パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

12816462 story
バグ

Microsoft、Windows 10 Anniversary Updateに向けた6月のBug Bashを実施中 39

ストーリー by headless
集中 部門より
Microsoftは14日、Windows 10 Insider PreviewのPC版 ビルド14366とモバイル版 ビルド14364のファーストリング向け提供開始に合わせて「Windows 10 Anniversary Update June Bug Bash」を開始した。16日にファーストリング向けの提供が始まったPC版/モバイル版のビルド14367でも継続して実施されている(Windows Experience Blogの記事)。

Bug Bashは数日を割り当ててMicrosoftのチーム全員が未報告の問題発見に集中するものだが、Insider Program参加者も加えたBug Bashは4月に初めて実施されており、今回が2回目となる。Bug Bashへの参加方法は4月と同じで、フィードバックHubアプリで「Windows 10 Anniversary Update 2016 June Bug Bash」というサムネイルのついたクエストを実行すればいい。これらのクエストは最新ビルド以外でも表示されるが、Bug Bashに参加するにはファーストリングに設定して最新ビルドにアップデートする必要がある。今回のBug Bashは日本時間6月20日15時59分に終了する。

ビルド14367では手書き認識でサポートする言語にインドネシア語/マレー語のほか、アフリカの言語が初めて追加されるなど、計23言語が新たに追加されている。また、PCでWindows 10のクリーンインストールを実行するためのツールの提供も開始されたが、ビルド14364/14366を含め変更点は大半が問題の修正や改善で、目立った新機能は少ない。一方、ビルド14367の既知の問題点はPC版で1件、モバイル版で2件。それぞれビルド14366/14364で3件あった問題点のうち2件が修正されており、モバイル版で新たに1件が追加されている。

Windows 10のクリーンインストールツールはMicrosoftから公式な発表がある前に存在が確認されていたが、ビルド14367では「設定→更新とセキュリティ→回復」にツールを紹介するMicrosoft Communityのページへのリンクが追加されている。ツールを実行すると最新版のWindows 10をインストールして、Windows 10標準以外のプリインストールアプリを削除できる。個人用ファイルを保持するオプションは用意されるが、プレビュー期間中はアプリに関連付けられたデジタルライセンスやデジタルコンテンツなどについては保証されない。また、実行のタイミングによっては現在実行しているビルドよりも古いビルドがインストールされる可能性もあるという。この場合、個人用ファイルを保持するオプションは使用できないとのこと。なお、ツールはビルド14342以降のWindows 10 Insider Preview Pro/Homeで実行可能だ。
12815107 story
Windows

Windows 10へのアップグレード後マザーボードを交換するとライセンス認証できないという話は嘘? 46

ストーリー by hylom
結局状況次第なのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Windows 7/8.1からWindows 10へ無償アップグレードした場合、マザーボードなどの部品交換するとライセンス認証が行えなくなるという話があった。たとえばPC Watchの記事では、「無償アップグレード版についてはライセンスが元のPCに紐付けられており、構成変更が理由で認証が外れると、認証できなくなる」との説明がされており、「マザーボードやシステムドライブを変更すると、別PCと認識され、ライセンスが認証されなくなる」と述べられている。しかし、マザーボードを交換しても再認証が行えたという話もあるようだ(てきとうなぶろぐ:Windows10無償アップグレード版がパーツ構成変更後に再認証できない話はウソ)。

このブログによると、マイクロソフトの電話ライセンス認証窓口担当者からは「特にパーツの変更などが理由でのライセンスの失効というのはないと考えている」との回答を貰ったとのこと。また、

「電話ライセンス認証窓口でWindows10無償UPG版のライセンス認証が行えないのはWindows10の無償アップグレード版には自動ライセンス認証しかなく、通常ならライセンス認証が正常に行われなかった場合は電話窓口へ電話するように促すメッセージが出るが、無償UPG版にはそれが出ずにエラーコードが出る」

という話もあり、ライセンス認証ができなかった場合はマイクロソフトアンサーデスク窓口に電話し、表示されるエラーコードを伝えることで新たにライセンスキーを発行して貰えるという。

今までは「Windows 10への無償アップグレード期間が終了すると、Windows 10へのアップグレード後にPCの構成変更をするとライセンス認証ができなくなるので有償でWindows 10のライセンス購入が必要」という話がよく聞かれていたが、これは間違いである可能性がある。皆様はこういった体験はあるだろうか?

