パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

手術の結果産婦を死なせた刑事責任を問われた「大野病院事件」、無罪判決が下る」記事へのコメント

  • 医師法では「診察治療の求めがあった場合、医師は正当な理由がなければ拒んではならない」
    と定められてますが、「この治療に失敗した場合、訴えられるおそれがあるため」というのは正当な拒否理由になるんでしょうか。
    今回有罪だった場合は、そんな事態も起こりえますね。

    これがブラックジャックの場合、検察官の妻が同じ症状になって、その訴えた医者に泣きつくと。

    あ、最初に承諾書とっておけばいいのか。
    • 遺族の感情 (スコア:4, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward
      遺族の感情を考えると承諾書は保古にされるのがオチでしょう。

      遺族のコメント [yomiuri.co.jp]を見ていると
      ・「なぜ事故が起きたのか、なぜ防げなかったのか。公判でも結局、何が真実かはわからないままだ」
      ・「何が起きたのかを知りたい」「とにかく真実を知りたい」
      とありました。

      親族を失った遺族の感情はある程度理解できるつもりですが、
      冷静にこのコメントを見るとなんだかなと思います。

      遺族は裁判後も「何が真実かはわからないままだ」と言っています。
      裁判では遺族が知りたいはずの経過と、その行為の(医療業界での一般に照らした)妥当性が明らかになったはずなのですが、
      遺族に
      • by mik_naruto (26947) on 2008年08月23日 3時24分 (#1408279)
        今回の場合、医師本人の人柄や人格は評判になるレベルであり、
        病院から当日夜を含めて合計5回の説明があり、
        県に調査委員会が設立されて(まさに第三者機関)、そこからの報告書が出ており、
        報告書の後に更に説明を行っており、
        しつこさに定評のあるマスコミがこれまで数年間かぎまわっており、
        医師本人の身柄の拘束までされており、
        警察/検察とか、弁護士とか、裁判官といった日本の頭脳が数百時間頑張っており、
        全日本の注目を浴びています。

        中立で公平(のはず)な人間が何人も関わっており、
        1人の死亡の原因追及にかけたコストとしては、現時点でも既に史上最大級だと思います。
        遺族はネット中傷とかに言及してるくらいなので今の情勢も理解してると思うのです。

        それでも、これ。遺族とは得てしてそういうもんです。割り箸事件のときもそう。
        …自分はそのような感情を否定はしません。が、絶望はします。
        第三者機関があれば逮捕そのものはなかったかもしれませんが、こじれた感情が緩和されることはなかったでしょう。
        (作るなという意味でもないですが)
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          天下り先とストレートに言うと叩かれるせいか最近おおはやりですよね>第三者機関

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...