パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13719391 story
アメリカ合衆国

中国は科学研究で米国を追い越す 57

ストーリー by hylom
金と人口は強い 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国と中国の研究者らの交流はおよそ30年ほど前から始まったが、昨今では中国の研究者による研究活動が米国の研究者によるそれを追い越しつつあるという。

南京大学のQingnan Xie氏とハーバード大学のRichard Freeman氏による調査では、物理学、工学、数学の世界的な出版物における中国のシェアは2000年から2016年で4倍に増加し、2016年までに中国は米国のシェアを上回ったとしている。

また、この調査では論文著者のメールアドレスによって研究者の国籍を調べているそうで、そのため中国外の組織に所属する研究者による論文数はカウントされていないそうだ。メールアドレス以外の情報なども考慮した分析も行われているが、その結果全世界で発表された物理学、工学、数学の論文のうち3分の1以上が中国の研究者によるものだと推測できたという。

また、研究の品質については現時点では米国よりも下であるものの向上傾向にあるとのことで、論文数だけでなく引用数においても中国は近い将来世界を牽引する可能性があるという(BloombergSlashdot)。

13719362 story
医療

胃がんによる死者数が減少中、ピロリ菌除去の保険適用が影響か 38

ストーリー by hylom
検査と対応をしましょう 部門より

ここ数年、胃がんによる死亡者数が減少傾向にあるそうだ。2008年には胃がんによる死亡者数が5万人ほど立ったが、2016年は約4万5000人ほどと、1割ほど減少している。背景には胃がんの原因となるピロリ菌除去治療が保険適用の対象になったことが影響しているという(産経新聞)。

国際がん研究機関(IARC)によると、胃がんの原因の8割はピロリ菌感染だそうで、除菌によって発症が3~4割減るそうだ。この除菌治療が2013年に慢性胃炎の治療法として健康保険の適用対象となり、治療を受ける人が増えたという。また、その過程で早期胃がんが発見される頻度も増え、死者数の減少に繋がったと分析されている。

13719354 story
医療

自身の体を使って大腸内視鏡検査に適した体勢を調べた研究、イグ・ノーベル賞を受賞 12

ストーリー by hylom
笑い話ではない 部門より

9月13日、イグ・ノーベル賞の受賞者が発表された。イグノーベル賞は「人々を笑わせ、考えさせる研究」に対し贈られるもので、今年は長野県・昭和伊南総合病院の堀内朗内科診療部長・消化器病センター長が「座位で行う大腸内視鏡検査―自ら試してわかった教訓」で医学教育賞を受賞している。日本人の受賞は12年連続となる(朝日新聞Yahoo!ニュース日刊工業新聞)。

大腸内に内視鏡を挿入して行う大腸内視鏡検査は、挿入時に痛みや不快感が発生することが多い。そのため、堀内氏は自身の体を使って痛みや不快感の少ない手法を研究していたという。その結果、椅子に座って排便をするような体制で内視鏡を挿入すると負荷が少ないことが分かったという。ただ、患者が恥ずかしがることが多いという問題もあるようだ。

2018年イグノーベル賞では、そのほか腎臓結石排出にはジェットコースターが効くという研究や、チンパンジーも人間の真似をしているという証拠を集めた研究、人肉のカロリーが低いことを示した研究、切手シートを使ってペニスの勃起検査を行う研究などが受賞している(イグノーベル賞公式ページ日本科学未来館科学コミュニケーターブログ)。

13719408 story
サイエンス

発光細菌が原因で光る玉子焼き 45

ストーリー by hylom
cyber-sushi 部門より

玉子焼きの握り寿司を購入したところ、暗いところで卵焼き内に光る斑点のようなものがあったというTweetが話題となっている(Togetterまとめ)。

これに対しては、イカや魚などに付着していた発光細菌が卵焼きに付着したためではないかとの推測が出ている。1992年にはこういった現象を分析する論文も発表されており、これによると1990年に光る玉子焼きの握り寿司が埼玉県内の保健所に持ち込まれたという事例があるそうだ。