12807608 story
Windows

Windows10への無償更新に関する質問主意書、「(是非を)答えることは困難」と閣議決定 166

ストーリー by hylom
ですよねー 部門より

5月30日、民進党の藤末健三参院議員が「パソコンの基本ソフトウェアの半強制的アップグレードに関する質問主意書」なる質問主意書を提出していた。内容はWindows 10の自動アップグレードで利用者に不都合が生じているが、これに対し以下を問うものとなっていた。

  1. 本問題に関し国民生活センターや消費生活センターに寄せられた苦情の内容や件数を調査し、公表すべきであると考えるがどうか
  2. 一般的にソフトウェアやネットサービスの購入時に使用許諾書への「同意」をクリックしてサービスを受けることになるが、この使用許諾条件を完全に読む利用者は少なく、また、同意をしなければサービスを受けることができないことから、利用者は同意をせざるを得ない。このような半強制的に同意を求める契約形態は、消費者契約法、特定商取引法などに照らして法的に問題はないか
  3. パソコンのソフトウェアを利用者が意識しないところで事業者が勝手に書き換えることは法的に問題ないのか

これに対し、6月7日付けで政府が答弁書を決定した(毎日新聞)。これによると、1.については国民生活センターや消費生活センターに寄せられた内容は原則として公表はしていない、2.については消費者契約法第十条に規定する消費者の利益を一方的に害する条項が含まれている場合には無効とされることとなる、3.については『「パソコンのソフトウェアを利用者が意識しないところで事業者が勝手に書き換えること」の意味することが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である』と回答している。

12802718 story
アップグレード

中央アフリカ、Windows 10の強制アップグレード開始で密猟者から攻撃を受けているレンジャーに指示が出せず 195

ストーリー by headless
決死 部門より
Windows 10の強制アップグレードによるトラブルがいろいろと報じられているが、中央アフリカ共和国で野生動物保護活動を行っているChinko ProjectのPCでも強制アップグレードが開始されてトラブルになったそうだ(The Registerの記事Softpediaの記事Redditのスレッド)。

Chinko Projectでは1MB単位で課金される遅い衛星回線を複数のPCで共有しているが、PCの1台が秘かにWindows 10のアップグレードファイル6GBをダウンロードしていたという。PCはGPSと組み合わせてレンジャーの位置情報把握や配置に使われており、間の悪いことにレンジャーが武装した密猟者から攻撃を受けている最中にアップグレードが始まってしまったとのこと。このPCはアップグレード完了まで使えなくなったため、適切な指示ができない状況に陥ったようだ。
12799204 story
Windows

Get Windows 10(GWX)アプリはMicrosoftのアプリガイドラインに違反している? 50

ストーリー by hylom
確かに 部門より
caret 曰く、

先日、通知の挙動が変更された Get Windows 10 (GWX、「Windows 10 を入手する」)アプリだが、その挙動がMicrosoftが定めているガイドラインに違反するとTechRepubliが報じている(ZDNet Japan)。

記事によれば、従来のGWXアプリでは、「✕」ボタンをクリックして通知を閉じれば、Windows 10へのアップグレード スケジュールをキャンセルすることができた。しかし、現在のGWXアプリではそのアクションが変更され、ユーザが「✕」ボタンをクリックすると、Windows 10へのアップグレード スケジュールに同意したとみなすようになっている。

Microsoftの広報担当者はGWXアプリのダイアログボックスの「閉じる」ボタンをクリックすると、「OK」ボタンをクリックした場合と同じアクションが実行されるようになったことを認めている。「ユーザーが指定の時刻にアップグレードを実行したい場合は、OKをクリックするか、通知を閉じるだけでいい。それ以上のアクションは不要だ」と、同担当者は語ったという。

