パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

本家/.で2ちゃんねるのWeb1.0さが議論に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    日本は建前の文化だから、何を言ってるかより、誰が言ってるかが重視されちゃうんだよね。
    そしてその「誰であるか」という評価は身分や人気が最も重要であって、何を言ってるかは問題とされない。
    あまりに酷いとパージされるけれど、それも実は発言に問題があるかどうかではなく、
    反感を買った結果として人気を失うことが問題なのであって、結局のところ身分の問題に過ぎない。
    その証拠に、一度失墜した人間の発言は、どれほどまともであっても叩かれ続ける。

    長くなったけど、名前を出す限りこの国でまともで大規模な議論は望めないということなんだよ。
    名無しが良いとは思わないが、大勢を相手に名前のバイアスにとらわれないまともな議論を望むなら、名前を隠すしか無いんだよ。
    • >日本は建前の文化だから、何を言ってるかより、誰が言ってるかが重視されちゃうんだよね。

      ネット上の匿名の是非の議論を見るときこういう主張ってよく見ますけど、ホントでしょうか?

      身分や人気が重要と言いますけど、例えばネット上のコラムや新聞記事を読むときに、書いた人の経歴なんて見ますかね?あまつさえ、経歴を見てこの人は有名大学を出て有名企業に勤めているから書いてることも正しいんだろうなんて思うでしょうか?大半の情報は流し読みするだけで、少なくとも私は、経歴をいちいちチェックしたりすることはないですよ。

      ただ、特定
      • Re: (スコア:2, すばらしい洞察)

        身分や人気が重要と言いますけど、例えばネット上のコラムや新聞記事を読むときに、書いた人の経歴なんて見ますかね?

        そのネットのサイトの風評、新聞の知名度で読み手の印象は大きく変わるんじゃないでしょうか。

        そもそも、ネットの匿名の書き込みより新聞のほうが信頼できる(その逆も場合も)という風潮がまさしく身分や人気が影響してる例かと思います。
        新聞記事にそれが真実であることを証明する何かがありますか?文面そのものから匿名の妄想と区別つきますか?
        新聞という肩書きがあればこそではないでしょうか。
        • >そのネットのサイトの風評、新聞の知名度で読み手の印象は大きく変わるんじゃないでしょうか。

          私は、記事を書いた人間の経歴を見たりしますか?といっているだけで、サイトの風評、メディアの知名度を判断の基準にしないとは言っていないですよ?巧妙な摩り替えを行うことはやめて頂きたい。例えば、特定分野の話題であれば、匿名であろうと実名であろうと、スラドの書き込みはかなりの信用度があるわけで。しかもそのような判断をすることが不当だとも思わない。

          くわえて、”特定の発言が発言者の属性によってではなく、その内容によって判断されね
          • by Anonymous Coward on 2008年05月26日 1時50分 (#1349835)
            >記事を書いた人間の経歴を見たりしますか?といっているだけで、サイトの風評、メディアの知名度を判断の基準にしないとは言っていないですよ?

            経歴と風評って、本質的な違いが有るの?

            経歴を決める者(決められる者じゃないです)は権威付けられていて、
            風評を決める者は権威付けられてない、
            というくらいの違いでしかなく、
            そしてこの議論の流れでは、その差は気にスベキ差ではない、と思うのですが。
            親コメント
            • >経歴と風評って、本質的な違いが有るの?
              >経歴を決める者(決められる者じゃないです)は権威付けられていて、

              経歴を決める者、経歴を決められる者という表現がよく分かりませんが。

              経歴は自分で決めるものでも、他人に決められるものでもないわけで。勝手に自分や他人の経歴を決めたり、決められたりしたらたまらないですよ。ある程度好意的な解釈を試みましたが、時間をかけてもよく分からない。

              議論に於いて発言者が匿名であるときに、各々の発言の価値は発言者の経歴によって変化することはなく、実名で行われる議論よりフラットな議論が行われるなどという主張は幻想にすぎない。なぜならば議論の質は個々の発言者の知性レベルや教養によって決まるにすぎず、これらは発言者が匿名であろうと実名であろうと変化することはないから。発言が匿名か実名かで変化があるとすれば、それは議論を注意深く読み判断する能力を持たなかったり、怠慢な人間が、安易に経歴により信頼性に重みを付けて判断する事があるだけで、それは議論の傍観者の側の問題で発言者の側の問題ではないでしょう。

              明確に認めるべきなのだ。実名であろうと、匿名であろうと、その発言がリアルメディアで見向きもされない私を含めた大多数の人間のうち、このことを不満に思う人間が、実名による発言が匿名による発言よりも力を持っているリアルメディアに於いて、リアルメディアの発言に与えられている価値(その価値や評価が本来、正当であるかは別として)を毀損する事を意図して、ネット上のサバイバルを生き抜くために得た匿名という武器を振り回して戦いを挑んでいるのだと。これこそが、自らは匿名で発言しながら、新聞記事が匿名で投稿されることを批判する、ネットカルチャーのダブルスタンダードを説明する唯一の理由なのだ。

              語彙は少ないし、漢字や文法も間違っていることはあるかもしれないけれど、発言の内容で判断してくださいなどという主張が受け入れられないことと同様に、自分に甘く他人に厳しいハードルを要求することは自らに対する甘えとしか見なされないでしょう。

              たしかに既存メディアにも様々な問題があることは間違いないでしょう。しかし、それは他人の問題であり、先に自分が属する組織や共同体の抱える問題を直視しようとしない人間が、どれだけ居丈高に自分のアイデンティティに強度の親和性をもつ主義主張を繰り返しても、その発言に誠意があるとは見なされないと思いますよ。
              親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...