標準で利用できるようになった点が物議を醸している。

ZFS on Linuxは、Oracle(旧Sun Microsystems)のSolarisに由来するZFSをLinux向けに移植したものだ。ZFSはオープンソース化されているものの、ライセンスはSun独自のCOMMON DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION LICENSE(CDDL)である。CDDLはGPLと両立しないフリーソフトウェアライセンスとして知られている。そもそも(真偽のほどは別として)CDDLはGPLの制約に反発する形で作られたという話もあり、「GPLの及ぶモジュールとCDDLの及ぶモジュールは合法的に一緒にリンクすることができない」とされている。

ZFS on Linuxプロジェクト自身もFAQページでライセンス問題があるという旨を掲載しているのだが、いっぽうでUbuntu側はライセンスの問題はないという主張を行っている。これによると、ZFS on Linuxのカーネルモジュール(zfs.ko)はLinuxカーネルとは独立したものであり、またLinuxカーネルの派生物でもない。また、これを利用した際にLinuxカーネルがZFSの派生物になるわけでもない。これは非GPLのカーネルモジュールと同じである、とのことだ。

いっぽう、Free Software Foundation(FSF)のRichard M. Stallman氏は4月11日、これに対しZFS on LinuxをLinuxディストリビューションに組み込んで配布することはライセンス上の問題があると発表しているマイナビニュース)。

解決策としては、ZFSの権利を持つOracleがZFSをGPLにする、もしくはGPLとCDDLのデュアルライセンスにするのが最も平和的ではある。実際、JavaもGPLでのオープンソース化が行われているし(OSDN Magazine記事)、それ以外にもGPLとCDDLのデュアルライセンスを採用しているソフトウェアは存在する。ただ、「GPLに対抗する」というCDDLの存在意義やOracleの立場を見るに、そう簡単にライセンス変更が行われるとは思えない。今回のライセンス非互換問題は裁判沙汰にも発展する可能性があるが、CDDLとGPLの非互換性は長年のトラブルになっていただけに、白黒はっきり付けて欲しい気もする。

12746396 story
Android

Google、SwiftをAndroidの第一級言語にすることを検討? 130

ストーリー by headless
一級 部門より
Googleがプログラミング言語「Swift」をAndroidの第一級言語にすることを検討していると報じられている(The Next Webの記事Android Centralの記事Neowinの記事Softpediaの記事)。

Appleが2014年のWWDCで発表したSwiftは昨年12月にオープンソース化され、Objective-Cに代わるプログラミング言語として注目を集めている。The Next Webへの情報提供者によれば、GoogleはSwiftのオープンソース化に前後してFacebookやUberとロンドンで会合を開き、Swiftに関して話し合っていたそうだ。この場で特にSwiftへの強い意欲を見せていたのはGoogleだったとのこと。

現在のAndroidではJavaが第一級言語となっているが、情報提供者によればいきなりSwiftがJavaに置き換わることはないという。しかし、JavaについてはOracleとの訴訟もあり、Swiftは幅広い利点があるとみているようだ。

昨年10月には開発者のRomain Goyet氏がSwiftのコードをAndroidで実行する実験を行っているが、この実験ではAndroid NDKを使用していた。Swiftがオープンソース化された現在、Googleがランタイムを用意し、標準ライブラリやAPI、SDKなどをSwiftに対応させればAndroid NDKなしにSwiftをAndroidで使用できるようにすることも可能だが、実際にはどうなるだろうか。
12736322 story
法廷

Oracle、GoogleのJavaに対する知的所有権侵害で93億ドルの損害を受けたと主張 42

ストーリー by hylom
この先どうなるのだろうか 部門より

GoogleがOracleの持つJavaの知的所有権を侵害しているとして争われている裁判で、OracleはGoogleに対し93億ドルの賠償金支払いを請求しようとしているという話が出ている(Network WorldGIGAZINE)。

Network Worldの記事によるとOracleが実際に受けた損害が4億7,500万ドル、Javaの商標侵害によってGoogleが不当に得た利益が88億2,900万ドルと見積もられているらしい。GoogleやOracleはこれらについて公式なコメントは拒否しているとのこと。

