パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

13211039 story
インターネット

DeNAのまとめサイト問題、DeNAが「迷惑料」を支払いへ

ストーリー by hylom
これもまた前例となるのだろうか 部門より
hylom 曰く、

先日DeNAが、同社が運営する「キュレーションサイト」における著作権侵害や不適切な情報掲載について第三者調査委員会による調査結果をまとめたことが報じられたが(過去記事)、その後DeNAがこれらサイトで文章や画像を無断使用された人への「迷惑料」支払いを進めているそうだ。

すでに同社はヤフーなどに「お詫びとお知らせ」と題したバナー広告を出し、コンテンツを無断使用された人や「不快な思いをされた方」に対して連絡を求めている。Withnewsによると、被害者としてDeNAに連絡した人には「迷惑料」の支払いが提案されているとのこと。金額は人によって異なるようだが、「1件当たり1000円」がベースのようだ。

DeNA側はこれは著作権侵害に対する支払いではなく、お詫びという意味での「迷惑料」と捉えているようで、「著作権侵害かどうかの評価は投稿者種別やコンテンツ使用方法によっても異なり難しい」という判断での支払いだという。被害者からは、支払い金額の根拠が分からないという声も出ているという。

13210559 story
原子力

高浜原発3・4号機の運転差し止め、大阪高裁が取り消しを決定 28

ストーリー by hylom
まあそうですよね 部門より

福井県高浜町の関西電力高浜原発3、4号機に対し、滋賀県の住民ら29人が運転差し止めを求めて提訴していた裁判で、大阪高裁は差し止めを認めた滋賀県・大津地裁の仮処分決定を覆し、再稼働を認める決定を下した(ロイター中日新聞福井新聞京都新聞)。

高浜原発は2016年1〜2月に再稼働していたが、大津地裁の決定を受けて停止していた。関西電力は原発への依存度が高く、再稼働によって火力発電で使用していた燃料費などを削減でき、経営状況が改善する見通し。料金値下げなども行われるようだ(日経新聞朝日新聞)。

13210549 story
軍事

航空自衛隊の次期輸送機「C-2」、16年の時を経てついに開発完了 16

ストーリー by hylom
ついに 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

防衛省は27日、2001年から開発を進めていた航空自衛隊の次期輸送機C-Xこと「C-2」について、開発完了となったことを発表した(プレスリリースFlyTeam, 産経新聞)。

C-2は哨戒機「P-1」と機体の一部を共通化する形で並行開発された輸送機で、機体の強度不足により遅延があったものの2010年には初飛行を達成するなど以後は開発も順調に進むかに見えたが、2014年に今度は試験機で強度不足が判明。再度の改修を経て2017年3月にようやくの開発完了となった。開発期間は実に16年に及んだ。

C-2は航続距離や積載量が大きく増強されたのに加え、巡航速度が旅客機並みであることから民間航空路線が使用可能な事が特徴となっている。一時は民間転用の可能性も期待されたが、こちらについては1月に断念と報じられている

13210218 story
軍事

米陸軍、ポリエチレン樹脂製ヘルメットを導入 16

ストーリー by hylom
個人が趣味で買うにはお高い感じ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米軍が、ポリエチレン製の軍用ヘルメットを導入するそうです(CNN)。

米軍は今まで金属製やケブラー製のヘルメットを採用していたが、今回納入されたポリエチレン製のヘルメットはそれよりも軽量だとのこと。鍋代わりには使えませんけど、実用的破片防御性能はあるのでしょう。

なお、このヘルメットは1個600~700ドルで一般販売もされるとのこと。

13210188 story
テクノロジー

Uberの自動運転自動車、アリゾナ州で事故に巻き込まれる 21

ストーリー by hylom
Uberの人が乗っていなかったらどう対応することになっていたのだろうか 部門より

米国各所で自動運転自動車の路上試験を行っているUberだが、アリゾナ州で同社の自動運転車が衝突事故に巻き込まれていたそうだ(Market HackFresco NewsCNBCTechCrunch)。