しかし、Microsoftのダイアログボックスのガイドラインには、以下のような記述があり、GWXアプリの挙動はこれに違反しているように見える。

タイトル バーの [閉じる] ボタンは、ダイアログ ボックス内の[キャンセル] または [閉じる] ボタンと同じ機能を持つべきです。[OK] と同じ機能を持たせてはいけません。

TechRepublicによれば、今回の変更は開発者にダイアログ ボックスの適切なデザインを指示するユーザー エクスペリエンス ガイドラインを同社自ら破っているように思えるという。また、Microsoftの広報担当者は、GWXアプリの挙動が自社のガイドラインを破ったように思える理由には言及しなかったという。

12795754 story
Windows

Windows 10 Anniversary Update、開発の最終段階へ 74

ストーリー by headless
段階 部門より
MicrosoftではWindows 10 Anniversary Updateのリリースに向け、開発の最終段階に入ったようだ(WinBetaの記事Softpediaの記事)。

WinBetaへの情報提供者によれば、Anniversary Update(Redstone 1)に対する新機能追加は終了し、バグ修正と安定化に集中する段階に入っているという。細かい機能追加や改善は行われる可能性もあるが、現時点で実装されていない大きな新機能については、2017年第1四半期にリリース予定の大規模アップデート(Redstone 2)へ先送りされるとのこと。なお、Build 2016で発表された新機能の主要なものは、現在のInsider Previewビルドに実装されている。

なお、先日更新されたWindows 10のハードウェア要件では適用対象のバージョンが「1607」となっているが、MicrosoftではAnniversary Updateの内部ビルドを「バージョン1607」と呼んでいるという。Anniversary Updateのリリースは2016年夏とのみ発表されているが、2015年11月の大型アップデートが「バージョン1511」となっていることから、実際にWindows 10が1周年を迎える7月のリリースとなる可能性が高そうだ。
12790317 story
Windows

Microsoft、今夏の大型アップデートに向けてWindows 10のハードウェア要件を一部変更 50

ストーリー by hylom
一部引き上げ 部門より
headless 曰く、

今夏の大型アップデート「Anniversary Update」に向け、MicrosoftがWindows 10のハードウェア要件を一部変更した(Windows 10 hardware dev — Minimum hardware requirementsNeowinMSPoweruserWinBeta)。

RAM容量については、これまでデスクトップ版(タブレット、ノート、2-in-1、オールインワン、デスクトップ)では32ビット版が1GB以上、64ビット版が2GB以上となっていたのだが、32ビット版/64ビット版ともに2GB以上に変更されている。また、モバイル版ではWVGA~FWVGAの端末について512MB以上となっていたが、1GB以上に変更された。Windows Phone 8を搭載したLumiaでは、すでにRAM 512MBのモデルがWindows 10 Mobileの対応機種から除外されていた。

画面サイズはこれまでモバイル版が8インチ未満、デスクトップ版(タブレット、ノート、2-in-1、オールインワンのみ)が8インチ以上となっていたが、モバイル版で9インチ未満、デスクトップ版で7インチ以上に変更されている。また、7月28日以降、すべての新しいデバイスでTPM 2.0の実装が必須となる。

なお、適用されるWindows 10のバージョンは「1607」となっており、7月のリリースを示しているようだ。Anniversary Updateの具体的なリリース日については発表されていないが、WinHECで使われたスライドに7月29日と記載されていたことが報じられている。

12784699 story
OS

Microsoft、Windows 10をバージョン1511にアップデートするツールをリリース 21

ストーリー by hylom
Windows-10も断片化? 部門より
headless 曰く、

Microsoftは16日、Windows 10をバージョン1511にアップデートするツール「Windows 10 Update Assistant」をリリースした(KB3159635InfoWorldSoftpedia)。

Windows 10ユーザーの多くが昨年11月にリリースされたバージョン1511 (ビルド10586.xxx: 11月の更新プログラム)にアップデートしているものの、一部のユーザーは昨年7月にリリースされたRTMバージョン (ビルド10240.xxx)に更新プログラムを適用して使い続けているようだ。Windows 10 Update Assistantはこれらのユーザーを対象に配布され、バージョン1511へのアップデートを開始するというもの。ただし、Windows 10 Pro/Enterprise/Educationで「アップグレードを延期する」オプションを設定している場合には配布されない。なお、バージョン1511へのアップデートは「Windows 10を入手する」ページから実行することも可能とのことだ。

