パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

12854514 story
プリンター

ミシガン州立大の研究者、指紋認証を突破するための「指」を3Dプリンターで作成中 18

ストーリー by headless
指屋 部門より
以前、導電性インクと専用の回路用紙を使用してスマートフォンの指紋認証を突破する方法を発表したミシガン州立大学教授のAnil Jain氏とその生徒が、警察の依頼を受けて指紋認証用の「指」を3Dプリンターで作成しているそうだ(Mashableの記事Fusionの記事)。

具体的な地域は明らかにされていないが、依頼したのはミシガン州内の警察で、殺人事件の容疑者を特定するために被害者が使用していたGalaxy S6のロックを解除しようとしているらしい。警察は被害者を別の事件で逮捕した際にすべての指の指紋を採取していたが、導電性インクを使用する手法ではロック解除に成功しなかったため、Jain氏に依頼したとのこと。

Jain氏はさまざまな3Dプリンターで被害者の10本指のモデルを作成し、指先部分に導電性素材を適用する。使用する3Dプリンターは数十万ドルもする非常に高価なもので、他の研究者などと共有しているため、10本の指をすべて作成するにはさらに数週間を要する見込みだ。導電性素材も複数試す計画だが、完成した指でロックを解除できる保証はないという。

銃乱射事件の容疑者が使用していたiPhone 5cのロック解除をAppleが拒否するなど、捜査当局による携帯電話のロック解除はさまざまな議論を呼んでいる。容疑者などにロック解除を強制することは、不利な証言を強制されないことを保証した合衆国憲法修正第5条に抵触する可能性もある。ただし、過去の裁判では、PINコードなど本人が記憶している情報は保護の対象になる一方、生体情報によるものは保護の対象にならないといった判断が示されている。

そのため、指紋によるロック解除は本人の同意がなくても修正第5条には反しないと考えられるという。さらに今回の場合は本人が死亡しているため、別の犯罪に関する不利な証拠が出ても被害者が訴追されることもない。その一方で、携帯電話に保存された情報は所有者の内心を拡張したものとして修正第5条のほか、不当な押収や捜査を禁じた修正第4条でも保護されるべきだとする意見もあるようだ。
12837985 story
プリンター

ブラザーも大容量インクカートリッジ採用のインクジェット複合機を一般向けに発売 44

ストーリー by hylom
プリンタも二極化 部門より

ブラザー工業が、従来モデルと比べてブラックインクで約6倍、カラーインクで約2.5倍という大容量インクカートリッジを備えたインクジェット複合機を発売する(デジカメWatch)。

また、1年のメーカー保証に加え、その後2年間で1回使える無償修理サービスも提供されるとのこと。家庭やオフィスのペーパーレス化が進んでいるが、月に50枚以上プリントする利用者もいるとのことで、こうした大量にプリントする層を狙った製品だという。

12813379 story
プリンター

スラドに聞け: 葉書の郵便番号印刷に適したフォントは? 78

ストーリー by hylom
業者にお任せ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

葉書の宛先の郵便番号枠内に使用するフォントは、何が適しているだろうか?

「郵便局でOCR処理されるため、ゴシック体が向いている」という出所のわからない情報を信じ、MSゴシックを使用し続けてきた。ふと、インクジェットプリンタで印刷した日本郵便発行のインクジェット用ではない葉書を見ると、16ポイントのMSゴシックは若干にじみ、太さもあるため「3、6、9」の隙間が小さく視認性が悪く感じた。スキャナ付属の性能が制限されたOCRソフトにかけてみると、誤認識する場合もあった。

そこで、他のフォントを検討してみることにした。Windows 10付属の游ゴシックを試してみたところ、「3、6、9」の隙間が大きく視認性が良いと感じた。また、細いためインクジェット印刷で多少にじんでも問題なく、OCRソフトの誤認識はなかった。

日本郵便のウェブサイトでは、郵便番号の推奨フォントに関する記述は見つからなかったが、「料金受取人払郵便物における整理番号の表示方法>」に「OCR-Bフォント又は教体を標準とする」という記述があった。

OCR-BはJANコードでなじみ深く、年賀状作成ソフトでも郵便番号用に同梱されていることが多い。「3、6、9」の隙間が大きく、「4」の上部が離れている点が特徴だろうか。

教体は、教科書体のことだろうか。教科書体も「4」の上部は離れている。

OCRフォントならば、OCR-HNはどうだろうか。升目に1文字ずつ記入する例示として見たことがある方も多いと思う。「4」の縦線が平行になっている点が特徴だろう。しかし、手書きもできるこの書体は、日本郵便やゆうちょ銀行の議決権行使書で使われていたが、住所の書体との統一性の無さが気になった。

OCR-Aは見た目はとてもアレゲではあるが、視認性が悪い。また、郵便区分機が対応しているかも疑問である。スラドのみなさんは、郵便番号をどのようなフォントで印刷されているだろうか?

