パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

情報大爆発とQWERTY配列」記事へのコメント

  • タイプライター
    ゴールドバーグ著『世界ウソ読本』(岩瀬孝雄訳、文芸春秋社、一九九六)に面白い記述がある。
    「アメリカのクリストファー・レイサム・ショールズがタイプライターを発明したのは一八七三年のことだが、当初キーの配列はアルファベット順だったという。となると、現在の配列はいよいよ奇妙なことに思われるではないか。いったい何が起こったのだろうか。すべてのキーボードの配列が、QWERTY……となったのはどういうわけなのか。実はこういうわけだ。アルファベット順の配列だと、スピードの速いタイピストが打った場合、キーが絡まることが

    • by Anonymous Coward
      この一つ前が「箒と掃除機」となっており、後に続く「難行苦行」と併せて要約すると、
      伝統的楽器の愛好者は、自らの既成概念から電子楽器を不自然・不快なものとして暴き立てる、
      だが「因習的な諸楽器に課せられた制限の排除」にこそ電子楽器の重視する点があるはずだ、
      箒と掃除機を比べれば、誰もが掃除機の(騒音性などマイナス面を見ずに)効率性を評価するように、
      電子楽器が開いた可能性に目を向けられてしかるべきだ、しかし実際はタイプライターの既成概念
      (キーパンチャーに配慮した配列)の例のように、既に科学的検証で否定されても一度出来た既成概念は
      なかなか覆せず、まして19世紀までに人間の叡智で改良を尽くされた伝統的楽器というバラ色に映る過去と
      20世紀に誕生した電子楽器との冷静な比較となると尚更障害が大きい。
      と、まあそのような全体の主張の中で孫引きした個所になります。

      #まるまる「世界ウソ読本」じゃねえか、というツッコミはあるでしょうが、それは承知の上で
      #楽器の本で引用されている例として、世界ウソ読本の該当個所の電子メモとして写してみました。
      • ショールズは数学の教師をしていた義兄に相談をした。
        出ましたね、Christopher Latham Sholesの「義兄」。正直なところ「誰だよ、それ」なんですけどね。ちなみに、これと同系の都市伝説としては、「James Densmoreの娘婿」とかいうのもある(Charles Lekbergの『The Tyranny of Qwerty』(Saturday Review of Science, Vol.55, No.40 (September 30, 1972), pp.37-40)参照)んですけど、これなんかも「誰だよ、それ」だったりします。
        親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...