論文ではこの寿司の玉子焼きから採取した発光細菌を培養して調査しているが、この実験で採取された発光細菌は人体に対する病原性やヒスタミン産生量は少ないため、公衆衛生上のリスクは低いとされている。また、玉子焼き以外の寿司の具材にこの細菌を摂取して経過観察した結果もまとめられており、具材によって最近の増殖数が異なるという結果も示されている。

13719298 story
インターネット

GitHubへの社内からのアクセスをブロックする会社 73

ストーリー by hylom
GitHubを遮断している会社リストとかないですかね 部門より

ここ最近、GitHubへのアクセスを禁止する企業や学校などが増えているという。GitHubは「ファイルアップローダ」であるという理由で社内からアクセスできないようブロックされている企業があるそうだが、TwitterではほかにもGitHubへのアクセスができない/最近できなくなったという企業や学校の話題が見つかる。また、GitHubはSNSだとしてブロックするところもあるようだ。

そのほか、QiitaやSlideShareといったプログラミングに関する情報を提供しているサイトをブロックしているところもあるようで、エンジニアからは不満の声が出ている。

13719265 story
交通

自動車の車載カメラ、「天下一品」の看板を進入禁止の標識と誤認識 86

ストーリー by hylom
そろそろ特別なビーコンを交通看板には付けるべきでは 部門より

自動車の車載カメラがラーメン店「天下一品」の看板を誤って「進入禁止」の標識として認識する、というケースがあるそうだ(Togetterまとめ)。

天下一品の看板には「天下一品」という店名に加えて赤丸の上に白で「一」という感じが描かれており、確かに進入禁止のマークに似ている。また、ガソリンスタンド「ENEOS」の看板(赤の上に白文字で「ENEOS」)が進入禁止の標識と誤認識されるケースもあるようだ。

13719066 story
交通

フォルクスワーゲン、小型車「ビートル」の生産を終了。新モデルの予定は無し 55

ストーリー by hylom
排ガスの話もあるしねぇ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

フォルクスワーゲンが「ビートル」ブランドの小型車の製造を2019年で終了すると発表した(朝日新聞)。

1938年に誕生したビートルは、戦後ベストセラーとなり、約80年に渡る歴史がある。現在はメキシコで生産しているそうだ。

車に詳しくなくても、特徴的な形で知っている方は多いのではないだろうか。ビートルを運転していた方、している方はいるだろうか。何か思い出はあるだろうか。

ビートルのオリジナル版(タイプ1)は2003年に生産が終了しており、その後は現代風のデザインとなった「ニュービートル」や「ザ・ビートル」が生産・販売されていた。最後に特別版となる「ファイナルエディション」を販売し生産終了となる。

フォルクスワーゲンは電気自動車を主力にしたいという意向で、そのための生産終了のようだ。

13719059 story
任天堂

Nintendo Switch向け「ファミリーコンピュータ コントローラー」が登場 22

ストーリー by hylom
おっさんホイホイ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

任天堂がファミコン風のNintendo Switchコントローラ「ファミリーコンピュータ コントローラー」を9月19日よりオンラインサービス「Nintendo Switch Online」加入者限定で予約販売する(ファミ通.com4gamerGAME Watchギズモード・ジャパン)。

記事の画像を見てもらえれば分かるように、まさに昔懐かしいファミコンのコントローラーである。接続方法は今風にワイヤレスとなっており、充電時はSwitchの側面にドッキングするので不可思議な光景となる。「IIコン」にはマイクも搭載される模様。価格は5,980円(税別)。

ボタン数の関係か(?)、ファミコンソフトの復刻サービス「ファミリーコンピュータNintendo Switch Online」専用コントローラとなっているのでご注意を。

13719053 story
ニュース

ピーナッツを超える「キューナッツ」登場 58

ストーリー by hylom
Pじゃなくてpeaだけど 部門より

千葉県が開発した落花生の新品種の愛称が「Qなっつ」(きゅーなっつ)に決まった(千葉県の発表)。

落花生はピーナッツと呼ばれるが、「ピー(P)を超える味」ということで「Qなっつ」という愛称になったとのこと。新品種は「はっきりした甘み」「あっさりした食べやすい味」などが特徴で、千葉県内などで10月中旬より販売されるという。