12760816 story
ビジネス

Lexmark、中国のプリンタ部品メーカーに身売り 15

ストーリー by hylom
Lenovoに続きLexmarkも中国資本へ 部門より

米プリンタメーカーLexmark Internationalが中国Apex Technology(珠海艾派克科技)および投資ファンドPAG Asia Capital(太盟投資集団)に買収されることが発表された(日経ITpro)。買収価格は総額約36億ドルとのこと。

Apexはインクカートリッジやトナーカートリッジといったプリンタ向け消耗品を手がける企業。

12746372 story
グラフィック

コンピューターアルゴリズムと3Dプリンターで作成されたレンブラントの「新作」がオランダで公開される 76

ストーリー by headless
新作 部門より
コンピューターアルゴリズムで作成され、3Dプリンターで出力されたレンブラントの「新作」がオランダ・アムステルダムで公開されたそうだ(The Next RembrandtThe Vergeの記事The Next Webの記事The Guardianの記事)。

この作品「The Next Rembrandt」は、17世紀のオランダの画家であるレンブラントが実際に描いたものではなく、複製画でもない。Microsoftやデルフト工科大学などの科学者や技術者、美術史家らがレンブラントの様式を現代の技術で再現したものだ。18か月のプロジェクトでは、3Dスキャンした300点以上のレンブラント作品から筆致や構図、人物、衣装などをコンピューターで分析し、16万以上の断片を組み合わせて新たな作品のデータを生成。3Dプリンターで13層にわたってUVインクを塗り重ねることで細部まで再現したとのことだ。
12745541 story
アメリカ合衆国

カラープリンタが使えなかったホワイトハウス 35

ストーリー by hylom
某番組風にお届けします 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

情報大国アメリカのワシントンD.C.にある問題を抱えたお宅がありました。ホワイトハウス。この家が抱える問題、それは……。

デスクトップPCは10年近く前の旧式でプリンターはモノクロ。両面コピー機能などはもちろん無かったのです。携帯電話も全員旧型のブラックベリー。大統領専用機となるエアフォースワンの施設も古く、空対地インターネットの接続は1990年代半ばダイヤルアップ・モデム同然の速度で電子メールを送っていました。しかし、ホワイトハウスともなるとセキュリティ面から簡単にアップグレードできなかったため手が付けられなかったのです。

そんなオバマ大統領の切なる願いを受けて立ち上がったのが情報機器の匠、FacebookのエンジニアリングディレクターDavid Recordon氏。2年の期間を要したその機器刷新の全貌を見ていただきましょう。

なんということでしょう。PCはSSD付きの最新型のノートPCになり、側近の携帯電話もiPhoneにアップグレードしてしまったではありませんか。オバマ大統領の携帯電話はセキュリティの高いブラックベリーのまま。もちろんプリンターはカラーになりました。Wi-FiもアップグレードされFacebook上でライブストリーミングができるようになったのです(New York TimesGIZMODOSlashdot)。

2017年に就任する新大統領はこのホワイトハウスを気に入ってくれるでしょうか。なお改造費用は不明です。

12702788 story
プリンター

ゼンリンの「3D都市モデルデータ」を3Dプリンタでジオラマ化 14

ストーリー by hylom
リアルすぎる感はあるが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

3Dプリントサービスを手掛けるアイジェットがゼンリンの「3D都市モデルデータ」を使った3Dジオラマ「3D Print Maps」の販売を開始したそうだ(INTERNET Watch)。

まずは東京タワーおよび神宮球場周辺、広島城・原爆ドーム周辺の3エリアをオンラインストアで販売開始し、順次エリアを拡大するという。自治体や建設業界を対象に、縮尺やエリアをカスタマイズした個別オーダーも受け付けるとのこと。

12680779 story
EFF

EFF、社内のソーシャルネットワークを活用して文書のハードコピーを共有するXeroxの特許を酷評 16

ストーリー by headless
酷評 部門より
Xeroxは1月、プリントアウトした文書を社内のソーシャルネットワークで共有するシステムの特許を取得した。しかし、この特許は図書館の貸出カードシステムを電子化したレベルのものだとして、EFFが毎月最もバカバカしい特許に贈る「Stupid Patent of the Month」に選定した(EFF — Deeplinks Blogの記事Ars Technicaの記事米国特許 9,240,000)。

