パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

12782419 story
パテント

特許庁が「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」なる注意喚起を出す 54

ストーリー by hylom
取り立てよう 部門より
insiderman 曰く、

特許庁が、「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)」なる注意喚起文書を公開した。内容は下記のようなものだ。

最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われています。しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。
(中略)
したがいまして、仮にご自身の商標について、このような出願が他人からなされていたとしても、ご自身の商標登録を断念する等の対応をされることのないようご注意ください。

この文書内で触れられている大量の「商標出願登録」は一部では以前から話題になっているようで、「STAP細胞はあります」など、話題になった言葉を片っ端から商標登録している法人/個人がいるらしい(弁理士 越場洋のブログ)。どうやら出願料を支払わずにとりあえず出願だけを行っているとのことで、最近では「民進党」をいち早く出願していたことでも話題になっていたようだ。

同社の出願は商標速報botのtwilogでも確認できる。

12782013 story
ゲーム

コナミの「壁の透過表示」特許の存続期間が終了 54

ストーリー by hylom
モンハンのカメラワーク問題で必ず話題になるやつ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

コナミが保有していた、「3Dゲーム内で壁や床を半透明にしてプレイヤーキャラクターを表示させる」特許の存続期間が5月15日で終了した(AUTOMATON)。

この特許は1996年5月15日に出願されたもので、今年で「出願から20年間」の存続期間が終了する。3Dアクションゲームでは、壁際に移動するとカメラが壁にぶつからないように移動する例が多いが、これはこの特許を回避するためだと言われている。今後発売されるゲームでは、このような挙動が変わっていくのだろうか?

12775590 story
パテント

ハーバード大学、STAP特許の出願審査請求を行っていた 15

ストーリー by hylom
とりあえず押さえておく感じか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

論文の正当性が否定されたSTAP細胞の特許問題については、研究を主導していた理研が権利を放棄していたそうだが、その権利を譲渡された米ハーバード大学のブリガムウィメンズ病院が特許の出願審査請求を行っているという(Yahoo!個人ニュースの栗原潔弁理士による記事)。

経緯については栗原弁理士の過去記事で説明されているが、2015年4月に理研がブリガムウィメンズ病院にSTAP特許出願の持ち分を譲渡している模様。さらに、日本だけでなく米国やヨーロッパ、カナダ、オーストラリアでも出願審査は進んでいるという(各国でまだ生き続けるSTAP特許出願)。

12772315 story
テクノロジー

特許出願予定/出願中の技術を使ったドローン、国内では事実上飛ばせない 67

ストーリー by headless
不可 部門より
insiderman 曰く、

昨年成立した改正航空法にはドローンの飛行規則が盛り込まれているが、これによって特許出願予定/出願中の技術を使ったドローンの試作機は国内では事実上飛ばせない状況になっているという(株式会社 0 の記事)。

改正航空法によるドローンの飛行規則では、操縦者・関係者を除く人や車両、建物等の工作物から30m以上の距離を確保できない場合に申請が必要となる。市販機ではないドローンの場合、申請の際に図面や写真の提出が必要となるのだが、国土交通省の担当部署は部署外への非公開を確約できないという。その結果、特許出願前/出願中の技術が担当部署外に漏れる可能性が出てくるため申請が行えず、事実上飛ばすことができないとのことだ。

12736108 story
パテント

米特許商標庁、ソフトウェアのライセンス認証システムに関する特許を無効と判断

ストーリー by hylom
MSが支払った金は無駄だった? 部門より
headless 曰く、

老舗パテントトロールUnilocが数々のソフトウェア企業を訴え、数億ドルを要求していた特許(米特許5,490,216、'216特許)について、米特許商標庁(USPTO)の特許審判部(PTAB)が全クレームを無効と判断したそうだ(Ars TechnicaKansas City Business Journal)。

