パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

12861622 story
Windows

Windows 10 Insider Preveiw ビルド14393.5がリリースプレビューに 1

ストーリー by headless
提供 部門より
Microsoftは28日、Windows 10 Insider Preview ビルド14393.5をスローリングおよびリリースプレビューリングに提供開始した(Dona Sarkar氏のツイート)。

ビルド14393.5はビルド14393の2回目の累積的な更新プログラム(KB3176927)として、25日にファーストリングに提供開始されていた。リリースプレビューリングへのビルド14393の提供が始まったのも28日からで、Windows Updateでは「ビルド14393」としか表示されないが、更新完了後はビルド14393.5になっていた。

2月に追加が発表されたリリースプレビューリングでは、これまでバージョン1511の累積的な更新プログラムのプレビュー版のみが提供されており、初のメジャーアップデート提供となる。フィードバックHubでのアナウンスによれば、8月2日にWindows 10 Anniversary Updateの提供が始まると、リリースプレビューがそのまま新しいCurrent Branchビルドとなり、引き続きCurrent Branch向けの更新プログラムが早期提供され続けることになるという。

なお、ファーストリングおよびスローリングには、8月から新ビルドの提供が始まるとのこと。BuildFeedによれば、新ブランチ「rs_prerelease」のビルド14894が発見されているそうだ。ちなみに、Windows 10 バージョン1511でInsider Previewビルドの受け取りを有効にすると「RS_PRERELEASE」ブランチを選択できるが、現在のところダウンロード可能なのはビルド14393となっている。

モバイル版ではビルド14393がリリースプレビューになったことで、Windows 10 MobileでサポートされないWindows Phone 8.1デバイスは今後Insider Programから除外されることになるようだ。サポート外のデバイスに対する変更は、1) ビルド10586.x以降のビルドまたは更新プログラムが提供されなくなる 2) Windows Insider Previewのどのリングも選択できなくなる 3) アプリやサービスの更新も提供されなくなる、といったもの。また、Windows Device Recovery Toolを使用してWindows Phone 8.1に戻すことはできるが、Windows 10 Mobileへ戻るためのオプションは提供されなくなる(Microsoft Communityでのアナウンス)。

このほか、Xbox Oneでは29日にOSバージョン10.0.14393.1018がリリースされており、既にAnniversary Updateの提供が始まっている模様(Xbox One operating system versions and system updatesWinBetaの記事)。
12860790 story
マイクロソフト

9月15日に発効するMicrosoftの新サービス規約、海賊版ソフトウェアに関する記述が消える 4

ストーリー by headless
対象 部門より
9月15日に発効する新しい「Microsoftサービス規約」が公開されている(新サービス規約現行のサービス規約Microsoftサービス規約の変更の概要)。

新サービス規約では、現在のサービス規約でWindows 10が海賊版ゲームを削除するのではないかと誤解された「ソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更」に関する記述が削除されている。一方、新たに追加されたXboxのソフトウェア更新プログラムに関する項目では、Xbox本体またはXboxアプリのソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更の中に「Xboxサービスへのアクセス、無許可のXboxゲームまたはXboxアプリの使用、またはXbox本体での無許可のハードウェア周辺機器の使用を防止する」ものがあると明記されている。

このほか、主な変更点については「Microsoft サービス規約の変更の概要」ページにまとめられているので、参照してほしい。なお、Windowsに関してはWindows用のEULAが適用されるため、このサービス規約の対象外となる。対象サービスの一覧はサービス規約の最後に記載されているが、日本語版では「以下の製品、アプリ、およびサービスは、Microsoft サービス規約の対象となりますが、お客様の市場ではご利用いただけません。」という相変わらず意味不明な記述になっている。
12860476 story
Windows

Windows 10の無償アップグレードキャンペーン、日本時間7月30日18時59分で終了 78

ストーリー by headless
最終 部門より
1年間続いたWindows 10の無償アップグレードキャンペーンが日本時間7月30日18時59分に終了する。

Windowsのタイムゾーンが日本に設定されている場合、「Windows 10を入手する」アプリ(GWX)では既に無償アップグレードキャンペーンが終了したと表示され、アップグレードを開始することはできなくなっている。ただし、Microsoftのキャンペーンページからアップグレードツール「Windows 10アップグレードアシスタント」を実行すれば、18時59分まではアップグレードを開始できる。また、タイムゾーンをハワイ(UTC-10)に変更することで、GWXでは現地時刻29日23時59分59秒(日本時間の18時59分59秒)までアップグレードを開始できるようだ。キャンペーンページのカウントダウンとGWXのカウントダウンは59秒の差がある。

