パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ついつい酷使しがちな目、いたわってますか?」記事へのコメント

  • 目医者 (スコア:3, 参考になる)

    by gesaku (7381) on 2006年10月10日 13時27分 (#1034857)
    数年前に交通事故で入院したときに目も一応検査をしたのですが、
    眼底検査が辛かったです。
    瞳孔が開きっぱなしになる目薬をつけて思いっきりライトを
    当てられて、しかもまぶたは閉じれないようにしてるし・・・・

    目薬はともかく、赤外線とか、直接まぶしくないような
    光を使うように出来ないものでしょうかねぇ。

    #もっと怖い検査に進まなくて本当に良かったgesaku
    • Re:目医者 (スコア:2, 興味深い)

      by kan143 (24887) on 2006年10月10日 17時22分 (#1034958) ホームページ
      事故後の検査にも使えるのかどうかは知らないのですが
      職場の定期検診での眼底撮影では十年以上前から
      散瞳薬を使わないタイプの眼底カメラが使われています

      例えばこんなの [canon.jp]

      位置合わせやピント調節時は赤外線カメラで行って
      本番の撮影だけ可視光線で行うもので
      撮影時は眩しいし数分は残像が残りますが
      散瞳薬を使うよりは随分楽なようです
      #自分自身は散瞳薬を使った眼底撮影は経験ありません
      親コメント
    • あれは妙な体験として良かろうかと。
      その後数時間はその状態で普通の蛍光灯がまぶしくて見てられない。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      痛くないだけいいじゃんとか思うのですが。
      飛蚊症か何かの検査でしょうか。
      生活習慣病検診での眼底出血の検査とはまた違うようですね。

      目の手術では、目が見える状況のままなのでピンセットが迫
      ってきたりします。

      MRIで4時間とか「フザケルナ」と思う検査がいくらでもあり
      ますよね。
      • by taka2 (14791) on 2006年10月10日 19時51分 (#1035011) ホームページ 日記
        > 目の手術では、目が見える状況のままなのでピンセットが迫
        > ってきたりします。

        手術中は麻酔が効いてて全然ピントがあわないので、ピンセットが迫ろうがあまり怖くないですね。

        いちばんきつかったのは手術の準備段階。
        「はい、眼を洗いますヨー」って言われたと思ったら、手袋をした指先で、眼球を、ギュッギュッ、ゴシッゴシッ、こするんです。
        あれだけは2度とやられたくないというか、夢に出てきてうなされそうな経験でした…
        親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...