パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

12789195 story
Google

米国におけるChromebookの出荷数、Macを初めて上回る。2016年第1四半期報告 77

ストーリー by hylom
良い選択肢ではある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

GoogleのノートPC「Chromebook」の米国における2016年第1四半期出荷数がMacを初めて上回ったそうだ(The VergeCNET JapanSlashdot)。

Chromebookは主に米国のK-12(幼稚園から高校まで)向けではあるが、学校に新規導入されたデバイスの50%以上を占めている。Googleは学校/教育機関向けのサービス「Google Classroom」も提供しており、これとアプリとの間で成績や課題といったデータを同期できるAPIを開発、教育関係者に対する訴求を強化しているという。

また、AndroidアプリをChrome OSにインストールできるようになることから、さらに広く訴求力を得る可能性もあるそうだ。

12745534 story
HP

HPが世界最薄ノートPC「HP Spectre」を発表、厚さは10.4mm 69

ストーリー by hylom
もうあまり大差ない感 部門より
headless 曰く、

HPは5日、世界で最も薄いという13.3インチのノートPC「HP Spectre」を発表した(プレスリリース製品情報Slash GearVerge)。

Spectreの厚みは単4電池並みの10.4mmで、MacBook Airよりも薄い。HP曰く、年間100万台以上を出荷するメーカーの製品でクラムシェルデザイン、WindowsまたはOS X搭載、価格400ドル以上のノートPCとしては世界最薄としている。アルミニウムとカーボンファイバー製のボディは銅をアクセントに使い、ヒンジの目立たないピストンヒンジを採用している。ハイブリッドバッテリーは薄い2つのピースに分割されており、重量は約1.1kg。バッテリーの持続時間は最大9時間30分となっている。

CPUには第6世代のIntel Core i5/i7プロセッサーを搭載し、OSはWindows 10。外部からの吸気を直接CPUにあてる高圧冷却システムを採用することで、パフォーマンスのピークを維持できるとのこと。ストレージはPCIe SSDで最大512GB、RAMは最大8GB。13.3インチディスプレイはフルHDのIPS液晶で、ゴリラガラスが全面を覆っているが、タッチスクリーンは非採用だ。3基のUSB Type-Cコネクターのうち、2基はThunderboltをサポートする。

米国ではHPやBest Buyのオンラインストアで4月25日から予約受付を開始し、価格は1,169ドル99セントから。日本での発売については不明だ。

12687291 story
ノートPC

富士通ノートPC、パナソニック製バッテリパックの追加リコール 3

ストーリー by headless
追加 部門より
maia 曰く、

富士通ではノートパソコン用バッテリパック(パナソニック製)の一部に発火のおそれがあるとして2015年8月27日から約7万台を交換・回収しているが、2月10日に交換・回収対象2万台が追加された(富士通 - ノートパソコン用バッテリパックの交換・回収についてPC Watchの記事共同通信の記事)。

今回対象に追加されたのは、2013年モデルから2014年モデルのノートパソコンの一部の機種と記載されているが、対象機種一覧を見ると個人向けが2013年モデル、法人向けと海外向けが2012年モデルとなっているようだ。対象機種は確認ページで確認するほか、チェックツールで確認することもできる。2月10日までに確認を実行し、対象外だった場合でも再度確認が必要だ。昨年回収を始めて以降も未回収品から発火事故が発生しているという。該当のノートパソコンは、交換・回収が済むまでバッテリパックを取り外して使うことが要請されている。

12672309 story
ノートPC

パナソニックと東芝、発火のおそれがあるノートパソコン用バッテリーパックの交換・回収プログラムを開始 27

ストーリー by headless
交換 部門より
maia 曰く、

パナソニックと東芝は28日、両社のノートパソコンで使用しているパナソニック製バッテリーパックに発火のおそれがあるとして、それぞれ交換・回収プログラムを開始した(パナソニックのお知らせ東芝のお知らせPC Watchの記事[1][2])。

パナソニックの回収対象は2011年7月から2012年5月に製造されたバッテリーパック17,613個、東芝の回収対象は2011年6月から2015年3月に製造されたバッテリーパック95,811個。両社では使用しているパソコンに搭載されているバッテリーパックが交換対象の場合、交換が完了するまではバッテリーパックを取り外した状態で使用するよう求めている。