'216特許は「System for software registration」というタイトルで、ソフトウェアのライセンス認証の仕組みに関するものだ。'216特許を侵害しているとしてMicrosoftを訴えた裁判では、賠償額を3億8千8百万ドルとする評決を陪審が2009年に出して注目を集めた。連邦地裁判事の判決は陪審の評決を覆すものだったが、控訴審では2010年に陪審の評決を支持している。ただし、賠償額については再評価が必要とされ、最終的な和解額は公表されていない。Unilocでは75社以上を'216特許を侵害しているとして訴えているが、訴訟の3分の1で和解に達しているという。

今回の再審査はSega of AmericaやUbisoftなどが請求したもので、'216特許を無効と主張する再審査の請求は2002年以来繰り返し行われているが、USPTOにより無効と判断されたのは今回が初めて。(216特許は2013年に失効しているが、特許の所有者は6年前までさかのぼって損害賠償を請求できる。そのため、Unilocでは2014年まで訴訟を提起し続けていたとのことだ。

12734009 story
パテント

「正露丸のラッパメロディ」の音商標申請、軍隊で使われていたとのクレームが付いていた 45

ストーリー by hylom
そんな話が 部門より
insiderman 曰く、

昨年4月、大幸薬品、「ラッパのメロディ」サウンドロゴを音商標として登録出願という話があったのだが、この音商標についてはまだ審査中となっているそうだ。Yahoo!ニュースの弁理士・栗原潔による記事によると、昨年8月に匿名で出願されているメロディが「軍隊ラッパ音楽」として使われており商標としてはふさわしくないというクレームが出されていたという。

そのため、出願者の大幸薬品側はこのメロディが消費者に認知されているということを証明しなければいけない状態になっている模様。

12731463 story
パテント

Node.js向けリポジトリnpm、とあるモジュールの作者からその所有権を勝手に剥奪して騒動に 65

ストーリー by hylom
npmが悪い 部門より

Node.js向けパッケージの配布に使われているnpmの運営元が、npmで配布されている「kik」というモジュールの著者のAzer Koçulu氏からその所有権を無断で剥奪したという。これを受け、Koçulu氏は自身が作成した全モジュールについてnpmでの公開を停止(unpublish)した。そのため、これに依存していたモジュールのインストールができなくなるトラブルに発展している模様(Azer Koçulu氏のブログ日本語意訳npm パッケージの unpublish に関するゴタゴタの大まかなまとめ - ヤルキデナイズドZDNet Japan)。

数週間前、Koçulu氏の下にkikというアプリを提供しているkik interactiveの弁護士から「kikは我々の商標であり、npmからあなたのkikを削除しろ」という申し立てメールが送られてきたそうだ。氏はこれを拒否したそうだが、その後この弁護士はnpmに対しkikの所有権移転を申し立て、これが受理されてしまったらしい。これに対しKoçulu氏は「NPMは個人よりも企業が力を持つ誰かの私的な場所だったことを認識した」とし、これはオープンソースに反するとしてnpmで公開していた氏のモジュールをすべて非公開にすることにしたという。

npmではモジュールのインストール時、そのモジュールが依存するモジュールを自動的にインストールする機能がある。そのため、Koçulu氏によるモジュールに依存するモジュールが正しくインストールできない状況になってしまっている模様。大きな影響が出ているものとしては、ECMAScript 6のコードをECMAScript 5のコードに変換するライブラリであるbabelプロジェクトが提供している「babel-code-frame」モジュールが、Koçulu氏のleft-padを利用する「line-numbers」モジュールを内部で利用していたためにインストールできなくなったことがあるようだ(この問題は3月22日のbabel 6.73ですでに修正されている)。

