パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

面を革る元ACのたまり場はこちら」記事へのコメント

  • なにかシステム上の事情でモデレートできなかったのでこちらへコメントします。
    Ryo.Fさんのおっしゃっていることはとても参考になります。
    残念ながら「豹変」については存じ上げませんでしたが、
    言葉の誤用や改悪についてある種の憤りを感じてしまうのは、よく私も感じるところです。
    #「戻」の字の「戸」の中は「大」ではなく「犬」でなくては意味が変わってしまうとよく思います。

    ある言語学者曰く「言葉は生きている」そうです。
    時代の変遷によって、言葉の性格や使われ方も次第に変わっていくということなのでしょう。
    いつの時代でも若者の言葉は崩れ、年寄りには意味がわからなくなるものですから仕方がありません。
    悲しいですが、時代は回るという現実も見つめなくてはなりませんね。
    • by Ryo.F (3896) on 2008年04月23日 17時26分 (#1334992) 日記
      言葉とその意味が時代に従って変遷する、というのは理解しています。

      でも、元々どういう意味であったかを知ってるのと知らないのとでは、深みが違います。
      今にしか興味が無い人と、歴史を知っている人の違いみたいなもの。
      今にしか興味が無い人は得てして、論理にも興味が無い。彼らに歴史的仮名遣いの優位性を論理で説明しても、感情的な反論か、そうでなければ現状追認以上の反論しか返ってきません。
      結局、そういう深みが無い人が、ああいう指摘を受けて感情的な反論をするんですな。
      そういうもんだと思ってます。
      親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...