2011年に出願されたこの特許では、企業が紙の使用量削減を進めているにもかかわらず、人々はコンピューターの画面に表示される文書よりもプリンターで印刷した紙の文書を好む傾向にあると指摘。ソーシャルネットワークを用いて近くのユーザーが印刷した文書を共有することで、同じ文書が何度も印刷されることを避けるシステムを提案している。

方法としては、印刷設定画面に出力した文書を共有するかどうかのオプションを用意し、このオプションが選択された場合にはユーザーのプロフィールページに文書が共有可能であることを表示する。プロフィールページには貸し出し状況や、おすすめの文書なども表示されるようだ。また、同じ文書が既に印刷されている場合には、共有可能であることを印刷前に通知することも可能となっている。

EFFでは昔からある当然のアイディアをコンピューター上に焼き直し、わかりにくい文言で記述した多数の特許の一つだと指摘し、このような特許を認めてしまう米国の特許システムを批判している。

ただし、実際には貸し出しの管理よりも、同一の文書が繰り返し印刷されないよう管理するところがポイントのようにも思われるが、スラドの皆さんのご意見はいかがだろう。
12651029 story
プリンター

エプソン、大容量インクタンクを備えるインクジェット複合機を日本でも発売へ 31

ストーリー by hylom
この値段だと使い捨てはできないね 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

エプソンが大容量インクタンクを備えるインクジェット複合機「EW-M660FT」を2月4日に発売する。価格は税別5万円台中盤程度になるようだ(デジカメWatch)。

本製品の特徴は大容量のインクタンクと、カートリッジ交換ではなくインクタンクへのインク注入でインクの補充ができる点。本体にはインクボトルが2セット付属しており、これだけでA4カラー文書約1万1300枚相当の印刷ができるという。インクボトル単体での価格はブラック(140ml)が1,800円前後、シアン・マゼンタ・イエロー(70ml)が各900円前後になるという。

エプソンはすでに海外で大容量インクタンクを備えるプリンタを販売していた(過去記事)。

12616073 story
スポーツ

NFL公式タブレットのSurfaceにトラブル、使用できなかったダラス・カウボーイズが勝利 56

ストーリー by headless
勝利 部門より
MicrosoftのSurface Pro 3はNFL公式タブレットとして各チームがフォーメーションやプレイの写真を確認するのに使っている。しかし、7日のワシントン・レッドスキンズとダラス・カウボーイズの試合ではカウボーイズ側のSurfaceが動作せず、写真を見ることができないまま試合を戦ったそうだ(SBNation.comの記事HotHardwareの記事ESPNの記事Dallas Morning Newsの記事)。

トラブルの詳細は不明だが、試合開始時からSurfaceの電源が入らなかったようだ。公式タブレットはNFLが保管し、試合時に各チームへ貸し出される形になっているため、保管時に正しく充電されていなかったのかもしれない。ビジターのカウボーイズはSurfaceの代わりに写真をプリントアウトしようとしたが、カウボーイズ側ではプリンターも正常に動作しなかったとのこと。

なお、フィールドでのSurfaceの使用については、一方のチームが使用できない場合、もう一方のチームも使用してはいけないというルールがあるそうだ。しかし、レッドスキンズは試合開始時からSurfaceを使用し続け、カウボーイズ側の抗議により使用を中止したのは第2クォーターの終わりになってからだったという。ちなみに、試合自体は19対16でカウボーイズの勝利に終わっている。
12585601 story
プリンター

「世界最古」と称する金属活字から自然界にほとんど存在しない「テクネチウム」が発見される 88

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

韓国で高麗時代の仏教書籍「南明泉和尚頌証道歌」の印刷に使われたとみられる金属活字12個が発見されたという。この活字は発見者により「證道歌字=証道歌字」と命名されているのだが、この活字の一部を切り取って成分を分析したところ、自然界にはほとんど存在しない元素「テクネチウム」が2.62%含まれているという結果が出たそうだ(朝鮮日報 )。

これについて韓国科学技術研究院(KIST)のト・ジョンマン博士は分析にミスがあった可能性があるとした上で、「もし、本当にテクネチウムが2.62%も含まれていたならば、(活字が)偽造されたものである可能性が高い」と述べているという。

「南明泉和尚頌証道歌」は木版による覆刻本(1239年印刷)だけが現存しており残っているため、字体で真贋の判定はできないという。そのため、この活字が本物なのかについて論争が起きているようだ。

しかし稀少元素であろうテクネチウムって、そんなに入手が容易なのだろうか? テクネチウムって、そんなに元素比分析が困難なのだろうか?

