パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新ゲーマー層がゲーマー人口の中心へ?」記事へのコメント

  • 気軽に遊べてサルのようにハマるゲームが、必ず高性能ハードを必要とするわけではないでしょう。
    例えば、テトリスは実に面白いゲームですが、8bitマイコンを積んだゲームボーイでも遊べます。

    僕はハードコアゲーマーじゃないですけど。
    • Re: (スコア:5, すばらしい洞察)

      こないだ2週間ほど泊まり込むことになって、SFCとマリオカートを引っ張り出してきたんだが、実にはまったね。SFCはフル稼働で常に誰かがタイムアタックやってるし、2人以上集まればすぐにレース開始で大騒ぎ。

      ゲームの普及ってのはルールの複雑さにある程度反比例するんじゃないかな。

      人口に膾炙しているゲーム、例えばトランプのババ抜きなんかはひどく単純なゲームだ。しりとりや三目並べはもっと簡単だから知らないヤツなどいない。けれど、つまらないからあまり遊ばない。
      囲碁や将棋はルールが単純だけど奥深い。そのギャップが面白さ
      • Re: (スコア:3, 興味深い)

        スマブラの様に、実際に対戦場に飛び込むとどえらいことになっているのに、
        CMではレバーと攻撃ボタンと方向キー+攻撃ボタンで吹き飛ばしだけですって言ってるのもありますからね(^^;んなわけねーだろアホンダラ

        レーティングなどの対策もほとんど意味を成さないことが経験上十分に判明していて
        対戦ゲームはたいてい同じ様な世紀末伝説風の道を歩んでいますが、
        他人が見えないゲームというのもそれはそれでモチベーションの維持が難しいもので、難しいもんですな。

        #だからまず新しいっぽいゲームを出して、最初に一定数のユーザーを確保し、
        #そこからだけお金を取り続けるというのがいい。あまり先での裾野の開拓は考えない事。
        --
        =-=-= The Inelegance(無粋な人) =-=-=
        • Re: (スコア:2, 興味深い)

          新しいネットワークゲームができると大いに盛り上がって対戦する。どんどん変態的な技やノウハウが開発されていく。このころには新人が来ても瞬殺です。チームが結成されて切磋琢磨する一方で、新人は面倒だから相手にしない。そのうちに飽きてくる。そのころには新しいネットワークゲームができて(最初に戻る)。一方で何人かはネットワークゲームから離れていく。だって新しいといってもガワが違うだけで同じようなものだから飽きちゃうよ。

          FPSなんて結晶化してるように見えます。もはやシナリオも演出もどうでもいい。シングルプレイなんておまけ以下。とにかくネットワークの向こう側の誰かを吹っ飛ばす儀式。自分がやられるまでになるべくたくさん。妙な改造の類はたっぷり。そもそもユーザによる改造が可能なように設計されてる。専門用語や略語だらけ。経験者以外事実上お断り。

          新人を拒んでいるせいで、パイの大きさが段々減っているように見えますけどどうなんでしょうか。
          • by Anonymous Coward on 2008年02月15日 21時48分 (#1297860)
            > FPSなんて結晶化してるように見えます。もはやシナリオも演出もどうでもいい。シングルプレイなんておまけ以下。(中略)経験者以外事実上お断り。

            そういう風に言われていた時期も確かにありましたが、やや認識が古いです。
            単純化するためにやや意図的にサンプリングしますが、昨年マルチプレイヤーで成功したと言えるFPSタイトルは、職業ごとに出来ることを制限して、分担された役割以外のことはほぼ出来なくしたTeam Fortress 2や、半強制的に同程度のレベルの相手との対戦をマッチングさせられるHalo 3、比較的簡単な条件によるアンロック要素で能力の強化を図れるCall of Duty 4といった初心者が気軽に参入できるゲームで、マニア向けのUnreal Tournament 3やEnemy Territory: Quake Warsは、マニア内での評価はともかく、実質爆死に近い状態です。
            既存のマニアを囲い込もうとしたタイトルは失敗し、新規層を見据えたデザインをしたゲームは成功した。現在のゲーム業界の縮図とも言えるでしょう。FPSばかり作っているようなクリエイターだって、現状がどうかは分かっているんですよ。
            そもそも、FPSの先鋭化は10年近く前のQuake 3 ArenaやUnreal Tournamentあたりで一旦ピークを迎えています。それからしばらくの間はいろいろな方向のピークを探していた感がありますが、近年では、家庭用ゲーム機を中心にマニア切捨ての大衆化路線を進めながら人気のある状態を保ち続けているといった状況なので、ひたすらピークに向かって突っ走って行き弾けた2Dシューティングや格闘ゲームと同じ印象でとらえるのはどうかなと思います。

            ついでに。シングルプレイヤーの再評価も進んでいますよ。昨年では、シングルプレイヤー専用タイトルのBioshockやPortalはシナリオ、演出、ある種のキャラ萌えなどで高い評価を受け、実際それなりに売れたはずですし、マルチが人気のHalo 3やCall of Duty 4は、ダイナミックな演出のシングルについても同じく評価が高いです。

            昨年一番のお気に入りは、上記のどれでもないS.T.A.L.K.E.R.だったのでAC
            親コメント
            • なるほど。これは失礼しました。私は最近の事情はよくわかっていませんでした。確かにQuake3あたりまでが一番はまっていたと思います。ダイヤルアップのころもデモ版を片っ端からダウンロードして遊んでたほどです。いまはリリース情報どころかゲーム情報のサイトすら見てません。

              シングルプレイ重視は良いことだと思います。ゲームってのは基本的に一人でやるものだと思うし、対戦するなら目の前の人間とやる方が面白いですから。ネット対戦だと気分が殺伐としてきます。もしかしたら私は根本的にFPSに向いていないかったのかもしれないと、いま気づきました。

              これまでで一番印象深いゲームはシングルプレイならSWAT3です。緊張感のあふれるゲームでした。
              マルチはちょっと変則的なのですが、Nintendo64の007ゴールデンアイの4人対戦です。ネット対戦ではないので、人間が4人集まる必要があります。実にはまりましたね。テレビ画面を4分割して行うのですが、他人の画面が見えないように段ボールで仕切りを作って貼り付けてたほどです。今でも盛り上がれるんじゃないかな。
              親コメント

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...