手元のマシンの1台(Windows 10 Home)ではなかなかバージョン1511にアップデートされず、4月まではビルド10240用の累積的な更新プログラムが適用されていたが、5月に入ってバージョン1511にアップデートされた。Windows 10を使用している方で、「アップグレードを延期する」オプションを設定していないのにバージョン1511にアップグレードされていない方はおられるだろうか。

12771915 story
アップグレード

Windows 10へのアップグレード、7月29日までにする?しない?もうした? 165

ストーリー by headless
どうする? 部門より
Microsoftは5日、Windows 10を実行するデバイスが3億台に達したことを発表した。これと同時にWindows 7/8.1に対する無料アップグレード提供が7月29日に終了することを改めて明言し、早めにアップグレードするよう念押ししている。無料アップグレード期限を知らせるWeb広告も出始めているようだ(Windows Experience Blogの記事Ars Technicaの記事VentureBeatの記事The Vergeの記事)。

無料アップグレードが1年間限定であることはWindows 10のリリース前から決められていたことだ。Windows 10アップグレード特設ページでは1年間限定であることが当初から記載されていたほか、英語版の特設ページでは4月頃から「Offer ends July 29th, 2016」のように無料アップグレード期間の終了日が明記されるようになっている。

そのため、特別驚くような話ではないのだが、期間延長の可能性も以前から指摘されている。ただし、日本マイクロソフトでは4月末の記者会見で期間延長は絶対にないと明言しており、終了日の周知を始めているところからみても、とりあえず実際に終了する方向で動き出してはいるのだろう。詳細は決まっていないようだが、「Windows 10を入手」アプリは7月29日をもって無効化され、いずれは削除されるという(WinBetaの記事BetaNewsの記事)。

また、無料アップグレード提供終了後はフルバージョンのWindows 10を購入する必要があるとのことで、アップグレード版は用意されない可能性もある。なお、詳細は明らかにされていないが、ユーザー補助技術を使用しているユーザーに対しては7月29日を過ぎても無料アップグレードを提供する計画があるとのことだ。

現在Windows 7/8.1を使用しているスラドの皆さんは、7月29日までにWindows 10へアップグレードするだろうか。Neowinの記事Softpediaの記事では、いったんWindows 10に無料アップグレードしたデバイスはいつでも再インストールが可能になることを利用して、7月29日までにアップグレードしてから元に戻す手順を7月30日以降にWindows 10へ無料アップグレードする方法として紹介しているが、そこまでしてWindows 7/8.1を使い続けるだろうか。
12764985 story
バグ

Windows 10 Insider Preview ビルド14332でBug Bashが開始される 9

ストーリー by headless
開始 部門より
Microsoftは26日、PC版およびモバイル版のWindows 10 Insider Preview ビルド14332をファーストリング向け提供開始にあわせて「Windows 10 Anniversary Update Bug Bash」を開始した(Windows Experience Blogの記事Neowinの記事WinBetaの記事)。

Bug Bashについてはビルド14328のアナウンスで説明されているが、チーム全員が集中して未報告の問題を発見するために数日間を割り当てて行うもので、通常はMicrosoft内部でのみ実施している。今回はInsider Program参加者から多数のフィードバックが寄せられていることから、Bug BashにもInsider Program参加者を加えることにしたそうだ。

現在、「Feedback Hub」に「Windows 10 Anniversary Update April 2016 Bug Bash」というサムネイルの付いたBug Bash用のクエストが追加されている。Bug Bash用のクエストでは設定変更やアプリの実行といった確認すべきポイントが記載されているので、問題がある場合はフィードバックを送信すればいい。Bug Bash用のクエストは14332より古いビルドでも実行できるが、Bug Bashに参加するにはInsiderのレベルをファーストリングにし、ビルド14332へアップグレードする必要があるとのこと。