なお、無償アップグレードはキャンペーン終了時刻までに完了している必要があるとMicrosoftのサポートページに記載されている。アップグレード完了はWindows 10のようこそ画面が表示された時点となっているため、18時59分に開始したのでは間に合わない。ただし、アップグレードアシスタントではアップグレード開始前に対象製品がライセンス認証されているかどうかをチェックするため、実際にキャンペーン終了時刻を過ぎてアップグレードが完了した場合、どのような結果になるのかは不明だ。

ちなみに、MicrosoftストアでのWindows 10 Homeの価格は19,008円Windows 10 Proの価格は27,864円 (いずれも税込)となっている。

このほか、Microsoftではユーザー支援技術を使用しているユーザーに対しては7月29日以降も引き続き無償アップデートを提供する計画を明らかにしていたが、wafsd のタレこみによると29日に特設ページが公開されたようだ。
12858613 story
Windows

Windows 10のディスククリーンアップ自動実行機能を利用してUACをバイパスする方法 18

ストーリー by hylom
隙を見て置き換える 部門より
headless 曰く、

Windows 10のディスククリーンアップ自動実行機能に対するDLLハイジャックによりUACをバイパスする方法を、セキュリティ研究家のMatt Nelson氏とMatt Graeber氏が発見したそうだ(Nelson氏のブログ記事Softpedia)。

DLLハイジャックでUACをバイパスする方法の多くは、ファイルの置き換えなどで特権が必要となる。しかし、ディスククリーンアップ自動実行機能を利用する方法では、標準ユーザーの権限でファイルを置き換え可能だという。

ディスククリーンアップの自動実行はタスクスケジューラの「Microsoft\Windows\DiskCleanup」に「SilentCleanup」として登録されており、最上位の特権で実行される。タスクが起動するプログラムは「cleanmgr.exe」だが、実行時に「DismHost.exe」および関連するDLLを「%TEMP%\」フォルダーにコピーし、最上位の特権でDismHost.exeを起動する。

しかし、コピー先フォルダーの内容を書き換えるのに特権は必要ない。DismHost.exeはフォルダー内のDLLを特定の順番で読み込んでいくため、コピー先フォルダーの生成をWMIイベントで監視し、DLLを置き換えることでDLLハイジャックが可能となる。調査の結果、「LogProvider.dll」が最後に読み込まれる(時間に余裕がある)ことが判明しており、このファイルをターゲットとしたPoCがPowerShellスクリプトで作られている。このスクリプトはGitHubで入手可能だ。なお、「標準」ユーザーアカウントではファイルのコピーが実行されず、タスクも最上位の特権で実行されることはないそうだ。Windows 10以外のWindowsバージョンにも適用されるのかどうかについては言及されていない。

この手法については7月20日にMicrosoftに報告しているが、MicrosoftではUACをセキュリティの境界とみなしていないため、セキュリティ脆弱性ではないとの回答があったとのこと。そのため、Nelson氏は緩和策としてタスクを無効化するか、「最上位の特権で実行する」オプションを無効にすることを推奨している。

12854593 story
Windows

Microsoft、Windows 10 Insider Preview ビルド14393用の累積的な更新プログラムを配信 24

ストーリー by headless
累積 部門より
Microsoftは22日、Windows 10 Insider Preview ビルド14393用の累積的な更新プログラム(KB3176925)をファーストリング向けに配信開始した(Neowinの記事Windows Centralの記事WinBetaの記事Softpediaの記事)。

この更新プログラムを適用することで、ビルドは14393.3となる。新機能の追加はなく、フィードバックHubの記事によれば修正点は一部のタブレットデバイスでキーボードが正常にランドスケープへ切り替わらない問題の修正など計5点となっている。ただし、これらの修正点はPC版のものとみられ、モバイル版での修正点については明らかになっていない。

