パスワードを忘れた? アカウント作成

yasuokaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

12995534 journal
日本

yasuokaの日記: Re: 現行戸籍制度の問題点と戸籍制度の由来

日記 by yasuoka

昨日の日記に続けて、「無戸籍者問題」が「家制度」に由来しているのかどうか、私(安岡孝一)なりに多少、考えてみた。ざっと考えてみたところ、どうも違うようだ。「無戸籍者問題」は「家制度」に由来しない。

現在の戸籍法は、出生・婚姻・死亡の三大身分事項を中心に設計されているが、なかでも、出生と婚姻が独立していないという、かなり独特なモデルが採用されている。すなわち、婚姻の結果として出生が生じる、というモデリング(制度設計)がされていて、このモデルに乗る場合はいいのだが、モデルに乗らない場合には不都合が起こる。もちろん、不都合のうちの典型例(非嫡出子とか認知とか)については、それぞれ何とかモデルが崩壊しないよう運用上の「パッチ」があてられてきたが、「パッチ」は所詮「パッチ」に過ぎず、その隙間からポロポロと「考慮もれ」がこぼれ出しているのだ。こぼれ出たうちの一つが「無戸籍者問題」なのだと、私には思える。

そもそも、婚姻と出生には何の因果関係もない(微妙な相関関係はある気がする)のに、それを日本の戸籍法は、因果関係があるかの如くモデリングしてしまったのが、最大の失敗なのだろう。というか、「家制度」時代の古い戸籍法では、婚姻以外で出生が生じるのは当たり前であり、出生した子をどの「家」に入れるか選択できるよう、制度設計されていた。ところが、戦後の戸籍法では、GHQ民政局(というかAlfred Christian Oppler)の意向もあって、婚姻と出生が紐づけられてしまった。この結果、婚姻以外で出生した子が、戸籍法のモデルに乗らない、という事態になってしまっている。

ただ、いまさら、出生を婚姻から切り離して制度設計し直せるかどうかは、正直、私にもわからない。なお、Opplerを含むGHQ民政局が、どういう意向で日本の戸籍法を設計しようとしたかは、和田幹彦『家制度の廃止』(信山社、2010年10月)に詳しい。興味のある方は、ぜひ読んでみてほしい。

12994488 journal
日本

yasuokaの日記: 現行戸籍制度の問題点と戸籍制度の由来

日記 by yasuoka

『自由と正義』の今月号(Vol.67, No.11)を読んでいたところ、ノッケから、山田徹の「戸籍制度の由来等に基因する現行戸籍制度の問題点と無戸籍者問題」(pp.8-16)という論文に出くわした。現行戸籍制度の問題点を

戸籍制度の由来からして、国民に家制度の発想をいまだに残し、以下に述べるように、戸籍制度が壁になって逆に実体的権利義務関係にまで影響を及ぼし、多様な家族の在り方を否定する効果まで生じている。

という点から論じたものらしい。しかし、私(安岡孝一)には、山田が言う現行戸籍制度の具体的問題点のうち、少なくとも以下に示す①~⑪が「戸籍制度の由来」にどう基因しているのか、サッパリ理解できなかった。

