パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

12829569 story
電力

電力小売り自由化後、未だに電気料金システムのトラブルは解消せず 11

ストーリー by hylom
東京電力の管理能力がさらに疑われる状況に 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

今年4月より「電力小売りの自由化」が行われたが、これに合わせて稼動するはずだった東京電力パワーグリッドのシステムトラブルが続いているという(日経新聞)。

東京電力パワーグリッドは、顧客の電気メーターの検針や月間使用電力量データ集計を行い、小売り電気事業者にそれらを提供する業務を行っている。しかしシステムの障害によって小売り電気事業者は顧客の電力使用量が分からず、電気料金の請求ができない状況になっているそうだ。

日経新聞の記事によると、「システムトラブル」とはされているものの、その実態は顧客がシステムを利用するために必要なスマートメーターの導入が集中し、その情報や顧客情報のシステム登録が追いついていないことが原因だったという。

12820955 story
交通

日産、バイオエタノールを使用できる燃料電池を発表 45

ストーリー by hylom
日産はこの方向性か 部門より
maia曰く、

日産がバイオエタノールで発電する燃料電池「SOFC(固体酸化物形燃料電池)」を使ったシステム「e-Bio Fuel-Cell」の技術を発表した(Car Watchautoblogニュースリリース)。

SOFCはさまざまな燃料を利用できるのが特徴。北南米やアジアなどで広く流通しているバイオエタノールを燃料にでき、かつEV並の安価なランニングコストとガソリン車並の短いエネルギー充填時間を実現するという。

航続距離は600km以上で、発売時には800kmを目指す。エタノールには水を最大55%混ぜ合わせることができる。CO2は排出するが、バイオ燃料であれば、カーボンニュートラルになる。ただ、このシステムはかなり高温で稼働し、熱管理が必要となるらしい。

なお、日産は水素燃料電池車の実用化計画を凍結したとも報じられている(東洋経済)。

12819492 story
電力

運転開始から40年を超えた高浜原発、20年間の運転延長が許可される 88

ストーリー by hylom
いきなり20年延長は長すぎませんか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

1974年に運転を開始した高浜原子力発電所1号機および1975年に運転開始の同2号機が、原子力規制委員会から運転延長の認可を受けることが決まった(読売新聞)。運転開始から40年を超えた原発に対し運転延長が許可されるのは初めて。

なお、高浜原発については3号機および4号機に対し、大津地裁から運転停止を命じる仮処分が出ている。関西電力は執行停止の申し立てを行っているが、17日に却下されている(読売新聞の別記事)。大津地裁側は「原子力規制委員会が策定した新規制基準に基づく審査に合格しても安全性が確保されたとはいえない」と主張している。

12818521 story
テクノロジー

「焼酎かす」で作った活性炭を電極として利用する充電池が開発される 38

ストーリー by hylom
リサイクル 部門より

福岡工業大学が、焼酎の製造過程で生じる「焼酎かす」で作った活性炭を電極として使用した二次電池を開発したそうだ(読売新聞)。

活性炭を利用した二次電池はすでに商品化されているが、焼酎かすを使った活性炭は表面積を増やしやすいというメリットがある。従来焼酎かすは産業廃棄物として処理されていたため、これを再利用できるというメリットも大きいようだ。

12813380 story
電力

自動無人外洋船舶 Solar Voyager、ソーラー・パワーのみで大西洋を横断中 30

ストーリー by hylom
個人でやるのは凄い 部門より

Solar Voyger」なる自律運行カヤックが、太陽電池による太陽光発電のみで大西洋を横断することにチャレンジしているそうだ(TechCrunch中国網日本語版)。

Solar Voygerは無人で動く船で、GPSで位置を確認しながら自動で目的地に進む。この船は大企業などのバックアップは得ず、2人の個人が余暇を利用して「自家製」で作ったものだそうだ。6月1日にボストンを出発し、、順調にいけば4か月で大西洋を横断しポルトガルに着くという。Solar Voygerの最新状況はWebサイトのほかTwitterでも確認できる。

