パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

プログラミングに興味を持った10代にアドバイスするなら?」記事へのコメント

  • by MCSM (16871) on 2008年07月24日 13時47分 (#1389805)
    自分を振り返ると、最初はBASICマガジンとか見ながら中身も判らず延々と打ち込みをしていました。 何気に単純作業が後で役に立っているかと。 でも今これに変わる良い方法が思いつかないです。
    • by chapuni (1170) on 2008年07月24日 14時11分 (#1389826) ホームページ 日記
      リスト通りに入力できずエラー起こしたりバグったりという第一関門を越えたあとは。

      私の場合、俺カスタマイズ、いわゆる改造が本格的に目覚めるきっかけとなりました。
      元となるのはやっぱりベーマガ。I/Oのはある意味完成度が高かったので
      改造の元にするのにはハードルが高すぎました(つかダンプリストだけでソースついてないし!)
      そのうち、元のプログラムが痕跡しか残ってないほどに改造をすすめ
      そのうち、スクラッチで書き始めることを覚え
      そのうち、ハンドアセンブルした機械語で作ったモジュールを混ぜていき
      そのうち、Basic は機械語の単なるランチャと化していき
      そのうち、IPLからテープとかFDで直に起動するものをつくろうとし
      そのうち、ゲームを作ってたハズが脱線が過ぎ、OS(のようなもの)を作り出したり…

      Basicは悪癖が付くからヤメトケという意見が多いですが、
      私の場合、けっこう初期にBasicに飽きました。
      親コメント
      • by C0FFEE (36377) on 2008年07月25日 6時49分 (#1390261) 日記
        >Basicは悪癖が付くからヤメトケという意見が多い

        ■要はプログラムが実益を生むというゴールの体験

        主に古の行番号BASICが想定されている気がしないではない。
        でも、ダイクストラの「構造化プログラミング論」における基本三構造…
        少し前に「FizzBuzzを書かせてみれば解る」というテストが流行ったのは、
        その基本構造が理解できているかを確認する所に元々の主旨があった。
        コードの悪癖以前に、物事を3つの基本で考える、アルゴリズムに落とし込む、
        まずはどんな言語でもそれを楽しめる課題を見つけられたらいい。
        例えばループを教えるのに未だに「1から10まで足すプログラム」みたいな
        純粋な所から始まる本や人が居るけど、今の子供ってのは生まれた時からファミコンの類があるから、
        そんな課題から始まるとゴールがとてつもなく(かつ無意味に)遠いものだと勘違いしてしまう。
        でも、ファイルの頭から1行ずつ読んで10行まで読む、その中にある文字があったら報告する
        という例で教えると、それだけでちょっとしたプログラムを覚えると人間が楽を出来る事を知る。
        「プログラマの美徳は怠惰」なんて言われるけど、これを体感するにはBASICでも問題無し。

        ■ただ、将来的な活用まで見通すならBASIC習得「だけ」では不安なのは確か。

        仕事に出来るレベルまでいくには、そこから「段階的詳細法」や基本的アルゴリズムから、OOP、
        DBやIDEの使い方に至るまで色々な壁があるだろうけど、他人の作ったゲームなりツールなりを
        使っていても、そういう体験を積み重ねていくと、自分のビジネス上のニーズを満たすのには、
        自分で書けば一番良いと思えるようになるには、結局適正が無かったり仕事として魅力が無い
        (欧米でも日本でもそれが問題視されている)と難しいのだから逆説的に言語は重要でない。
        プログラムを通して、必要な変数、構成要素を考えるという点で将来の希望職種がなんであれ、
        役に立つ事だから、BASICであれなんであれ浅く広く浸透する入り口ならなんでもいい。
        個人的には、HTMLとJavascriptのような記法の異なる言語の連携を通して、目的に見合った
        方法や色んな言語があるから色々探してみてねと結んでおけば初期教育としては充分かなと。
        そこから先は、インターネットでも使って、自分で探せばいい、仲間も見つかる環境がある今、
        手取り足取り見守り導く過保護さは必要ない。

        ■というか、そんな仔細はどうでもいい問題だった。

        本件のように親という状況であれば、パソコンやプログラム本、それ以外(例えばギター)でも、
        何か自主的な表現手段を欲したら買ってやる、何か作って見せられたら誉めてやる、
        そういう親としてのスタンス、子供への理解が大事であって、アドバイスはどんなに正しくても、
        求められていない限り積極的に干渉することは不要だと思う。
        強いて言うなら、そうして自分の力の及ぶ範囲だけで考えた結果、飽きたり挫折しても許す事。
        10代なんだから飽きて当然、挫折も当然、自分を振り返っても大抵の人は少なからずそういう
        体験をしているはずなんだから、たまたま自分の出来る事を子供が出来ないといって失望しない事。
        親コメント
    • by sasuga (33103) on 2008年07月24日 14時13分 (#1389829)
      よりよく身につくのは教わるより自分で興味を持って習得する方だと思います。
      というより、教わらなくても自分で学ぶくらいじゃないと務まらないのではないでしょうか。

      というわけで、本とコンピュータを与えて、あとは放っておくというのがいいのではないかと。
      それで覚えるようならそれでいいし、それで投げ出すようなら見込み無しと思ったほうがいいでしょう。

      個人的にはプログラミング言語も"言語"なので、意味がわからなくてもいいので
      とにかくたくさん打ち込んで試すというのに賛成です。
      たくさん言葉を聞いているとしゃべることができるようになるように、
      他人のプログラムをたくさん読んでいると、そのうち自分でどう書けばいいかわかるようになります。
      親コメント
    • by sukehira (11808) on 2008年07月24日 15時38分 (#1389897) 日記
      始めたきっかけは友達
      パソコンと毎月のベーマガとマシン語の本とか
      買ってくれた親に感謝している

      親はこんなのあるよって話を教えてあげればいいんじゃない?
      あと、楽しさを共有できる友達の大切さ

      そんな俺は高専行って、遊んで、プログラムからは少し離れた
      大学編入して、遊びなおしたけど、院は修了した
      いまは普通の技術者。時々プログラム書くから無駄ではなかった

      もし子供がハードに興味を持ったら、Verilog-HDLとか教えてやるかもしれない
      親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...