なおパナソニックでは2014年バッテリーパック約20万個のリコールを発表しているが、前回のリコールで対象外と確認された場合にも再確認が必要だという。

対象バッテリーパックは各社のWebサイトでそれぞれ確認できる(パナソニック東芝)。

12606877 story
ノートPC

東芝・富士通・VAIOの3社がパソコン事業統合の検討に入ったと日経が報じる 108

ストーリー by hylom
(色々な意味で)モンスターが生まれそうだ 部門より

東芝と富士通、VAIOがパソコン事業を統合することを検討していると日経新聞が報じている

なお、東芝と富士通は「当社が発表したものではない」とのコメントを出し、決定していることはないとしている(ITmedia)。

12558870 story
ノートPC

Apple、MacBookの反射防止コート劣化問題に対して無償修理プログラムをひそかに開始 41

ストーリー by hylom
騒ぎになってからの発表が定番となりつつある 部門より
headless 曰く、

Appleは反射防止コートが劣化しやすいMacBookやMacBook ProのRetinaディスプレイモデルについて、無償修理プログラムをひそかに開始しているそうだ(MacRumorsArs Technica9to5MacRegister)。

この問題はディスプレイを閉じた際のキーボードの圧力や、サードパーティー製の画面クリーナーを使用した場合など、さまざまな条件下で反射防止コートが摩耗したりはがれたりするというもので、「Staingate」と呼ばれている。MacRumorsが3月に初めて取り上げて以来、数千人のユーザーからの報告があり、StaingateのWebサイトも作られている。保証期間中のユーザーの中には無償交換が受けられた人もいれば、外見上の問題は保証の対象にならないとされ、自費で数百ドルを支払って交換した人もいるという。

無償修理期間は購入日から3年間または2015年10月16日から1年間のうち長い方が適用され、影響を受けるユーザーはGenius BarまたはApple正規サービスプロバイダーで修理手続きを行うことができるという。既に自費で修理をしているユーザーに対しては、Apple Careを通じて返金処理が行われるとのこと。ただし、日本での対応がどのようになるのかについては不明だ。

Appleさまざま製品修理/交換プログラムサポートページで公表しているが、今回の無償修理プログラムについては現在のところ公表する予定はないとのことだ。

12516771 story
ノートPC

非光沢タイプのディスプレイを持つノートPCのみを比較できるサイト 45

ストーリー by hylom
慣れちゃうと問題無いのだけど 部門より
irodori 曰く、

Laptops with Matte Screensという、非光沢(マット)タイプのディスプレイを備えるノートPCのみを対象に、画面サイズと価格で比較したWebページが公開されました(GIGAZINE)。

ページ作成者は開発者で、マットディスプレイの製品の購入を検討した際にどの製品がマットディスプレイなのかが判りづらかったため、このようなページの作成を思いたったそうです。

現在101種類がリストアップされていますが、今後追加されることはないそうで、PRODUCT CHARTサイト内でも特集扱いになっています。

かくいう私もマットディスプレイ派ですが、MacBook Pro(Apple製品は全て光沢ディスプレイ)のためマット加工の保護シートを貼っています。みなさんはいかがでしょうか?

12503230 story
Intel

Intel、Skylakeのデスクトップ向け通常版およびモバイル版46モデルを発表 36

ストーリー by hylom
フルに出そろいました 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Intelは9月1日、一部ハイエンド・デスクトップ機のみで展開されてきた第6世代Coreプロセッサ(コードネームSkylake)46モデルを正式発表した。今回の正式発表により、モバイル向け省電力モデルから、デスクトップモデルまでのラインナップが出そろう(PC WatchArs TechnicaHotHardwareSlashdot)。

デスクトップ最上位のCore i7-6700KのTDPは91Wであるのに対し、モバイル向けの「Core m」シリーズのTDPは4.5Wで、またモバイル版でも倍率アンロック版の「Core i7-6820HK」が用意されるなど、幅広い製品ラインアップとなっている。Core i5としてシリーズ初となる物理4コア版「Core i5-6440HQ」、「Core i5-6300HQ」や2-in-1やタブレットを主眼に置いたCore mシリーズなども登場している。

