パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Googleの無料食堂、廃止の噂」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    > ちなみに、日本で従業員に無料で食事を提供するのは会計制度的に難しいそうです。

    楽天食堂が記事になっていますヨ。

    http://woman.type.jp/s/cafeteria/8/index.html [woman.type.jp]
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/11/17149.html [impress.co.jp]
    • by Anonymous Coward
      福利厚生的には補助できる上限が決まっているはずですが、
      どう処理してるんでしょうね。
      エロい会計士さんぜひフォローおねがいします。
      • by Anonymous Coward
        全額損金算入にはしてないってだけじゃないんでしょうかね?
        • 「税法上できない」のは、会社が損金算入できないということではなく、従業員が所得課税されるという意味です。
          実際には牧歌的な「無料」ではなく、「品物毎に値段がついていて、どれだけ食べたかきちんとチェックし、
          その分だけ余分に給料をもらう」という処理をせざるを得ないでしょう。

          そうやって考えると微妙な制度ですから、「できない」というのも無理はありません。
          • Re: (スコア:4, 参考になる)

            「従業員の所得課税」なんてしなくても無料食堂は実現できますよ。
            単に「福利厚生費」として費用に計上できなくなる(というか福利厚生費の枠を超えて、課税対象になる)ので、
            税金が増えるだけの話。
            まさに元コメントの言う「全額損金算入にはしてない」ってことになるでしょう。

            法人税は基本的には「利益」(=「益金(≒売上)」-「損金(≒経費)」)を基準に算出されます。
            ですが、使ったお金はなんでもかんでも「損金」にできるわけではありません。
            「損金」にならならい費用は、その分は利益を消費しているって形になり、利益があがる分は課税対象になります。
            納める税金を減らすには

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...