なお、GoogleがAndroidで得た利益は約2.6兆円という話が以前にもあった。

12706252 story
データベース

日本オラクルがDBライセンスを変更 43

ストーリー by hylom
小規模ユーザーにとっては値上げ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本オラクルがOracle Databaseのライセンス体系を変更、Standard Edition One(SE1)の廃止を行った(日経ITpro)。

68万6,000円/プロセッサという価格設定だったSE1がなくなったことで、SE1ユーザーは保守費用がアップすることになる。昨年にはSEの廃止とSE2の導入も行われており、ここでも条件変更によるコスト増が懸念されていた。

12683969 story
Java

JavaのWindows版インストーラーに脆弱性、緊急アップデートがリリースされる 13

ストーリー by hylom
まだまだ出てくる 部門より
headless 曰く、

Oracleは5日、Java SE 6/7/8のWindows版インストーラーで見つかった脆弱性に対する緊急アップデートをリリースした(The Oracle Software Security Assurance BlogOracle Security Alert for CVE-2016-0603BetaNews窓の杜)。

サポート中のバージョンで影響を受けるのは、Java SE 6u111、7u95、8u71、8u72。脆弱性を悪用するには、Java SEのインストール前にユーザーを攻撃用Webサイトに誘導し、悪意のあるファイルをダウンロードさせる必要がある。複雑な攻撃が必要となるものの、実際に悪用が成功するとシステムが完全に乗っ取られる可能性があるとのこと。

脆弱性の影響を受けるのはインストール時のみなので、既にJava SEがインストールされている場合はアップデートの必要はない。ただし、今後のインストールで使用するためにJava SE 6u113、7u97、8u73よりも古いバージョンをダウンロードしている場合、これらは破棄して6u113、7u97、8u73以降のバージョンを使用する必要がある。Java SE 6/7の最新版は一般公開されていないので、通常はJava SE 8u73以降を使用することになるだろう。

Softpediaの記事によると脆弱性はDLLハイジャックが可能になるというもので、Java SE以外でも数多くのアプリのWindows版インストーラーで最近次々と発見されているようだ。OracleではVirtual Boxで見つかった同様の脆弱性について、1月のアップデートで修正しているとのこと。

12668670 story
Android

GoogleがAndroidで得た利益は約2.6兆円? 84

ストーリー by hylom
これがプラットフォームビジネスだ 部門より

GoogleはAndroidを無料で提供しているにも関わらず、そこから約2.6兆円もの利益を挙げているという(ブルームバーグiPhone Mania)。

GoogleとOracleがJava API関連の著作権侵害を巡って争っている裁判中でOracle側が明らかにしたもの。これによると、GoogleがAndroidから得た売り上げは310億ドル(約3.7兆円)で、利益は220億ドル(約2.6兆円)だという。もちろんこれらはAndroidから直接得られたものではなく、Android端末に表示される広告やアプリストアからの収益だという。

なお、これらの数字は本来非公開であるはずの情報であり、Google側は公開された情報を非公開とするよう求めているという。

12661198 story
Java

Java SE 8 Update 71公開、java.comの最新版インストーラーの使用を強く推奨 26

ストーリー by hylom
過去のバージョンもチェックしておきましょう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Java SE 8 Update 71(1.8.0_71)が公開された。このアップデートはOracleによる定例アップデートで、8件の脆弱性が修正されている(窓の杜)。

最新版のインストーラーにはシステムにインストールされている古いバージョンのJava SEを削除する機能が追加されているため、Oracleはjava.comから最新版のインストーラーをダウンロードすることを強く推奨している。

Java SE 8u66がインストールされたWindows 10に8u71をインストールしたところ、Javaコントロール・パネルから更新した場合は過去の更新のように8u71がインストールされ、「プログラムと機能」ではJava 8 Update 66からJava 8 Update 71に変わったが、過去のバージョンを削除する旨の表示はなかった。その後、java.comからダウンロードしたインストーラを実行しても、過去のバージョンを削除する旨の表示はなかった。