IFA 2015ではSkylakeを搭載した「Intel Compute Stick」のアップデート版も披露された。従来の「Atom」プロセッサに代わり、新「Core M」チップを搭載する(CNET Japan)。

12489756 story
ノートPC

富士通、ノートPC「LIFEBOOK」シリーズのバッテリパック自主交換を実施 30

ストーリー by headless
交換 部門より
KAMUI 曰く、

富士通は27日、ノートPC「LIFEBOOK」シリーズの一部においてバッテリパックの発火による火災の恐れがあるとして、交換・回収を実施すると発表した(富士通からのお知らせ消費者庁リコール情報サイト)。

対象となるのはパナソニックが2011年8月から2012年5月までに製造したバッテリパック約7万個で、「LIFEBOOK」シリーズのうち、2011年冬から2012年夏までの個人・法人向けおよび海外モデルに搭載されたほか、修理による交換やオプションとして販売されたものが含まれる。同社では交換が完了するまでバッテリパックを外してACアダプタで使用すること、外したバッテリパックは周囲に可燃物が無い冷暗所に保管することなどを要請している。

12220159 story
ノートPC

レトロデザインのThinkPad、復活したら欲しい? 135

ストーリー by headless
懐古 部門より
7列キーボードや青いEnterキー、カラフルなロゴといったレトロデザインのThinkPad復活をLenovoが検討しているそうだ(Lenovoのブログ記事Ars Technicaの記事Windows IT Proの記事Digital Trendsの記事)。

レトロデザインといっても4:3ディスプレイを搭載した分厚いThinkPadではなく、コンセプトデザインでは16:10ディスプレイを搭載した薄型のThinkPad X300のようなイメージだ。キーボードやロゴのほか、ラバー塗装や多数のステータス表示LED、2灯のThinkLight、独立したボリュームコントロール、むき出しのネジなどが特徴として挙げられている。

ThinkPadでのレトロデザイン復活は単なるアイディアの段階であり、実現できるかどうかは不明だという。皆さんの御意見はいかがだろう。また、ThinkPadに限らず、復活したら実際に使いたいと思うようなデザインのノートパソコンはあるだろうか。
11990588 story
マイクロソフト

Intel CPU搭載になったSurface 3発表。499ドルから、日本での発売日は未定 63

ストーリー by hylom
一気に魅力アップ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Microsoftが3月31日、タブレットPC「Surface 3」を発表した(PC Watch)。Surfaceシリーズの下位版モデルという位置付けで、CPUはAtom、ディスプレイは10.8インチ(1920×1280ピクセル)となっている。その分、価格は499ドルからと廉価になっている。

Surface RTおよびSurface 2はARM系CPUを搭載していたためOSもARM向けのWindows RTが採用されていたが、Surface 3ではOSにWindows 8.1を採用。CPUはAtom x7-Z8700(1.6GHz、クアッドコア)で、メモリ2GB、ストレージ64GBのモデルが499ドル。また、メモリ4GB、ストレージ128GBのモデルが599ドル。4G LTE対応モデルも用意されるようだ。

なお、発売日は5月5日となっているが、日本での発売については未定

11928694 story
ソフトウェア

Lenovo、Superfish削除ツールの配布を開始 49

ストーリー by headless
対応 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

LenovoのノートPCに「Superfish」というアドウェアがプリインストールされていた問題で、同社はこれを削除するツールを配布する予定を明らかにした(WSJ Digitsの記事本家/.)。

Wall Street JournalのインタビューでLenovoのCTO、Peter Hortensius氏は、削除ツールの完成後ただちに配布する予定であると語っている。このツールはSuperfishをアンインストールするだけでなく、影響をすべて消去するものになるという。配布方法などは今後プレスリリースで発表するとのことだ。

Superfishがもたらすセキュリティ上の危険性に関して、セキュリティ研究家との認識の食い違いについて指摘された同氏は、「セキュリティ研究家と言い争うつもりはない。彼らは理論上の懸念について論じている。我が社としては不正行為が発生したとは認識していないが、このソフトウェアがシステム上にあることが望ましくないという点には同意しており、一歩進んだ対応を取るべきとの結論に至った」と述べている。

