パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

12792670 story
携帯電話

iPhoneだけで撮影するプロカメラマン 33

ストーリー by hylom
最近デジカメを触らなくなっている人も増えているのでは 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本の一部ではフルサイズの一眼レフカメラでないと撮影に応じてもらえないという話もあるらしいのだが、海外ではiPhoneだけで撮影を行うプロのスポーツカメラマンがいるそうだ(TechCrunch)。

iPhoneを使うメリットはそのコンパクトさと、また撮影後すぐに編集・加工して送信できる点だという。TechCrunchの記事には撮影された写真がいくつか掲載されているが、さすがどの写真もクオリティが高い。iPhone 6sのカメラの解像度は約1200万画素とのことで、一眼カメラの上位モデルと比べるとさすがに劣るが、Webメディアでの利用では十分であろう。

デジタルカメラの高性能化によって撮影における技術の必要性は減ったが、こういった形でカメラマンの技術が求められる時代がまた来るのかもしれない。

12786098 story
スポーツ

富士通、体操競技の自動採点技術を開発へ 19

ストーリー by hylom
人工知能による採点かと思いきや 部門より
Ryo.F 曰く、

富士通と日本体操協会が、体操競技の採点を支援する技術を共同研究するそうだ(ASCII.jp)。

体操競技の採点は、技の難度をはかる「Dスコア」と美しさ・雄大さなどをはかる「Eスコア」から構成されるが、今回の技術は、主にDスコアの採点を支援・自動化を目指すものだという。

将来的には、「Eスコア」も支援・自動化されるようになるのだろうか? また、他の競技への応用として、フィギュアスケートが挙げられているが、それ以外に対してはどうだろう? より複雑で応用が困難そうなもの:新体操やシンクロナイズドスイミングなど。より応用しやすそうなもの:剣道や寸止めルールの空手など。

レーザーセンサーで選手の動きを立体的に記録し、骨格認識技術を使って間接の状態を推定、技の完成度を認識するという。2018年度には競技会などでの技術実証を目指すそうだ。

12778113 story
人工知能

群知能を用いた人工知能が競馬予想に挑戦、4連単を見事的中 45

ストーリー by hylom
人工知能で儲ける一手法? 部門より
taraiok 曰く、

アメリカ・ケンタッキー州のルイビルで5月7日、競馬のGIレース「ケンタッキーダービー」が行われた。このレースの予想にシリコンバレーのスタートアップ「UNANIMOUS」が開発した人工知能「UNU」が挑戦、予測を的中させていたことが判明した(Yahoo!UNITechRepublicUNANIMOUS読売新聞Slashdot)。

UNUは「群知能」を用いたシステムで、賭けの方法は正答率が低いSuperfecta(4連単)方式。Superfectaでは、1~4着に入る馬を順番通り正確に当てる必要があるという。今回のレースでは、100ドル賭けていた場合54,000ドルが得られることになるそうだ。

群知能はアリの巣や鳥の群れのような集合的ふるまいを人工知能に応用したものだという。また、ほかにも様々な予測を行っており、アカデミー賞受賞者を専門家よりも正しく予測したり、NCAAカレッジボウルの結果予測では70%の精度で正答しているらしい。

12776670 story
ビジネス

「eスポーツ」プロ化の障害となるビザ問題 54

ストーリー by hylom
ゲームなら何でもOK、ではないらしい 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

近年ネットでのゲームプレイ動画配信が盛んになるとともに、対戦型ゲームが「eスポーツ」として盛り上がってきている。ゲームを流行らせたいメーカーなどが賞金を出したり、周辺機器メーカーがプレイヤーに報酬を出すプロチームが作られるようになるなど、プレイヤーがゲームだけで生活をしていく環境は整いつつあるが、いっぽうでこれらeスポーツにはビザ問題が立ちふさがっているという(AUTOMATON)。

このようなゲームは世界中に向けて販売されているため、人気プレーヤーやレベルの高いプレーヤーは世界中から登場する。しかし、eスポーツの大規模な大会は米国で行われることが多く、賞金が出る大会に参加するにはそのためのビザが必要となる。人気ゲーム「League of Legends」ではすでにトッププレーヤーに対しスポーツ選手や芸能人向けの「P-1ビザ」が発行されているが、このビザの発行のための審査は厳しいため、ゲームによってはプレーヤーがこのビザを取得できない場合があるという。