①抜本的に個人登録制度等に改めるべきではないかのほか、②戸籍担当者に実質的審査権をどこまで付与すべきか(無断・無権限での創設的届出や、真実と異なる可能性のある報告的届出、命名権の濫用事案等)、③戸籍の正確な記載を事後的に確保するための戸籍訂正について、対象事項別の手続の整理や裁判所の関与の在り方、市区町村長や法務局限りでの職権訂正を可能とする範囲の明確化、合意に相当する審判や人事訴訟等の判決による戸籍訂正の際の訂正内容や戸籍訂正許可審判の主文とすべき内容の特定方法、④裁判所の手続(調停・判決等)で離婚等をした場合に、届出を待たない裁判所書記官からの職権による嘱託化、離婚の方式が戸籍に記載されることを避けて協議離婚としたがる人への配慮、⑤生殖補助医療に関し、特別養子制度におけると同様、出自を知りうるようにしたり、近親婚を避けたりするための方策や、出生届における同意等の扱い、⑥外国方式による身分行為があった場合の報告的届出義務の規定と証書提出の添付資料化、⑦命名の自由と電算処理体制下での人名用漢字の制限や誤字・俗字・異体字等の正字への解消の問題、⑧推定相続人の廃除、浪費を原因とする従前の準禁治産宣告や後見登記への移行の申請未了の(準)禁治産宣告を戸籍記載事項とし続けたり、他方で、相続欠格や不在者・相続財産の管理人の選任について戸籍記載事項とすることの当否、⑨認知の無効と取消しの使い分けと戸籍訂正申請と届出との対応関係、⑩マイナンバー制度について、戸籍との関連付けが言われていることの、個人情報保護等の見地からの問題、戸籍記載事項証明書等にマイナンバーが記載されることの回避、逆に養育費の公的機関による取立てや、その他強制執行を容易化するためのマイナンバー制度の利用の可否、⑪本人以外からの戸籍謄本等や住民票の交付申請における公開制限や正当理由の審査、必要情報に限っての提供方法等、

何なの、これ。百歩譲って①が「家制度」に関係あるとしても、他は、適当に関係ありそうな話をマゼコゼに並べ立てたに過ぎない。特に⑦とか⑩とか、「戸籍」という制度そのものに対する問題点なのか、それとも「戸籍」制度の運用上の問題点なのか、あるいは「戸籍」の周辺に関して起こっている問題点なのか、問題点の整理が全く出来ていない。とりあえず「戸籍」に関係ありそうな問題点を、とりあえず思いついた順序で並べてみただけの文章で、そもそも何を論じたいのかサッパリわからない。

この『自由と正義』って、日本弁護士連合会の雑誌のはずなんだけど、「家制度」に由来する現在の戸籍法に対し、こんな論文を掲載して、いったい何をどうしたいんだろう?

12993252 journal
ソフトウェア

yasuokaの日記: ゼロからはじめるASCIIとISO-2022-JPとUTF-7 3

日記 by yasuoka

『Software Design』の最新号(2016年12月号)を読んでいたところ、田所駿佑の「ゼロからはじめる文字コード 符号化のしくみと、ASCIIからUTF-8への系譜」(pp.60-65)という記事が目にとまった。目にとまったのには理由があって、p.61の「表1 US-ASCII」にバグがあったからだ。0x3Cが「←」、0x3Eが「→」になっている上に、0x3Bが「;;」、0x1Cが「FC」になっていて、ちゃんとチェックしてないのかしら、と思える。そもそも、本文が基本的に「ASCII」なのに、表1のタイトルと説明だけが「US-ASCII」になっていて、何か使い分けがあるのか良く分からない。それに加え、「ISO/IEC 2022」の説明の中に「EUC-JP」と「UTF-16」と「UTF-8」が出てきて、「ISO-2022-JP」がどこにも出てこないのは、私(安岡孝一)個人としてはどうにも腑に落ちない。また、「図3 ISO/IEC 2022のしくみ」に「G0」と「G1」と「G3」があるのはいいのだが、「G4」があって「G2」が無いのは、正直なところ理解できない。「EUC-JP」の説明に「0x8F未満のコードポイントはASCII」と書かれているのも、理解できない。それだと0x8Eから始まる「JIS X 0201カナ」が困ってしまうし、「図4 EUC-JPの構造」とも話が合わない。

次の記事、田所駿佑「HTMLと文字コード 仕様を理解し、文字を正しく表示する」(pp.66-69)では、何の説明もなしに「UTF-7」が現れていて、かなり混乱している。その上、前の記事の「表1 US-ASCII」には「<」も「>」も含まれていないのに、この記事では当然のように「<」と「>」が必要になっている。しかも「<」の名前文字参照を「&gt」と説明していて、もうワケが分からない。その次の記事、田所駿佑「Javaと文字コード char型の落とし穴と文字化け予防策」(pp.70-73)では、「𩹉(U+29E15 とびうお)」が例として使われており、𩹉(U+29E49)の文字コードを間違ってしまっているために、どう考えても「文字化け予防策」になっていない。うーん、こういう記事、どうすればいいんだろ。