13719048 story
Linux

Linus Torvalds氏、自身のLinuxコミュニティへの態度に反省。一時的に開発から離れることを表明 27

ストーリー by hylom
Torvalds氏が怒らないとなるとそれはそれで違う気もするんだが 部門より

Linuxの生みの親であり、Linuxカーネル開発を仕切っているLinus Torvalds氏が、自身のコミュニティへの態度を反省し、しばらくLinuxカーネル開発からは離れることを表明している(Linus氏によるLKMLへの投稿ZDNet本の虫Slashdot)。

発端は、Torvalds氏によるスケジュール調整ミスが原因で、氏がLinuxカーネル開発者の集まるイベントであるMaintainer Summitに参加できなくなったことのようだ。誤って家族旅行をMaintainer Summitと重複する日程に設定してしまったということなのだが、その結果、本来Linux Plumber Conferenceというイベントと併せて開催されるはずだったMaintainer Summitの日程が変更されることになってしまったという。

Linus氏はスケジュール調整ミスに気付いた後、過去20年間に渡ってMaintainer Summitに参加しているため、今年くらいは参加しなくても良いのではないかと思ったそうだ。しかし、結局Maintainer Summitの日程がLinus氏のスケジュールに合わせて変更される事態になったため、Linus氏はコミュニティに対する態度を反省したという。そして氏は自身の振る舞いを変えることを考えたとして自身の態度について謝罪し、しばらくカーネル開発から離れることを発表した。ただしこれは引退ではなく、しばらくの休暇のようなものだとしている。

13719023 story
携帯電話

各社がiPhone XSシリーズの価格を発表、「実質価格」は複雑に 53

ストーリー by hylom
さらに分かりにくい感じに 部門より

NTTドコモおよびau、ソフトバンクが、先日発表されたiPhone XSおよびiPhone XS Maxの販売価格を発表した(ITmedia)。3社ともに価格は異なり、一括払いの場合ソフトバンクが最も高く、Apple Storeで販売されるSIMロックフリー版が最も安いという状況になっている。

各社の価格はITmediaの記事を参照して欲しいが、一括払いで最も高いソフトバンクの場合、iPhone XSが13万6,800円/15万5,040円/18万円(それぞれ64GB/128GB/256GBの価格)。また、iPhone XS Maxは14万9,760円/16万8,000円/19万2,960円(それぞれ64GB/128GB/256GBの価格)。いずれもApple StoreのSIMロックフリー版と比べて約1万5,000円ほど高い。

いっぽう、各社ともに割引サービスを提供しており、こうしたサービスを使った「実質価格」はiPhone XSの64GBモデルで5万円台前半から、iPhone XS Maxの64GBモデルで6万円台後半からになるとのこと。さらにauやソフトバンクでは48回払いで購入して25ヶ月目以降で機種変更をし端末を変換することで残債が免除されるプログラムも提供されており、これを利用すると「実質価格」はさらに安くなるという。

13718976 story
ビジネス

パイオニア、香港の投資ファンド傘下に 111

ストーリー by hylom
社長も送り込んで改革したほうが良いんじゃないですかね 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

パイオニアが、香港の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」から資金支援を受けると発表した(朝日新聞M&A online)。

ベアリングはパイオニアに500~600億円規模の出資を行い、パイオニアの過半数の株式を持つ筆頭株主となる見込み。パイオニアは主力のカーナビ事業が低迷し、自動運転関連開発費が負担となっていた。6月末の現預金が約290億円で決算短信で事業継続への懸念が示されていたうえ、今月下旬に借入金約130億円の返済期限が迫っていた。

パイオニアの自動車機器といえば、「カロッツェリア」ブランドとして知っている方も多いだろう。個人的にはほかの事業からの撤退してカーナビに依存する「選択と集中」の経営方針は疑問だったが、皆様はかつての名門ブランドの凋落をどう見ているだろうか。