Bug Bash用のクエストには日本語化されているものもあるが、大半は英語版となっている。「LIMITED TIME」とマークされたクエストは公開から24時間で終了するもので、「ADVANCED」とマークされたクエストは実行後に自力で復元が必要となるなど、技術的により高度なものとなる。Feedback Hub内でのアナウンス(Feedback Hubがインストールされた環境でのみ閲覧可能)によると、Bug Bashの実施期間は5月1日23時59分PST(5月2日15時59分JST)までとのこと。

なお、本ビルドではBashでresolv.confファイルを編集しなくても正常にネットワークに接続できるようになるなどの改善が行われているほか、コマンドプロンプトでの表示改善、Connected Standby対応PCでのバッテリー寿命改善、CortanaでのOffice 365コンテンツの検索機能追加などが行われている。
12764234 story
Windows

Windows 10への無償アップグレード、期間延長は絶対にない 81

ストーリー by hylom
アップデート表示を見たくない人には朗報 部門より

「気がついたらアップデートが開始されていた」「アップデートを回避する設定変更が難しい」などという点でも話題となっているWindows 10への無償アップデートだが、この無償アップデートプログラムは今年7月29日までの期間限定での提供となっている。日本マイクロソフトによると、このアップデートプログラム提供期間の延長は「絶対にない」という(Engdaget Japanese)。

「Windows 10へのアップグレード促進に向けた施策を説明する記者会見」で説明されたもの。すでにWindows 10は多く導入されており、旧バージョンのWindowsからWindows 10への移行ペースはWindows 7の際の「145%」で、Windows 10のインストール台数はすでにWindows 8/8.1を抜いているという。

12761885 story
GUI

Windows 10 Insider Preview ビルド14328、スタートメニューなどが変更に 43

ストーリー by hylom
がっつり変更 部門より
headless 曰く、

Microsoftは22日、Windows 10 Insider Preview ビルド14328をPC版、モバイル版ともにFastリング向けに提供開始した(Windows Experience BlogThe VergeWindows CentralBetaNewsWinBeta)。

本ビルドではWindows Inkが追加されており、スタートメニューやタスクバー、アクションセンターなどのデザイン変更が行われた。Cortanaや日本語IMEも改善されている。モバイル版では既に提供されているビルド14327からの変更は少ないが、PC版は前ビルドから大幅に変更が行われたメジャービルドになるとのこと。

Windows InkはWindows 10 Anniversary Updateで提供予定のペンやスタイラスといった入力デバイスのサポートを強化する機能だ。ペン入力をサポートしないデバイスでも、タスクバーを右クリックして「Show Windows Ink Workspace button」にチェックを入れることで通知領域にアイコンが追加され、Windows Ink Workspaceを呼び出せるようになる(YouTube動画: Windows Ink Workspace Demo)。

スタートメニューの変更は以前アナウンスされていたもので、「すべてのアプリ」がトップレベルで表示されるようになったほか、スタート画面では「すべてのアプリ」がグリッド表示されるようになるなどの変更が加えられた。アクションセンターではタスクバーのアイコンが通知領域から時計の右側(タスクバー右端)に移動し、通知の各項目に表示されていたアプリアイコンが削除されるなどの変更が行われている。

タスクバーの時計はマルチディスプレイ環境ですべての画面に表示されるようになり、「カレンダー」アプリのスケジュール機能も統合されている。また、UWPアプリのバッジがタスクバーのボタンにも表示されるようになった。なお、タスクバーの設定は「設定」アプリ内の「個人用設定」に移動した。「設定」アプリでは「Windows Insider Program」が独立したページになり、各設定ページにアイコンが追加されるといった変更も行われている。

日本語IMEでは予測変換やクラウド候補の取得機能が改善されており、一時的に変換履歴の保存を停止する「プライベートモード」が追加された。このほか、ロック画面ではCortanaを使用できるようになり、ユーザーのメールアドレスはデフォルトで非表示となる。また、エクスプローラーは白基調のアイコンに変更されている。皆さんのご感想はいかがだろうか。

12759922 story
クラウド

Dropbox、デスクトップアプリでのWindows XPサポートを今夏に終了 25

ストーリー by headless
終了 部門より
Dropboxでは、デスクトップアプリでのWindows XPサポートを今夏に終了するそうだ(Dropboxヘルプセンターの記事Softpediaの記事Windows Centralの記事Neowinの記事)。

