パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google社員だって直面する仕事の現実」記事へのコメント

  • by NOBAX (21937) on 2008年08月13日 15時38分 (#1402760)
    この話はどこの会社でも同じですよ。
    普通の能力を持った人が組織の一員として働く限り、
    必ず直面する事でしょう。
    ホントの能力なんていくら押しつぶされようと、押さえつけられようと
    そういうのを跳ね返して、はみ出して出て来るものですよ。
    組織に絡め捕られて泣きを入れているということは
    その程度の実力ということです。
    • by Anonymous Coward on 2008年08月13日 21時12分 (#1402928)
      実力とか能力とかという言葉は結局は「観測不能」なので、
      上記のようないい加減な議論が幾らでも出来てしまうんだよね。

      (ごめんなさい。でもそれは本当にいい加減な議論だと思いますよ。世間のみんなもよく言う言い方だけど、それは世間がいい加減なだけ。)

      本当はそうではないよ。
      「表に出た部分しか評価しようがない」
      というだけのこと。
      ぶっちゃけると結果が全てってこと。

      で、そうすると、
      仕事と"能力"とのインピーダンスミスマッチの発見や解消方法は、
      「自分で」編み出すしかないっていう話になるんで、
      結論は同じ結論になるんだけどね。
      親コメント
      • >実力とか能力とかという言葉は結局は「観測不能」なので、
        >上記のようないい加減な議論が幾らでも出来てしまうんだよね。

        心から同意。
        「ホントの能力」なんていう恣意的な定義が許されるなら、どんな結論でも導きだせる
        に決まってる。

        例えばこんなことも言える。
        「ホントの優良企業」なら、能力の高い人材を埋もれさせるようなことはない。
        なぜなら、それが「ホントの優良企業」の定義だから。

        無内容にもほどがある。
        親コメント
    • 同意。
      個人の能力を発揮できる場を選択することも含めて個人の実力の問題だと思います。

      能力が発揮できないところにいつまでもいるより別の会社に行くなり自分で会社起こすなり
      した方がいいですよね。
      --
      ◆IZUMI162i6 [mailto]
      親コメント

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...