これを受けてUberは一時的に米国でのテストを中断していたが、サンフランシスコでの試験は再開しているとのこと。問題の事故ではUberの自動運転車に過失は無く、単に巻き込まれただけと報じられている。Uberは2月末にアリゾナ州で自動運転車によるタクシー営業テストを開始していた。このテストでは自動運転は行うものの、車にはUberのエンジニアも同乗しており、万が一の際は人間が対応することになっていたようだ(ギズモード・ジャパン)。

13210122 story
ビジネス

米コムキャスト、職場監視用のビデオカメラサービス開始 9

ストーリー by hylom
スマートだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

米国大手ISPのコムキャストが、クラウドベースのビデオ監視システム「SmartOffice」を発表した。このシステムは中小企業向けで、オーナーが在庫の盗難や職場の生産性低下といった「組織の問題」を監督するためのものだという。同社は昨年、デトロイト警察と提携して一部ガソリンスタンドにビデオカメラを設置。警察本部からリアルタイムで監視できるという同様のシステムを提供している(Phily.comComcastPhiladelphia Business JournalSlashdot)。

このサービスは、監視カメラの画像をクラウドサービス上に保存するもの。動画は720pのHD画質で録画でき、暗視補正機能付き動体検知機能も備わっている。録画データは標準で7日間、最大30日間保存できる。管理者はPCだけでなくスマートフォンやタブレットからもアクセスできるようになっているそうだ。

13210319 story
OS

iOS 10.3リリース、ファイルシステムがHFS+からAPFSに変更される 70

ストーリー by hylom
もう少し様子見しようかな 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米Appleは27日、iOSの最新アップデート「iOS 10.3」を公開したが、このアップデートにより長らく使用されてきた伝統的な「HFS+」ファイルシステムは廃止され、新しい「Apple File System(APFS)」に置き換えられるようである(マイナビニュース日経ITproTechCrunch)。

HFS+はMac OS 8.1の時代から使用されている歴史あるファイルシステムで、Macユーザーには馴染深い存在であろう。一方APFSは2016年に発表されたばかりの新しいファイルシステムであり、暗号化やスナップショット、また空データの消費を省く仕組みを持つなど、モバイル機器のフラッシュストレージ向けに一から設計されているという。今回のアップデータではデータ構造の遅延初期化が行われるという事で、ストレージが初期化等されるわけではないが、普段以上に慎重にアップデートを行うことが推奨されている。

10.3ではほかにも「AirPodsを探す」やSiriの機能強化や、また開発者がApp Storeのレビューに回答したり、ユーザーが他のユーザーのレビューを評価したりできるようになるという。

13210242 story
医療

肺にも大量の血小板を作る機能があることがマウスで確認される 8

ストーリー by hylom
まだまだ発見がある臓器 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

カリフォルニア大学のサンフランシスコ校(UCSF)の研究者らが、哺乳類の肺に「血を作る」機能があることを発見した(NewsweekScienceAlertUCSFの発表Nature誌掲載論文Slashdot)。

肺の中には「巨核球」と呼ばれる血小板を生成する細胞が存在することは以前発見されていた。この巨核球の働きによって少量の血小板が肺の中で作られる可能性があるとされていたそうだが、今回マウスを使った実験では肺が1時間当たり1000万個以上という、大量の血小板を生産していることを確認したという。

ただ、今回の研究はマウスを使ったもので、人間にも当てはまるかどうかはまだ分からないとのこと。

13210158 story
地球

国特別天然記念物アマミノクロウサギの幼獣が猫に襲われる動画が撮影される 43

ストーリー by hylom
自然の摂理とはいえ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

国特別天然記念物アマミノクロウサギの幼獣が猫に襲われる瞬間が初めて動画で撮影された(朝日新聞)。

撮影したのは鹿児島大学国際島嶼教育研究センター奄美分室の研究員で、巣穴の前に設置したセンサーカメラで自動撮影したそうだ。映像では、巣穴に戻ってきた子ウサギに猫が飛びかかり、運び去っていく様子や、翌日授乳に訪れた母ウサギが子ウサギを捜す様子も映っていたようだ。

