パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

志賀原発にみる、CO2排出削減と原子力利用の天秤」記事へのコメント

  • by AcDcPwr (32146) on 2007年03月19日 14時38分 (#1128224)
    CO2削減と原子力発電は両天秤ってわけじゃないだけに難しい問題ですね。
    大体からしてCO2だけで見ていること自体が捕らえ方が狭いです。環境問題を気にするなら核燃料や構築済みの原発の処理方法など最終的なところまで見れば問題が山積みです。

    まぁ現在の技術で現実的に一番手っ取り早いCO2削減が原子力発電シフトってのは事実なんでしょうけど、既存の送電システムでの話ですからね。
    既得権や規制、政治的しがらみ、土地問題、周辺住民の反対等を全て無視して、今より効率の良いエネルギー消費システムってのは実現出来ないことも無いんですけど・・・
    たとえばコジェネ [wikipedia.org]+地域熱供給 [wikipedia.org]とかが都市部で地域供給出来れば、40%程度といわれる火力発電所のエネルギー効率を70%と位までは使えます。

    でも、現場レベルで言わせてもらえば消費電力量あたりのCO2排出量を増やされるのは嫌な感じです。
    経済産業局の温暖化対策 [meti.go.jp]で、ある程度の規模以上のエネルギーを消費しているところは、CO2削減目標とか提出する義務があるんですが、消費電力量あたりのCO2排出量増=CO2の排出量増ですから、外部要因で削減目標を達成できない可能性があります。

    現場でがんばって省エネしてんのに、お前らのせいで無になるじゃねぇかゴラァ!
    と言いたい。

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...