パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Ubuntu 7.10 (Gutsy Gibbon) リリース」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    あんまりいないでしょうけどパソコンを使う目的がWeb、メール、音楽再生、画像表示に限定される人ならUbuntuだけで幸せに暮らしていけると思います。
    フォントはきれいだしGNOMEは使いやすいです。
    XPとデュアルブートにしているのですが、最近はUbuntuで暮らしていてゲームとスキャナを使うときだけXPを立ち上げてます。
    7.10はAMD64版のフォントもきれいになっていたらいいなあ。
    • 現在、Ubuntuで幸せに暮らしていけてます。
      でも、まだWindowsの代わりにどうぞと薦められるものではないですね。

      そのままでは、mp3の再生すら出来ません。
      日本語タグなんかも、SJISのタグは表示できなかった、理由を知ってれば私のようにUTF8に変換すればいいけど、しらなきゃ困ったまま。
      タグ編集ソフトも見つからなかったので、変換するのも結局Windowsでやったし。

      無線LANの設定も、非常に判り難かった。
      おかげで、前回、安易にアップグレードしてひどい目に会いました。

      標準でついてるテキストエディタ、文字コードの判別に問題があるのか、SJISで書かれたファイルを「SJIS」と指定して開こうとしても、「SJIS]じゃないとか言って開けない事がある。
      オレがSJISと言ってるんだから信じろよ!
      • 「SJIS」ではなく「CP932」なら? 指定できないなら、駄目だけど…。
        (ふつーの人はわからんなよな…)

        カミさん (一応、元プログラマのハシクレだけど、素人同然) のデスクトップを Debian etch にしたのだが、Ubuntu に乗り換えてみようかしら?
        /etc/apt/sources.list を Ubuntu にして無理矢理 apt-get update && apt-get dist-upgrade
        して大丈夫かなぁ?!
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2007年10月20日 0時49分 (#1236408)
          「SJIS」ではなく「CP932」なら? 指定できないなら、駄目だけど…。
          (ふつーの人はわからんなよな…)

          MP3のID3タグには本来Unicode(UTF8、UTF16)とISO-8859-1(Latin-1)以外使うことが出来ません。
          しかもID3v2まではUnicode(マルチバイト文字)に一切対応していなかったため、MP3が広まり始めた当時のアプリケーションはLatin-1の文字コード指定のままシフトJISでタグを書き込んでいました。
          # 当時はWindows95や98が主流だったのも関係していると思います。
          その後Unicodeがサポートされても互換性等の問題からかなかなか対応が進まず、Latin-1指定のシフトJIS書き込みというファイルが残り続けることになりました。(CD2WAV32や非Unicode版のEACなど、今でもこの書き込みをするソフトが少なくないはずです)
          Windowsでのメジャーなプレーヤー(Winampなど)やCJK圏の携帯音楽プレーヤーなどは殆どが独自に対応しているので、この問題に気づかない事も少なくありません。Windows上でもiTunesは標準では対応していなかったように思います。

          LinuxとWindows間での文字コードの問題ではなく、Linuxで動くプレーヤー(ライブラリ)MP3の規格を忠実に守っているために起きている問題です。
          # Linux上でもLatin1+シフトJISを扱えるものがいくつか存在していたはずです
          親コメント
        • コメント遅くなってごめんなさい。

          >「SJIS」ではなく「CP932」なら?

          これ、MP3のIDじゃなくて、エディタの話ですね。
          さっそく試してみました。
          geditのエンコーディングの選択には、標準で「CP932」は無かったのですが、追加で選ぶ事ができました。
          「SJIS」では開けなかったファイルが「CP932」では開く事ができました。

          さらに、「CP932」をエンコーディングに追加した状態なら、テキストのダブルクリックで「CP932」と自動判別もしています。

          日本語版では、標準で「CP932」は入れておいてもいいと思った。
          なにか副作用でもあるのでしょうか?
          親コメント

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...