パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アレゲ化するレシートリーダー」記事へのコメント

  • × レシートはくるくるカールするので手で伸ばさないといけない
    ○ 誰でも持ってる
    ○ 場合によっては携帯電話でもできる
    ○ 同時に複数枚取り込める
    ○ 設置方法によってはHAL9000みたいでカッコイイ

    実例も有る [www.ne.jp]っぽいので、何か問題が有って専用機器なんだろうか。。
    でも、家に帰る→机にレシートを並べる→PCに取り込まれる とか 家に帰る→買ってきた本を並べる→以後同じマンガを買わずに済む
    というシステムが有るとかなり利便性高そう。

    しかし、電子マネーの購入
    • Re: (スコア:2, 参考になる)

      >しかし、電子マネーの購入履歴って向こうでは持ってるんだから
      >それを交換するプロトコルを標準化すれば良いんだよな。

      購入履歴ってのは一応個人情報という扱いになるかと思います。
      特にいろんな場所での情報を結びつけるとなると、行動範囲や移動パターン、購買傾向などがわかっちゃうし。(個人は特定できなくても大まかな居住地や勤務地などは絞り込める)
      クレジットカードのように認証が必要なものなら本人以外はそうそうデータを引き出せませんが、EdyやSuicaのように「カードを買ってすぐ使える、登録作業なども一切なし」なタイプだと履歴を引き出そうとしているの
      --
      うじゃうじゃ
      • >電子マネーで管理されてる情報は「日時、金額、店舗名」程度で「何を買ったか」はわからない
        少なくとも Edyをam/pmで使う限りはわかります [ampm.co.jp]。
        もちろんこれは結構特殊例だとは思いますが。。

        『本当にカード持っているのかの確認』はEdyであればFeliCaポートなりFeliCa搭載携帯電話をリモートで制御して
        - カードの認証に成功する
        - カードから適切なIDを読み出せる
        の2つが成立すれば(Edyに内蔵の秘密鍵が漏れない限りは)セキュアにチェックできるので、
        物理的には不可能ではないです。
        というか今でもそういう仕組みで実店舗でなくてもPCや携帯電話からEdyにチャージできます。

        というわ
        • >少なくともEdyをam/pmで使う限りはわかります。
          >もちろんこれは結構特殊例だとは思いますが。。

          特殊例ですね。
          この場合はEdyの管理会社(ビットワレット)から情報を引き出す必要はなく、am/pmの会員サイトで登録されたEdyの番号とPOSに記録された決済情報を照合するだけで実現できます。
          外部組織の情報を参照せず、手持ちのデータだけで実現できる」というのがミソ。Edyは決済情報を照合するIDとして利用しているだけなので、Edy自体に「何を買ったか」という情報を持つ必要はありません。

          >『本当にカード持っているのかの確認』

          それではダメです。確認が必要なの
          --
          うじゃうじゃ
          • 「カードの所有者」はサービス主体であることが殆どで、個人の所有物では無いです。  。。という事ではなくて、
            何処で何を幾らで買ったかは、元々個人に結びついている情報ではないので、これで引き出せる情報が
            (個人情報保護法的な意味の)個人情報に相当することは無いでしょう。
            # 何年分の購買データは個人を識別しうる  みたいな判例が出れば話は別ですが。。
            # あと、「誰の物か解ってるカードを勝手に使って見た購入履歴」だとその履歴は個人情報だと考えられるので話は別。。

            ただ、法規制は無いにせよ、他人のサーバに格納されている情報は紙の情報のようにシュレッダーに
            掛けるわけにはいかないので、今後こういうサービスが実際に出てくれば法規制の議論が盛り上がる可能性は有ります。

            FeliCaポートを経由して実物のカードで認証するのが現時点でもっとも有望なので、まぁ、FeliCaポートの普及に期待する他は。。
            今のところ、500万台 [sony.co.jp]。Edyは3000万枚以上発行してるので、カードユーザに対する普及率は低いと言わざるを得ないでしょう。
            仮にFeliCaポートを使わないとするとメールなり会員サイトへの配信という形で同じようなことは出来ます(今でもam/pmがやってます)が、
            カード実物無しで見れちゃうと第三者が監視できるのであんまり好ましくないと思います。
            Webでの利用履歴照会を提供しているカード(PASMO/Edy/nanaco/...)は全てパスワードとカード表面のIDのセットでの認証で
            利用履歴を表示するようになっています。

            個人的には、電子マネーの元締めに品目情報を渡さなくてもこういう仕組みは現実的なコストで実現できると考えていて、
            さらには、そのような機能を持つことが店舗(チェーン)や電子マネーの差別化要因にさえなると期待してます。
            ただ、そのためには良いプロトコルとアプリケーションが不可欠なのが難しいところ。
            まずはレシートとか実際に買ってきた商品のバーコードを取り込むことでどういう利便性を提供できるのかを考えるのが先で、
            その後にどうやってデータを取り込むかを考えても遅くは無いかな。と。
            # で、「FOSSで動かない製品を買わずに済む仕組み」を作ろうとして資金調達できずにいますが。
            親コメント

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...