Lenovoは21日(日本時間)、Superfish削除ツールの提供を開始した。また、McAfeeおよびMicrosoftと協力して、ウイルスチェック機能によりSuperfishのソフトウェアと証明書を自動的に削除または隔離できるように作業を進めているとのこと(ニュースリリース)。

なお、Errata SecurityのRobert Graham氏がSuperfishの証明書を抽出し、パスワードのクラックにも成功しており、パスワードが容易に連想できるものであることも判明している。これにより、攻撃者による悪用も可能となっている(Errata Securityのブログ記事本家/.)。

11865720 story
ノートPC

パフォーマンスが高く、オーバーヒートしないノートパソコンを選ぶには? 132

ストーリー by headless
爆音 部門より
本家/.「Ask Slashdot: High-Performance Laptop That Doesn't Overheat?」より

職場ではAcer、ASUS、Dell、Lenovoをはじめ、実質的には市場に出回っているあらゆるブランドのビジネス/マルチメディアノートPCを使ってきた。しかし、熱によるクロックダウンの問題に何年も悩まされ続けており、1台のノートPCでコードを書き、デバッグ/テストを実行するのは不可能だった。そのため、昨年からゲーミングノートPCへの置き換えを始めている。

今回は見た目がゲーミングノートPCらしくなく、職場で非常に必要とされているストレージが3~6台搭載可能ということでClevoの製品を選んだ。最初の出荷分が届き、とりあえず使えるものではあったのだが、期待していたほどの結果ではなかった。私に割り当てられたノートPCに搭載されているCore i7-4700MQは、デスクトップPCに搭載されている古いi7と大差ない。しかし、最高のサーマルペーストを使用しているにもかかわらず、Turbo Boostが有効になると70~80℃まで温度が上昇してしまう。友人のi7-4801MQはもっと悪く、3.6GHzで使用できるのは数秒間で、90℃以上まで温度が上昇してクロックダウンしてしまう。熱の問題で、ベンチマーク結果は4700MQと大差ない。しかもたったの3.6GHzだ。職場のデスクトップPCに搭載されている中で最も高性能なi7なら、6コア/12スレッドを使いながら、軽く5GHz近くで動作する。

そこでお尋ねしたいのだが、次は何を選ぶべきだろうか。見た目が良かったり、薄かったり、軽かったりするものは求めていない。一日中全コアとスレッドを使い、重要な計算だけでもTurbo Boostの最高速度で実行できる本物のノートパソコンが欲しいのだ。おまけとして手動でファンを調整できたり、ファンの清掃が簡単な構造であったりすれば素晴らしいと思う。

11861578 story
ノートPC

12インチMacBook Airの噂、11インチモデルより小型軽量? 33

ストーリー by hylom
USB1つだけってのはつらくないのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

昨年から、Appleが新たに12インチディスプレイを搭載したノートPCを発売するのではないかという噂が出ていたが、9to5Macがこの新モデルに関する詳細情報を伝えている(Engadget)。

Appleが公式に発表していたものではないが、これによるとフルサイズのUSBポートやMagSafe電源コネクタ、SDカードスロットなどはすべて省略され、インターフェイスはUSB Type-Cコネクタ1つとヘッドホン端子を備えるだけになるという。給電はUSB Type-Cコネクタ経由で行うようだ。また、幅を抑えるためにキーボードの間隔は狭くなり、タッチパッドも機械的なクリックは廃止される、などといった話が出ているようだ。

11855805 story
ノートPC

新しいThinkpad X1では物理キーが復活 53

ストーリー by hylom
1年で元に戻る 部門より
camelus 曰く、

昨年発表されたThinkPadの新モデル「ThinkPad X1 Carbon」では、これまでファンクションキーの並んでいキーボードの6列目がタッチセンサー式の「Adaptive Keyboard」に変更された(過去記事)。これが、次期ThinkPadでは廃止され、キーボードの6列目が従来の物理キーに戻る模様(PC Watch)。また、同時に「ThinkPad STACK」という縦に重ねられる重箱型アクセサリも発表されている。

X240とX1 carbon 2013は、クリック部がトラックパッドに一体化してるので購入に踏み切れなかった。あのモデルは中古も値下がりしそうな予感。

新しいX1にWindows 10がプリインストールされたモデルが出たら買おうかな。

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...