パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

志賀原発にみる、CO2排出削減と原子力利用の天秤」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    頑丈な設備の建設や寿命が尽きた後の取り壊し、
    今後数千年以上に及ぶ廃棄物の管理まで含めても収支は成り立つんでしょうか。
    原発に限った話じゃありませんが、発電系統以外の、
    周辺の細々とした作業まではなかなかカーボンフリーとならないわけですが。
    • by Anonymous Coward on 2007年03月19日 16時20分 (#1128280)
      ソースが見つかりませんでしたが、一応そういうことになっています。

      しかしあくまで、机上の計算。
      核廃棄物、特に周辺廃棄物は量が多く半減期が長いため、
      大量の安定した廃棄場が必要になります。
      が、現状ではどう考えても不足ですし、長期にわたって廃棄物の漏洩を
      遮断できるのかどうか、その技術にも不安があります。

      一般ゴミでさえ、10年大丈夫といいながら数年でゴムが破れて漏洩していますし。

      また廃棄場所を確保するコストは、住民の了解を得ても地域に大量の投資が必要で、
      (そうしないと現実には絶対に了解が得られない)
      そこまでのコストは計算されていないのは間違いないと思います。

      CO2問題から離れていきますが、核廃棄物は本当に高コストが見込まれます。
      またぞろ、夕張のような財政再建都市に、建設の話が持ち上がるのでは、
      と心配します。
      親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...