パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アミューズメント施設の不振は家庭用ゲーム機が原因か?」記事へのコメント

  • 私もついこないだ何年かぶりにゲーセンに立ち寄る機会がありました。
    対戦マージャンと「遊戯王」チックな対戦カードゲームに人が多かった
    のが印象的でしたね。
    たまたまその店がそうだっただけかもしれませんが、店舗面積の三分の二が
    マージャンとカードゲームで占められていました。

    対戦カードゲームはそんなジャンルがあったのも知らなかったので、
    見た瞬間びっくりしましたよ(例えばこんなの→「三国志大戦」 [sangokushi-taisen.com])。
    アナログとデジタルの融合と言うか、かなりのショックでした。
    100円でゲームするというより、100円で
    • by Anonymous Coward
      流行してるのか、過ぎたのか微妙なラインですが、音ゲーに学ぶべき部分は多いと思います。

      音響の豪華さ、画面・インターフェースの大きさ、そういった要素が家庭用ゲームではどうしても再現できないため、あるいは「うまくなってからゲーセンでデビュー」みたいな概念があるため、家庭用→ゲーセンという流れをうまく作っているジャンルではないでしょうか。

      ただ、ハード面で家庭用で再現できないものと言えば、音ゲーよりも先にガンシューティングが思い浮かびますが、こちらは市民権は得ているもののいまいち流行はしないですね。
      • by Anonymous Coward
        >音ゲーに学ぶべき部分は多いと思います。

        音ゲーとやらの存在意義がわからない。
        ふつーに楽器を演奏すればいいんではないのかと
        • by token (7668) on 2008年06月05日 11時14分 (#1356928) 日記
          音ゲーというより、リズムゲーですね。音階とか全く関係なくって『規定のタイミングでボタンを押す』ってだけなので、音が出たりするのは二の次だと思います。なので、演奏という概念からは無縁の存在と言っても言い過ぎじゃないと思いますよ。

          # 個人的には、TAB譜しか読めないギタリストは、音ゲーをやってるのと同じなんじゃないかと感じますね。
          --
          俯瞰しよう。何事も俯瞰しなくちゃ駄目だ。
          親コメント

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...