12992072 journal
日記

yasuokaの日記: キラキラネームの改名

日記 by yasuoka

一昨日の私(安岡孝一)の日記に関して、ネットサーフィンしていたところ、理崎智英の『「キラキラネーム」が原因でいじめに… どんな場合に「改名」は出来る?』(シェアしたくなる法律相談所、2016年11月20日)という記事を見つけた。

改名をしたいという場合には、家庭裁判所に対して、「名の変更許可の申立て」をすることになります。もっとも、一度命名された名をみだりに変更してしまうと、社会生活に混乱を来すことになるので、名の変更は「正当な事由」がある場合に限って許されます(戸籍法107条の2)。この点、最高裁事務局の回答によると、「正当な事由」は、下記のような場合に認められるとされています。
(1)営業上の目的から襲名する必要があること
(2)同姓同名の者があって社会生活上甚だしく支障のあること
(3)神官又は僧侶となり、又は神官若しくは僧侶をやめるために改名する必要があること
(4)珍奇な名、外国人に紛らわしい名又は難解、難読の文字を用いた名で社会生活上甚だしく支障のあること
(5)帰化した者で日本風の名に改める必要があること

確かにそれはそうなのだが、「名の変更許可の申立て」を誰がおこなうのかという点が、この記事からは抜けている。改名する本人が満15歳以上なら「申立て」は本人が、さもなくば親権者がおこなうことになる。また、

(6)異性とまぎらわしいこと
(7)通称として永年使用した

が表から抜けているのも、かなり気になる。ただ、いずれも家庭裁判所が「改名」を、おいそれとは認めてくれないのがツライところだ。

その一方、一昨日の日記で例示したような「キラキラネーム」であれば、家庭裁判所に申し立てずに「改名」する方法がある。名の漢字を変えずに、読みだけを変えるのだ。たとえば、「英雄(ひーろー)」を「英雄(ひでお)」に「改名」するのなら、市町村長に届け出るだけで変えることができる。あるいは、戸籍法施行規則の別表第二の二に示されている漢字(常用漢字の異体字)を、対応する括弧内の漢字(常用漢字)に「改名」する場合も、市町村長に届け出るだけでOKだ。ただ、こちらは、常用漢字に「改名」すると元に戻せないので、注意が必要である。

12989524 journal
日本

yasuokaの日記: 識別子としての人名と漢字制限 8

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、『最近の親が子供にDQNネーム・キラキラネームをつける理由とは?』(nanapi、2016年11月11日)という記事に出くわした。騎士(ないと)・明日(ともろ)・音(りずむ)・空(スカイ)・奏(メロディー)・花愛人(はあと)・英雄(ひーろー)・来桜(らら)・頼音(らいおん)という9種類の「キラキラネーム」を例に、最近の親が子供にキラキラネームをつける理由を述べているのだが、人名用漢字や漢字制限に対する妄想が垂れ流されていて、かなり閉口した。特に以下の部分。

思わずつけてしまう理由1:人名用漢字が増えた
キラキラネームが付けられるようになった理由の一つに、使用できる人名用漢字が増えたことが挙げられるでしょう。人名用漢字に使えるのは常用漢字の一部だけだったのですが、2004年に約600字もの漢字が追加されました。これを機に「苺」や「雫」といった漢字が使えるようになるなど、昔よりもはるかに自由に名前をつけることができるようになりました。自由度が上がったことで、これまでにない名前をつけることが出来るようになったため、キラキラネームも自然と数が増えたようです。