ビルド14393はPC版・モバイル版ともに18日からファーストリング向けに提供され、20日にはスローリング向けにも提供が始まっていた。PC版では既知の問題点がSurface BookおよびSurface Pro 4のカメラドライバーのみとなっており、20日までに修正版ドライバーの配信が開始されている。そのため、このビルドがWindows 10 Anniversary UpdateのRTMになるとの見方も出ていたが、累積的な更新プログラムの提供が行われたことで、その見方はさらに強まっているようだ。
12854338 story
プライバシ

Windows 10のデータ収集などに対し、フランスのデータ保護当局が3か月以内の是正を求める 27

ストーリー by headless
過剰 部門より
Windows 10が過剰にデータを収集しているなどとして、フランスのデータ保護当局CNIL(情報処理および自由に関する国家委員会)がMicrosoftに対し、3か月以内の是正を求める公式通知を送付したことを発表した(CNILの発表VentureBeatの記事The Vergeの記事WinBetaの記事)。

Windows 10の収集するデータのうち、CNILではサービスで必要としない過剰なデータとしてWindowsアプリやストアの使用状況を挙げている。Windows 10の設定ではMicrosoftに送信する診断データと使用状況のオプションとして「基本」「拡張」「完全」の3つのレベルがあり、「基本」はWindowsの動作に不可欠なデータとされている。しかし、Windows 10の一部のエディションのテクニカルプレビュー版には送信するデータをより限定した「セキュリティ」というレベルがあることから、「基本」でも過剰なデータが送信されると考えられるとのこと。

また、PINコードによるサインインのセキュリティが十分でない点や、広告IDやCookieに関する情報が十分ユーザーに伝えられないままデフォルトで有効になっている点などがフランスのデータ保護法に違反すると指摘。また、昨年10月に欧州司法裁判所が無効と判断したセーフハーバーフレームワークに基づいて欧州から米国に個人情報を送信している点も問題視している。

これについてMicrosoftでは、CNILと連携して問題解決に努めるとの声明を発表している。2016年1月に改定された現在のプライバシーに関する声明はセーフハーバーフレームワークに準拠した内容となっているが、新しいプライバシーシールドの規定に沿った内容の改訂版を8月に発表する予定とのことだ。
12854335 story
地球

NuAns NEO、グローバル展開を目指すKickstarterキャンペーンで苦戦中 29

ストーリー by headless
苦戦 部門より
日本でしか発売されていないにもかかわらず、ユニークなデザインなどが海外メディアでも注目されているトリニティのWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「NuAns NEO」だが、グローバル展開を目指して7月1日に開始したKickstarterでのキャンペーンは苦戦しているようだ(KickstarterのプロジェクトページNeowinの記事)。

NuAns NEOはバックカバーやフリップケースでデザインの選べるミッドレンジ端末。発表当時は公式にサポートされていなかったSnapdragon 617でContinuumに対応した点でも注目を集めた。

トリニティでは昨年11月の発表以来、世界各国から海外展開に関する問い合わせを数多く受けており、CESやMWCの会場でも非常に多くの参加者から販売の要望があったという。しかし、NuAns NEOは生産数や生産タイミングが限られるため、資金調達と生産数の確保を目的としてKickstarterキャンペーンを開始したとのこと。

出資者にはNuAns NEO本体とバックカバーまたはフリップケースが提供され、270ドルの早期出資優待割引が1,000本用意されているが、キャンペーン期間の半分を過ぎた(残り16日)の現在も597本が残っている。出資者は合計449人、出資額も合計128,963ドルで、目標とする725,000ドルの20%にも満たない状況だ。

トリニティのニュースリリースには残り36日時点(4日目)のスクリーンショットが掲載されているが、この段階で出資者は321人、出資額は91,637ドルとなっており、20日間で128人、3万5千ドル程度しか増えていないことになる。
12853743 story
アップグレード

「Windows 10 を入手する」アプリで無償アップグレード終了までのカウントダウンが始まる 52

ストーリー by headless
最終 部門より
Windows 10の無償アップグレードキャンペーンが終了する7月29日を前に、「Windows 10 を入手する」アプリ(GWX)でキャンペーン終了までのカウントダウンが始まった(InfoWorldの記事BetaNewsの記事Softpediaの記事Neowinの記事)。