12812638 story
電力

東芝ライテック、2017年3月をもって蛍光灯器具の製造中止 33

ストーリー by hylom
新規設置は止めようという感じか 部門より

東芝ライテックが、蛍光灯器具について2017年3月をもって製造を終了すると発表した。より効率の良いLED照明の普及を推進するためという。蛍光ランプ自体の製造や、特殊用途向け器具の生産は継続する。

東芝ライテックは2010年に白熱電球の製造中止を発表、電球型蛍光灯についても2015年3月末で生産を終了している。蛍光灯照明器具については、パナソニックも2018年度中の撤退を発表している。

12810039 story
Ximian

一匹の猿がケニア全土を停電させる 41

ストーリー by headless
停電 部門より
7日、水力発電所に入り込んだ一匹の猿により、ケニア全土で3時間以上にわたる停電が発生したそうだ(KenGenのFacebook記事The Next Webの記事The New York Timesの記事)。

この猿はベルベットモンキー(サバンナモンキー)とみられ、Gitaru Power Stationの屋根によじ登り、変圧器の上に落ちたのだという。これにより変圧器が動作を停止したことで、他の機器も過負荷で停止してしまい、発電所からの180MWを超える送電が停止することになる。その結果、ケニア全土で停電が引き起こされたとのこと。

発電所を運用するKenGenによれば、発電所は動物に荒らされないよう電気柵で囲んであったそうだ。また、今回の事故は単発的なものだとしつつ、セキュリティの強化策を検討しているとも述べている。

なお、猿は無事に保護され、ケニア野生生物公社(KWS)に引き渡されたとのことだ。
12804979 story
交通

ノルウェー、2025年までにガソリン車の新車販売禁止を検討 77

ストーリー by hylom
10年後です 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ノルウェーで、ガソリン車の新規販売を2025年までに禁止する方針が議論されているそうだ(electrekギズモード・ジャパンSlashdot)。

もともとノルウェーは電気自動車の推進に積極的で、現時点でもその普及率は24%に達している。このため、ノルウェーの主要4政党はディーゼルまたはガソリン車の販売規制について長い間議論してきた。同国は世界最大石油輸出国ということもあって議論はまとまらなかったというが、近年ではインドやオランダでガソリン車の販売を禁止する動きが出てきており、これを受けて議論が再燃しているという。「電気自動車先進国」として、ガソリン車廃止のイニシアチブを取りたいというもくろみがあるようだ。

しかし実際にイニシアチブを握るためには、国内市場に向けた電気自動車の提供を増やす必要があり、この報道に対して米電気自動車メーカーTesla Motorsのイーロン・マスクCEOも歓迎の姿勢を見せている。ただ、実際に新車販売が禁止されるかどうかはまだ不透明な部分もある模様。

12802730 story
オーストラリア

性別を問わずに「guys」と呼びかけるのはジェンダーバイアス?オーストラリアで議論に 118

ストーリー by headless
女子 部門より
英単語「guy」は男性を示すが、複数形の「guys」は性別を問わず「everyone」と同様の意味で使われることも多い。しかし、女性を含むグループや女性のみのグループに対して「guys」と呼びかけることはジェンダーバイアスではないかという議論がオーストラリアで持ち上がっているそうだ(Mashableの記事ABC Newsの記事Diversity Council Australiaのブログ記事)。

事の発端はNPOのDiversity Council Australiaによる、職場で使う言葉を見直して多様性の受け入れを進めようという「WordsAtWork」キャンペーンだ。キャンペーン動画では「職場にママはいないので使ったものは自分で片付けよう」といった貼り紙や、職場で数名の女性に対して「girls」と呼びかけることなどを問題点として指摘しているが、「guys」という言葉自体は出てこない。しかし、理事長のDavid Morrison氏がABCテレビのインタビューで女性キャスターの疑問に答え、これまで普通に使っていたが今後は使わないようにすると述べてしまう。

キャンペーンに対しては言葉狩りではないかといった指摘も出ていたが、キャンペーンを支持する人の中にも外務大臣のジュリー・ビショップ氏のように「guys」を不適切とするのは行き過ぎだと考える人が出てきているようだ。これについて、Diversity Council Australiaでは、多くの人々が「guys」を性別にかかわらず使える言葉と考えていることを認めたうえで、そのような呼びかけから除外されていると感じる女性が存在する可能性も指摘している。
12801977 story
統計