6月26日以降、Windows XP上のDropboxアプリではファイルのダウンロードができなくなり、既存のアカウントへのサインインや新規アカウントの作成もできなくなる。8月29日にはDropboxアプリでのWindows XPサポートが終了する。この日になると、Windows XPコンピューターとリンクしているすべてのDropboxアカウントは自動的にサインアウト状態になるとのこと。

なお、自動的にサインアウト状態になっても、Dropboxアカウントや保存したファイルに影響することはない。再度サインインするにはWindows Vista以降へのアップグレードが必要になるが、サポートされる他のデバイスからDropboxを使い続けることも可能だ。引き続きWindows XPを使用する場合でもWebブラウザーでdropbox.comにアクセスすれば、6月26日以降も既存アカウントへのサインインやファイルへのアクセスが可能であり、新規アカウント作成も可能とのことだ。
12757776 story
ノートPC

Skylake世代CPU搭載の新MacBookを発表、カラーバリエーションにローズゴールドが追加 22

ストーリー by hylom
新色 部門より
headless 曰く、

Appleは19日、CPUがSkylake世代にアップデートされた12インチMacBookを発表した。新MacBookはカラーバリエーションにローズゴールドが追加され、iPhoneやiPad、Apple Watchと共通のカラーバリエーション展開になる(MacRumors9to5MacThe Next WebArs Technicaの記事)。

新MacBookは従来モデルと同様フラッシュストレージ容量によって256GBモデルと512GBモデルの2モデルが用意され、256GBモデルには1.1GHzのIntel Core m3プロセッサ、512GBモデルには1.2GHzのIntel Core m5プロセッサが搭載される。各モデルとも、オプションで1.3GHzのIntel Core m7プロセッサに変更可能だ。

グラフィックスはIntel HD Graphics 515となり、8GBのLPDDR3オンボードメモリも従来の1,600MHzから1,866MHzに変更されている。フラッシュストレージも高速化しているようだ。パフォーマンスが向上する一方、ワイヤレスインターネット閲覧時のバッテリー持続時間は従来モデルより1時間長い10時間とのこと。

カラーバリエーションにローズゴールドが追加されているが、筐体は従来モデルと同じで、サイズは280.5×196.5×1.31mm、重量は920g。USBポートも従来と変わらず、USB Type-C 1基のみの搭載となる。その他のスペックは変更なく、価格も従来モデルと同様に256GBモデルが148,800円、512GBモデルが184,800円(ともに税別)となっている。

このほか、13インチMacBook Airでは、価格据え置きで標準のオンボードメモリが4GBから8GBに変更されている。

12748122 story
Windows

Windows 10 Anniversary Update、スタート メニューにさらなる改良が加えられる 46

ストーリー by hylom
求められているのはそういう方向だったっけ? 部門より
caret 曰く、

Microsoftが3月31日、Windows 10 Insider Previewに搭載されているフィードバックHubのクエストで、新しいスタートメニューとスタート画面の画像を公開した(Insider HubかフィードバックHubがインストールされた環境のみ閲覧可能なフィードバックHub)、ZDNet Japan)。

同社が公開したImproving the All apps list in Startページでは、現在のスタートメニュー/スタート画面と、将来のスタートメニュー/スタート画面が比較されている。これによれば、スタートメニューでは「すべてのアプリ」ボタンが廃止され、「よく使うアプリ」 の下にすべてのアプリが直接表示されるようになる。

また、「スタート画面に表示するフォルダー」の各ボタンや「電源」ボタンは既定ではアイコンのみの表示となり、スタート画面同様のハンバーガーメニューが左上に追加され、クリックすることでボタンのテキストが表示されるようになる。

全画面表示のスタート画面では「すべてのアプリ」ボタンは残されているが、「すべてのアプリ」ボタンをタップするとライブタイルが非表示となり、すべてのアプリが3つのカラムで表示されるようになる(現在は1列)。

この変更は本タレコミ執筆時点で最新のWindows 10 Insider Previewビルド14316ではまだ適用されていないが、現在、この変更に対するフィードバックをWindows Insider向けに募集している。

typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...