パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

545バイトのテトリスプログラム」記事へのコメント

  • MSX用の1画面プログラムが載ってたのはMSXFANだったっけか?
    (40文字x25行分だっけ)
    • プログラムポシェット では?

      SYSTEM ROMの一部を読み出して、スプライトパターンとして用いるBASICプログラムを見て感動した記憶があります。
      親コメント
    • プログラムポシェットか…
      「SHIFT!SHIFT!SHIFT!」っていうN-BASICの1行プログラムが、大絶賛されていたのを思い出します。
      画面右端から伸びてくるバーが左端に達するのをどれだけ遅らせるか、ってゲームなんですが、
      PC-8001がShiftキーの割り込みに異常に時間が掛かることを利用するとか、なんともすごい世界でした。
      親コメント
    • MSX-FANがそうだった、というより、その源流となるプログラムポシェットがそうだったはずです。MSXは40x24(25)で、PC98とか88が80x24(25)だったような記憶があります。24だったか25だったのか思い出せませんが(^^;

      MSX2以降で80桁出せるようになったんですけど、1画面プログラムの定義は変わりませんでしたね。

      • 表示可能な行としては、25行です。
        一番下の行は、通常、ファンクションの内容の表示のために予約されていたので、自由に使えるのは24行です。
        ファンクションの表示を消すこともできたはずです。
        親コメント
      • そうそう思い出した、ありましたねプログラムポシェット。
        MSX-FANまでしか思い出せませんでした。
        他機種も入れるとその前になにかあったはずとは思ったんですが、書名が出てこなかった...
        思い出すのは「テクノポリス』とか別の書名ばかり :D

        # あと覚えているパソコン雑誌は「ポプコム」とか「MSX応援団」とか「MacLIFE」とか「Mac100%」とか...

        --
        MSX応援団は買ったことがなかった

        親コメント
      • 1画面プログラムも1行プログラムも、まずは『高橋はるみ』から語ろうよ。

        #「はるみのゲームライブラリー」のシリーズの、一日一個作った1画面プログラムのゲームとか。N-BASICのmotor命令のリレー音を使った1行もぐら叩きとか。
        • by Anonymous Coward on 2007年11月22日 19時27分 (#1254275)
          ……語ってくれる人がいない (;_;)

          で、寂しさを紛らわすためにググってたら、2chの過去スレ [2ch.net]を見つけました。

          このうち、24が挙げている「はるみのゲームライブラリーpart2」(N-BASIC用、1983年1月)に収載されたゲームプログラム63本のうち、4本がワンラインプログラムで、それ以外のうち、確か少なくとも30本が一画面プログラム(1月の間、1日1本の一画面プログラムを作るという荒行にチャレンジして)だったはず。N-BASICには80x25の画面モードもあったけど、テキストベースのゲームでは、実行画面が40x25にされてたことが圧倒的に多く、高橋はるみ作のゲームもすべて40x25にしてたことへのこだわりからか、「一画面プログラム=40x25以内」という定義を打ち立てたのは、彼女(実在するかどうかは謎だけど)が最初じゃないかと。
          他にもベーマガに採用された「メリーポピンズ」も確か一画面だったと思う。

          プログラムポシェットは確か、当初はテクノポリス増刊で何号か出してて、これまたググってみたところ、それが85年のことのようで。

          もちろんプログラムポシェットほどには一画面に詰め込むためのテクニックを駆使していたわけではない(ワンラインを除く)けど、彼女こそが「一画面」の先駆者だと思ってたりする……まぁZX81とかポケコンを除けば、だけど。
          親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...