パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

太陽系外の惑星と思われる天体の直接撮影に成功」記事へのコメント

  • ガス?岩? (スコア:4, 参考になる)

    >大きさは木星と同程度、質量は木星の約8倍

    つーことは平均密度(比重)も木星の八倍。ガス惑星であるところの木星は1.33(水よりもちょっとだけ重い)だからこの惑星は10以上?
    地球の平均密度5.5(g/cm^3)よりも重いじゃないですか。ガス惑星じゃありえないくらいの重さですね。
    もしかして岩石というよりも金属でできてたりするのかな?
    反射能がわかれば素材もある程度予測できるんでしょうけど。
    木星程度の反射能だとして明るさから大きさを予測してるのかな?
    トンでもなく遠い小さい星ですので観測は大変なんてもんじゃないんでしょうけど、今後の継続的観測で
    いろんなことがわかっていくんでし
    • Re:ガス?岩? (スコア:3, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2008年09月17日 18時28分 (#1421797)
      論文にはRadius=0.171Rとありますので、体積は木星(0.1R)の5倍弱あるのではないでしょうか。

      それから後半の余談ですが、ドップラーシフトにそのようなトレンドがあるのは確かです。
      しかし、
      ・年単位の観測を行っていた系外惑星ハンター
      ・最初の系外惑星を見つけたのは日単位の観測を行っていた連星観測屋
      ・どんどん上がってきていた観測精度
      などを押さえずに話してもただのヨタでしょう。
      なお、最初の系外惑星発見当時のドップラーシフト観測の精度は秒速15m程度。木星(木星軌道にある木星質量)でも見つけられる精度でした。
      親コメント

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...