12542893 story
スポーツ

Nike COO曰く、家庭の3Dプリンターでシューズを出力できるようになるのは遠い将来の話ではない 17

ストーリー by headless
製靴 部門より
GeekWire SummitでNike COOのEric Sprunk氏が、Nikeのシューズを家庭の3Dプリンターで出力できるようになるのは遠い将来のことではないという考えを示したそうだ(GeekWireの記事Consumeristの記事動画)。

アッパー部分がニット素材になっている「Flyknit」のイノベーションについて聞かれたSprunk氏は、これまでのNike製品のイノベーションが主に外見や履き心地や機能といった製品の設計に関するものであったと述べ、Flyknitでは製造過程でのイノベーションが行われていることを説明。Flyknitでは編み機にコンピューターファイルを送り、直接編み上げる。これにより、素材の切れ端などのゴミが出なくなり、デザイン変更や個人の足に合わせたカスタマイズも容易になるという。

ファイルを消費者に直接提供する予定について聞かれたSprunk氏は、知的財産の面では引き続きファイルの所有者はNikeになるとしつつ、ファイルを使用して家庭の3Dプリンターで出力したり、Nikeの店舗で出力したりできるようになるのはそう遠い先の話ではないと述べている。

GeekWireではNike.comでシューズをカスタマイズして購入し、ダウンロードしたファイルを必要な材料とともに家庭の3Dプリンターにセットすれば数時間後に注文通りのシューズが完成するというシナリオを想像している。皆さんはどう思われるだろうか。
12484145 story
プリンター

キヤノンのバブルジェット方式インクジェットプリンタ、発売から30周年 37

ストーリー by hylom
キヤノンとエプソンでのアプローチの違いが面白い 部門より

キヤノンがバブルジェット方式インクジェットプリンタの発売から30周年を迎えることを発表した。

バブルジェット方式は、インクが入った管を加熱することで気泡を発生させてインクを噴出させるというもの。一般的には「サーマル方式」などと呼ばれる。キヤノンは1985年にこの方式を使ったインクジェットプリンタを発売した。

なお、インクジェットプリンタには複数の方式があり、圧電素子を使った「ピエゾ方式」を使ったものが先に製品化されていた。キヤノンも1981年にピエゾ方式のインクジェットプリンタを発売していたとのこと(日経ITpro)。また、Hewlett-Packardは1984年にサーマル方式のインクジェットプリンタを発売している。ちなみに、エプソンは現在もピエゾ方式のインクジェットプリンタを販売しているそうだ(PC Watch)。

12346305 story
プリンター

エプソンが北米でもインクジェットプリンターの販売戦略を変更、大容量インクタンクモデルを投入 36

ストーリー by hylom
日本ではどうなる 部門より

エプソンは新興国で「本体は高く交換用カートリッジは安い」という機種を販売していたが、ついに北米でもこのような超大容量・ボトル補充方式のインクジェットプリンターを発売するという(GIGAZINEASCII.jp)。

エプソンを含む多くのプリンターメーカーでは本体を安くする代わりに、交換用インクカートリッジを高価にすることで利益を得るビジネスモデルを採用している。しかし、新興国では廉価な非純正大容量カートリッジを搭載できる改造品が台頭していたため、これとは異なる大量のインクを搭載できるプリンタを販売していた。

今回発表されたプリンターはインクボトルが1本12.99ドルで、従来のカートリッジに比べてランニングコストは20分の1以下になるという。

12046812 story
Windows

Microsoft、Windows 10 への 3Dプリンティングプラットフォーム「Spark」統合を発表 29

ストーリー by headless
統合 部門より
eggy 曰く、

Microsoftの年次開発者会議「Build 2015」にて、Microsoft副社長でデベロッパー&プラットフォームエバンジェリズム(DPE)グループ統括責任者のスティーブ・グッゲンハイマー氏が、3Dプリンティングのソフトウェアプラットフォーム「Autodesk Spark」をWindows 10に統合することを発表した(VentureBeatの記事本家/.)。

3Dプリンティングの活用が広がりをみせる中、MicrosoftはWindowsが3Dプリンティング・ソフトウェア開発者らに選ばれるプラットフォームとなることを目指しており、パートナーであるHPやShapeways、Autodesk、Dassault Systèmes、netfabb、SLM Solutionsらのハードウェア及びソフトウェア企業と連携してして、相互運用性の問題を処理していくことになる。これの一環として、SparkをWindows10に搭載することになったようだ。

Autodesk Sparkは3Dプリンティングソフトウェアやハードウェア、素材、サービスを構築するためのオープンプラットフォーム。Sparkは3Dプリンティングの各ステージで使用する広範なAPIを提供し、アプリケーションに3Dプリント機能を手早く追加することができるとのこと。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...