最近では、「大乱闘スマッシュブラザーズ」の有力プレーヤーがビザを取得できずに大会の出場が危ぶまれたという問題があったという。最終的には短期間のビザを取得でき、大規模eスポーツイベントEVO 2016への出場が可能になったとのことだが、米国ではこのような動きを受けてすべてのeスポーツをスポーツと認めるよう署名活動が行われているそうだ。なお、このような問題は米国だけではなく他国でも起きているとのことで、有名選手が海外の大会に出場できない、といった問題は頻発しているようだ。

12773444 story
アメリカ合衆国

米ハイテク業界の興亡動向は卓球台の販売台数で分かる? 25

ストーリー by hylom
なぜそんなに卓球ブーム 部門より

シリコンバレーのハイテク企業には必ず卓球台があり、卓球関連メーカーの売り上げでハイテク企業の売り上げも予測できるという話がウォール・ストリート・ジャーナルで紹介されている

記事ではハイテク企業幹部の「卓球台がなければ、ハイテク企業ではない」とのコメントや、卓球台による社内コミュニケーションの活性化効果が紹介されている。また、シリコンバレーを含む米カリフォルニア州のベイエリアでは企業による多数の卓球リーグがあり、GoogleやYahoo、Intelなども卓球台を購入していたという。

12768202 story
テクノロジー

フランスの水上バイクチャンピオン、ホバーボードによる飛行距離の世界記録を大幅に更新 22

ストーリー by headless
飛行 部門より
フランスの水上バイクチャンピオン、Franky Zapata氏がホバーボードによる飛行距離の世界記録を大幅に更新したそうだ(Guinness World Recordsの記事The Vergeの記事[1][2]テスト飛行の模様)。

これまでの世界記録は、カナダの発明家Catalin Alexandru Duru氏による275.9メートル。Zapata氏は4月30日、自らが率いるZapata Racingで開発したホバーボード「Flyboard Air」を使い、南仏ソセ・レ・パンの海岸でテスト飛行を実施。モーターボートや水上バイクに伴走され、水面から50メートルほどの高さを2,252メートル飛行したとのこと。Zapata氏の記録はギネス世界記録に認定された。

Duru氏のホバーボードがドローンで使われるようなプロペラを使用しているのに対し、Flyboard Airはターボエンジンを使用しており、最高高度1万フィート、最高時速150キロメートルで飛行可能だという。Zapata氏は水上バイクの水圧で空を飛ぶフライボードの発明者だが、Flyboad Airは独立した推進ユニットを搭載する初の製品になる。ただし、現在はまだプロトタイプの段階であり、2016年中に販売する計画はないとのことだ。
12761033 story
スポーツ

2020年東京オリンピックの新たなシンボルマークが決定 97

ストーリー by hylom
どこを目指しているのだろうか 部門より

「盗用問題」によって再度検討が行われた東京五輪エンブレムが、市松模様を円状に並べたもの(A案)に決定した(スポニチ日刊スポーツ)。

藍色の市松模様をベースにしたもので、形の異なる3種類の四角形が「国や文化・思想の違い」を示し、「多様性と調和」や「つながる世界」などを表現しているという。

12758699 story
スポーツ

選手にも提供されている日本自転車競技連盟の公式サプリメントからWADAの禁止物質が検出される 18

ストーリー by hylom
梅由来なのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

日本自転車競技連盟(JCF)の公式スポンサーとなっている梅丹本舗のサプリメント「古式梅肉エキス」および「トップコンディション」から、世界反ドーピング機関(WADA)が禁止している成分が検出された(スポーツ報知梅丹本舗の発表)。

検出されたのは、蛋白同化ステロイド(アナボリックステロイド)の一種である4,4-andorostadiene-3,17-dione(ボルジオン)。アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使われることから、使用禁止物質とされている。

含有量は梅肉エキス1g辺り0.00005mgと非常に少なく、副作用や健康被害は存在しないと考えられるとのことだが、ドーピング検査で検出される可能性があるとしてスポーツ選手に対し服用を控えるよう告知している。