一方、8u66がインストールされている環境でjava.comからダウンロードしたインストーラを実行すると、インストール終盤で8u66を削除するか選択する場面があった。

以上のことから、追加された過去のバージョンを削除する機能とは、Java 7系までの古いバージョンも対象になったということかもしれない。

12644410 story
バグ

2015年に脆弱性の報告件数が多かった製品は? 46

ストーリー by hylom
参考になるようなならないような 部門より
headless 曰く、

CVE Detailsが製品別にまとめた2015年の脆弱性報告件数トップ50のリスト「Top 50 Products By Total Number Of "Distinct" Vulnerabilities in 2015」を公開した。1位は384件のMac OS X、2位が375件のiOS、3位が314件のFlash Playerだったそうだ(VentureBeatBetaNewsThe Register)。

4位~6位は246件でAdobeのAIR SDK、AIR、AIR SDK & Compilerが並び、7位以下はInternet Explorer(231件)、Chrome(187件)、Firefox(178件)、Windows Server 2012(155件)、Ubuntu Linux(152件)が続く。12位~17位は151件~138件でWindows OSの各バージョンが占め、18位にはWindows VistaとSafariが135件で並んでいる。トップ50の製品をベンダーごとに集計すると、Microsoftが1561件で1位、Adobeが1504件で2位、Appleが1147件で3位となり、4位以下はOracle(370件)、Google(317件)、Mozilla(301件)が続く。

ただし、脆弱性は複数の製品で重複しているものもあり、51位以下の製品の脆弱性はカウントされない。トップ50に入っているベンダーについて、ベンダーごとにまとめられた脆弱性報告件数の総数をみると、1位のApple(654件)にMicrosoft(571件)が続き、3位にCisco(488件)が入ってくる。4位以下はOracle(479件)、Adobe(460件)、Google(323件)、Mozilla(188件)が続いている。

また、脆弱性の区分別でトップ3をまとめると、「DoS」はApple(338件)、Microsoft(230件)、Cisco(187件)であり、「Code Execution 」はAdobe(334件)、Microsoft(325件)、Apple(306件)。「Overflow 」ではApple(279件)、Microsoft(172件)、Adobe(129件)、「Memory Corruption」ではApple(277件)、Microsoft(245件)、Adobe(105件)などとなっている。

12637678 story
Google

Androidの次期バージョンではOpenJDKが採用される 119

ストーリー by hylom
これで解決? 部門より
insiderman 曰く、

Androidの次期バージョン「Android N」ではOpenJDKベースのバイトコード実行環境が採用されるとのこと(juggly.cn、元ネタのVentureBeat)。

AndroidではAndroid runtime(ART)Dalvikと呼ばれる、Googleが独自に(オープンソースのJava実装であるApache Harmonyをベースとして)実装した仮想マシン/バイトコード実行環境が使われていたが、これに対しOracleがJavaの知的財産権を侵害しているとして訴訟になっている。

juggly.conではOpenJDKを利用することでこの知的財産権問題を回避できる、という話が出ているが、OpenJDK自体は確かにオープンソースだが、Javaの商標等の関連で自由に使えるものではないという話も聞いたことがある。OpenJDKの採用でこの問題は解決するのだろうか?

なお、完全にフリーな Android を作る「IcedRobot」なるプロジェクトも以前話題になったが、こちらがどうなっているのかは不明。

12632522 story
Java

米Oracle、古いJavaをインストールしているユーザーに向けた警告を出すことでFTCと同意 47

ストーリー by hylom
さっさと捨てよう 部門より

Javaにはたびたびセキュリティホールが見つかっており、古いバージョンのJavaランタイムは削除することが推奨されている。しかし、Javaのアップデートを行った際、古いバージョンのランタイムが適切に削除されないことがあったという。そのため米連邦取引員会(FTC)とOracleが協議を行い、Oracleがユーザーに対し警告を出すことで合意したそうだ(CNET Japan)。

FTCの発表によると、OracleはTwitterとFacebook上にJavaのセキュリティに関する説明を行う文書へのリンクを掲載するといった方法で、ユーザーに対し問題点を周知させるとのこと。

typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...