パイオニアはオーディオメーカーとして知られていたが、オーディオ事業はすべて売却しており、現在パイオニアブランドのオーディオ機器部門はオンキヨー傘下、DJ機器関連事業は投資ファンドKKRの傘下になっている。

ベアリングはパイオニアの自動運転関連技術に興味を示しているとのこと(日経新聞)。パイオニア傘下には地図・位置情報関連事業などを手がけるインクリメント・ピーがある。

13717961 story
著作権

Sony Music、J.S.バッハの著作権を保有していると主張 104

ストーリー by headless
主張 部門より
ミュージシャンのJames Rhodes氏がJ.S.バッハのパルティータ1番の一部を自ら演奏し、動画をFacebookで公開したところ、Sony Music Entertainment(SME)が著作権侵害を主張して動画の一部がミュートされる問題が発生したそうだ( Ars Technicaの記事EFFの記事Rhodes氏のツイート)。

動画は1分11秒の短いものだが、SMEはそのうち47秒分の音声が同社の保有しているものと一致すると主張。バッハは1750年に死去しているので、楽曲自体はパブリックドメインだ。録音物に関してはSMEが著作権を保有している可能性もあるが、この動画はRhodes氏が自ら演奏したものであり、当然SMEに権利はない。

Rhodes氏は自身の演奏による音声であり、すべての権利は自分が保有していると反論したが、SMEは却下。Sonyのクラシックや広報の責任者に電子メールで連絡し、この問題を報告したRhodes氏のツイートが数千回リツイート/いいねされたのち、ようやくミュートは解除されたとのこと。

著作権侵害の検出は自動化されているため誤検出はよくあることだが、本件では動画を人の目で確認すれば誤検出だとわかるはずであり、反論に対する検証が正しく行われていないようにみえる。
13717959 story
携帯通信

米大統領の決定により全米の携帯電話に緊急警報メッセージを送信するシステム、初のテスト実施へ 26

ストーリー by headless
警報 部門より
米連邦緊急事態管理庁(FEMA)は東部夏時間20日14時18分、携帯電話を通じて緊急警報メッセージを送るWireless Emergency Alerts(WEA)のテストを初めて全米規模で実施する(FEMAの告知Mashableの記事The Vergeの記事)。

WEAには異常気象発生時など地域限定で送られる警報と児童誘拐などの際に送られるAMBER Alertのほか、国家規模の非常事態発生時に大統領の決定により送られるPresidential Alertがある。地域限定の警報やAMBER Alertはこれまでも実際に送信されているが、Presidential Alertが送信されたことは一度もないという。

WEAメッセージは専用の着信音とバイブレーションとともに、通常のテキストメッセージとは異なるダイアログボックスに表示される。Presidential Alertの表示や着信音は他のWEAメッセージと同じだが、受信をオプトアウトすることはできない。今回はPresidential Alertのテストになるため、オプトアウト不可となっている。
13717955 story
地球

火口に投下して火山を監視する「竜の卵」 20

ストーリー by headless
投下 部門より
各種センサーを内蔵し、ドローンによる運搬が可能な小型・軽量デバイス「dragon eggs」による火山活動監視システムを英ブリストル大学の研究チームが開発中だ(ブリストル大学のニュース記事)。

これについて nemui4 曰く、

ドローンから火口に投下されたdragon eggsは温度、湿度、振動、および多くの有毒なガスなどをセンシングして強力な無線トランスミッターで最大10km離れたところにデータを送信する。eggsはスター型ネットワークトポロジーを構成しているので、いくつかが溶岩に飲み込まれても計測は続行されるとのこと。

eggsはセンサーからの入力信号から電力を得るセンサー駆動型の検出装置を搭載し、火山活動が検出されると「孵化」してフル機能のリモート監視拠点となる。これにより、電力を温存しつつ、長期間にわたって待機状態を保つことが可能とのことだ。

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...