12753908 story
変なモノ

スパンデックス素材のサイクリングショーツを禁止したニュージーランドのホテル 84

ストーリー by headless
素材 部門より
ニュージーランド・カンタベリー北部のホテルが、スパンデックス(Lycra)素材のサイクリングショーツ着用お断りの看板を出したそうだ(Stuff.co.nzの記事The Telegraphの記事The Guardianの記事The Registerの記事)。

このホテル The Plough Hotelのオーナー Mike Saunders氏は、朝食時にはズボンを着用してほしいと考えているようだ。Lycra素材のショーツ着用時の出っ張りや膨らみは見苦しいとし、誰もが朝食のソーセージは皿の上でだけ見たいだろうと述べている。Saunders氏自身も自転車愛好家だが、Lycra素材のショーツは発明されるべきでなかったとも述べているとのことだ。ニュージーランドでは2013年にも、クライストチャーチのカフェが同様の看板を出しているそうだ。
12753081 story
スポーツ

新日本プロレスリング、後楽園ホールでの新卒採用説明会で人気選手による特別試合を行う 20

ストーリー by headless
試合 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

カードゲームやキャラクターゲーム大手ブシロード傘下の新日本プロレスリング株式会社が12日、創立以来初という新卒・会社説明会を「プロレスの聖地」後楽園ホールで開催した(新日本プロレスのニュース記事[1][2]日刊スポーツの記事)。

474名の参加者が集まった会場には「新日本プロレスのエース」棚橋弘至選手やオカダ・カズチカ選手、獣神サンダーライガー選手など人気選手が入場し、特別試合も2試合行われたという。採用する職種は営業職とのことだ。

ちなみに、募集対象は全学部・全学科で、2017年3月卒業見込または卒業後3年以内で就業経験のない人となっている。現在マイナビ2017でエントリーを受付中だ。

12750416 story
交通

2030年の東京圏の都市鉄道、答申案まとまる 60

ストーリー by hylom
未来はどうなってるのだろうか 部門より
space-warrior 曰く、

国交省の交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会が、2030年頃を念頭に置いた東京とその周辺における都市鉄道のあり方についての答申案をまとめた。

前回2000年の運輸政策審議会答申第18号以来となるこの答申(案)、昨年度末までには出るはずだったのだが最新の会合は年度をまたぎ、案に対してのパブリックコメントもこれから14日まで募るそうなので(募集についてのPDF文書)、本決まりまでまだしばらく時間がかかるようだ。

答申案をざっと眺めると、駅の質の向上・バリアフリーやエコデザインの深化・遅延や災害情報の見える化など、ソフトウェア寄りの分野での提言はともかく、答申で一番期待されているはずの具体的な新線や線増プロジェクトについては「鉄道事業の需給調整規定が廃止され、国がプロジェクトの進行管理をする法的根拠がなくなった」との理由で提案された構想をほぼそのまま並べてカタログにしたのみ、取捨選択も優先順位付けもしないとのこと。まだ関係者に意欲があるのか疑わしい京葉線延伸や京王線線増、エイトライナー・メトロセブンなども先の18号答申から引き続いて載ったきりで、目新しいものというとつくばエクスプレス東京延伸と都心から有明方面への地下鉄構想とをくっつけて一体で整備したらという提案くらいか。

特に空港アクセス鉄道において、押上-泉岳寺間の都心直結線を異様に推してる鉄道局自身、それに対抗しつつあわよくば五輪にかこつけられればと思って羽田新線をブチ上げたJR東日本、都心直結線は費用便益比で割に合わないという独自の試算を先に出して牽制した雰囲気の東京都、18号答申に載ってからも進展がないどころかむしろ構想が悪化してる感ある蒲蒲線が悲願の諦めの悪い大田区など、今まで以上に外野がうるさくて纏められなかったのではという気もするのだが。

しかしこの小委員会と答申の他に大所高所から首都圏の都市鉄道をグランドデザインする役目の存在はこの国にないので、そこはもう少し踏み込んでよかったのではないかな……。

