パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

連休明けでNTT東日本のIP電話に通信障害」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    一言で言えば、集中のデメリットが出たわけですね。

    固定電話の交換機は分散して配置されているので、どこかで
    不具合が出てもそれが全体には波及しずらいと。
    IP電話の場合、集中配置されるので、ちょっとしたトラブル
    が致命的な影響を与えます。

    今回は網輻輳が原因のようなので、網の入り口で、電話
    サービス用パケットのポリシングをやらないと根本的には
    解決しない問題かな、と個人的には思うわけですが。

    この手のトラブル、各社ともに必ず1度は経験している気がしますね。
    • by Anonymous Coward
      >一言で言えば、集中のデメリットが出たわけですね。

      こういうふうに切り捨ててしまえば簡単ですが、問題は別のところにあると思いますよ。

      そもそも、固定電話も集中しようと思えば集中できるけど、それをしていないで、わざわざ市内交換・市外交換とかに分けて堅固な網を構築しているわけで。

      IP電話でも一台の交換機ですべての交換が出来るわけもないので、ある程度の分散構成がとられているはずです。決定的に違うのは、固定電話に比較して収容しているユーザの数が多く、経済性重視になっている点だと思います。

      特に、今回の場合は多少金をかけて交換機を増設すれば対処できる問題だと思います。

      今は、固定電話の時代と違って「通信の安全」と「安全に対するコスト」に対する考え方が変わってきたように思います。IP電話は少しくらい落ちてもよいという考え方が、どこかにあるのではないでしょうか?

      個人的には、しばらく同じようなことが起こり続けるかなと思っています。
      • by Anonymous Coward
        親コメントのものです。

        >そもそも、固定電話も集中しようと思えば集中できるけど、それをしていないで、わざわざ市内交換・市外交換とかに分けて堅固な網を構築しているわけで。

        これについてはダウトです。
        昔は今に比べて伝送路コストが大変高くついたため、階梯を分けて構築せざる得なかった名残です。
        別に無駄にコストを掛けたかったわけではありません。
        アメリカでは加入者交換機のことをClass5 Exchangeと言い、中継交換機のことをClass4 Exchange
        といったりします。それは当初5階梯で構築していたためです。

        また、最近ではNTTの地域会社/長距離会社分離も影響しているでしょ
        • by cain (31528) on 2006年09月20日 0時02分 (#1022181)
          > 固定電話相当のクオリティと言いつつ停電時対応が全く無いことについて充分なご理解を得られている
          > とは思えません。マンションタイプのVDSL方式に至ってはユーザ側では対策の施しようもありませんね。

          現状 VoIP 製品は停電時は PSTN へとかなっているわけで、理解してもらったら
          • 停電対応には PSTN が必要→かえって高くつく

          というのがバレてしまいます。

          PSTN を残さないで可能な停電対応は
          • 携帯電話を使う

          にちがいないけど、これはこれで大きな声では言えない気がする。
          親コメント

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...