野生に放された飼い猫や、餌やりによって繁殖した野良猫が、希少動物を襲撃したり、交雑したりする等の生態系破壊を引き起こしているのは各所で指摘され、問題視されており、人間側のモラルが問われている。

13210117 story
交通

JR四国が路線毎の収支を公表へ 26

ストーリー by hylom
四国もか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日JR北海道が複数の「単独では維持困難な路線」を発表したことが話題となったが、同様に経営状況が厳しいJR四国が、今後路線毎の収支状況を公表する意向を示したという(朝日新聞)。

JR四国は国鉄の分割・民営化以来営業黒字が一度もなく、鉄道以外の事業についてもあまり良い話がないようだ(徳島新聞)。

13210113 story
テクノロジー

イーロン・マスクが脳と電子機器を接続する技術を開発する会社を設立 20

ストーリー by hylom
まずはサイボーグか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Tesla MotorsやSpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏が、新たに脳と電子機器を接続する技術を開発するための企業「Neuralink」を立ち上げたそうだ(CNET JapanWall Street JournalTechCrunch)。

同社は脳に電極を直接埋め込み、外部の機器との相互作用を行えるようにする技術の開発を目指すという。まずは医療分野での実用化を目指すようだ。

13210092 story
Chrome

Google Chrome 57でSymantecのEV SSL証明書に組織名が表示されない不具合 9

ストーリー by hylom
タイミング 部門より

Google Chrome 57で、アドレスバーにSymantecのManaged PKI for SSLで発行されたEV SSL証明書の組織名が表示されないバグがあるとのこと(Symantecの発表)。

先日、Symantecや傘下の認証局が適切な確認を行わないまま大量にSSL証明書を発行していたためにGoogle ChromeでSymantecが発行したSSL証明書の有効期限短縮やEVステータス無効化が提案されるという話があったが、今回のバグはこの件とは無関係のようだ。

13210088 story
Android

Google、Chrome OSでAndroid Studioをサポートする計画 24

ストーリー by hylom
今後Chrome-OSでしか開発できなくなる可能性は 部門より
headless 曰く、

GoogleがChrome OSで公式Android統合開発環境「Android Studio」をサポートする計画を進めているようだ(PhoronixChromium Code Review — 459057)。

この計画は25日、Chromium Code Reviewへの投稿で明らかになった。Android StudioのサポートはXWaylandを使用して提供されるようだ。Chrome OSでAndroid Studioが利用できるようになれば、他のOS環境では実行不可能なAndroidアプリのネイティブテストが実現できる可能性もある。Phoronixの記事では、5月のGoogle I/Oで情報が出てくる可能性もあると述べている。

13209576 story
人工知能

人工知能を活用した「野球解説者」 28

ストーリー by hylom
引退した選手の数少ない就職先が 部門より

人工知能を活用して野球解説を行うプロジェクトがスタートした(ITmediaNHK)。

プロジェクトでは過去の対戦データをコンピュータで分析し、それらを元に投手の配球や勝敗、順位などを予測するシステムを構築したという。また、状況に応じたデータや選手の傾向などを「解説」することも目指しており、来年度にもNHK BSの野球解説番組に解説者として登場させたいとしている。

なお、このシステムが予測した2017年のプロ野球優勝チームはパ・リーグが北海道日本ハムファイターズ、セ・リーグが読売ジャイアンツだそうだ。

13209570 story
OS

Windows 7風のUIを持つLinux OS「中標麒麟V7.0」リリース、中国製CPU「龍芯3号」で動作 48

ストーリー by hylom
x86じゃなかった 部門より

中国・中標軟件がWindows 7風のユーザーインターフェイスを持つデスクトップOS「中標麒麟卓面操作系統V7.0」をリリースした(中標軟件の発表PC Watch)。

このOSは中国の龍芯(Loongson)が開発したCPU「龍芯3号」で動作するとのこと。龍芯はMIPSベースのCPUで、独自の命令セットを備えているのが特徴。さらに、x86やARMのバイナリを逐次変換して実行する機能も備えている。龍芯3号が搭載されたノートPCも発売されるようだ(PC Watchの別記事)。

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...