12731293 story
パテント

任天堂、マリオシリーズの「コインを取る音」などを商標出願 32

ストーリー by hylom
メロディでなくても取れるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

「マリオ」シリーズなどでおなじみの「コインを取る効果音」を、任天堂が音商標として出願しているそうだ(ITmedia)。

音商標は昨年4月1日より商標登録が可能になったもので、大幸薬品が正露丸のCMで使われているメロディを登録したことが以前話題になっていた。

12720797 story
パテント

Google、自律走行車の近くを走るスクールバスの検出に関する特許を取得 31

ストーリー by hylom
スクールバスは特別なのか 部門より
headless 曰く、

Googleが自律走行車の近くを走るスクールバスの検出に関する特許(米国特許9,280,710)を取得した(Re/codeの記事)。

自律走行車が安全に走行するためには、周囲の自動車を認識し、適切な動作をする必要がある。特にスクールバスが周囲に存在する場合は、通常とは異なる処理が必要になるという。この特許は2年前に出願されていたもので、自律走行車に搭載されたコンピューターで映像データを処理し、自動車の大きさや色からスクールバスかどうかを判定する。

Googleの自律走行車は2月に路線バスと接触する事故を起こしている。スクールバスなら事故を回避できたのかどうかは不明だが、Googleでは同様の事故が二度と発生しないよう、3,500回ほどのテストを行ったとのことだ。

12720596 story
パテント

バンダイが「必殺技」を商標出願 49

ストーリー by hylom
認められるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

バンダイが「必殺技」を商標出願していることが明らかになった(ITmedia)。

テレビゲーム機やトレーディングカードゲーム、スロットマシンや釣り具などを含む「28類」での出願とのこと。これが認められると多岐に影響が出そうだが、成立するのだろうか。識者の意見が待たれる。

12704797 story
ゲーム

PlayStation VRではパワーグローブ的なデバイスが提供される? 11

ストーリー by hylom
VRグローブ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソニーが3月15日(日本時間3月16日)にプレス発表を行うとされている「PlayStation VR」では、80年代後半にある意味一世を風靡した「パワーグローブ」風のモーションコントローラーが使える可能性があるという(Hot HardWare)。

その根拠となっているのが、2014年にソニーから出されたという出願特許図。これによると指先の動きを検知できるだけの精度の屈筋センサーを持つらしい(Slashdot)。

12701143 story
法廷

Appleのスライドアンロックなどをめぐる米国での特許侵害訴訟、控訴審はSamsungが勝訴 7

ストーリー by headless
rekurrieren-appellieren-reklamieren-revidieren-reziepieren-subvertieren 部門より
特許侵害をめぐりAppleとSamsungの間で争われている裁判で、米連邦巡回区控訴裁判所は26日、Appleの特許3件について1件をSamsungによる侵害なし、2件を無効とする判断を示した(裁判所文書: PDFArs Technicaの記事The Registerの記事FOSS Patentsの記事)。

この件は1月に連邦地裁でAppleがSamsung製品の販売差し止めを勝ち取った裁判で、Samsung側に合計約1億2千万ドルの支払いを命じる判決が2014年に出されている。昨年12月にSamsungがAppleに約5億4千8百万ドルの賠償金を支払い、その一部の取り消しを求めて連邦最高裁に上告している裁判とは別件だ。

控訴裁判所ではAppleの '647特許 (クイックリンク)についてSamsungは侵害していないと判断。'721特許 (スライドアンロック)と ’172特許 (オートコレクト)については、先行例から自明であるとして無効と判断した。この他、Appleの特許2件については、Samsungによる侵害なしとした一審の判断を支持している。

一方、この裁判ではSamsungの ’449特許 (デジタル写真および動画を圧縮・伸長・整理するためのカメラシステム)および ’239特許 (動画の圧縮および転送するためのシステム)をAppleが侵害したとして、Samsung側が反訴している。一審では’449特許についてAppleによる侵害を認め、158,400ドルの支払いをAppleに命じ、’239特許については、Appleによる侵害はなかったとの判断を示した。控訴裁判所ではこれら2件の特許について一審の判決を支持。結果として158,400ドルをAppleがSamsungに支払う必要がある。
12700348 story
パテント

乗客の横幅に合わせて旅客機の座席を設定可能なベンチ型シート 35

ストーリー by headless
squeeeeze-it 部門より
乗客の横幅に合わせて3種類の座席設定が可能となるベンチ型シートに関する特許をエアバスが出願している(United States Patent Application: 20160039387The Vergeの記事Consumeristの記事)。