正直なところ、ここに書かれている「理由」そのものが、私(安岡孝一)にはサッパリ納得できない。少なくとも、「人名用漢字に使えるのは常用漢字の一部だけだった」というのは事実に反している。また、この記事が例示している9種類の「キラキラネーム」の漢字は、「音」「空」「桜」 「来」 「頼」の5字が1949年に追加、それ以外は1948年以来ずっと子供の名づけに使える漢字で、2004年に追加されたわけではない。具体例と「理由」とが、完全に乖離してしまっている。

以前、もじもじカフェでも話したが、人名というのは本質的に識別子であり、いわばインデックスである以上、他者と見分けることができる必要がある。ところが、日本では人名用漢字に極端な漢字制限があり、それを60年以上も続けてきたため、他者と見分けるためには読みの方をひねらざるを得ず、その一部が「キラキラネーム」と呼ばれるようになった。というのが、私の持論だ。「キラキラネームも自然と数が増えたようです」などとアヤシゲな憶測をばら撒く前に、ちゃんと人名用漢字の変遷を調査してから記事を書くべきだろう。

12987777 journal
中国

yasuokaの日記: 日本京都大学蔵中国歴代碑刻文字拓本編集委員会の謎 7

日記 by yasuoka

拓本文字データベースのユーザから、『日本京都大学蔵中国歴代碑刻文字拓本』(全10巻)という書籍を教えていただいた。ざっとネットサーフィンしてみたところ、日本国内では六一書房東方書店亜東書店で売っているようだ。ただ、私(安岡孝一)個人は、この日本京都大学蔵中国歴代碑刻文字拓本編集委員会とやらに、全く見覚えがない。ウチの大学で数名(しかいない)の文字拓本研究者にもそれぞれ聞いてみたが、誰一人として、この委員会を知っている人がいなかった。つまり、京都大学の文字拓本研究者は、誰もこの本の編集・出版にかかわっていない。

というか、この本、出版元と目される新疆美術摂影出版社のページに載っていない。BooksChinaの新疆美術摂影出版社のページにも載っておらず、どうやらISBNもニセモノらしい。この画像を見る限り、『唐梁夫人墓誌銘蓋』『唐袁府君合祔墓誌銘蓋』『唐仁君墓誌銘蓋』『唐前藍田縣丞竇君夫人楊氏墓誌銘』が並んでいて、ウチの唐代拓本の順序に良く似ている。でも、拓本のタイトルも釈文すら記されてない。何だよ、この雑な編集。うーん、こんなワケの分からない本にお金だしたくないんだけど、六一書房東方書店亜東書店は、この本がどういう本なのか知った上で売ってるのかしら?

12985856 journal
ネットワーク

yasuokaの日記: ストーカー規制法が全ての電気通信を対象に 55

日記 by yasuoka

昨日(11月18日)、参議院は「ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律(案)」を全会一致で可決、衆議院に回付した。この法律が施行されると、ストーカー行為等の規制等に関する法律第二条は、以下のように改正される。

第二条 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
    つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
    その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
    面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
    著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
    電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
    汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
    その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
    その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、その性的羞恥心を害する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下この号において同じ。)に係る記録媒体その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し若しくはその知り得る状態に置くこと。

 前項第五号の「電子メールの送信等」とは、次の各号のいずれかに掲げる行為(電話をかけること及びファクシミリ装置を用いて送信することを除く。)をいう。
    電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号に規定する電気通信をいう。次号において同じ。)の送信を行うこと。
    前号に掲げるもののほか、特定の個人がその入力する情報を電気通信を利用して第三者に閲覧させることに付随して、その第三者が当該個人に対し情報を伝達することができる機能が提供されるものの当該機能を利用する行為をすること。

 この法律において「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等(第一項第一号から第四号まで及び第五号(電子メールの送信等に係る部分に限る。)に掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してすることをいう。