GWXでの選択肢は「今すぐアップグレード」と「無償アップグレードを辞退する」の2種類。無償アップグレードを辞退するとWindows 10アップグレードに関する通知は表示されなくなると説明されているが、GWXの常駐は解除されなかった。また、通知領域のGWXアイコンをクリックしたときの表示も変更されないようだ。

カウントダウンの表示は現在のタイムゾーン設定で7月29日23時59分59秒までの残り時間を示しているようで、タイムゾーンを変更すると残り時間も変動する。カウントダウン自体は無償アップグレードまでの残り時間が10日を切った7月20日0時に開始されたようだ。なお、GWXをインストールするKB3035583は7月19日付で更新されているが、更新前のバージョンでもカウントダウンは表示された。更新されたバージョンの通知アイコンはWindowsマークに警告マークがオーバーレイされたものになっている。
12851765 story
Windows

Microsoft、Windows 10で「Chromeはバッテリ消費が激しいからEdgeに切り替えよう」とのポップアップ広告を出す 56

ストーリー by hylom
これはうざいのでは 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Windows 10でGoogle ChromeやFirefoxを使っているユーザーに対し、「Chromeはバッテリを早く消耗させます、Edgeに切り替えてバッテリを長持ちさせよう」といった旨のポップアップ通知が出るようだ(VentureBeat)。

VentureBeatの記事では、タスクバーのバッテリアイコン近くに「Chrome is draining your battery faster」「Switch to Microsoft Edge for up to 36% more browsing time.」という通知が表示されているスクリーンショットも掲載されている。

なお、これは「Windows Tips」というWindows 10の機能で実装されているそうだ。

12850592 story
Windows

Xbox One S、北米などの25か国で8月2日に発売 34

ストーリー by hylom
日本ではどうなる 部門より
headless 曰く、

Microsoftは18日、新型Xbox「Xbox One S」を北米および欧州、オセアニアで8月2日に発売することを発表した(Xbox WireWindows Experience BlogThe VergeWindows Central)。

6月に発表されたXbox One Sは電源ユニットを内蔵しつつ筐体サイズがXbox Oneよりも40%小さく、これまでで最もコンパクトなXboxとなる。新しいXbox Wireless Controllerが同梱され、IRブラスターを内蔵するほか、USB端子の1つと接続ボタンが前面に移動して操作性が向上しているという。動画とゲームでHDRをサポートしており、Blu-rayおよびストリーミングで4K動画のHDR再生が可能だ。

8月2日に発売されるのは399ドルの2TB Launch Edition。米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのほか、英国、ドイツ、フランスなど欧州21か国で数量限定発売となる。1TB版(349ドル)と500GB版(299ドル)の発売日は今後発表するとのこと。このほかの市場でも年内に発売を予定しているようだ。

12849499 story
ゲーム

Windows PCベースではないXboxにかつてビル・ゲイツ氏は激怒していた 85

ストーリー by hylom
良かったのかそれとも 部門より

現在は第3世代となる「Xbox One」が発売されているXboxシリーズだが、初代Xboxの発売前、Microsoftのビル・ゲイツ会長はXboxがWindowsを搭載しないことについて激怒していたという(WIRED)。

XboxではWindows PCをベースにゲーム機向けのUIを備えた構成も想定されていたという。しかし、その後ゲイツ氏への相談なしにその路線は破棄され、専用のハードウェア、専用のOSを備えたものに開発の舵が切られたそうだ。そのためゲイツ氏は激怒したという。しかし、その後PlayStationが独自ハードで成功を収めている事実によってゲイツ氏は説得され、Xboxも「カスタム化されたWindows PC」ではない専用ハードとしてリリースされたとのこと。

ただ、MicrosoftはWindows 10とXbox Oneの両プラットフォームを統一すると発表しており、またゲーム機のハードウェア構成もx86系CPU+AMD製GPUというPCと似通ったものになりつつある。XboxがもしWindowsベースのものであったら、現在はどうなっていたのだろうか。