5月のデスクトップOSシェア、休日にWindows 10が1位となる国や地域が増加 47

ストーリー by headless
増殖 部門より
StatCounterの5月分データによると、ポルトガルオランダニュージーランドでWindows 10のシェアがWindows 7を上回って1位となったほか、休日にWindows 10のシェアが1位となる国や地域が増加している。

Windows 10のシェアは休日に上昇する傾向があり、5月29日のデータを地図で見るとWindows 10がシェア1位になった国が増加していることがわかる。オセアニアでは4月下旬から土日にWindows 10のシェアが1位となっていたが、北米でも5月29日に初めてWindows 10がWindows 7を上回った。カナダでは5月23日以降、土日にWindows 10のシェアが1位になっており、米国では5月29日にWindows 10のシェアが初めて1位になった。ただし、メモリアルデーの休日だった翌30日にはWindows 7が再び1位となっている。

欧州では月単位でWindows 10が1位になっている国に加え、5月29日には英国、フランス、スウェーデン、ベルギー、ノルウェー、オーストリアなどでWindows 10が1位になっている。アジアではシンガポールが5月15日以降の土日にWindows 10がWindows 7を上回るようになった。5月29日は北朝鮮でもWindows 10が1位となっているが、北朝鮮のOSシェアは順位の変動が大きいため、傾向を見る上であまり意味のある数字ではないだろう。

日本ではMicrosoftが無償アップグレード対象マシンに対して自動でアップグレードスケジュールの設定を開始したとされる5月半ばからWindows 10のシェアが急増しており、5月9日~15日の1週間で18.92%だったWindows 10のシェアは5月23日~29日の1週間では23.66%となっている。

(続く...)
12801317 story
電力

誤飲事故が増えているボタン電池、乳幼児が開けにくいパッケージの導入へ 46

ストーリー by hylom
乳幼児が触れないところに置くのが一番ではあるが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ここ数年で、乳幼児によるコイン型リチウム一次電池(いわゆるボタン電池)の誤飲事故が増えているという。そのため一般社団法人電池工業会が「乳幼児が素手で開けられないパッケージ」を検討、順次空けにくいパッケージを市場へ導入していくとのこと(電池工業会の発表)。

このような取り組みは、医薬品や使い捨てライターでも行われ成果を上げている一方、高齢者など手の不自由な人からの不満の声も聞かれる。

12797826 story
Windows

Windows 10 Insider Preview、NTFSで260文字のパス長制限を解除可能に 43

ストーリー by hylom
この制限って解除できたのか 部門より
headless 曰く、

Microsoftは26日、PC版のWindows 10 Insider Preview ビルド14352をFastリング向けにリリースした。公式には発表されていないようだが、本ビルドではNTFSで最大260文字となっているパスの長さの制限を解除するグループポリシー設定が追加されている(Windows Experience BlogMSPoweruser)。

NTFSのパス長制限を解除するグループポリシー設定は、ローカルグループポリシーエディタ(gpedit.msc)の「ローカルコンピューターポリシー→コンピューターの構成→管理用テンプレート→システム→ファイルシステム→NTFS」にある「Enable NTFS long paths」という項目だ。ただし、実際に260文字を超えるパスにアクセスするには、アプリケーションのマニフェストを変更する必要がある。

このほかの変更点はCortanaやWindows Inkなどの機能改善が中心となっている。フルスクリーンでゲームバーをサポートするゲームが増えた点や、フィードバックHubではMicrosoftの回答が表示されるようになった点なども改善点として挙げられている。改善かどうかはよくわからないが、エクスプローラーアイコンの色は再び変更されている。また、Windows 10 ProからEnterpriseへのアップグレードをする場合、プロダクトキーを変更するだけで追加機能がインストールされるようになり、再インストールが不要になったとのこと。

新機能といえそうなのは、Windows Defender以外のセキュリティソフトウェアを使用している場合にも定期的にWindows Defenderでスキャンを実行する「Limited Periodic Scanning」機能だ。Windows Defender以外のセキュリティソフトウェアをインストールした場合にのみ「設定→更新とセキュリティ→Windows Defender」に設定項目が表示される。