エアバスのベンチ型シートは3席分程度の横幅で、座面と背もたれはそれぞれ1面ずつになっており、太った大人2名、普通の大人3名、大人2名と子供2名という3種類の座席設定が可能となる。シートベルトは座席設定によって位置を変更でき、アームレストは背もたれに格納されており、2人掛け用と3人掛け用に合わせた位置から引き出せるようになっている。4人掛け用のアームレストは両端のみとなるようだ。背もたれについては固定されていることが望ましいとされ、通常の背もたれを起こした状態と倒した状態の中間に固定するという例が提示されている。

通常の旅客機では座席の幅が固定されており、太った乗客には狭いことがある。1名で2席分の座席が必要な乗客に対する特別料金を設定している航空会社もあるが、座席は分離しているため座り心地は悪く、シートベルトも扱いにくい。一方、2席分の幅までは必要なくても1席に収まらなければ2席分を予約するほかなく、体の小さな子供も1席分を占有する。ベンチ型シートは座席設定を柔軟にすることで乗客の利便性を高めつつ、より多くの乗客が搭乗できるようにしたい航空会社の要望に応えたもののようだ。
12680779 story
EFF

EFF、社内のソーシャルネットワークを活用して文書のハードコピーを共有するXeroxの特許を酷評 16

ストーリー by headless
酷評 部門より
Xeroxは1月、プリントアウトした文書を社内のソーシャルネットワークで共有するシステムの特許を取得した。しかし、この特許は図書館の貸出カードシステムを電子化したレベルのものだとして、EFFが毎月最もバカバカしい特許に贈る「Stupid Patent of the Month」に選定した(EFF — Deeplinks Blogの記事Ars Technicaの記事米国特許 9,240,000)。

2011年に出願されたこの特許では、企業が紙の使用量削減を進めているにもかかわらず、人々はコンピューターの画面に表示される文書よりもプリンターで印刷した紙の文書を好む傾向にあると指摘。ソーシャルネットワークを用いて近くのユーザーが印刷した文書を共有することで、同じ文書が何度も印刷されることを避けるシステムを提案している。

方法としては、印刷設定画面に出力した文書を共有するかどうかのオプションを用意し、このオプションが選択された場合にはユーザーのプロフィールページに文書が共有可能であることを表示する。プロフィールページには貸し出し状況や、おすすめの文書なども表示されるようだ。また、同じ文書が既に印刷されている場合には、共有可能であることを印刷前に通知することも可能となっている。

EFFでは昔からある当然のアイディアをコンピューター上に焼き直し、わかりにくい文言で記述した多数の特許の一つだと指摘し、このような特許を認めてしまう米国の特許システムを批判している。

ただし、実際には貸し出しの管理よりも、同一の文書が繰り返し印刷されないよう管理するところがポイントのようにも思われるが、スラドの皆さんのご意見はいかがだろう。
12671405 story
交通

自動運転車は自動車保険の終わりを意味するのか 20

ストーリー by hylom
日本も同じ状況 部門より
taraiok 曰く、

自動運転車は、交通事故の減少などに繋がると考えられているが、一方で保険産業は大きな転換期を迎えることになるかもしれない。KPMGの調査によれば、個人向けの自動車保険は25年後には規模が40%以下に減少するとみられている。保険業界を圧迫する要因は自動運転車だけではない。ウーバーのような配車サービスの普及により、自動車の所有そのものが今後は減少していく可能性があるからだ(Christian Science MonitorState Farm出願特許Slashdot)。

米国最大の自動車保険会社State Farmは、この新しい世界で生き残るための方策として、総合保険会社としての能力を高めることを模索している。同社はホームオートメーション、やセキュリティや個人の健康状態、自動車の運用状態などのデータを統合して扱い、状態が良ければクーポンや割引の提供などを行うという特許を出願していることが分かった。さらに旅行先の危険度、移動先道路のリスクなどについても提示することを研究しているという。

typodupeerror

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

読み込み中...