12748333 story
法廷

Amazon.co.jpのレビュー投稿者情報開示請求、サイトの運営元はアマゾンジャパンとAmazon側が認める 60

ストーリー by hylom
氏名や住所まで一発で 部門より

Amazon.co.jpに投稿されたレビューによって社会的評価が低下したとして、書籍の著者がアマゾンジャパンおよび米Amazon.comに対し投稿者情報の開示を求めて訴えた裁判で、東京地裁が投稿者の氏名や住所、メールアドレスの開示を命じたとのこと(日経新聞日刊スポーツ)。

Amazon.co.jpでの商品購入は米シアトルの「アマゾン・ドット・コム インターナショナル セールス インク(Amazon.com Int'l Sales, Inc.)」との取引になることはよく知られているが(Amazon.co.jpの特定商取引法に基づく表示)、サイト上にある「問い合わせ先」はアマゾンジャパンとなっており、また物流業務については「アマゾンジャパン・ロジスティクス」が行っている(5月1日にアマゾンジャパンとアマゾンジャパン・ロジスティクスは合併予定)。そのため、サイトの運営者がどの会社なのかは分からない状況だった。今回の裁判では、Amazon側がサイト運営主体についてアマゾンジャパンであると認めたとのこと。

12747948 story
スポーツ

東京五輪エンブレム、意見募集中 72

ストーリー by hylom
またもや話題に 部門より
maia 曰く、

東京五輪2020大会のエンブレム最終候補4作品が公表され、エンブレム委員会による最終審査の参考として「意見募集」が4月8日~4月17日まで行われている(最終候補作品に関する意見募集毎日新聞)。

前回の佐野案とは違って、どれが選ばれてもよいレベルのデザインに思える。パラリンピックとデザインを入れ替えた方がいいデザインがあるような気もするし、ひょっとしたらシャッフルまで頭をよぎるが、意見があればコメントしろということか。

なお、最終候補の中に次点未満の繰り上げ作品があるという話も話題になっているようだ。

12735234 story
ゲーム

「ぷよぷよ」の競技化を目指したクローン「Magical Stone」 84

ストーリー by hylom
競技として盛り上がるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

最近では対人コンピュータゲームの競技大会が「e-Sports」として注目される様になっている。格闘ゲームやFPSにおいては国内でもプロチームが登場するなど、世界だけでなく国内でも認知度は高まっているが、そんななか往年の名作落ち物ゲーム「ぷよぷよ」のe-Sports化を目指した「Magical Stone」なるクローンゲームが登場したそうだ(AUTOMATON)。

「Magical Stone」はルールとしてはぷよぷよとまったく同じ。ただし、登場するキャラクターは完全に異なり、落ちてくるオブジェクトも「ぷよ」ではなく「オーブ」とされている。

Magical Stoneの制作・運営を行うのはGameFactoryという会社で、ぷよぷよの権利を持つセガと直接のライセンス契約などはないようだ。また、ゲームのルールなどの「アイデア」は同一だが、キャラクターなどは完全に異なるため著作権侵害にはならないとGameFactory側は主張している。

12722642 story
テクノロジー

Nike、電動靴ひも調整システム搭載スニーカー「Nike HyperAdapt 1.0」を発表 15

ストーリー by headless
調整 部門より
Nikeは16日、電動靴ひも調整システム搭載のスニーカー「Nike HyperAdapt 1.0」を発表した(ニュースリリースVentureBeatの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

Nikeでは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に登場する自動靴ひも調整システム搭載スニーカー「Nike Mag」のレプリカモデルを2015年10月21日に発表し、2016年春にチャリティーオークションで販売することを予告している。2011年のチャリティーオークションで販売されたNike Magはロゴやソールが光るだけだったが、2015年版は電動の靴ひも調整システムを搭載している。

Nike HyperAdapt 1.0は、かかとに内蔵したセンサーで靴を履いたことを認識し、自動で靴ひもが締まる。2つのボタンを使用して締りを調整することも可能だ。土踏まず部分は光るものの、未来風デザインのNike Magとは異なり、一般的なスニーカーに近いデザインになっている。将来のモデルでは、状況を判断して自動で靴ひもを締めたり緩めたりする機能も搭載する計画だという。

Nike HyperAdapt 1.0のカラーバリエーションは3色。Nike+メンバー限定で2016年のホリデーシーズンから発売されるとのことだ。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...