また、Microsoft Edge Dev Blogによると、Microsoft EdgeのRTCスタックでH.264/AVCサポートが試験的に利用できるようになったとのこと。この機能を有効にするにはMicrosoft Edgeで「about:flags」を開き、「WebRTC」の「Enable experimental H.264/AVC support」にチェックを入れればいい。

本ビルドでは23件の問題が修正された一方で、既知の問題点は3件と少ない。1件は以前のビルドでMicrosoft Edgeにインストール済みの拡張機能が最初のサインイン後15分間動作しないというもの。もう1件はCortanaの新機能が動作しないというもので、PCを再起動すれば問題は解消するという。最後の1件はNetflixやTweetiumといったアプリでキーボードナビゲーションが機能しないというものだ。

12796929 story
電力

上水道の減圧バルブ一体型の超小型水力発電システム 36

ストーリー by hylom
無駄な水流をエネルギーに 部門より

ダイキン工業が神戸市水道局と共同で、上水道の水道管に超小型の水力発電システムを組み込むシステムの研究開発を開始するそうだ(ダイキン工業の発表環境ビジネスオンラインインターネットコム)。

上水道施設には圧力調整用バルブが多く設置されており、それを超小型のマイクロ水力発電システムに置き換えることを目指すという。これにより、水圧調整と同時に発電を行うという。ダイキン工業はすでに22kWおよび75kWクラスのマイクロ水力発電システムを開発しているとのことだが、今回は10kW以下という超小型マイクロ水力発電システムの開発を目指すと同時に、22kWクラスの物を設置して機能やコストを評価するという。発電量は年間211MW時とのこと。

12790317 story
Windows

Microsoft、今夏の大型アップデートに向けてWindows 10のハードウェア要件を一部変更 50

ストーリー by hylom
一部引き上げ 部門より
headless 曰く、

今夏の大型アップデート「Anniversary Update」に向け、MicrosoftがWindows 10のハードウェア要件を一部変更した(Windows 10 hardware dev — Minimum hardware requirementsNeowinMSPoweruserWinBeta)。

RAM容量については、これまでデスクトップ版(タブレット、ノート、2-in-1、オールインワン、デスクトップ)では32ビット版が1GB以上、64ビット版が2GB以上となっていたのだが、32ビット版/64ビット版ともに2GB以上に変更されている。また、モバイル版ではWVGA~FWVGAの端末について512MB以上となっていたが、1GB以上に変更された。Windows Phone 8を搭載したLumiaでは、すでにRAM 512MBのモデルがWindows 10 Mobileの対応機種から除外されていた。

画面サイズはこれまでモバイル版が8インチ未満、デスクトップ版(タブレット、ノート、2-in-1、オールインワンのみ)が8インチ以上となっていたが、モバイル版で9インチ未満、デスクトップ版で7インチ以上に変更されている。また、7月28日以降、すべての新しいデバイスでTPM 2.0の実装が必須となる。

なお、適用されるWindows 10のバージョンは「1607」となっており、7月のリリースを示しているようだ。Anniversary Updateの具体的なリリース日については発表されていないが、WinHECで使われたスライドに7月29日と記載されていたことが報じられている。

12789192 story
Windows

Microsoft ストアでフィードバック Hubがリリースされる。一般ユーザが利用可能に 7

ストーリー by hylom
とはいえ一般ユーザー向けという感じではないですが 部門より
caret 曰く、

Microsoftは「Windowsフィードバック」と「Insider Hub」を統合したアプリ「フィードバックHub」をWindows 10、Windows 10 Mobile向けにMicrosoftストア(旧Windowsストア)にリリースした(MicrosoftストアWindows CentralSoftpedia NewsNeowinMSPoweruser)。

Windows Centralによれば、フランスのtheWINdoseが最初に発見した模様だ。ストアにリリースされたことで、Windows Insider Preview以外の一般的な環境でもフィードバックHubを利用可能になった。

フィードバックHubはWindows 10 Mobile Insider Previewビルド14283で発表、初搭載され、Windows 10 Insider Previewビルド14291以降ではPC向けにも提供されている。

typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...