パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

遺伝子欠陥による胚選択、どこで線を引くべき?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    >全ての遺伝的欠陥を検査することになってしまうのではないかと危惧する人々もいる。
    意外なことに、ダウン症児の親の会はこの手の出生前診断に反対してるんですね。

    >Q:「なぜ、親の会は母体血清マーカー検査(トリプルマーカーテストなど)の実施に反対しているのですか」
    >この検査はダウン症胎児のすべてを検出することができないという技術的な問題があって、きちんとした説明なし
    >に導入されると、かえって妊娠期のお母さんの混乱を招く結果になることが考えられます。
    >世の中のほとんどの人が、ダウン症の人について知らないこと、理解していないことが現にあるにもかかわらず、
    >この検査はあなたに対して、ダウン症の胎児の命を左右す
    • >それとも僕は優性思想の持ち主として批判されるべきですか?
      立派な意見だと思うし、批判はしませんが、「視野が狭いですね。」
      という感想を持ちました。

      私の考えとしては、ダウン症児、障害児であっても楽しく暮らせる社会を作るのが
      正当だろうなと思います。なぜなら、後天的にもそれに近い状態になりえるんだから…。

      閾値を移動させるだけという考えもあるだろうが、まだまだ未発達な科学であるから、
      そんなに急ぐことはないのではないかな~。

      遺伝子を見つけ、生命を駆除するよりは、デバイスを開発し救う方向の方が明るい
      未来を創造できるのではないかな?

      親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...