私(安岡孝一)個人としては、第二条第一項第八号の「その他人の」は、「その他の人の」とした方が読みやすい気がするのだが、まあ、それは置いておいて。改正後の第二条第二項を読めばわかるとおり、twitterやfacebookなどのSNS、ブログのコメントや電子掲示板の投稿のみならず、全ての電気通信が「ストーカー行為」とみなされ得る。恐ろしい。第二条第一項第五号の「拒まれたにもかかわらず、連続して、」が今後どのように適用されていくのか、私個人としても注視していきたい。

12984545 journal
日記

yasuokaの日記: 複数枚の図書館利用カードがマイナンバーカード1枚で 1

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、11月14日に開催された「個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会」(第5回)の配付資料が公開されているのを見つけた。【資料5-2】の3ページ目に、図書館におけるマイキープラットフォーム利用のイメージ(案)があって

★複数枚の図書館利用カードがマイナンバーカード1枚で、希望する全国の図書館が利用可能

と記されている。マイナンバー(原則として一生変わらない)ではなく、マイキー(5年ごとに更新)を使って、全国の図書館利用を可能にしようとするものだ。その意味では、SankeiBizの記事『複数図書館のカード集約 総務省、マイナンバー個人番号を活用』(2016年11月15日)は、どう考えてもタイトルがおかしい。

ただ、そもそも「複数枚の図書館利用カードがマイナンバーカード1枚で」と言われても、普通の人は、せいぜい2市町村の図書館(自宅の近くと職場の近く)を使うくらいだろう。私(安岡孝一)みたいに、日本全国の図書館を巡るのが趣味というのは、むしろ少数派だろうと思う。しかも、公共図書館の館内閲覧では図書館カードが要らない(ことが多い)ので、私ですら持ち歩いている図書館カードは、京都府と京都市と千代田区と、あとは国会図書館と法務図書館と京都国際マンガミュージアムくらいのものだ。そう考えると、「マイナンバーカード1枚で」と言われても、正直あまりメリットが無い。その一方で、マイキープラットフォーム利用ってのは、システムセキュリティとか考えると手間が多いし、それならば、図書館カードとマイナンバーカードのいわゆる「ハイブリッドAP方式」(たとえば西宮市)の方が、あるいは現実の構築コストは安い気もする。

まあ、総務省としてはマイキーを利用してほしいのだろうし、まずは姫路市の運用次第かな。

12978400 journal
政府

yasuokaの日記: 日本年金機構がマイナンバー利用事務を開始 33

日記 by yasuoka

昨日(11月11日)「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律附則第三条の二の政令で定める日を定める政令」が公布され、即日施行された。期日は施行の翌日、つまり本日(11月12日)である。対象となる附則第三条の二は

第三条の二 日本年金機構は、第九条第一項の規定にかかわらず、附則第一条第四号に掲げる規定の施行の日から平成二十九年五月三十一日までの間において政令で定める日までの間においては、個人番号を利用して別表第一の下欄に掲げる事務の処理を行うことができない。

という条文であり、したがって、明日(11月13日)から日本年金機構はマイナンバー利用事務を開始できる。

日本年金機構は、本年1月1日からマイナンバー利用事務を開始する計画だったが、アチコチがアレコレしてしまったために、316日遅れのスタートとなった。今後は遅れを取り戻すべく、日本年金機構には頑張ってもらいたい。

12978198 journal
中国

yasuokaの日記: GB 18030の「磺」と「硷」と「矽」

日記 by yasuoka

GB 18030と『通用規範漢字表』の対応を作っていて、ふっと、BBC7「磺」とBCEF「硷」とCEF9「矽」が気になった。これら3字は、GB 2312の第一級漢字に入っていて、『現代漢語通用字表』にも入っていたにもかかわらず、『通用規範漢字表』から落とされてしまった漢字なのだが、不思議なことに3字とも石へんだ。まあ、「硷」は「碱」で代用できる気がするが、「磺」と「矽」は私(安岡孝一)の見る限り代用字が『通用規範漢字表』に無い。もはや中国では「通用」してないってことなのかしら。

typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...