12849435 story
Windows

Windows用SSHクライアントPoderosa、リニューアルの上商用化 87

ストーリー by hylom
チャレンジングだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

以前未踏ソフトウェア事業に採択されたものの、しばらく放置されていたWindows用SSHクライアントPoderosaが、オリジナルの作者の設立した会社であるラガルト・テクノロジー社自身によって大幅にリニューアルされて公開された。現在β版が公開されている。

オープンソースソフトウェアではなくなって商用製品になったものの、試用は無期限にできるとのこと。機能面では描画をOpenGL化したほか、OS XやiOS、AndroidといったWindows以外のプラットフォームへの移植を狙っている模様。

皆さんはWindowsからのSSH接続はどういう環境にしているだろうか? OS Xはともかく、iOSやAndroid、HMD環境等からのシェルアクセスはどのくらい需要があるのだろうか?

12849390 story
任天堂

「Pokémon GO」のWindows 10およびWindows 10 Mobile版開発を求める署名活動 70

ストーリー by hylom
ついでにPSVitaとXbox-OneとPS4にも移植すれば良いんじゃないですかね 部門より

「Pokémon GO」のWindows 10およびWindows 10 Mobile版リリースを求める署名活動が行われている(窓の杜キャンペーンサイト)。

15万人の賛同者を目標としており、現時点で約8万2000人の賛同を得られている。キャンペーンページではWindows 10が8100万台のデバイスにインストールされており、またWindows Phone 8は「世界で3番目に普及しているモバイルOS」であるとして「Pokemon GO for Windows」のリリースを求めている。

12848548 story
Windows

Microsoft Edgeの拡張機能、モバイル版では将来のバージョンでも提供されない? 24

ストーリー by headless
予想 部門より
Microsoftではモバイル版のMicrosoft Edgeで拡張機能をサポートするかどうかについて明言していないが、今後も結局サポートされない可能性をWinBetaが指摘している(WinBetaの記事)。

Microsoft Edgeの拡張機能サポートはWindows 10 Anniversary Updateの主要な新機能の1つとなっている。しかし、最新ビルドのWindows 10 Insider Previewでも拡張機能が利用できるのはPC版のみで、Anniversary Updateのリリース時点でモバイル版に拡張機能サポートは搭載されないとみられる。

現在、Windows 10のロードマップではMicrosoft Edgeの拡張機能は「公開プレビュー中」の機能として「ノートPC/PC」および「タブレット」のアイコンが表示されている。しかし、「開発中」の機能に含まれていた時には「モバイル/ハンドヘルド」のアイコンも表示されていたそうだ。

実際にモバイル版での拡張機能サポートの開発が中止されたのかどうかは不明だが、モバイルデバイスではパフォーマンスの問題があるため、拡張機能がサポートされなくても驚くべきことではないという。しかし、Continuumを利用する際にはPC版と比べて機能不足と感じるかもしれない。WinBetaの記事では、拡張機能で実現される機能の一部が標準機能として搭載される可能性についても言及している。
12848127 story
Windows

Windows 10 Anniversary UpdateでBSoDに追加されるQRコード、攻撃に使われる可能性が指摘される 38

ストーリー by headless
用心 部門より
Windows 10 Anniversary Updateでは深刻なエラーが発生したときに表示されるブルースクリーン(BSoD)にQRコードが追加されるようだが、これを悪用した攻撃が行われる可能性をPanda Securityが指摘している(Panda Securityのニュース記事BetaNewsの記事)。

BSoDのQRコードは、スマートフォンのQRコードリーダーアプリなどでスキャンするとMicrosoftのトラブルシューティングページにリダイレクトされるというものだ。しかし、偽のBSoDを表示させることはそれほど難しいことではなく、QRコードでフィッシングサイトに誘導したり、ドライブバイダウンロードでマルウェアに感染させるなどの攻撃に悪用される可能性もある。

QRコードを悪用した攻撃以前から注意喚起されているが、深刻なエラーが発生したと思い込まされることで、偽サイトであることに気付かず個人情報などを入力してしまう可能性もある。現在のところ、本物のBSoDに表示されるQRコードはエラーの内容にかかわらず同じページを示しているのでわざわざスキャンするまでもないが、今後変更される可能性もある。そのため、実際の処理を実行する前に読み取り内容を確認できるQRコードリーダーアプリを使用したり、スキャンする前にCtrl+Alt+Delキーを押すなどするといいだろう。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...